単語記事: チェインバー

編集

私は、パイロット支援啓発インターフェイスシステム。

貴官がより多くの成果を獲得することで、存在意義を達成する。

チェインバーとは、アニメ『翠星のガルガンティア』に登場するロボットである。

声:杉田智和

当機の概要を提示する。

人類銀河同盟が宇宙生命体「ヒディアーズ」と戦闘するために作り上げたマシンキャリバー(略称MC)。
量産型で、作中に登場する機体(機体ナンバーK-6821)は主人公・レドが搭乗する。
上位機種としてレドの上官であるクーゲル中佐が搭乗する「ストライカー」が確認されている。

「パイロット支援啓発インターフェイスシステム」を搭載しており、人工知能により自律して行動することが可能、パイロットを育成・支援する。パイロットの生命の危機に対して人工冬眠などの適切な処置を行い、様々なデータを基に現状を正確に解析する、非常に優秀なインターフェースである。レドにとって未知の惑星「地球」に不時着して、さらに全く言語が通じない中で、周囲を分析でき言語も片言ながら解析して応答できるため、チェインバーはよき相談相手にもなっている。
あくまで戦闘用であり軍事目的で作られているためか、性格(と言えるかどうかは不明だが)はやや攻撃的で、ガルガンティアの武力制圧をレドに進言している(レドには却下された)。また、パイロット支援が目的なので、その職域を逸脱した言動をレドがとろうとすると制止する場面もある。公式twitterの解説ではヒディアーズに対する攻撃は自動的なもので、発見次第殲滅するようプログラムされている模様。

一人称は「当機」、もしくは記事冒頭の定型文においては「私」。レドのことは「レド少尉」「貴官」と呼ぶ。劇中では機体ナンバーで呼ばれることはほとんどなく(ストライカーのみが機体ナンバーで呼称)、「チェインバー」と呼べばほぼ彼のことを指す。ピニオンからは「ブリキ野郎」(調子がいい時は「ブリキの大将」)と呼ばれる。どう考えたってブリキではない。

動力は太股後ろ側に設けられた『量子インテーク』という吸入口から空間中の物質を吸入して稼動している。公式サイトのインタビューを参照すると、吸入さえ出来ればどんな物質でもエネルギーとなり得る模様。 チェインバーにとって足は飾りではなく、重要な存在であるようだ 。
装甲材質は明示されていないが、劇中の地球においてオーバーテクノロジーと呼べるものらしく、第1話でベローズらにサルベージされた直後のチェインバーを調査していたピニオンは、手許のどんな工具を用いても傷一つ付けることができなかった。
人間型である理由については劇中で明言されているわけではないが、第9話での描写からある程度推測可能(ネタバレにつき各自で確認されたし)。

地上での発進時には頭上に薄暗い球体と光のリングを合わせたような形状のフローターが出現、重力制御(漫画版のセリフより)により地上でもかなりのスピードで飛行可能。海中でも問題なく活動できている。なお宇宙空間での限定解除時には光のリングのみが出現している。
主力装備は手持ちのビームライフル「ファランクス」と盾、全身に備えたディフレクタービーム(漫画ではデブリスイーパー)、腹部の大口径ビーム砲兼バリア発生装置など。レドは第1話でライフルと盾を放棄しているため、地球では全身のビーム砲を除き素手になっているが、第9話では自作した銛を装備。第12話ではクーゲル船団から奪取した旧文明の装備を使用している。他にもMC隊は量子次元反応弾の運搬などの作戦を行っている。
またパイロットの「限定解除」命令により、一時的にパワーアップが可能。

このようにかなりの性能を誇る人型兵器なのだが、人類銀河同盟にとっては一兵卒の装備に過ぎず、第1話でのヒディアーズとの戦闘では何十・何百という大量のMCが投入されたがほとんどが撃墜されている。
しかし(ガルガンティア世界における)地球は科学が衰退しているため、ガルガンティア船団が有する工具では分解どころか装甲に傷をつけることすらかなわず、第2話での海賊との戦闘ではたった一機でわずかな間(搭乗から約2分、敵捕捉から約50秒)に海賊を殲滅している。「敵勢力の船と構成員の場所を瞬時に把握し、ビームで正確にそれらだけを狙撃、命中した相手は断末魔も上げず文字通り蒸発する」という戦闘描写に度肝を抜かれた視聴者も多いだろう。3話においては、海賊船の艦首や砲塔を「両腕であっさりともぎ取る」、ワイヤーでとりついた敵ユンボロ・ロブスターおよび2隻の随伴艦をジャイアントスイングで丸ごと遠投するといった、機体単体の出力の強さも見せつけた。

仮定推論。当機は本作におけるマスコットの地位を獲得している疑いあり。

と、ここまでの解説だと純粋に戦闘とパイロットのためだけに動く残虐なマシンという印象しか受けないかもしれない。

しかし、その優秀なAIによる言動は機械的でどこかずれており、視聴者からはネタにされる。
具体例を挙げると、

  • 市民権を与えられたものが有する自由の中に「生殖の自由」があると解説
  • 地球の罵倒の言葉(「Mother fucker!」「Holy shit!」)をスラングだと理解せず直訳
  • 地球の言語を何とか翻訳し、片言で交渉
  • エイミーが差し出した魚の干物を「水棲生物の死骸」と表現、食べるかどうかの判断はレドに丸投げ
    (「ぷちっとがるがんてぃあ」によると人類銀河同盟には肉食の習慣がなく、干物はレドの気に召さなかった模様)
  • エイミーに「あれ(ガルガンティアの保有するロボット・ユンボロ)より強い?」と聞かれると「超、強い」と回答
  • AIだと理解してもらえず、エイミーに出てくるよう言われ「中に人などいない」と回答
  • 操縦席を覗き見たピニオンが内部に落下すると「許可なく立ち入るな」と電撃
  • ピニオン達が調達してきた高い肉を焼くよう頼まれたが、出力過多によりせっかくの肉は焼却され大目玉を食らう。
    • 「機体色が黒いから太陽光の熱を吸収するだろう」と炎天下の下で焼肉の鉄板代わりに使われる。
    • そしてパーティが終わった後に放置プレイを食らう
  • オカマに追い回されているレドの必死の支援要請を受け動こうとするが、前述通り鉄板代わりにされてたことと「社会活動の一環なので放置しろ」というピニオンの指示を受けスルー
  • 漁を「水棲生物の捕獲」と表現。チェインバー単独で担当した際、重力圧縮を網代わりに大漁の魚群をすくい取ったが、出力過多によりその大半をすり身に粉砕。レドに漁の助け(支援)を請う。

という感じで、劇中におけるギャグのほとんどを彼が担っているといってもいい。

デザイン面でも、上で述べたような強大な力を持っているとは想像がつかないほど全体的に丸っこい。特に前述の理由から太ももが大きく、コクピットが頭にあるという構造上頭も大きい。フローターが出現すると頭上に巨大な球体が浮かぶという、よりアンバランスで曲線の印象が強い見た目になる(フローターもその位置と形状から「エナジーボンボン」とか言われる)。
前述のインタビューでは「チェインバーはロボットというよりキャラクター」「丸っこくして可愛らしさを出した」としており、チェインバーも成長段階の子供のように話している(それと対照的にストライカーのデザインはシャープ)。

以上の点から、ヒロインのエイミーよりもチェインバーに萌えるという人も。金元寿子ボイスの褐色娘より杉田智和ボイスのロボットの方がヒロインっぽいってどういうことなの。

デザイン面についての発言からわかる通り製作スタッフも彼をキャラクターとして意識しており、公式ショートムービー「ぷちっとがるがんてぃあ」では自らを「超カッコイイ」と紹介したり、レドの戦闘シミュレーションや睡眠学習の描写などもデフォルメされレドのおかんっぽくなってたり、「当機もしんぱ~い」という砕けた口調や、サブカルチャーやエロ・萌え関連の偏った知識の修得など妙に人間臭くなっていたりするというかこれただの杉田智和じゃね
公式ブログでは着ぐるみのチェインバーが全国のイベントを回る姿を映した「チェインバーくん日記」なるコンテンツまであり、『ガルガンティア』という作品のマスコットとして定着しているフシがある。さらにイベントで1/1スケールのチェインバーの頭部が作られ公開された(なおコクピット内は本当に乗れる)。

ネット上では前述のズレた翻訳から「チェインバー!彼は何と言っている?」「~と言っている」というネタが広まった。

当機の発言を「チェインバー語録」として記録する。

※ネタバレとなる重要なセリフは反転して記載。

本編

  • 「私は、パイロット支援啓発インターフェイスシステム。貴官がより多くの成果を獲得することで、存在意義を達成する。」
  • 「今の発言は、母親との生殖、および神聖な排泄物についての言及である」 - それぞれ「Mother fucker!」「Holy shit!」の直訳
  • 「やめろ。攻撃やめろ。お願いである。こちら敵意否定。」
  • 「水棲生物の死骸である。」 - エイミーがレドに与えた魚の干物についての発言
  • 「超、強い。」
  • 「中に人などいない。」
  • 「生物の死骸の摂取を求めている。」
  • 「過剰な栄養摂取を要求する一方で、何故体型の維持に努めようとするのか?当機には理解不能。」
  • 「この状況の必然性を問う。繰り返す。この状…」 - 焼肉の鉄板代わりにされた後の放置プレイ中における発言
  • 「仮定推論。『敵』による情報操作の可能性あり。」
  • 「残存ヒディアーズを確認。撃滅する。」
  • ※レドに告げた最期の言葉は記事の末尾を参照。
  • 「彼に『支援』は必要ない。もはや『啓発』の余地はない。」
  • 「あとは、その前途を阻む障害を排除することで、私の任務は完了する。」
  • 「貴官の最後通告に返信する。『くたばれ、ブリキ野郎』」

ぷちっとがるがんてぃあ

  • 「本編に登場した人物及び情報について補足しつつ、あとは適当に遊べばいいじゃん、という企画である。」
  • 「超カッコイイ」(レドとエイミーのプロフィールを押しのけて)
  • 「ひでぃあーず たおすんやでー」(睡眠啓発)
  • 「当機もしんぱ~い」
  • 「超しょぼい。」(レドとチェインバーの地球言語習得の差)
  • 「都合が悪化した時のみカタコトになるのは敵前逃亡である。」
  • 「第1回 レド少尉が鯖折りしてもよかった魚類ランキング~」
  • 「最高である。」(リジットの胸について)
  • 「なお、エイミーにおける同数値は、メルティに次ぎ船団内最低クラス…」(エイミーに蹴られ退場)
  • 「さぁ」
  • 「本編における貴君(ピニオン)は、高性能のフラグホルダーである。」
  • 「貴君(メルティ)においては、ぺったんこきゅん♡きゅん♡層に対するピンポイント攻撃が最も有利と推定する。」
  • (レドに朴念仁の意味を聞かれて)「貴官のような、観察力に優れた兵士に対する尊敬の念を意味する単語である。」
  • (本編で海底に沈んだ後)「条件付きながら、昇天モードにて稼働中」(限界を迎え天に召された後)「思い出モードにて、再起動」
  • 「私は、いい雰囲気支援インターフェイスシステム。貴君らの決定的瞬間をいちいち確認することで、存在意義を達成する。」
  • (レドとエイミーのラブ度急上昇を確認し)「お盛んなことである。」
  • 「こういう締めも、悪くないかと。」

当機に関連する動画である。超、カッコいい。

当機に関連する商品である。超、すごい。

こちらは、当機登場作品の視聴者支援啓発インターフェイスチャンネル。

当機への理解を深めるための関連項目を提示する。

  • 翠星のガルガンティア
  • レド
  • エイミー(翠星のガルガンティア)
  • クーゲル中佐
  • ストライカー(翠星のガルガンティア)
  • 石渡マコト(メカニックデザイン)
  • 杉田智和

当機の情報や活動記録を閲覧可能な外部リンクである。

 

私は、パイロット支援啓発システム。

あなたがより多くの成果を獲得することで、存在意義を達成する。

この空と海のすべてが、あなたに可能性をもたらすだろう。

生存せよ。

探求せよ。

その生命に、最大の成果を期待する。


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC
ページ番号: 5073030 リビジョン番号: 2160969
読み:チェインバー
初版作成日: 13/04/18 10:08 ◆ 最終更新日: 15/02/14 01:03
編集内容についての説明/コメント: キャラグミン追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ブリキ野郎

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

チェインバーについて語るスレ

309 : ななしのよっしん :2015/01/02(金) 21:29:46 ID: tWvOX7Ymr1
>>308
どの類似点に着目しての発言か分からないとなんともいえないが、
個人的には自身の変化を(どちらかといえば)「バグ」や
「想定外のもの」という受け止め方をしているのが長門、
対して「マシンとしての機能の延長」として見ているのが
チェインバーだと思える。

あくまで個人的にだが、言うなれば長門の変化を「人間に近づいている」と
表現するとしたら、チェインバーはあくまで「機械知性体として成長」
していると表現するのが妥当かと。
あるいは、「インターフェイスから違うものへ進化」しているものと、
「インターフェイスとして次のステップへ進化」しているもの、と
いう感じか。
310 : ななしのよっしん :2015/01/21(水) 05:12:42 ID: enhfCXwHS9
二次創作ではなぜかドスケベロボットにされることが多い。ぷちっとがるがんてぃあの影響だと思うけど
311 : ななしのよっしん :2015/03/14(土) 08:27:10 ID: 9gzTF3PBCT
中の人の影響じゃないかという気もするw
312 : ななしのよっしん :2015/03/17(火) 00:57:14 ID: T2zt3dB/Iv
>>308
ついでに言うなら、状況もまるで違うのではないだろうか。
同盟の整備や並列リンクから、不可抗力的に離脱し、やむを得ず個体として思索せざるを得なかったチェインバーとは対照的に、長門は常に自身の母体とリンクした状態にありながら、そのリンクから距離を取ることを自発的に選択した。

成熟した一つの個体として変化したチェインバーと違い、長門は「統合思念体」という親に帰属する未成熟な個体。チェインバーが過去レスのように、新たなコミュニティとの接触で変化した「親」だとするなら、長門有希は友人や教師との交流を経て成長し、自意識を獲得した反抗期の「子供」だろう。
313 : ななしのよっしん :2015/04/07(火) 17:05:27 ID: kv5Gdwe00k
>>279
K.I.T.T. vs K.A.R.R. か。
似たような出自で、違う人生をたどった機械のだした結論のぶつかり合いって感じかもね。
314 : ななしのよっしん :2015/04/08(水) 10:15:04 ID: kv5Gdwe00k
チェインバーは「人(個人)」の意思を尊重する方向に、
ストライカーは指揮官として「社会(組織)」を導く方向に、
それぞれ特化していこうとしたのかな。
315 : ななしのよっしん :2015/04/10(金) 13:37:37 ID: BJTUwH01B0
中断メッセージのスパロボ講座の受講を推奨するシリーズはどう聞いても中の人
316 : ななしのよっしん :2015/04/10(金) 16:34:30 ID: ckqpLhHmYJ
チェインバーのポジション。
ユンボロイドから見てスーパー系クラスの超高性能チート機体。
ヒディアーズからみてリアル系のアーマードトルーパー並の使い捨て量産機。

でおk?
317 : ななしのよっしん :2015/04/15(水) 09:06:25 ID: RLijHBXJNy
またレドとチェインバーが見れるのはどんな形であれ嬉しい
318 : ななしのよっしん :2015/04/24(金) 09:25:36 ID: m5q9e2jb0t
オックスにさらっと鉄板役を押し付けようとしててわかめパン吹いた
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015