単語記事: ダイモス

編集
Deimos(Mars II
発見日 1877年8月12日
発見者 アサフ・ホールアメリカ
火星中心から
距離
 23,459(均)
直径 12.6km(均)
(15.0×12.0×11.0)
質量 1.8 ×1015kg
自転周期 1日6時間1754
 (1.263 日)
転周期 1日6時間1754
 (1.263 日)
離心率 0.00052
傾斜 1.82
傾斜 0度
大気量 0kPa
表面温度 233K

ダイモスとは、ギリシア神話の恐怖の「デイモス」の英語読みである。

  1. 火星の第2衛星
  2. 東映ロボットアニメ闘将ダイモス」に登場するロボット

この記事では1.について記述する。

概要

1877年の火星大接近時にアメリカ天文学者「アサフ・ホール」によって発見された衛星である。

第1衛星であるフォボスよりも小さく、外側を転している。

自転速度速度同期しており、常に火星に対して同じ面を向けている。

ダイモスの組成がC惑星に似ているため、火星の引に捕らえられた小惑星なのではないかと思われる。
1977年10月バイキング2号が撮影した画像によると、ダイモスい岩石で出来ていて、フォボス同様クレーターに覆われてはいるが、表面はフォボスより滑らかで、大きなクレーターは少なく割れ目も少ないことがわかった。

ダイモス転軌火星の静止軌よりも僅かに外側にあるため、速度火星の自転速度(24時間37分)よりも遅い。
そのため、ダイモスは潮によって火星から徐々に離れていっており、やがては火星重力を振り切ってどこかに行ってしまうと思われる。

火星表面から見たダイモスは東から昇って西に沈むが、その速度は非常に遅い。
それはダイモス転周期と火星の自転周期との差が小さいため、昇ってから沈むまでに約60時間(2.7日)かかり、再び東から上るまでに5.4日かかるからである。
また、ダイモスの満ち欠けの周期は30時間21分なので、東のに新として昇ってきても、西のに沈むまでに2回も満月になる計算になる。

また、火星から見たダイモスの大きさは地球から見た金星を2~3回り大きくした程度で非常に小さい。
それはダイモスフォボスの半分ほどの大きさしかいのと、フォボスより外側の転軌を回っているためである。

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A2%E3%82%B9
ページ番号: 5213804 リビジョン番号: 1995459
読み:ダイモス
初版作成日: 14/03/25 22:13 ◆ 最終更新日: 14/03/25 22:13
編集内容についての説明/コメント: 作成
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ダイモスについて語るスレ


まだ掲示板に書き込みがありません… 以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ダイモスについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829