単語記事: タビと道づれ

編集

タビと道づれとは、たなかのかによる日本漫画作品である。コミックブレイドにて2006-2010年の間連載されていた。コミックスは全六巻。また、2009年にはドラマCD製作されている。

概要

主人公「タビ」は、ある学校サボって通学とは逆方向の電車に乗り、とても大切な人である「航ちゃん」に会いに「緒」にやってくる。とっさの判断(逃避)で緒に向かったためタビはそちら方面への切符を買っていなかったが、は咎めることなく、「切符は行きたい場所へ行くものだから、手のひらも立な切符になる」と言い彼女の手のひらにハンコを押した。不審がりながらもタビは、航ちゃんに会いたいという希望を胸に緒に辿り着く。

ところがいざ着いてみると、そこでは不可思議な事態が発生していたことが明らかになる。の中心部から外に出るはことごとく常的なにより通行不で、さらに全体がそれを認識しないままある一日を繰り返しているのである。このままでは帰ることも航ちゃんに会いに行くことも出来ないと知ったタビは、同じくの異変に気付いている「ユキタ君」「ニシムラさん」と共にを元の状態に戻すため行動を開始する。

聖地尾道を舞台にしたファンタジー系の漫画ではあるが、魔法じみた超常現象バトルよりも人と人との繋がり、個々の人物の思考などの内面描写を優先している。タビの自己嫌悪的思考を筆頭に、登場人物たちの心理・回想などが緻密に描き込まれており、それらをもってリアルグロテスクな因果関係を描き出している。タビのイジメ回想などネガティブ要素も多数存在するが、それら全てをきちんとポジティブな要素で上塗りしきっているため、暗い印はあまり受けない。

また、作品全体を通して登場人物たちの精面での成長が描かれる漫画であり、序盤こそ年上が年下を諭す場面が多いが、後半には怒涛の勢いで年下が年上を説教するようになる。最初は自分のことばかりを考え打算的に行動していたユキタが徐々に大人の思考回路を手に入れていき、確固とした決意をもって年長者説教するシーンなどは痛快の一言。

そしてこの作品をる上で欠かせないのが、テンポ良い展開とあちこちに散りばめられた伏線の数々である。伏線投げっぱなしにすることなく、ひとつひとつ丁寧に回収しながらも全体のテンポを損なわず、かつ次々と想定外どんでん返しが発生するその練り込まれたストーリーは実に見事。ぜひ、未読の方には何も知らない状態で読んでほしい作品である。

最終巻の巻末作者コメントに「恥ずかしくて人には言えないようないろいろな考え」を描いた、とあるように、作中では少々クサい台詞立つ。しかし、それもまたこの作品の魅のひとつであることは一度読んでもらえればわかって頂けるだろう。

登場人物

CVドラマCD編のもの。
作者の意向に従い、「航ちゃん」がかは分からないようカタカナ名を示し本名は伏せてある。ドラッグで読めます。

タビ本多CV釘宮理恵
概要の通り、学校サボり「航ちゃん」に会いに緒にやってきた15歳高校一年生)の少女。まろ
かつて緒に住んでいたが、親の都合により小学五年生の時に引っ越した。引っ越すまでの間、その独特の感性と引っ込み思案な面から同級生にイジメを受けていたことが原因で、思ったことを口にするのを恐れ、自分は変だから独りぼっちなんだ、と自らを嫌うようになる。現在は緒よりは都会に住んでいるようだが、そこでも立場は決して良くはないようである。
非常におっとりした性格で、ユキタに裸を見られてもまったくうろたえない。またマイペースな一面もあり、自分の的のために他の全てを差し置くことも。しかし対人関係のこととなると必要以上に慎重になってしまい、嫌われたくないという恐怖から結局何も行動できないことが多い。
に来たばかりの時はろくに喋ることもできなかったが、ユキタニシムラとの親交を深めているうちに言葉を用いて自分の考えを表せるようになっていく。
キタ(幸田という苗字。名前は不明)CV皆川純子
に住む高校三年生の男の子。故郷を「何もない」と嫌っており、上し劇団員になるのが将来の夢。夢への第一歩として劇団員の試験を受けに上しようとした日、異変に巻き込まれる。タビに「男か女かもわからない」と評される中性的な顔立ちをしている。
当初は自らの的のためにタビを勝手に救世主に仕立て上げたり、理矢理連れ回したりと自分勝手で打算的な行動が立ったが、タビと過ごす日々を通して徐々に人間として成長していく。あれこれ考える前に行動あるのみ、というタビとは逆の考えを持っている。
ニシムラと共にの異変に気付いており、なんとかこの状況を打破しようとしながらも何も出来ない、という時にタビが緒へやってきた。
ニシムラ西村。名前は不明)CV中村悠一
世界一潔いストーカードMの交番に勤める警察官。三十歳。年齢の割りに外見が若々しく、にしむらさんじゅうごさいと言っても通用しそうなほど。
警察官らしく正義感が非常に強く、学校を抜け出すユキタカノコを度々補導している。ユキタと最初に知り合ったのもユキタ学校サボり補導された時だった。温厚な性格で基本的に笑顔を絶やさないが、きちんと芯の通った大人であり作中ではユキタカノコを諭す場面が多く見られる。
カノ(渡会 可子)CV阿澄佳奈
に住む中学三年生の女の子。作中広島弁を話す。黒髪ツインテール
キタに好意を抱いており、繰り返す日々の中で毎キタ東京へ向かうのを阻止しにへやってくる。彼女もまた行動で、言いたいことはハッキリと言う義。それが高じて自分より倍も年上のニシムラを気色悪いおっさん呼ばわりしたり、初対面のタビに思いっきりビンタしたりする。
トト CV金田朋子
ある日ニシムラが拾ってきた落し物のぬいぐるみ変身魔法少女アニメマスコットキャラらしい。初登場時は右肩の部分がほつれて中から綿がはみ出しており、若干恐怖を抱かせる外見をしていた。
ぬいぐるみの分際で喋るし動く。語尾には必ず「~なの」が付き、子供のように純で遊び好き。
クロネ根という苗字。名前は不明)CV井上麻里奈
に住む小学五年生の男の子。ユキタに負けず劣らず中性的な顔立ちをしている。
学業優秀・にでも等といわゆる委員長タイプの人間。そのせいか、教師には好かれている。
オズ先生(小航一)CV櫻井孝宏
小学校教師をしている男性眼鏡をかけている。
困ったような顔で笑うのが特徴の、にでも優しい先生プラネタリウム館長も務めており、星座にまつわる話を多く知っている。その知識を用いて生徒を諭したりもする。決して理に自分の見解を押し付けたり、相手の悩みを理矢理解決まで導いたりはせず、悩める人の気休めになれれば良いと考えている。その方針と的を射た発言から、生徒の人望は厚い。「航ちゃん」の正体。
ツキコ(井澄陽子)
昔から緒に住む女性。年齢は二十代前半と思われる。ロングヘアーが特徴の美人
オズ先生と交際(に近い関係?)をしているため、こちらも星座の話を多く知っている。彼氏に似たのか優しい人であり、丁寧な口調で話す。全てを悟っているような話しぶりをしたかと思えば、多少天然な一面を垣間見せることも。

用語

※この項ネタバレ要素を含みます!原作未読の方はドラッグなんてしちゃダメだよ!

ニシムラが名付けた、「通行不」の総称。ここを通ろうとすると、突如地面が崩れ底の見えない暗闇に引き込まれたり、地面にズブズブと埋まっていったりする。
それぞれの路は対応したテガタを持ったセキモリ、あるいはそのテガタを分けてもらった人間しか通れない。ちなみに、暗闇に落ちた者は「意識はあるのに動けず、ただまぶたを閉じている縛りのような状態」になりどこかへ飛ばされる。落ちた者がどこへ飛ばされるかはその路のテガタを持つセキモリが決定できるようである。
テガタ
に向かう途中、電車内でがタビの手のひらに押したのハンコ。
流れ星を見た者が「夢」の中でにもらうハンコのこと。構成する三角形の数で一等~五等まで階級が分けられており、一等がもっとも強。等級は自分が流れ星を見た場所が「のうまれる場所」にどれだけ近かったかで決定される。自分の持つテガタは他人に分け与えることができ、テガタを分け与えられた人間は緒で起きている事態を認識できるようになり、そのテガタに対応する路を通れるようになる。
セキモリ
テガタを持つ人間の総称。
セキモリは皆ある日に流れ星を見ており、その際自分の願いをひとつえてもらっている。さらに、「のうまれる場所」をしており、そこに最もく辿り着いた者にはもうひとつ自らの願いをえる権利が与えられる。そして、セキモリたちはその権利をすでに部分的に所有しているため、の中でのみ念で岩を動かしたりすることが可である。そので他のセキモリを妨し、のうまれる場所に自分が一番に辿り着くのがセキモリ標。
のうまれる場所
セキモリたちが的地。
ここに最もく辿り着いたセキモリは、自らの願いをひとつえることができる(クロネは「二人一緒に行けばふたつえられる」というような台詞を言っていたが恐らく方便)。実際の場所は、で一番高い場所でもある航一が館長を務めていたプラネタリウムであった。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%BF%E3%83%93%E3%81%A8%E9%81%93%E3%81%A5%E3%82%8C
ページ番号: 4575048 リビジョン番号: 1378925
読み:タビトミチヅレ
初版作成日: 11/02/26 13:22 ◆ 最終更新日: 11/12/13 23:58
編集内容についての説明/コメント: 関連商品を追記しました
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

タビと道づれについて語るスレ

13 : ななしのよっしん :2013/03/14(木) 22:12:13 ID: tBNJj5rspE
彼の格好良さはNOタッチを貫いたことだよね。
エピローグで二人の関係はどうなったんだろうか……。
14 : ななしのよっしん :2013/03/25(月) 00:34:41 ID: 66UJRYildt
ニシムラさんの告白シーンに一回で引いて、二回でその格好よさに気づいた。
あれがニシムラさんが一番格好いいシーンだと思う。

>>11
本屋で見つけて買うのは難しそう。
自分も新品一巻最近見ないし。
なぜか途中の巻とかはあったりするんだけども。
15 : ななしのよっしん :2013/04/25(木) 03:49:07 ID: qKZ5FVELIC
例のニシムラさんが警官になったキッカケの画像を見て興味持って全巻読んだクチだけど、非常にガッカリした。

想像以上に臭すぎて大人組に共感できない。
タビやユキタは年齢的にあれぐらい臭くていいと思うし、あれぐらいの歳だった時、自分もあんな悩みを抱えていたなぁと思ったけど、大人組の感性が10代過ぎてもうね…ニシムラさん、頭の中身が30歳じゃねーよ…顔だけじゃなく心も15歳だよ、あんた

あの例の画像だけの方が色々心にいて良かったよ…
まさかニシムラさんがあの片想いを肯定しちゃうようなドMだったとか、あの可らしい少女がまさか○○化しちゃうとか、その上まさか彼でなくても良かったとか、トドメに■■になったのをいい事に逆転ホームランしちゃうとか、そんなご都合主義な「続き」なんて見たくなかったよ…
16 : 名無しのよっしん :2013/08/29(木) 22:30:03 ID: Gp0C8ySm0P
過去ニシムラさんは、タビやユキタ君の年頃にいても、そういう臭くて、燃えるような青春を過ごせなかった人。
そんな自分への諦観や悲観もあって、自分の青春に価値を見出せていなかった。
でも、ツキコちゃんがそんな自分に存在意義を見出させてくれた訳だから、ツキコちゃんといる今のニシムラさんは、やっと青春を迎える事が出来たんだよね、って話だと思うよ。
ニシムラさんの過去に同感できちゃう人とそうでい人で、だいぶ好みが別れそうな場面ではあると思う。
17 : ななしのよっしん :2014/03/18(火) 00:26:36 ID: Ozox2dP4Wv
ニシムラさんの画像に惹かれて購入、今読み終わったけどすごく良い雰囲気の作品だった
自分にとって大事な作品になりそう
18 : ななしのよっしん :2014/05/05(月) 05:46:20 ID: 31c91u4Kbc
あのポエム的なセリフを受け入れられるかどうかが別れどころだな。は好きだけど。
19 : ななしのよっしん :2014/12/15(月) 13:15:57 ID: qTeR58Nj3P
ARIAからの縁で読むことができた自分に隙はかった
20 : ななしのよっしん :2015/07/05(日) 21:39:19 ID: DO9TqsKmUi
あの画像でニシムラさんかわいそうって思ったけど、読み終えるとロリコンドM警官という印に。
うまくいったかどうかは読者に任せるってことじゃないの? ニシムラファンとしては報われて欲しい。
21 : ななしのよっしん :2015/11/22(日) 06:16:58 ID: xJwJkzqAHn
風景に凄く惹かれて買ってみたら肝心の本編はあんまり色書いてなくてガッカリ。尼のレビューでもその辺突っ込んで低評価下してるのもあり
上にあるとおりポエムや表現もくさい

でもそれはそれとしていい作品だったわ
未だに表見るだけでグッと来る
もっと色々展開できそうな設定だと思ったけどあれ以上やるとダレるか
アニメ化ポシャったのは本当に残念。あれで知名度上がってればなあ

>>20
近所に住むみたいなだったのが成人して恋愛になった、と考えれば決してロリコンではない…と思いたい
カノコにもタビにも反応だし
その二人は別に容姿がいいわけじゃないから、とかの意見はキャンセル
22 : ななしのよっしん :2016/09/10(土) 22:07:22 ID: GCYwf55r1W
やったねユキタ広島優勝じゃ!
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829