単語記事: ティアリングサーガ

編集  

ティアリングサーガとは、エンターブレインから発売されているシミュレーションRPGシリーズである。

シリーズ1作ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記』をすことも多い。通称ティアサガTS。 

現在発売しているシリーズのラインナップ
  1. ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記PS
  2. ティアリングサーガシリーズ ベルウィックサーガPS2

この項では1作の『ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記』について記す。 

概要

ティルナノーグが開発したPSゲームソフト。発売日は2001年5月24日

物語は2人の主人公、リュナンホームズを中心に進められていく。
リュナンサイド一本道だが、ホームズサイドは基本自由で、フリーマップが存在する。
その為、何度でも挑戦出来るフリーマップユニットの育成をする、アイテムの収集を行う等といったことが可
ゲームクリアデータを持ち寄り、マップ形式の対戦も出来る。 

ゲームに登場するBGM全てがJASRAC管理曲である。
オリジナルサウンドトラックに収録されている曲も原作アレンジとなっている(ゲーム内にサウンドテストは存在する)。
ちなみにサントラ盤になっており、通販やオークション等ではそこそこの高値が付いている。 

キャラクターデザインは『ファイアーエムブレム トラキア776』のキャラクターデザインも担当した広田由美

ファイアーエムブレム(FE)・ティアリングサーガ裁判

TSは、FEの生みの親であり、元インテリジェントシステムズ所属であった加賀昭三が開発に大きく関わっている作品である。
そのため世界観やシステムの大半がFEと酷似しており、タイトルも発売直前まで『エムブレムサーガ』であった。
加えてFEの新作という評も先行しすぎていた(実際にエンターブレイン側も「FE加賀氏」など、結構煽っていた)。
このため任天堂より再三警告されるが、タイトルを『ティアリングサーガ』に変えるなどして結局発売されることに。

結果としてTSは大きな売上(聖戦の系譜と同じくらい)を記録するが、その直後、不正競争防止法及び著作権法違反でエンターブレインティルナノーグの両社及び加賀個人が、任天堂及びインテリジェントシステムズ両社に提訴される。

一審では任天堂側の訴えは棄却。しかし、二審ではエンターブレイン側に対し「ゲームだけど、まぎらわしい売り方するな」ということで、売上の3%弁護士費用を加えた約7,600万円を任天堂側に支払うよう命じる判決が下される。
その後、最高裁への上告が棄却されたことで二審が確定。この裁判は終結した。

現在ではファミ通エンターブレイン)からFE暁の女神)の攻略本が出ているため、この裁判については和解したものと見てよいだろう。

裁判問題や、加賀氏の存在を知らない人から見れば、このゲームはほぼFEパクリゲーとも言える。
だが上記にある通り、既に両者は和解しているのでこの手の話題を関連動画で出すのは控えよう。

もっと詳しいことはココを参照(infoseekサービスの終了でサイトが消えているため、インターネットアーカイブリンク)。

その後のシリーズ展開

シリーズ存続は認められた為、続編である『ベルウィックサーガBS)』が後に発売された。
加賀昭三の名はスタッフロールには存在しないが、本人が開発への関与を認めている。

続編であるBSではシステムの大半が変されているため、FEとはほぼ別物だと思っていい。

加賀のブログにて、 自身のアマチュア時代の苦い話やTSBS関連の設定・没ネタ等が開されている。
ファンなら是非、一度は見ておきたい。

関連動画

プレイ動画

ニコニコ動画では多くのプレイ動画が上がっている。下はプレイ動画の一例。

EDテーマ

BGM集

対戦

その他色々

体験版(エムブレムサーガ)

関連お絵カキコ

エンテケイトジークおっぱいおっぱいホームズノートン先生ユニヤンデレサーシャヴェガメルヘンさんマーテル

関連商品

関連項目

 外部サイト


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AC
ページ番号: 423057 リビジョン番号: 2204989
読み:ティアリングサーガ
初版作成日: 08/08/02 15:22 ◆ 最終更新日: 15/05/13 22:00
編集内容についての説明/コメント: 動画差し替え
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ティアリングサーガについて語るスレ

131 : ななしのよっしん :2017/09/14(木) 04:09:39 ID: 5hK2/A3teS
リュナンホームズの関係はエリウッドヘクトルを思い出す
ユニットの強さ、弱さ的な意味でもかなり近い
132 : ななしのよっしん :2017/10/08(日) 10:39:25 ID: euU8rsiIEi
>>129
は~い、ゲハに帰ろうね。

実際には記事中にもあるように「FEシリーズの続編である」と
混同させる売り方をしたエンターブレイン一方的に悪いん
だが、この当時は「任天堂加賀氏の作品制作を妨した」
という印が広まってたのは事実

そう考えると、任天堂は売上の3どころかもっと取っていい
くらいの被害を被ってる。
133 : ななしのよっしん :2017/11/23(木) 21:54:59 ID: BXSWCWXW2R
著作権法上の正しさとクリエイターひいては
クリエイターを支持するファンの対立という側面もある
その観点で言えば確かに任天堂は作品制作を妨したというのも一面の事実
スタッフが社を移籍するとシリーズは二度と制作されない」というのを
任天堂は明瞭にしてしまった

著作物を利益に替えるにはファンの支持は不可欠なわけで、
本当はもっといい落としどころがあればよかったんだけどね
134 : ななしのよっしん :2017/12/21(木) 13:18:12 ID: 7ndwx+BaKd
ティアリングサーガのおかげで、ファイアーエンブレムに根強いファン層が
いて、息の長い売れるシリーズだということを任天堂が自覚した。
当時の任天堂は流行りの流から外れるファイアーエンブレムの続編を
作る気なんてなかったし。任天堂にとってはいいお勉強になったんじゃないかな。
自覚してからシリーズの新作連発してるし。今じゃソシャゲの一だ。
135 : ななしのよっしん :2017/12/28(木) 03:11:39 ID: 5+D3CGZ4bl
任天堂は当初様子見をしていて、訴訟に積極的だったのはIS社長だったという話を聞いた事ある
任天堂にとっては余り数字の出るシリーズではないがISにとっては稼ぎ頭なので理屈は合う
136 : ななしのよっしん :2018/01/11(木) 21:51:16 ID: 8FkVK4Yxt0
年明け々また任天堂の悪い病気が始まった、支える信者も頭悪いままで何も変わってないな。
137 : ななしのよっしん :2018/01/11(木) 23:02:36 ID: m1CId6Zcni
ころプラのUIだけ変えたら特許視OKが許されるなら
日本特許視していいって事になるのを分かってて言ってる?頭が悪いのか?
138 : ななしのよっしん :2018/01/12(金) 11:27:26 ID: SYbhwb4I1/
エムブレムサーガに関してはエンターブレインもJウィングに対して似たような内容の訴訟をちらつかせた事ある時点で結果はともかく行動は正当なんだよなぁ
139 : ななしのよっしん :2018/01/12(金) 23:47:54 ID: P72aqNhnW4
>>132
>>138
後年になってそれを訴えた側の任天堂が自分のところが出してるゼノブレイドをあたかも余所様のゼノシリーズの関連作(しかも元スタッフが関わってる)であるかのような売り方してるんだから
そりゃああれこれ言われるだろ
140 : ななしのよっしん :2018/01/13(土) 21:41:01 ID: aNupIlBfD2
>>139
新作にコスモス出てる時点でゼノシリーズの権利持ってる側も了承済みでし
PXZ2でも組んでるし
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829