単語記事: ダンカン・Pro-Z

編集  

ヨーヨーヨーヨーの機種一覧ダンカン(企業)ダンカン・Pro-Z

Pro-Z(プロズィー)とは、ダンカンが販売するヨーヨーの名である。
ハイパーヨーヨーでの名前はソニックブレス

概要

ダンカンが出した、すごく使いやすいステルスレイダーと書いてピンと来た人におすすめのヨーヨー

20年前のハイパーヨーヨーブームから復帰しようと、現在ヨーヨーを調べてみた人。
または、AKIBAカルチャーZONEに寄ってみたら、ヨーヨー専門店があったのでなつかしくなった人。
そんな人が現在ヨーヨーを見てにつくのは、やたらと幅が広い、ベアリングがやたらと大きい、引いても戻ってこないと、20年前とは全く違うものばかり。

店員は「今はストリングプレイルーピングプレイは別のヨーヨーでやるので…」「これならアトミックファイヤーも楽々できますよ」などと説明するだろう。
たしかにそうかも知れない。でも、こんなのヨーヨーじゃない、という感覚も拭い去れない。

本機は、「最近のヨーヨーをざっと見てみたけど違和感がある」「ストリングしかできないなんて邪ループもやりたい」という、根っからのハイパーヨーヨーっ子の琴線に触れるヨーヨーである。

横から見ると、「ステルスレイダー」のようなナローバタフライボディになっているが、切れ込みがそこまで深くない(エッジが高い)ので、ルーピングもやりやすい。
おまけに、ステルスレイダーより重く、スリープ時間も長い。

価格は1200-1600円。それなのにボールベアリング内蔵である。
現代のボールベアリング機種は、とても安くなったのだ。

ひとしきり遊んで納得したら、付属の「MODSスペーサー」を使えば、現代の幅広いヨーヨーにすることができる
キャップを取り外すのは若干難しいが、基本的には軸を交換してMODSスペーサーを挟み込むだけなので、お手軽である。
これをひとしきり遊べば、幅が広いだけで「ムーンサルト」も「ブレインツイスター」も遊びやすくなり、あれだけ苦戦した「アトミックファイヤー」もさほど難しくないことに気づくだろう。

すなわち第1期ハイパーヨーヨーから、さほど違和感なく現代のヨーヨーに移行できる機種である。

本機はハイパーヨーヨー版「ソニックブレス」の方が先に発売された。MODSスペーサーはなし。
ハイエンド機が続々発売された第3期ハイパーヨーヨー後半において、初心者に向けたモデルである。
今からハイパーヨーヨーを始めるのであれば、ひとまずソニックブレスを買っておけば間違いない。

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%BBpro-z
ページ番号: 5490332 リビジョン番号: 2499956
読み:プロズィー
初版作成日: 17/06/16 18:10 ◆ 最終更新日: 17/06/16 18:10
編集内容についての説明/コメント: 新規作成。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ダンカン・Pro-Zについて語るスレ


まだ掲示板に書き込みがありません… 以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ダンカン・Pro-Zについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829