単語記事: テラゾー

編集

テラゾーアイコンテラゾーとは、主にゲーム実況をしている実況プレイヤーである。秋田県出身・男性。

2009/11/7に「グーの惑星」で実況初デビュー。
プレイングと実況だけでなく、丁寧な編集でも視聴者を楽しませてくれる。
近年は人狼ゲームのゲームマスター・プレイヤーとしても活躍している。

part1まとめマイリスト(新
現在の動画投稿アカウント(2015/6/8~)

テラゾーについて

特徴

アクション・ARPGを中心にノベルゲーム、ローグライク、アドベンチャー、対戦ゲーム、クソゲーなど様々なジャンルのゲームを実況している。実況スタイルも様々で、初見実況の他にも縛り実況や解説実況なども投稿している。
凝った編集を加えた縛り実況(ザコ不殺ロックマン風来のシレンMGSPWオワタ式ゼルダなど)を評価されることが多いが、ワンダと巨像IbVVVVVVなどの初見実況シリーズも視聴者からの人気が高い。

ゲーム全般の上達が比較的早く、特にアクションゲームのパターン化が上手い。丁寧なカット編集やゲーム的な勘の鋭さも合わさり、初見実況や高難易度の縛り実況でもストレスなく視聴できることが多い。(すべてとは言わないが…)
また、根っからのゲーム好きであり動画や放送外でもやり込んでいるようで、ランカーとして海外のネクロダンサータイムアタック大会に参加したり、公式大会である「Splatoon甲子園」の地区大会で優勝するなどゲーマーとしても活躍できる腕前を持っている。

単独実況動画のタイトルの頭には基本的に「卍」が入るため、一目でテラゾーの動画だとわかるようになっている。これは「寺」の地図記号で、テラゾー→寺→卍(風魔手裏剣)という理由らしい。(1周年記念動画32:30~)

イラスト・サムネ・紙回

パッと目をひくものは、サムネ等に使用している自分で描いたイラストである。絵のクオリティは高く、毎度サムネイルを自分で描いて投稿しているシリーズも存在する。
さらに、自前のイラストを用いて、収録ミスしたゲーム映像を紙芝居風に再現してしまった動画もいくつか存在する(⇒紙回)。特に、ワンダと巨像part10は必見。
また、Twitterやコミュニティの各種アイコンやチャンネルページの素材なども自作のイラストを使用している。

声マネ・朗読実況

声マネが得意で、塩沢兼人氏や郷里大輔氏などジャンルは幅広い。モノマネ実況と称した実況プレイも上がっている。(グレイフォックスが実況するMGSPW
声マネとは別にキャラの台詞にアテレコしたりノベルゲームの朗読実況をすることも多く、各キャラの台詞に合わせ誠実な青年風からおじいちゃん、癖のある声を幅広く使い分け視聴者を楽しませてくれる。

編集技術

最近はあまり凝らなくなったが、独学ながら高い編集技術を持っている。自分で編集したOP・EDを挟んだ動画(参考:今まで作ったOP動画まとめ)や毎part次回予告(という名の茶番)を入れた実況シリーズも存在する。
特にACVD実況は、本人のマイリスコメント曰く「これまでの編集の技術の集大成」。実際、手の込んだ編集が加えられており短いシリーズながらかなり見ごたえがある。

人狼

人狼好きな実況者として、人狼放送を企画したり、公式放送や他のチャンネルコミュニティの人狼放送にプレイヤー(PL)として呼ばれたりしている。参加するのは実況者人狼からガチなやつまで様々。

人狼舞踏会

テラゾーが現在主催している人狼企画。形式はいわゆるSkype人狼。月に一度、実況者を中心にニコニコ動画で活躍するユーザーを招待して生放送が行い、アーカイブ動画を投稿している。
基本的にテラゾーがGMを務めるが、PLとして参戦することもある。
詳細は放送ページまたは当記事内の動画概要にて。

その他

オワタ式ゼルダの削除に伴い以前のアカウントが使用できなくなったため、現在は新しいアカウントで動画投稿を行っている(⇒詳しい経緯等は過去の記事を参照)。アカウント移行後、新しいpart1マイリスト単発マイリストが作成された。

コミュニティでの生放送は主にゲーム配信だが、ゲストを招いて雑談したり突発的な企画で視聴者との絡みを楽しむ場合もある。また、知り合いの実況者の放送に出演することもある。
チャンネル開設後は月一の人狼放送に加え、ゲーム配信やお絵かき配信なども不定期で行っている。

ゲーム実況好きを公言しており、もともと視聴者として数多くの動画を観ていたが自分自身もやってみたいと思い立って実況者側へ。自分の動画をたくさんの人に見てもらい有名になることで埋もれている面白い実況者を広める機会が増えると考え、今日も動画作りに励んでいる、らしい。
コミュニティの生放送でランキングを観ながら雑談したり他の実況者について語ったりすることもあった。現在でもTwitterや生放送の雑談にて、面白いと思った実況動画に言及している。というか、生放送の雑談ではゲームか実況の話ばかりしている。

2016/11/7に実況プレイ動画初投稿から7周年を迎え、ゲーム実況者として円熟しつつあるテラゾー(編集者主観)。これからも多芸多才なその腕前を披露してくれる事を期待したい。

実況プレイ動画

part1マイリスト

旧はコチラ

※動画からは旧マイリストにリンクされているが、現在更新されているのは新しいマイリストの方のみ。

単発その他マイリスト


※新旧マイリストで登録されている動画がまったく異なる。

マイリストに入っていない動画もあるので、以下の各動画概要や「実況したゲームタイトル一覧」も参照。

最新実況プレイ動画 / 単独実況プレイ動画 / 共同実況動画 / 単発その他動画 / チャンネル限定動画 / 出演動画

最新実況プレイ動画

39作目 【流行り神2】 全77回

テラゾー実況39作目。
「流行り神2 警視庁怪異事件ファイル」は日本一ソフトウェア開発・販売のノベルゲーム。
以前実況した「流行り神 警視庁怪異事件ファイル」の続編。基本的なシステムは前作から変わらないが、お馴染みのキャラたちに加え新キャラも登場。
今回も、朗読実況をしながらゲームを進める。

みどころ
前作より増えたツッコミ。恋愛パートでの動揺っぷり。

40作目 【Salt and Sanctuary】 全31回

テラゾー実況40作目。初見プレイ。
「Salt and Sanctuary」はソウルシリーズリスペクトの2Dアクションゲーム。

通称塩ダクソ。テラゾーはダガーメインの攻略に挑んでいる。

みどころ
ソウルシリーズオマージュのダークな世界観。
映像停止時のイラスト。

単独実況プレイ動画

過去のシリーズもの単騎実況

38作目 【デモンズソウル】 全46回

テラゾー実況38作目。初見プレイ。

「デモンズソウル」はフロム・ソフトウェア開発のPlayStaion3用のアクションRPGである。初見殺し満載の高難易度ゲーとして知られているソウルシリーズの第1作目。
記憶を消してもう一度やりたいと言われるこの名作ゲームを初見でプレイ。

みどころ
初見ならではの試行錯誤と上達っぷり。
フロムゲーらしいダークな世界観と荒れ具合。

37作目 【不思議のダンジョン2風来のシレン】 全?回☆☆☆☆

テラゾー実況37作目。恒例のテーブルマウンテン縛りプレイ。

今回はテーブルマウンテンタイムアタック(TMTA)に挑戦。風来のシレン20周年を記念して20分以内のクリアを目指す。
適当なことを言って視聴者を騙したり、飲酒実況をし始めたりかなり自由な実況スタイルとなっている。
part1のクソ動画っぷりは古き良き時代の趣すら感じさせる。昔のニコニコはよくこういう釣り動画あったよね。

ネタバレ防止に何回でクリアしたのかは伏せておく。

みどころ
自由な実況スタイル、毎回変化する動画タイトル
いつクリアするかわからないドキドキ感

36作目 【サイレントヒル2】 全30回☆☆

テラゾー実況36作目。初見プレイ。

「サイレントヒル2」は2001年にコナミから発売されたPS2用の名作ホラーアドベンチャー。テラゾーは2012年にリメイクされた「SILENT HILL : HD EDITION」をPS3でプレイしている。

HD Editionはフォントや霧など賛否あるが、発売当時プレイした人からすると美麗になった映像に驚きを感じる事もあるかもしれない。クリア済の人は当時を懐かしみながらネタバレをしないようにして、そうでない人は事前に自分で遊んでも良いし、テラゾーと一緒に物語を楽しむのもいいだろう。

みどころ
ホラーが苦手なテラゾーの驚き様
謎解き(RIDDLE)が得意と自称するテラゾーの冴えたプレイング

35作目 【Splatoon】 暫定14回+α☆☆

テラゾー実況35作目。

Splatoon」は任天堂が開発し2015年5月28日にWiiUで発売されたTPSゲーム。テラゾーは発売前に行われた試写会から実況をしており、発売後も動画を投稿している。
番外編として、実況者対戦会(ハロウィン対抗戦新春スプラ運動会)に参加した際の動画や、スプラスコープの解説実況動画(単発?)もあげている。

発売後は他実況者との被りを避けあまり動画は投稿しなかったが、動画外ではかなりやりこんでいたようで、大規模公式大会であるSplatoon甲子園の関東地区予選Bブロックに出場し優勝を果たした。決勝戦の様子は公式で動画化されており(公式動画なので身内ネタ等出さないように)、また大会生放送をTS視聴することもできる(視聴期限無期限)。

みどころ
徐々に上がっていく腕前
他プレイヤーとの交流・連携など

34作目 【洞窟物語】 全20回☆☆

テラゾー実況34作目。初見プレイ。

「洞窟物語」は2004年に公開された2Dアクションのフリーゲーム。ゲーム詳細は「洞窟物語」の記事を参照。テラゾーは2014年末の帰省に併せて実況を開始した。Part8までは実家収録なので、声や音に多少の違和感があるかもしれない。

みどころ
魅力的なキャラと世界観、みんなで決めるゲーム音楽にも選ばれる秀逸なBGM
初見プレイならではのテラゾーのプレイング

33作目 【ロックマンゼロ】 全12回

テラゾー実況33作目。初見プレイ。

「ロックマンゼロ」は、ロックマンXの外伝第一作目で、2002年にインティ・クリエイツが開発しCAPCOMが販売したGBA用アクションゲーム(テラゾーはゲームボーイプレイヤーを使用したゲームキューブにてプレイしている)。それなりに難しいが理不尽な難度ではなく、多少不親切な部分もあるが「歯ごたえのあるアクションゲーム」というのが専らの総評。各ミッションではプレイの出来栄えに応じて”ムノウ”や”ウスノロ”、または”ユウシャ”や"エイユウ"などのコードネームが貰える。

果たしてテラゾーゼロは無能か英雄か、一体どちらになるのだろうか?

みどころ
高クオリティで滑らかなドット、個性豊かなキャラ、可愛い顔グラ、など
縛りロックマンを実況してきたテラゾーでも苦戦するロックマンゼロの初見難度

32作目 【Crypt of the NecroDancer】 暫定13回+α ☆☆

テラゾー実況32作目。テストプレイなどを十分行ってからの実況プレイ。

「Crypt of the NecroDancer」は、テラゾーが過去に実況した不思議のダンジョンシリーズに代表されるローグライクゲームに、音楽に合わせてリズムを取る音ゲー要素を融合させたゲーム。階層ごとに独特のテンポで進んでいき、間を作りにくいので、実況プレイはし辛いタイプの作品である。
本編では2014年7月にSteamにて1480円で販売されたα版を実況している。現在はフルリリースとなっており動画とは異なる点もあるが、ローグライク×リズムというこのゲームの本質は変わらないので動画を見て気になった人はぜひ自分でプレイしてみよう。steam版の他にPS4/VITA版やiOS版なども販売されている。

番外編として、フルリリース時にpoez氏とのコーププレイ動画や、PS4/VITA発売時の宣伝動画も投稿している。

みどころ
興奮しすぎなテラゾー
国産ゲームとはどこか違うゲーム全体の雰囲気

31作目 【流行り神 警視庁怪異事件ファイル】 全45回 ☆☆

テラゾー実況31作目。ノベルゲー実況としては4作目。

2004年に日本一ソフトウェアが開発・販売し、後にシリーズ化したゲームの第一作。ゲームの詳細は「流行り神 警視庁怪異事件ファイル」の記事を見てもらうとよくわかるだろう。次々と起こる非現実的な怪奇現象を、テラゾーは一体どういった方針で推理・解決していくのか。また、久々にマイリスコメントを編集していたりする。Part26までだが、見てみるのも面白いだろう。

みどころ
単純なノベルゲーとは言えない練り込まれたシステム
テラゾーの声、驚き様

30作目 【マリオカート8】 全10回+色々 ☆☆

テラゾー実況30作目。

WiiUにて2014年5月29日に発売されたばかりのマリオカート8を実況している。今までのテラゾーの実況だと、ネット環境が水物なのでなるべく早い段階でプレイしたかったACVDの発売から約3ヶ月後が最短の実況だったが、マリオカート8は2週間強での実況となった。ちなみに事前に生放送も何度かしている。ほとんど特別な編集が行われていない=作るのが楽な動画であり、私生活が忙しいテラゾーの自称「苦し紛れ」の動画ではあるが、十分にみどころのある動画となっている。コクッパの名前などを周知して欲しいなどの目的があるとか。

コクッパの紹介もひと通り終わった2014年8月10日、実況者を主体とした非公式大会「ひと夏のマリオカート8」(主催者:3雲)が行われ、その2戦を最後に完結した。

2014年8月10日に行われた非公式大会「ひと夏のマリオカート8」を期に一区切りついたテラゾーのマリオカート8実況だが、その後も動画をちょくちょく投稿している。内容は、テラゾー自身が企画した突発イベント(卍【マリカー8】テラゾーVS実況者)だったり、他の実況者が主催した大会(【実況者チーム杯】マリオカート8【テラゾー視点】)であったりする。また、テラゾーが「出演」しているマリオカート8動画もそこそこあるので探してみるのもいいだろう。

みどころ
ネットにおける複数人プレイならではのレース中のアクシデントやら神業やら。最新作らしい美麗な映像。
テラゾーを含めた各プレイヤーの上達ぶり。poezに指導され向上した画質。

29作目 【キノコ&ギャル】 全6回 ☆☆

テラゾー実況29作目。部分的に既プレイ(詳細はPart1冒頭)。

2013/12/13に行われた公式生放送「自作ゲーム44作品24時間ぶっ通しゲーム実況」に出演したテラゾーが部分的にプレイした”キラキラゲーム”の「キノコ&ギャル」を実況する。

キノコ&ギャルは8bit fanaticsが制作したフリーゲームであり、ニコニコ自作ゲームフェス2にもノミネートしツッコミどころしかないで賞を受賞した作品。もうこの時点で何となく予想できるが簡単に言うと「意図的に作ったクソゲー」である。ジャンプ中の制御が一切不能だったりする操作性の悪さは、実際にプレイしないと分かりづらいものがあるので、公式サイトからダウンロードして是非プレイしてみよう。

みどころ
操作性の悪さに苦悶するテラゾーの様子

28作目 【不思議のダンジョン2 風来のシレン】 全12回 ☆☆

テラゾー実況28作目。テラゾーは自称シレン中級者でテーブルマウンテンRTAの記録は、この実況開始時で27:36(上級者は20分以下、15分を切る者もそこそこいる。ただしテラゾーはRTA中もそこそこ喋っている)。

”基本買値”が800G”以下”のアイテムのみでのクリアを目指す(修正値や回数などの価格変化は考慮しない)。テーブルマウンテンで入手できて使えるアイテムは
武器:つるはし、棍棒、長巻カタナ
盾:青銅甲の盾、木甲の盾
矢:一本あたりの価格で判定するので、全ての種類で何本でも使用可
杖:一時しのぎ、ガイコツまどう、場所替え、ふきとばし、不幸
腕輪・壺:全て禁止
巻物:混乱、バクスイ、識別、あかり、大部屋、おはらい、地の恵み天の恵み
草:雑草、めぐすり草、薬草、どく草、弟切草、命の草、ドラゴン草、ちからの草、どく消し草
食料:全て可
肉:ブフーが使えないので店での購入のみ。青竹屋(ぴーたん)、清流(隊長アリ)、ダンジョン内(逃げピータン、妖怪にぎり変化、ガイコツまどう、兵隊アリ、マムル)
となっている。(アイテム名の部分は501G~800Gのアイテム)

…果たしてこのラインナップで魔蝕虫を倒せるのだろうか?

みどころ
見切り発車実況なので、手探り感のあるプレイング
RTAによって鍛えられたテラゾーの操作

27作目 【クトゥルフの弔詞】 全11回+オマケ ☆☆

テラゾー実況27作目。初見プレイ。

クトゥルフを題材にしたフリーの怪奇幻想ノベルゲーム「クトゥルフの弔詞 -夢声慟哭-」を実況する。ノベルゲーなので、過去に実況した「学校であった怖い話」や「大学にもなってあった怖い話」が近いイメージとなるだろうか。基本的にテラゾーが文章を読み上げていくのを聞いていくという朗読実況となっている。
学怖とは違い笑いどころは少ないが、完成度の高い文章と真に迫った朗読は今までのテラゾー実況にはなかった魅力がある。

みどころ
バカゲーやアクションゲーとは違う雰囲気の実況。
徐々にゲームの雰囲気に飲み込まれていくテラゾー

26作目 【梓999】 全5回 ☆☆

テラゾー実況26作目。一回ミスしてリセットしてるけど大体初見プレイ。

前実況のホームズから約10年後に、RPGツクールDante98にて作られたフリーゲーム(製作者は同じくフリーゲームで有名な「CLOCK」の曽我部一郎 氏)。これも、以前テラゾーが実況した事のある「コープスパーティー」「マテリアル -カルチアの詩-」と同様に、アスキー(後にエンターブレイン)主催のアマチュアデジタル作品コンテスト「コンテストパーク」にて受賞、評判が広まった作品の一つである。

雰囲気は暗く鬱要素もあるが、評価されているのは、ただそれだけのゲームではないからである。同じく暗い雰囲気のフリーゲームである「Ib」を割と明るく実況していたテラゾーは、今作をどういった風に実況をしていくのだろうか。

みどころ
制作当時の時事ネタなどに感じる懐かしさ(オッサン限定)
普段の実況とは違う雰囲気のテラゾー(予定)

25作目 【シャーロックホームズ伯爵令嬢誘拐事件】 全9回 ☆☆☆

テラゾー実況25作目。幼い頃にプレイした事があり、ちらほら記憶が蘇る事も…?

1986年(昭和61年)に発売されたファミコン向けソフト。ホームズの名を冠しているが、推理はほぼ無いアクションゲームである。ファミコン時代には割とよくあった理不尽な要素の尽くを満たしているこのゲームは、実況タイトルの通り紛れも無いクソゲー

道行く人々を区別なく惨殺しながら集めたお金と推理力によって物語を進めるテラゾー・ホームズは、果たしてこのゲームをクリアできるのだろうか。

みどころ
見事なクソゲー要素と、徐々にそれに洗脳順応していくテラゾー
今まで見たことないほど弱ったテラゾーの泣き言と、ゲームに憤慨する様子

24作目 【運命の洞窟 The CAVE】 全8回 ☆☆

テラゾー実況24作目。体験版プレイした上で、製品版は初見プレイ。

アメリカの会社である「Double Fine」がゲームクリエイターの「Ron Gilbert」を迎えて制作した洞窟探検パズルアドベンチャー、をセガが日本語ローカライズしたもの。国内販売のプラットフォームはPS3とWiiU(共にDL限定)で、価格は1000円。

重要キャラクターであるThe Caveの吹き替えに銀河万丈さんを起用するなどして、本格的にローカライズされた本作品は、魅力的な7人のメインキャラクターの中から3人を選び、数々の洞窟の謎を解き、奥へ進んでいくのが目的のゲーム。

テラゾーは7人の中から「騎士・科学者・ふたご」の3名?を選び奥へと進んでいく。3人と同様に、テラゾーの心の闇も暴かれてしまうのだろうか…。

みどころ
滑らかな動きと美麗な映像、本格的で秀逸な各吹き替え音声、そしてブラックジョーク
数々のパズルゲーを解いてきたであろうテラゾーでも悩むパズル要素

23作目 【大学生にもなってあった怖い話】 全15回 ☆

テラゾー実況23作目。テストプレイはしたとの事。Part3までは実家(秋田)なので、収録環境がいつも(東京)と違い、ノートPCでの収録となっており、音などが若干違う。

『大学生にもなってあった怖い話』はテラゾーが何年もかけて実況している『学校であった怖い話』のオマージュ作品として同人サークル「エキゾチック占姥」が作ったホラーコメディの同人ゲームである(400円)。

サウンドノベルというジャンルと同人ゲームという性質上、肩の力を抜いて見られる実況となっているので、Part1でサムネバイバイせずに気楽に見てみよう。

みどころ
同人ゲーという性質からくる大半の視聴者の初見的なワクワク感
ひたすら文字を読むテラゾーテラゾーの声(みどころじゃなくてききどころ)

22作目 【ロックマン10 宇宙からの脅威!!】 全12回 ☆☆

テラゾー実況22作目。それなりにやり込んでテストプレイもした上での縛りプレイ。

過去に宣言していた通り、ロックマン10の縛り実況となる。縛り内容は8作目の実況”ロックマンのお兄さんでザコ不殺プレイ”とほぼ同じ。具体的には
・ザコを盾の反射以外の方法で倒さない(ダメージを与えるだけならOK)
・ボス・中ボス時、特殊武器でダメージを与えない(ダメージを与えないなら使用可)
・使用キャラはブルース(ロックマンとの違いは以下)
ハードモード(ギミックもザコも中ボスもボスも強化されている)
という内容で実況を行う。

ロックマンから見たブルースは
・長所:盾による攻撃反射・スライディング・チャージショットが使える
・短所:被ダメージが2倍に増え、連射が3連射から2連射に減っている
となっている。

総合的に見てロックマンよりブルースの方が玄人向けとなっており、如何に攻撃を避けるかが肝となる。はっきり言ってブルースはダメージを食らう事が前提となりがちなザコ不殺と、ザコの配置が増えたり、いやらしくなるハードモードは相当に相性が悪いので、ロックマン10において、かなりの難度の縛り内容となっている。果たしてテラゾーは失踪せずに実況を終えられるのだろうか。

みどころ
過去の縛り実況以上の変態難度となった縛り内容から紡がれる弱音実況
その苦境の中でも反復によって少しずつ最適化されていくテラゾーの操作

21作目 【ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス】 全44回 ☆☆

テラゾー実況21作目。序盤は操作もおぼつかないくらいに初見。

過去に『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』を縛り実況(7作目)した事もあるテラゾーが、今回はWii版(GC版のミラーモード)の『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』の初見実況をする(縛りは基本的にしないとのこと)。6年以上前に発売された本作だが、その魅力はまるで衰えていない。敢えて「ゼルダわんこ伝説」と銘打った今回、テラゾーは如何なる実況で視聴者を魅せてくれるのだろうか。

みどころ
ミドナ、マロなど、かわいらしく個性的な各キャラ、わんことなったリンク
初見ならではのテラゾーの手探り感とワクワク感

20作目 【ワンダと巨像】 全18回 ☆☆☆☆

テラゾー実況20作目。タイトルにある通りの初見…なのだが、詳細はPart1冒頭にて。

SCEが誇る名作アクションアドベンチャー『ワンダと巨像』のPS3版(HDリマスター版)を実況。ワンダは『ICO』と同様の開発チームが製作した、雰囲気のあるゲーム(ちなみにテラゾーはICOを既プレイとのこと)。ワンダの目的としては「愛馬アグロと共に世界を周り、全ての巨像を倒せ!」というシンプルなもの。テラゾーの実況は『ワンダと巨像』という名作をどう彩るのだろうか。

みどころ
美麗なグラフィック、荘厳なサウンド
派手ではないが、的確でこまめな編集、初見によるテラゾーのリアクション
神回(紙回)となったPart10

19作目 【Stealth Bastard Deluxe】 全19回 ☆☆

テラゾー実況19作目。途中までのテストプレイ有り。

イギリスのCurve Studios制作・販売の2Dステルスアクション。スキムスと同様にSteamにて販売されており、本体が10ドル、DLCが3ドル、サントラが4ドル。

日本ではステルスアクションと言えば『メタルギア』『アサシンクリード』少し趣が違う『SIREN』などが有名だが、これは2Dアクションなので毛色が少し違う。しかし、やりたい事・やるべき事は単純で「スタート地点から、隠れて・ギミックを利用して・謎を解いて、ゴールを目指す」。特殊なアクションは基本的に無いので、全てはテラゾーの発想力にかかっている。果たして如何なるプレイで魅せてくれるのだろうか。

みどころ
2Dながらも作り込まれたグラフィック、解き甲斐のある謎解き
メタルギアシリーズやエイブで鍛えられているテラゾーの直感・アクション能力

18作目 【スキタイのムスメ:音響的冒剣劇】 全9回 ☆☆☆

テラゾー実況18作目。テストプレイ無しの初プレイ。『冒険劇』ではなく『冒劇』。

『Superbrothers:Sword & Sworcery EP』という原題でiPad/iPhoneなどで発売されていたゲームのローカライズ版。テラゾーがプレイしているのはPC版で、Steamにて購入できる。

ジャンルは冒険アクション・アドベンチャーで、剣と盾を持った主人公が、戦闘や謎解きをしながら進んでいく。滑らかに動くドットのキャラクター達と、ドットだったりそうじゃなかったりするが緻密な背景など、雰囲気が独特で、ゲームというよりアートという感じの作品。ハマる人はとことん楽しめるが、果たしてテラゾーはどういった反応を示すのだろうか。

実況への経緯は「ドット絵のゲームをSteamで探している際に良さげなのを見つけた」から。ちなみに最も喋る「丸太さん」の声はグラスホッパー・マニファクチュアCEOの須田剛一さん。制作したSuperbrothersの開発者は「『ゼルダの伝説』『メトロイド』『ICO』などの日本ゲームに影響を受けてできたゲーム」だと言っている(らしい)。

ちなみに実況中の2/20、スキムス公式Twitterで呟かれた
紳士淑女の皆様、ごきげんよう。いかがお過ごしでしょうか。どうやら先日、テラゾーさん @terazoが#スキムスのニコ動で実況をしてくださったようです。嬉しいですねー。

みどころ
サブタイ(音響的冒剣劇)の通り、サウンド・BGM全般
テラゾーの各アクション・状況に対する結構すごい反応・対応力

17作目 【ロッコちゃん】 全7回 ☆☆☆

テラゾー実況17作目。動画を収録する直前に一通りプレイしてクリアまでいっている。

キング氏が作ったFlashゲーム「ロッコちゃん」を、オワタ式でプレイする。

経緯としては、次の縛り実況にロックマン10を予定していたが、息抜きにロッコちゃんをプレイしようと思い立ち、プレイしたところ、クリア後にオプションで「OWATA MODE」を発見。これはプレイせざるを得ない、となり実況に至る。OWATA MODEはコンティニュー無限という仕様なので、特殊武器縛りを追加。息抜きが特殊武器縛りのオワタ式…すごく…マゾいです…。

みどころ
かわいいロッコちゃんのアクション
VSマッドシスターズ(Part4後半)

16作目 【不思議のダンジョン2 風来のシレン】 全9回 ☆☆

テラゾー実況16作目。既プレイ。

不思議のダンジョンシリーズとしてはトルネコに続く2つ目の動画で、自称”シレン中級者”のテラゾーが、「最初に選んだ20のアイテムを駆使してテーブルマウンテン制覇を目指す」という主旨の縛りプレイである。

この20のアイテムは、最終的に(持ち込む時点において)
・同じアイテムは1つ、同じカテゴリからは3つまで
・壷、修正値のついた装備、の禁止
・一枠で売値が3000G”より高い”もの、の禁止   という制限がかかった。
その他の縛りは、最終的に
・杖を振ってはいけない(投擲は可)
・床に落とした持込アイテムは3ターン以内ならば拾ってよい(3秒ルール)
・矢は一種類だけ(鉄の矢の場合、1本40Gなので上記ルールより最大75本となる)
・誤って拾ってしまった持込外アイテムは、プレイに影響しない内に捨てればOK
・困った時の巻物によるギタンの取得、の禁止
・肉を使ったモンスターからのスリ取り、の禁止
・床に落ちているアイテムの(落ちている状態からの)直接使用、の禁止
・いやしウサギ、ポリゴン系、ガマラ系、ミドロ系の肉、の禁止
・お竜を殺さない、しかしスララは殺すという内容になった。

また、余談ではあるが、この一連の動画は利用宣言を親作品にしているので「発売元に認められている実況動画」のひとつである。

みどころ
言ってる事とやってる事のズレ具合(毎度の事)と、それに対する視聴者のツッコミ
自分で作ったルールの抜け道を自分でかいくぐろうと試行錯誤している様
ようやくかいくぐった抜け道を自分で塞ぐテラゾーらしい生き様

15作目 【マテリアル-カルチアの詩-】 全6回 ☆

テラゾー実況15作目。忘れているのでほぼ初プレイと言えるかもしれない

RPGツクール2000にて708氏により製作され、エンターブレインが主催していた「インターネットコンテストパーク」の2001年8月の賞(上から2番目)を受賞したフリーゲーム「マテリアル‐カルチアの詩‐」を実況プレイ。

当初は「誰も知らない名作フリゲー」というタイトルだったが、面白いタグがあった為、タイトルを変更したとの事。毎日21時には更新したい、らしい。はたして、ロメオとアリードはゴルゴゴルボたち村人を助け出す事が出来るのだろうか。

みどころ
独特の語感。

14作目 【Ib】 全7回 ☆☆☆☆

テラゾー実況14作目。初プレイとは言えないような部分もあるがほぼ初プレイ

RPGツクール2000にてkouri氏が製作したホラーアドベンチャー「Ib」をプレイ。バージョンは1.02。

高評価のフリーゲームとして名高い「Ib」を果たしてテラゾーはどうプレイするのか。本人曰く「こんな動画見ないで自分でやってみれ」との事。ちなみに、1週目はPart6までで、Part7の内容はED制覇とサブイベント回収である。

みどころ
綺麗なOPに代表される丁寧な編集、イラスト。
今までのプレイ暦からも見て取れる、ゲーム慣れしている各所における思考。

13作目 【VVVVVV】 全8回(暫定) ☆☆☆☆

テラゾー実況13作目。初プレイ。

左右移動と上下の重力反転の4つのみの操作で進んでいくシンプルなアクションゲーム。難度はそれなりに高いが、心折設計では無く親切設計なのでストレスはたまりにくい。果たしてテラゾーは、テキストが全て英語のストーリーを理解する事が出来るのだろうか?

みどころ
数々のアクションゲームで鍛えられたテラゾーの腕前。
テラゾーの英語翻訳能力や謎アフレコ。

12作目 【エリィのアクション】 全9回 ☆☆☆

テラゾー実況12作目。初プレイ。

part1によると、実況者の友人に「これやれ」と言われプレイする事になったという。
エリィのアクションは可愛いキャラや世界観とは裏腹な、いわゆる「死にゲー」。
タイトルからもわかる、その鬼畜な内容にテラゾーはどう対応していくのだろうか。

みどころ
時折見られる、とても製作者が意図しているとは思えないプレイング。

11作目 【アーマード・コアⅤ】 解説実況全8回+対戦動画2回 ☆☆☆

テラゾー実況11作目。既プレイ。

高難度で知られる、PS3/Xbox360用メカカスタマイズアクションゲーム「アーマード・コアV」をプレイ。(テラゾーはPS3版)

ストーリーモードではなく、マルチプレイやフリー対戦の解説が中心。解説を通して、このゲームの面白さや魅力を伝えたいとのこと。

みどころ
字幕を併用した初心者向けの丁寧な解説。
ファ○通の攻略本よりは役に立つであろう各種情報。

10作目 【エイブ'99】 全40回 ☆☆☆

テラゾー実況10作目。初プレイ。

PS用パズルアクションゲーム(グロ表現注意)いわゆる死にゲーを実況。

すでに実況済みの【エイブ・ア・ゴーゴー】の続編、テラゾーがずっとやりたいと語っていたゲームでもある。死傷者は0人、奴隷にされている仲間300人をできる限り救うというコンセプト。

みどころ
しゃべり重視の正統派よりな実況スタイル。いつも通りなリアクションとプレイ。
1番のみどころはゲームの美しいグラフィックと緊張感のある
サウンドや、マップ上の凝ったギミックや操作する主人公を含むキャラクター達の個性豊かな動き。

9作目 【ロックマン9 野望の復活!!】 全13回 ☆☆☆☆

テラゾー実況9作目。既プレイ。

ロックマン9のブルーズモードでザコ不殺プレイ実況という内容。縛り内容をざっと書くと、ブルース使用、盾使用以外のザコ敵は不殺、ボスと中ボスに特殊武器を使ってはいけない、など。縛り内容が複雑なため、わからない人はマイリストコメントの説明を参照しよう。

みどころ
OP、フラグ回収率、次回予告のナレーションと映像内容の違い、気合の入った編集

8作目 【LIVE A LIVE】 全37回 ☆☆

16/08/12 10:00 投稿
生放送の録画。コミュニティ限定動画です。わけわからんタイトル付けてすいません。初見じゃないです。ス...
23:52
身体の強さは? なんで知ってんだよww オカマみたいな声w ここで弟子を鍛えすぎ こいつらド素人の段階 イントネーションがま w

テラゾー実況8作目。生放送のアーカイブ動画。

「LIVE A LIVE」はSFC後期、いわゆるスクウェア黄期に発売された名作RPG。7つの異なる時代の異なる主人公のストーリーがオムニバス形式で収録されている。7つのストーリー全てをクリアすると…。
本シリーズは生放送のアーカイブ動画を見やすく編集したものだが、録画ミスにより新規に撮りなおした部分もある。
生放送のアーカイブゆえに、視聴者とのやり取りや内輪ネタも含まれるため、コミュ限での投稿となっている。視聴にはコミュニティ登録が必要。

みどころ
評価の高いストーリー。テラゾーのアテレコ。

7作目 【ゼルダの伝説 神々のトライフォース】 全25回 ☆☆☆☆☆

テラゾー実況7作目。既プレイ。

SFC用アクションアドベンチャーゲーム「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」の縛りプレイ(オワタ式・剣盾禁止)を実況する。

剣以外のさまざまな武器を使ってクリアを目指す勇者テラゾー。1度のダメージで倒れてしまう貧弱勇者の行方や如何に!?

2015年6月1日、不適切な使用形態(オワタ式にする為の改造など)による権利者(任天堂)削除により動画が一斉削除された。これについてテラゾーは当日にTwitterで

まぁチートプレイだし仕方ないね。もう上げないから、みんなの心の中に留めといてね。

大した感情もわかなかったが、みんなのツイート見てたら少し悲しくなってきた。運営に凸とかそういうのはやめて下さいね。こっちに非があんだから

と呟いている。

みどころ
プレイング、気合の入った編集(特にOP)、先生(膜翅目

6作目 【コープスパーティー(旧作)】 全11回 ☆☆☆

テラゾー実況6作目。既プレイ。

ホラーアドベンチャーのフリーゲームであるコープスパーティを実況。

サムネイルが最終回を除き赤字でCORPSE-PARTYというロゴが入っており、なんともホラーチックなものになっている。

みどころ
ツッコミ、既プレイながらのビビりっぷり

5作目 【メタルギアソリッドPW】 全16回 ☆☆☆☆

テラゾー実況5作目。既プレイ。

タクティカル・エスピオナージ・オペレーションゲーム「メタルギアソリッド ピースウォーカー」をプレイする。

今作は、故・塩沢兼人氏(たまにムスカ大佐)のモノマネをしながらプレイするという、テラゾー初のモノマネ実況である。学校であった怖い話同様、サムネイルがかなり凝っているが、MGSPWでは更に編集まで凝るようになった。テラゾーの知名度を飛躍的に上げた作品。

みどころ
プレイ、モノマネ、サムネイル用イラスト、編集すべて

4作目【学校であった怖い話】現在実況中!☆☆☆

テラゾー実況4作目。初プレイ。

人気ホラーサウンドノベル、学校であった怖い話をツッコミを入れながら実況。Part3以降、キャラ毎のイラストをサムネイルとして使用。

テラゾーには珍しい長期シリーズで根強いファンも多いが、セーブデータ消失のため現在(2016年11月時点)更新が滞っている。ツイッター等で再開の声が大きければ戻し作業をするとかしないとか。

みどころ
一番素に近い(と思われる)テラゾーの喋りと、時折見せるビビリっぷり

3作目 【エイブ・ア・ゴーゴー】 全18回 ☆☆☆☆

テラゾー実況3作目。既プレイ。

ホラーパズルノンストップアクションゲーム、エイブ・ア・ゴーゴーを実況。

10年前に一度クリアしたことがある(はず)とのことで、以下の条件でプレイに臨む。(Part1のコメントより引用)

一、攻略情報は視聴者のコメント以外見ないこと
一、99人全員救出する

みどころ
作品はもちろんのこと、テラゾーのアクションゲームの腕前

2作目 【トルネコの大冒険】 暫定19回 ☆

テラゾー実況2作目。初プレイ。

ローグライクゲームとして名高いトルネコの大冒険を実況する。

テラゾーは風来のシレン1しかプレイしたことが無く、トルネコシリーズは全くの未経験ではあるが、あえてアイテムの説明を見ずにプレイし、実況の楽しみを追及した作品。
テラゾーのおすすめ度は☆1だがマニアックなファンからの評価は高いが、素人にはおすすめできない。本人は黒歴史と言っているので新規視聴者には他の動画から見ることをおすすめしておく。

みどころ
アイテムの引きの良さ
飲酒などによるグダグダ感

1作目 【グーの惑星】 全11回 ☆☆

テラゾーの初実況作品。初プレイ。

2009年4月にWiiウェアとして発売されたアクションパズルゲーム、グーの惑星を実況。

黒くて丸い、まるで某アニメ作品に出てくるような『グー』という生物を連結させゴールまで導くというゲームなのだが、序盤こそ難易度が低いものの、中盤以降は難易度がグンと上がる。世界観もかなり作り込まれている。

みどころ
難解なステージで見せるテラゾーの勘の鋭さ

共同実況

他の実況者と共作実況シリーズ・共作単発動画

共同4作目 【アナログゲーム】 現在実況中!

タイトルの通り、待ち時間の長い超パーティの楽屋裏にビデオカメラを持ち込み、他の出演者と一緒にアナログゲームをプレイしている。
遊んだゲームは、「赤ずきんは眠らない」「ナンジャモンジャ‐シロ」

みどころ
プレイヤー同士の駆け引き。わいわい感。

共同3作目 【Skype人狼】 全45回

テラゾーがGM(ゲームマスター)やプレイヤーとしてニコ生で行った「Skype人狼」を編集したもの。メンバーや内容は様々で、何度も行われたもののなかで、テラゾーが良いと思った試合が動画化された。
これまでに実況者Skype人狼として動画化されているのは、テスト放送、マリカ実況者人狼、スプラ実況者人狼、殺意人狼の4シリーズ。殺意人狼はテラゾーもプレイヤーとして参加している。
チャンネル開設後は、人狼舞踏会として企画が引き継がれた。

みどころ
見やすい編集
ガチ勢から初心者まで揃ったゴチャゴチャ感

共同2作目 【アーマード・コア ヴァーディクトデイ】 暫定4回 ☆☆

テラゾーが投稿している共同実況の2作目。

2013年11月にブロマガ【ACVD】新チーム立ち上げとチームメンバー募集のお知らせにて集まったメンバーと共に作ったチーム「ショットガンピクチャーズ」の、様々な相手とのACVD対戦動画が主な内容となっている。「アーマード・コアは難し過ぎてわからない」という人も、テラゾーの過去実況【アーマード・コアV】解説実況プレイなどを見れば、なんとな~くは解る、かもしれない。

メンバーや動画の詳細は個別記事「ショットガンピクチャーズ」を参照。

みどころ
愛がなければとてもやってられない面倒な非常に手の込んだ編集
意識して作られた高画質の動画(故に一動画の時間は短い)、各メンバーの掛け合い

共同1作目 マイクラゴルフ 全7回 ☆☆☆

「Minecraftでゴルフの常識をぶち破れ!」という触れ込みでスタートした本作。
運営はPoez(タウリン)、プレイヤーがテラゾー、どんぼこ、やんわり、ユニ
ルールその他はココ、ゴルフMODについてはココを参照。
2012/7/28のニコ生にて、ゴルフMODを使ったMinecraftを上記の面子でプレイし、その記録を編集したものが本動画である。
※ちなみに右上に表示される「アノニマス」という名前は、掲示板における所謂「名無し」という意味なので、「アノニマス」という人が連続で※している訳ではない。

みどころ
見やすい編集。カオスな展開。ゴルヌ感。

友人と実況プレイ

大学時代からの友人であるらしいナナキ氏と、QiiのVCで「びっくり熱血新記録!はるかなるメダル」をプレイ。

ナナキ氏は、この動画以外にもエイブ・ア・ゴーゴーのPart8等にも出演している。凝った編集などがあるわけではないが、肩の力を抜いて楽しめる動画。今のところ単発実況動画×2回みたいなものだが、そのうち新しい動画があげられる…かもしれない。

共同単発

ドラグルージュ(TRPG)

耽美厨二病TRPGの「ドラグルージュ」のオンセ動画。編集が非常に凝っている。
現時点で投稿されているのは自己紹介パートのみ。諸事情により更新が停滞しているようだ。

ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会

「ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会」のsteam版をpoez、たけぉ、タラチオとネット対戦。
1990年にファミコン用に発売された同ソフトをリメイクしたもの。

単発その他動画

単騎の単発実況アニバーサリーお蔵入り・没

単発

単発4作目【Poly Bridge】

「Poly Bridge」はDry Cactus開発のシュミレーションゲーム。
ゲーム内容としては橋をかけて車やバスを向こう岸に渡すというシンプルなものだが、強度やバランスを考える必要があったり、ステージを進めると様々なギミックが追加されたりとパズル要素も強い。まったりとした音楽が流れる中、橋が崩れ落ちていく光景は中々にシュール。

単発3作目【Cut the Rope】

「Cut the Rope」はZeptoLab開発のスマホアプリ。ジャンルはアクションパズルゲーム。テラゾーがプレイしてるのはWebブラウザ版。

単発2作目【Tower of Heven】

「Tower of Heven 天国の塔」はaskiisoft開発のアクションゲーム。小さな冒険者を操作し、塔の頂を目指す。ゲームボーイのような音楽とグラフィックはどちらもクオリティが高く、特にBGMはみんなで決めるゲーム音楽ベスト100に何度もランクインしてるほど。当時は日本語版がなかったため、翻訳しながらの実況プレイ(字幕付き)。

単発1作目【エキサイトバイク】☆☆☆☆

「エキサイトバイク」は任天堂より発売されたレースゲーム。家の鍵紛失記念に2倍速でプレイ。お手軽に見れるため、テラゾーのおすすめ度は★4と地味に高い。

アニバーサリー動画

10/11/08 07:04 投稿
名場面集。是非皆さんの心のマイリストに入れてあげてください。■グーmylist/15853868■トルネコmylist/1...
33:54
七周年おめでとう! 酔っておるww これ好きwwwwwwww ここすき 出たコレw 爽やかww www イイイイイイイイイイ でたwww 無言で即決ww 即だったな、おいww wwwww (゜д゜)
11/11/07 02:56 投稿
主にオワタ式ゼルダ、ライブアライブ、ロックマン9の実況を振り返ります。1周年名場面集は⇒sm12684052...
24:50
編集技術上がりすぎぃ ここ好き !? あー… 左耳ゾワゾワするw ガンハザード 2016年データ消失によ wwwwwwww wwwwwwwwwwww 懐かし~ これ好きだわ しちゃったwwwwww 早くテラゾーさんを知
12/12/03 08:17 投稿
テラゾーです。3周年記念としてはちょっと遅いですが時系列順に今まで作った実況動画用のOPを並べまし...
11:21
うっま 綺麗…… 虫網w セキゾーww みたかったな~~ うぽおおつ!! /(^o^)\ なんだろうこの感覚、 泣けるのか見てみたか もう見れないんだよな おお 正直何個か公式OPと勘 汎汎 テラゾー知ったときに

自主制作のまとめ動画。切り貼りしてまとめたものが動画の大部分だが、新規に作られた部分もある。4年目以降は無かった。

お蔵入り・没動画

10/02/23 21:00 投稿
次→sm9826192
crossfire→mylist/17775302 クロスファイア布教用動画。腕の低さはトークでカバー!(`...
33:54
www ww いっくぞー え?w BL てらこ 戦争ゲーム なんか声若いなテラゾ 私もやって...
14/04/14 09:00 投稿
この縛り実況企画はうp前に没になりました。せっかくなので前後編で上げますが完結はしません。同じ縛り...
19:20
ピロンボワンテロテロ キルゾーで草 誰だお前 草生える そういうことかwww おもしろすぎる これはwwwww w wwwwwwwwwwwwwwwwwwww wwwww いいゾ やはり狂人であったか 無理ゲ...

色々(視界縛りシレンは、伝わりにくい面白さ、事故死の多さ、など)あって没になった動画達。テラゾーの過去には、上記の2つ以外にも沢山の没実況が存在しているのかもしれない…。

ちなみにガンハザード実況は、生放送やTwitterにて、お蔵入りしていないといった趣旨の発言をしており、そのうちやり始める…かもしれない。

チャンネル限定動画

週一更新のチャンネル限定動画と人狼舞踏会

CH限5作目 【四人の王国】 現在実況中!

チャンネル限定動画5作目。

「四人の王国」はyoko氏作成のロールプレイングノベル。自作ゲームフェス受賞作品。声が出ない主人公の性格を、選択肢によって作っていくというシステムが特徴的。

みどころ
テラゾーの誠実(?)なプレイング。

CH限4作目 【恋の筆触分割】 全12回

チャンネル限定動画4作目。まさかの恋愛アドベンチャー実況。

「恋の筆触分割」は恋の筆触分割製作チーム作成の美術史系女性向ADV。見知らぬ世界に飛ばされた主人公が印象派時代の巨匠たちと親交を深めながら、世界の謎にせまっていく。

みどころ
ドキドキイベントが起こるたびに慌てるテラゾーのリアクション。

CH限3作目 【COLORS】 全6回

16/09/02 10:00 投稿
【タイトル】COLORS 失われた記憶【同時更新中】流行り神2part1⇒sm29177975(毎週火土更新)人狼⇒...
21:03
ゼルダやん 好きwww ドラミングwww やったね! そしてボコられる wwwwwwww ボコられたw あみょん! こういう実況いいぞww なつい ←ビジネスハタイヘン 喧嘩腰ずっと笑う 何の音だよwww これはひどいww www な...

チャンネル限定動画3作目

「COLORS」はZK氏作成のアドベンチャーゲーム。

色を使った謎解きが特徴。ゲームボーイ(スーパーゲームボーイ)のようなゲーム画面とかわいらしい登場キャラはどこかノスタルジーを感じさせる。テラゾーの実況のハイテンションっぷりはトルネコ実況を彷彿とさせる。

みどころ
謎解きの速さ。トルネコ実況のような謎テンション。

CH限2作目 言霊の迷宮 単発

16/08/12 10:00 投稿
ファウストの悪夢のストーリー考察回の編集が終わらんので今週は休止して新しいゲームをやります。言霊の...
13:19
ね→ね→し→!? うどん子じゃなくてう 女の子にちんこ言わせ こういうゲームだいす これやっ

チャンネル限定動画2作目。単発実況。

「言霊の迷宮」はフォルテ氏作成のブラウザゲーム

しりとりのように単語を入力してマスを進み、ダンジョンを探索していく。テラゾーは実況前に何度かプレイしているようで、ゲームの解説を交えながら実況している。

みどころ
テンポの良さ。テラゾーの語彙力

CH限1作目 【ファウストの悪夢】 全18回

16/05/01 13:00 投稿
テラゾーチャンネル本日開設(ブロマガ)⇒ar1017165今後の活動についても触れています。是非ご一読下さ...
13:29
劫罰 あんた なんで開設におこるの 稼ぎに走ったか。好 絵ぇうめぇなぁ まあ、他人のマワシ( 稼ぎに走り始めたテ チャンネル限定はいい

チャンネル限定動画1作目。part2以降はチャンネル会員限定。

「ファウストの悪夢」はLabORat Studio-白鼠ゲーム実験室作成のホラーアドベンチャー。ストーリー・BGM・イラスト・フォントが合わさり奇妙で美しい独自な世界観を築いている。
謎解きは難易度が高く、さすがのテラゾーも苦戦している。
散在する登場人物の日記からストーリーの背景が伺えるがそれだけでは理解しにくいため、最終回前にストーリー考察回を設けている。

みどころ
ホラーでゴシックな世界観、テラゾー独自のストーリー解釈
高難易度の謎解きに苦戦するテラゾー

CHアーカイブ【Skype人狼】 随時更新

月一で開催される人狼生放送のアーカイブ動画。動画も生放送も最終村のみチャンネル会員限定となっているが、それ以外の村は無料で非会員の視聴者にも開放している。
基本的にテラゾーがGMを務め、実況者を中心としたユーザーをPLとして招待する。例外的にテラゾーがPLとして参加することもある(#9 年忘れ人狼忘年会)。
当初は「Skype人狼舞踏会」というイベント名だったが、「人狼舞踏会」へと名称が変更された。これは、Skypeの仕様変更にともない使用システムを中島人狼へ移したためである。

人狼放送としての特色
テラゾーの人脈を使って参加者を招待するため、PLは実況者が中心となる。人狼を広めることも一つの目的であるので、人狼経験があまりない初心者を招くことも多い。企画によっては経験者のみの人狼を開催することもある。(#3 GM人狼、#5人狼ラヴァーズなど)
人狼の形式はいわゆるSkype人狼(非対面の通話人狼)。ルールは連続ガードあり、村騙りあり、初日占いありのルールで行われることが多い(例外あり)。役欠け、役職公開/非公開はそのときによってまちまち。
配信画面や一部の素材などもテラゾーが自作しており、使用するBGMにもこだわっているようだ。役職公開時は各役職の夜チャットが一度に見られるように画面に配置され、各PLの作戦や思考を覗き見ることができる。非公開時は視聴者からTwitterにて募集したイラストが順に映される。イラストの募集については各放送ページを参照。

※生放送についての補足
一回のイベントで無料枠(19:00〜)と会員限定枠(22:30〜)の2枠が用意されている。これは、非会員でも無料分のタイムシフト(TS)放送が見れるようにするための配慮である。無料分の村が22:30以降に突入した場合も、チラ見せ機能を使用することで誰でも最終村突入前まで視聴することができる。ただし、限定枠はチャンネル会員しかTS視聴はできないので、あとから見返したい場合はアーカイブ動画の投稿を待とう。
まとめると以下の通り。

  • 生放送のリアルタイム視聴⇒(限定枠に入っても)最終村突入前までは誰でも視聴可
  • 生放送のTS視聴⇒無料枠のみ誰でも*TS視聴可
  • アーカイブ動画⇒無料分の村は誰でも視聴可

(*プレミアム会員またはタイムシフト予約した者。詳しくはタイムシフト機能の記事を参照)

出演動画

テラゾーが”出演”している主な動画
テラゾーの投稿ではないので、迷惑がかからないようお願いします※

人狼

TRPG

他アナログゲーム

他ゲーム

ラジオ動画等

チャンネル・コミュニティ

2016/5/1テラゾーチャンネル開設。チャンネルでは、月一の人狼放送(人狼舞踏会)と週一の限定動画の他に、不定期でゲーム配信やお絵かき放送なども行っている。人狼アーカイブ(最終村以外)や共同実況動画、一部を除いた生放送など、入会せずとも楽しめるコンテンツも多い。

コミュニティにはコミュ限動画もそれなりに存在するが、2016/9/18以降生放送や新規動画登録は行わないことが宣言されており、コミュニティとしての役割はほぼ終えている。今までありがとう、テラゾーコミュ。

静画

動画で使用したイラストの一部や過去のアイコンがニコニコ静画に投稿されている。(⇒テラゾー静画旧アカウント新アカウント)

実況したゲームタイトル一覧

※サムネクリックで動画Part1にジャンプ

実況したゲームタイトル
動画タイトル
テラゾー
オススメ度
Part1 Mylist 備考
動画合計時間
2009年開始
グーの惑星
誰も知らない名作ゲーム実況!【グーの惑星】
★★
全11回
計3:50:28
トルネコの大冒険
初見実況的【トルネコの大冒険】
暫定19回
計6:51:48
エイブ・ア・ゴーゴー
【実況】99人全員救出エイブ・ア・ゴーゴー
★★
★★
全19回
計7:38:35
2010年開始
フロントミッションシリーズ ガンハザード
【フルボイス】ガンハザード実況
★★★
実況中?
Crossfire
クロスファイア実況がテラゾーを増長させる
★★
全3回・C限
お蔵入り
学校であった怖い話
その絵描きは【学校であった怖い話】を実況した
★★★
実況中
メタルギアソリッド ピースウォーカー
グレイ・フォックスが実況する【MGSPW】
★★
★★
全16回
計7:42:25
エキサイトバイク
超!エキサイティンバイク実況(2倍速)
★★
★★
鍵紛失記念
単発
コープスパーティー
伝説のホラーゲーム【コープスパーティー(旧作)】実況
★★★
全11回
計4:23:04
2011年開始
ゼルダの伝説 神々のトライフォース
【オワタ式ゼルダ】剣盾禁止実況
★★
★★★
全25回
計5:37:55
LIVE A LIVE
【実況】あの世で俺にわび続けるRPG
★★
全37回・C限
計16:14:37
ロックマン9 野望の復活!!
ロックマンのお兄さんでザコ不殺プレイ【実況】
★★
★★
全13回
計3:53:44
ABE'99
隠れた名作謎解きアクション【AVE'99】
★★★
全40回
計13:01:10
びっくり熱血新記録!はるかなるメダル (Wii)
くにおくんを友人とやったら楽しかったです。
Part2もある
友人とプレイ
2012年開始
アーマード・コアⅤ (PS3)
【アーマード・コアⅤ】解説実況プレイ
★★★
暫定10回
計2:43:50
エリィのアクション
楽しい初見殺し【実況】
★★★
全9回
計2:14:03
VVVVVV
【実況】VVVVVV
★★
★★
暫定8回
計2:14:28
Tower of Heaven 天国の塔
ゲームボーイライクな雰囲気ゲー【天国の塔】
単発
0:20:03
Minecraft(+ゴルフMOD)
マイクラでゴルフやったらなにこれカオスwww
★★★
全7回・5P
計2:34:39
Cut the Rope (Webブラウザ版)
緑のモンスターにあめちゃんあげるやり方が回りくどい
単発
0:13:54
Ib (ver1.02)
【Ib実況】恐怖、感動、時々オカマ
★★
★★
全7回
計2:43:53
マテリアル -カルチアの詩-
SMエクソシズム【マテリアル -カルチアの詩-】
全6回
計2:16:31
不思議のダンジョン2 風来のシレン
【風来のシレン】何も拾わない縛り【実況】
★★
全9回
計4:11:4
2013年開始
ロッコちゃん (OWATA MODE)
【実況】\(^o^)/オワタ式ロッコちゃん
★★★
全7回
計2:03:28
スキタイのムスメ:音響的冒剣劇 (PC)
【実況】スキタイのムスメ『何コレ、スゴイ』
★★★
全9回
計3:44:02
Stealth Bastard Deluxe
走れ!隠れろ!考えろ!ステルスバスタード実況
★★
全19回
計5:54:28
ワンダと巨像 (PS3・HDリマスター)
【実況】初めての『ワンダと巨像』をHDで
★★
★★
全18回
計6:01:33
ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス(Wii)
ゼルダわんこ伝説【トワイライトプリンセス(Wii)】
★★
全44回
計20:54:51
ロックマン10 宇宙からの脅威!!
【鬼畜HARDロックマン10】ザコ不殺ブルースプレイ
★★
全12回
計4:18:17
大学生にもなってあった怖い話
【大学生にもなってあった怖い話】
全15回
計5:10:56
アーマード・コア ヴァーディクトデイ
【ACVD】フロム脳映像化プロジェクト【実況】
★★
暫定4回
計0:36:04
2014年開始
運命の洞窟 The CAVE
心の闇を静かに実況
★★
全8回
計3:00:38
シャーロックホームズ伯爵令嬢誘拐事件
【クソゲー】シャーロックホームズ伯爵令嬢誘拐事件
★★★
全9回
計2:49:32
梓999
【昔フリゲ】1997年作『梓999』【実況】
★★
全5回
計1:36:19
クトゥルフの弔詞 -夢声慟哭-
暗く、重く、湿った【クトゥルフの弔詞】実況プレイ
★★
全11回+α
計4:45:19
不思議のダンジョン2 風来のシレン
800G以下のアイテムだけで地味に【縛り実況】
★★
全12回
計4:03:25
キノコ&ギャル
【実況】精神を蝕むキノコ&ギャル【クソゲー】
★★
全6回
計1:23:33
マリオカート8
【実況】マリオカート8をやるんだよ
★★
全10回
計2:30:04
流行り神 警視庁怪異事件ファイル
【流行り神】怪異・怪談・都市伝説【実況】
★★
全45回
計17:52:07
Crypt of the NecroDancer
【ローグ×リズム=神ゲー】ネクロダンサー実況
★★
暫定13回+α
計1:55:58
ロックマンゼロ
【ロックマンゼロ】初見実況プレイ
全12回
計3:43:53
2015年開始
洞窟物語
【実況】あーそういえば洞窟物語がやりたい
★★
全20回
計5:57:39
Skype人狼
【実況者人狼】
全4シリーズ45回
計17:33:12
Splatoon
【実況】スナイパーで往くスプラトゥーン
★★
暫定14回+α
計2:42:43
サイレントヒル2
初めてのSILENT HILLをHDで
★★
全30回
計11:28:19
Poly Bridge
【単発】まったり橋を架けるゲーム【Poly Bridge】実況
単発
0:31:02
不思議のダンジョン2 風来のシレン
風来のシレン20周年てことで20分攻略目指します【TMTA】
★★
★★
全?回
計8:07:25
2016年開始
デモンズソウル
【実況】初めてのデモンズソウル
全46回
計17:19:53
ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会(PC)
くにお大運動会をオンライン4人対戦できたらいいのに→できた
単発
0:30:11
ファウストの悪夢
謎解きゴシックホラー【ファウストの悪夢】実況
全18回・CH限
計6:24:19
Skype人狼
人狼舞踏会
随時更新
一部CH限
ドラクルージュ(TRPG)
麗しくお耽美にTRPG【ドラクルージュ】やってみた
導入パートのみ
流行り神2 警視庁怪異事件ファイル
【流行り神2】怪異・怪談・都市伝説【実況】
全77回
計36:48:21
言霊の迷宮
【言霊の迷宮】しりとりローグライク【単発実況】
単発・CH限
0:13:29
COLORS
【実況】ゲームボーイライク-COLORS
全6回・CH限
計1:45:11
Minecraft
【マイクラ肝試し2016】テラゾー視点
全3回(短期)
計0:56:49
Salt and Sanctuary
【2D版ダークソウル】とか言われてる例のゲームを実況する
全31回
計9:29:59
恋の筆触分割
【実況】印象派の巨匠達とドキドキ学園生活【恋の筆触分割】
全12回・CH限
計5:20:41
アナログゲーム
超パ楽屋裏で実況者捕まえてアナログゲーやる動画
実況中
2017年開始
四人の王国
【実況】四人の王国をプレイする誠実な男
実況中

関連項目

  • ショットガンピクチャーズ
  • ゲーム実況プレイ動画のプレイヤーの一覧
  • 投稿作品の総再生数が多い動画投稿者一覧

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%86%E3%83%A9%E3%82%BE%E3%83%BC
ページ番号: 4397733 リビジョン番号: 2457943
読み:テラゾー
初版作成日: 10/06/25 20:23 ◆ 最終更新日: 17/02/10 22:45
編集内容についての説明/コメント: 特徴を修正。人狼について追記。一覧に開始年を追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ



この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

テラゾーについて語るスレ

1370 : ななしのよっしん :2016/12/07(水) 17:08:29 ID: yhDEalrmhm
ロックマン系は定期的に見たくなるしなんど見ても飽きないなぁ
また縛りアクションとか見たいけどチャンネル動画も普通の動画も複数進行してるし流石に厳しいのかね
1371 : ななしのよっしん :2016/12/18(日) 21:57:27 ID: t6QznNIPKd
時間がかかってもいいから凝った編集の縛りプレイ実況とかが見たいなぁ
アクションゲームの縛りプレイで奇声を上げるテラゾーがまた見たい
1372 : ななしのよっしん :2017/01/06(金) 15:24:57 ID: 0hwjQ4/wHj
もうしないだろうそんな事
1373 : ななしのよっしん :2017/01/07(土) 11:42:31 ID: Lsi8xrx+Ga
昔はよく見てて好きだったよ。
やるゲームも面白かったし。
ニコニコ自体に限界があるのかもなって最近思えてきた。
健全にはなったけど、アングラな雰囲気の有った時代が懐かしい(老害)
1374 : ななしのよっしん :2017/01/08(日) 18:24:06 ID: PKDEjFgq4Z
ロックマン10の時自分で言ってたように実況者としては擦り切れちゃったんだなと思った(老害2号)
1375 : ななしのよっしん :2017/01/11(水) 19:14:27 ID: 3Yb5YrE1yX
何やっててもいいしこんなご時勢だからtubeに移転したっていいけどシレンだけはやってほしい
1376 : ななしのよっしん :2017/01/22(日) 22:57:30 ID: SLrfBr7Z/2
久々にホームズ見たら腹よじれるほど笑ったわ
昔は良かった(老害3号)
1377 : ななしのよっしん :2017/01/29(日) 07:55:31 ID: u4o6oDqEiN
ぶりっこおじさん
1378 : ななしのよっしん :2017/01/29(日) 22:21:05 ID: 62N3P1INJf
トシゾーとテラゾー
ややこしい
1379 : ななしのよっしん :2017/02/14(火) 23:57:41 ID: elJLkmHgPn
ついに2chスレすらなくなったか…… 

もうニコニコのゲーム実況界を引っ張っていく大物の一人ではなくなったのだなぁ。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015