単語記事: ダブルスタンダード

編集

ダブルスタンダードとは、矛盾の一形態である。

概要

同種事への対処にあたって相矛盾する二つの基準を使い分けることをす。日本語では二重基準など。錯誤が背景にあるもの、感情が背景にあるもの、利背景にあるものなどがある。
明らかに基準外のものを放置しながら基準に抵触するか怪しいものを狙い撃つような場合や、自身が批判と同じ行動を取った場合等、『お前が言うな』的状況が多く、性を欠く点が問題となる。

このような不がまかり通ってしまう背景には、全く同じ事と言うものは通常は発生しないため、わずかな差を理由に言い逃れをされたり、仮にダブルスタンダードであることが示されてもそれを判定したり処罰したりする仕組みが存在しなかったりするということが挙げられる。
ただし、子供の自由権の制限や障者に対する支援等、判断を変える背景・差違が十分に合理的なものであれば(それが合理的であるかの議論の余地はあるが)ダブルスタンダードとはいわない。
また、使用者本人がそもそもを期していない場合については、ダブルスタンダードよりむしろ暴論・強権の類として批判されるべきものである。

とはいえ、ほとんどの人間が生きていく中で「それはそれ、これはこれ」などと言いながら、その理由をきちんと説明できなかった経験はあると思われる。

一般人なら周囲から嫌われる程度で済むが、政治家マスコミ国家など政治的影の大きさに例してダブルスタンダードの弊は大きくなり、非常に厄介である。

集団によるダブルスタンダード

対立する基準A,Bを持つ2人が属する集団があるとする。この集団に対してAの基準を提示すればBの基準を持つものが反発し、Bの基準を提示すればAの基準を持つものが反発する。結果として、この集団にダブルスタンダードを有する個人がいなくても、集団自体はダブルスタンダードになってしまう。

的の大は同じだがその理由や細部が異なる者の集団と議論すると起こりやすい。集団と議論する際は集団は原則として完全に一致した意見を持っているわけではないことを頭に入れておきたい。

対処

相手がダブルスタンダードを用いている場合矛盾を前提に含んでいるため、理論上は矛盾摘することで対処可である。しかし、議論に強制が伴わないと、権や人格攻撃など理論外の手段により潰されて対処不可能である場合が多い。以下に対処方法を考え得る範囲で記しておくが、対処できるとは限らないのが現実である。

錯誤に基づくもの

一番対処が容易である。わかってないだけであるため、相手に説明して錯誤を自覚させればよい。ただし、相手を刺しないようにしないと、感情的な問題に移行するおそれがある。相手が「自分で錯誤に気づけない程度の能力」しか持ち合わせていないことを忘れてはいけない。同時に、自分になんらかの錯誤があって相手をダブルスタンダードと勘違いしている可性の検討も怠ってはならない。

感情に基づくもの

どうしても私情が挟まってしまい、統一した理論に基づいて手を下せない場合というのは存在する。相手に矛盾があることを示しながら、説得すれば相手の感情が変わることがあるかもしれない。しかし、感情的な問題なので確実な方法は存在しない。

利害に基づくもの

相手が利に基づいて意図的にダブルスタンダードを用いている場合、説得はまず不可能である。

この場合、相手は実際は利関係や何かしら裏の意図で動いているものの、そのことを言すれば信用が失墜するためそれを防ぐ的で理論を意図して曲げているわけで理論だけで説得することは不可能である。また、利関係者からの圧などにより叩き潰される危険が非常に高いため、通常は説得をあきらめ利調整するしかない。

調整も不可能な場合、相手の利関係や矛盾を暴露することで世論の圧をかけたり、いは相手ごと叩き潰してしまうしかなくなるがこれはもう理論上ではない権闘争であるため、もしやろうというなら自分の権・体・状況を見極め慎重に決断しなければならない。また、自らが煽動者となってしまう危険性も自覚しておくべきである。

集団によるもの

原因は集団における基準統一の欠如である。集団内で基準を統一する仕組みが先に出来ればいいのだが、実際にそれが可である場合は希有である。

これに対し、ある的を持つ集団の構成要員間の差異を利用して複数の微妙に異なる意見を一つに束ね、理論が自己矛盾しているとしてその的全体を批判するという詭弁が存在する。 自分が集団側の場合は引っかからないように注意したい。また表面上同じ的を持っている人間でも、意図する理由が違う場合があることも頭に入れておきたい。

実例

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%80%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%89
ページ番号: 756109 リビジョン番号: 2342802
読み:ダブルスタンダード
初版作成日: 08/12/06 00:17 ◆ 最終更新日: 16/03/27 22:49
編集内容についての説明/コメント: 関連項目
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ダブルスタンダードについて語るスレ

516 : ななしのよっしん :2016/07/03(日) 09:09:04 ID: z3kWEY5okB
>>515
政治興味ない(興味あるのはヘイト垂れ流しだけ)
もっとも醜悪な人種(自己紹介

ってことなんじゃない?
517 : ななしのよっしん :2016/07/10(日) 05:12:28 ID: P4bqghy5VM
政治メッセージを大衆に発し影を与えた時点でそれは小さくても政治なんですよと
518 : ななしのよっしん :2016/07/10(日) 23:19:22 ID: PvaW/zujD6
「よそはよそ、うちはうち」とかいうどこの庭にでもあるダブルスタンダード
519 : ななしのよっしん :2016/07/26(火) 11:27:41 ID: 0tNxL4wRIF
食いながら「クマ殺すなんて可哀想……」と悲しむアピール
520 : ななしのよっしん :2016/07/26(火) 11:33:19 ID: zxw6V0z235
>>519
捕鯨反対とか言っておきながら黒豚めえとか言ってるケネディ大使の悪口はやめてさしあげろ
521 : ななしのよっしん :2016/07/26(火) 23:50:38 ID: FyVxQsc4f7
このスレダブスタの例とされているものを読むとよく考えるのだけど、
』にダブスタはないと思うんだ。そのを裏付けようとする『理屈』にこそダブスタはある。

>>513-514のやりとりが本当にいい例で、
「不細工も整形も認めない」というそれ自体はダブスタになりえない。それは、本人の中で「不細工も整形も認めない」というが一貫しているからだ。
しかし、このを他人に納得してもらうためには、いかにも客観的でもっともらしい理屈をつける必要がある。
この時にしっちゃかめっちゃかな説明になると、ダブスタを引き起こす可性が高い。
たとえば「人は見かけが重要。不細工は見ている人の気分を悪くするので良くない」「整形は心が貧しい」などと理屈づければ、結局重視するのは見かけなのか心なのかというダブスタが起きる。
>>514の言うように、「生まれついての美形が最高」と理屈づけるなら、ダブスタは起こらない。

同様に、ジャイアンの例や>>518、>&g
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
522 : ななしのよっしん :2016/07/27(水) 07:57:31 ID: GAwjsPRaQ+
犯罪者に対してはどんな犯罪をやってもいい」
という究極のダブスタネットの基本理論
523 : ななしのよっしん :2016/07/27(水) 14:44:49 ID: d0Yk3Bt0wi
犯罪者にも人権を!」とか言ってるのもダブスタだがな
者の人権視してる
524 : ななしのよっしん :2016/07/27(水) 19:19:59 ID: GAwjsPRaQ+
それだとダブスタにならんのだが?同時に発言してるわけじゃあるまいし
一行と二行が繋がってないのでやり直しな
525 : ななしのよっしん :2016/07/27(水) 19:23:21 ID: GAwjsPRaQ+
同時に発言じゃないか、この場合被者加者の人権を同時に守ることになんの矛盾も生じないんだよなぁ
あと、加者を攻撃したら加者になるだけで正義でもなんでもないんだよね
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015