単語記事: テリー(ドラゴンクエスト)

編集

テリーとは、ドラゴンクエストⅥに登場するキャラクターである。
デザイン鳥山明

 

概要

ひたすらに強さをめる孤高の士。
強さをめるあまり悪しきへ走ってしまうが、心して主人公仲間になる。

↓以下ネタバレにつき読みたい人のみ反転↓

昔はミレーユと共に、ガンディーノに住むごく普通少年であった。
しかしミレーユが当時のガンディーノ王の暴政の犠牲となり、奴隷として連れ去られてしまった際、それを助けられなかったのが心に大きな傷を残した。
を助けられなかったのは自分が弱かったからであるとし、ガンディーノを出てからはひたすらに強さをめるようになった。強さをめる一環として強いも常に探しており、アークボルト宝・鳴のを手にした後、伝説ラミアスのをも手にしようとするが、ラミアスのはぼろぼろに朽ちて使い物にならなくなっていたため、主人公に譲り、諦めて立ち去る。

上記の通り彼が強さをめてをする大元の理由はミレーユのためなのだが、主人公と共にをするミレーユと何度も中ですれ違っているにも関わらず、ミレーユの存在に気づく事がかった。
最終的にはデュランの元へ走り、ミレーユ本人に向けてを向ける事になってしまう(ミレーユパーティに入れてデュラン戦に臨めば)。テリーを倒しデュランを倒した後、ミレーユの口からようやく真実が告げられ、憑き物が落ちたように仲間になる(想な性格は全には直っていないが)。

月刊少年ガンガンに連載されていたDQ6漫画では「強い」をめる理由がより詳しくつけられており、ミレーユを連れ去ろうとするヤクザに対してナイフで切りかかったものの、ナイフが折れてしまいあえなく蹴り飛ばされてしまう。
そのため、を助けられなかったのは「武器が弱かったからだ」と強く思うようになっており、強い武器を手にする事に人一倍執着を持っている。
デュランに懐柔された時も、絶大な破壊を持つ、しかし呪われており意識を支配される破壊のをエサにされたかのような形であった。(ゲームでは破壊のは所持していない、と言うか登場しない。ゲームでは鳴のを持って襲ってくる)

↑ここまでネタバレ↑

加入した時点でのレベルはそれなりに高いが、仲間になる時期が遅く、その時には主人公一同のレベルも高くなっていて、お荷物状態に…ということが多い。巷では「ドランゴ引換券」などと呼ばれてしまっている。

リメイク版ではステータスや初期レベルが強化され、これでお荷物脱却か、と思われたが……。
詳しくは「ドランゴ引換券」の項を参照。

本作では微妙な扱いだが実際のところは主人公になる予定だったらしく、堀井雄二は「初期設定ではテリー主人公だったが感情移入しにくいと思いやめた」とコメントしている。また、鳥山明が最初の描いた”幻のボツ主人公”のイラストテリーと良く似ている。
発売前の堀井雄二は、「魔族が人気なので主人公はそろそろ魔王にしようと思っている」とコメントしているので、ドラゴンクエストⅣドラゴンクエストⅤドラゴンクエストⅥ3部作のストーリーをまとめるとエスタークに該当するとする人たちもいる。

テリーのワンダーランドでの活躍

 このように本編では微妙な活躍だったテリーだが、1998年発売の『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド(テリワン)』ではまさかの主人公に抜された。
本作では幼少時のテリーを操作し、「モンスターマスター」として、ワルぼうにさらわれてしまった幼少ミレーユを救うため、タイジュのの異世界を冒険することになる。「DQシリーズモンスター仲間にできる」という作品コンセプトのため、デュランデスタムーアといった、6本編テリーからすれば驚きのモンスターをも仲間として従えることが出来たりもする(もっとも、「DQM」においては魔王級のモンスターは同じ姿をしたニセモノである、という設定はあるが)。また、異世界では未来の自分に会うイベントもある。

続編である『イルの冒険・ルカ立ち』では、既に有名となったモンスターマスターとして登場する。

「テリワン」を原作にした吉崎観音による漫画ドラゴンクエストモンスターズ+」にもテリーは登場する。この漫画は「テリワン」のパラレル後日談という形を取っており、テリーは「邪配合」に魅入られ悪のに落ちたモンスターマスターとして、作中のラスボス扱いで登場していたが、本作は作者都合による打ち切りのため物語の途中で連載が終了している。そのため、「あの後テリーはどうなったのか」という疑問、「邪配合と進化の秘法の共通点」などから「テリーエスターク説」の補強など、ファンによって様々な妄想推測がなされている。

2012年には「テリワン」のリメイクドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3Dテリー3D)』が発売された。本作ではシナリオクリア後に新たなエピソードが追加され、原作テリワン漫画ともまた違った展開を見せることになる。原作テリワンでは果たすことがかったモンスターマスターミレーユとの共闘シーンもある。なお、「ジョーカー」のシステムを一部導入しているため、テリー本人もフィールド上でいくつかの呪文や特技が使えるようになったりもしている。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC%28%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%88%29
ページ番号: 2718431 リビジョン番号: 2037929
読み:ドランゴヒキカエケン
初版作成日: 09/04/07 20:41 ◆ 最終更新日: 14/06/13 00:55
編集内容についての説明/コメント: 見出しにドット追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

テリー(ドラゴンクエスト)について語るスレ

170 : ななしのよっしん :2014/08/21(木) 09:41:52 ID: h/63JfINoY
修行もしないでに強さをめるが強化され他のより強くなるとか嫌だわ
DQはあくまで王道を往く作品なんだからこれでいいんだよ
イメージで言うとDBフリーザかな?
最初は強いけどだんだんダメになる感じが
171 : ななしのよっしん :2014/08/22(金) 13:32:25 ID: SOLdIenUKD
>>169
即戦になりうるかって意味では強化されたけど
ぶっちゃけ中盤で仲間になるピエールさんのほうが全然優秀だしな
172 : ななしのよっしん :2014/09/02(火) 05:26:18 ID: WW7cf3UVDV
DQヒーローズ参戦確定おめ
173 : ななしのよっしん :2014/09/11(木) 20:29:32 ID: IDNyJK0GwK
強いと期待してたプレイヤーの期待を盛大に裏切ってるのがやっぱ大きいと思う
174 : ななしのよっしん :2014/09/16(火) 02:23:54 ID: r+SJeYKjb4
>>170
だからってバカにされるのが一番最悪なパターンだろ
175 : ななしのよっしん :2014/09/18(木) 23:19:44 ID: EfBBmdQD7V
強さ々よりも一番問題なのはその生き様
テリーは端的に言うと「実があることを鼻にかけて努を怠り最終的にはみんなに置いて行かれる」と言う生き方をしてる
要するに努を嫌う男なわけだ
なぜならテリー的は己を強くすることではなく強い武器を探すこと
これは何の努もせずにドラえもんの秘密具に頼ってドヤ顔して痛いを見るのび太君と同じ発想
実際に鳴のを手に入れてから戦うテリー最強の攻撃は己の技ではなく鳴のの効果であるライデイン
本当にの修業を必死に行っていたとしたらこんなことにはならなかった
それに加えて職歴詐称も痛い
これはテリーが才を鼻にかけて武闘マスターする努を怠った
にもかかわらず天才だから戦士マスターするだけでバトルマスターになったとかほざいてそうだから救えない
テリーステータスの伸びを見てもわかるがこいつは最初のうちこそ強いけど最終的に成長が鈍化し
ほとんどのキャラに追い抜かれて個性化する
これこそ仲間たちが一生懸命
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
176 : ななしのよっしん :2014/09/18(木) 23:39:49 ID: VQNRJgfIy1
>>175
と再開して仲間になった後でさえ心してないんだよな
特殊ED後にダークドレアムに会いに行く描写が入ってるけど
あれってどう考えてもドレアムに自分を強くしてもらおうと考えた末での行動だよな
デュランの一件にもまるで懲りてないつくづく救えない男だよ
177 : ななしのよっしん :2014/09/20(土) 05:28:29 ID: r+SJeYKjb4
>>175
リメイク版ではきちんと武闘マスターしてるわけだが。
178 : ななしのよっしん :2014/09/20(土) 19:53:23 ID: EfBBmdQD7V
リメイクは所詮後付けなので何とでも言える
179 : ななしのよっしん :2014/09/22(月) 00:36:16 ID: VQNRJgfIy1
に頼りデュランに頼りドレアムに頼り
によって強くなろうとしない悪癖とも呼べる姿勢は
幼少期のモンスターマスターの時に培ったものだろうな
つまり諸悪の根源わたぼう
グニャラくんの本が出ました!
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015