単語記事: デスラー

編集  

デスラー総統閣下

デスラー」とは、「宇宙戦艦ヤマトシリーズに登場する架の人物である(伊武雅刀 他)。
この項ではリメイク作品「宇宙戦艦ヤマト2199」における総統アベルト・デスラー山寺宏一)についても記述する。

概要(初代~完結篇)

宇宙戦艦ヤマトシリーズにおいて最初の敵性勢となった大マゼランを支配するガミラス帝国導者。傲慢で冷酷な敵として描かれていたが、ガミラス民族の存続と繁栄を第一に考える武人でもありヤマトとの戦いに決着がついた後はガミラスの再を一心に考え、またかつて敗れたヤマトと共闘することも増えるようになる。単なる「悪党」ではない美学をもつ「悪役として根強い人気を誇るキャラクターである。

ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任でお願いします。

パート1での活躍と名言

としての寿命が近づき環境が荒しつつあるガミラスに代わる新たな移住先をめ、地球侵略を行う。サレザー恒星系の双子イスカンダルヤマトに対し執拗な攻撃を加える。地球人を野蛮人と蔑視しつつも沖田艦長の巧みな発想で危機を乗り越えるヤマトに対し祝電を送ったりと大物格を見せつける。(流石に二度の祝電は一蹴したが)その一方、くだらないダジャレをいう臣下や自身に反抗する部下を処刑するなど冷酷で傲慢な面もみせている。

 

アルファでのガス超新星による挟み撃ち攻撃やガミラスそのものを武器とした本土決戦など自ら作戦を立案し揮する武人の面も持ち合わせている。ガミラスでの敗北後は脱出したデスラー艦で帰投するヤマトを追撃し、ガミラス波動砲、通称「デスラー」で最後の攻撃をしかけるが真田工場長間磁メッキに敗北独裁者宇宙の彼方に消えた。(再編集の劇場版ではガミラスの戦いで瓦礫の下に消える)

名言

「さらば~」、パート2での活躍と名言

 死んだと思われていたが辛くも生還し、白色彗星帝国ガトランティス」の賓客に迎えられる。ヤマトへの復讐を果たすために副官タランとともに新デスラー艦でヤマトに挑む。

さらば宇宙戦艦ヤマトではガミラスは滅亡し、敗軍の将として監視役付きで戦うことになり配下の兵もアンドロイド人形兵のみという落ちぶれようであった。ヤマトとの戦いに敗北したのち、自身の復讐が終わったことと、彗星帝国攻略ヒントを対峙した古代に告げ、宇宙空間へと身を投げた。

   

宇宙戦艦ヤマト2では瀕死の状態で宇宙空間に放り投げだされていたところ彗星帝国に拾われ生手術をうけるが、医師団にして「回復するかは意思の問題」と言われたが見事意識を取り戻し、ズォーダー大帝からは「執念の男」と賞賛された。
回復後、各地に散らばっていたガミラス艦隊を招集し、テレザートに向かうヤマトと交戦するが、彼の存在を妬む彗星帝国サーベラー総参謀長の妨にあい一時、に監禁される。彗星帝国との最後の戦いに挑もうとするヤマトに奇襲をかけ、デスラー艦の艦で古代との直接の一騎打ちを挑むこととなる。しかし負傷し意識がとしつつも地球を守ろうとする艦長代理古代進と危険を顧みずに古代を森雪の行動に、これまでの自分の行動と彼らの思いに共感を覚え、これまで彗星帝国に身を寄せたことを恥じ、ヤマトへの復讐の終わらせ、再びガミラスの再を果たすために艦隊を率いて地球圏を離れる。その際に古代にあるヒントを与えて去っていった。

 名言

  • 「フハハハハ・・・、その通りだよ。ヤマトの諸君。また会えて光栄の至りだ」(さらば
  • 「大ガミラスは永遠だ。わがガミラスの栄は不滅なのだよ。」(さらば
  • 「所詮は操り人形か・・・」(さらば
  • ヤマトは強かった・・・。沖田十三は立な艦長だった。しかし、は屈辱を忘れん男だ古代、今度はお前が相手か、立になったものだ」(2)
  • ガミラスのためとはいえ、私はひたすら破壊と暴力にのみ美しさをめてきた。私は、孤独だった・・・」(2)
  •  「破壊と侵略に明け暮れる彼等(彗星帝国)にべれば、私の心は、私の心は・・・、かに地球人類に近い」(2)
  • 「古代、ガミラスの戦いを覚えているか?(略)上と・・・下。フフフ、もろいものよのぅ」
  • さらばだ。いつの日か、また会おう」(2)

「新たなる旅立ち」での活躍と名言

新たなる新地へと向かう前の最後の別れとしてデスラー戦闘空母<デスラー・ガミラシア>を旗艦とする艦隊を率いてガミラスへ向かうも、そこで造作に資を採掘する暗黒星帝国の艦隊と遭遇、昂したデスラーは敵艦隊を殲滅するも、その戦いの中でガミラスが崩壊し消滅する。またバランスが崩れ双子イスカンダル暴走を起こす。
女王スターシャとその夫古代守を救うためにヤマトへの救援と要請するなどかつての敵であるヤマト古代進に一定の信頼をおいている。
この時自らの命を犠牲してでもスターシャを守ろうとするそれまでれなかった彼の人への情を見せるが、スターシャとイスカンダルは敵のボス連れに自爆、そしてこれまで率いてきた艦隊は全滅してしまう。
その後、古代に対しどれだけの日をかけようと必ず新地をみつけガミラスを再すると伝え、去っていった。

名言

  • 「諸君、宇宙広大である。々の新国家となるべき惑星は必ず発見されるであろう。(略)揺るぎない本を築き、周辺の々をことごとくうち従え、偉大なるガミラス帝国を、再び大宇宙の盟とするのだ。」
  • 「許せん。々のなるを傷つけるとは・・・全艦戦闘準備。密集隊形で続け!」
  • ガミラスが・・・々のなるが消えてしまった。たとえ滅び行く運命にあったとはいえ、こうも残酷な結末を迎えるとは。このでそれを見ることとなるとは・・・」
  • 「この状況にも知らせるのだ。古代に・・・知らせるのだ」
  • 「古代・・・私ごと撃てぇ!(略)何をしている!く撃てェ!(略)わかってほしい。私はスターシア愛しているのだ」

 ヤマトⅢでの活躍と名言

銀河系中心部にてガミラスの先祖のガルマンをみつけ、そこでボラ連邦の支配下にあったガルマン民族を解放しガルマン・ガミラス帝国を建し再び総統として君臨する。建一年で銀河系の三分の一を支配下に収め、ボラ連邦と互以上の勢となる。しかしこの版図の拡大のなかで彼の知らない内に地球圏とヤマトと交戦状態となり自軍の流れ弾(惑星破壊ミサイル)により地球を滅亡に追い込んでしまう。
少し寛大さが増したようで部下の失敗に対し名誉挽回のチャンスを与えるようになっている。その一方でかつて銀河系に圧倒的な支配をもっていたシャルバートを信仰し、ガルマン内で起を起こしている勢に対してはしい弾圧を行っている。また武による平和す彼に対し、古代から苦言を受けている。

 名言

ヤマト完結篇での活躍

突如ワープアウトしてきた別の赤色銀河系との衝突によって銀河中心部は大被害を受け、ガルマンガミラス本も壊滅し偵察に来たヤマト廃墟と化したガルマンガミラしか確認できず、デスラーもこの宇宙の大災厄で死んだと思われたが・・・

かつての敵がヤマト危機を救うという最高の舞台で活躍し、ヤマトの最期を見届けた。 

軍人・政治家としての能力

 ここまで読むと、デスラーとは民族思いの偉大な導者と思えるかもしれない。実際そう考えるファンも多く、それが人気の理由の一つでもある。しかし、彼の行動をよく見てみると・・・ 

初代

新たなる旅立ち

ヤマトⅢ

  • ガイデルへのいい加減な(地球の艦船が戦争に巻き込まれることを一切想定していない)示のために前線部隊が暴走地球と紛争状態になる。
  • の交戦勢把握しようとしない(これが東部方面軍が大損を被る直接的な原因である)。

まとめ


 このように、国家元首として問題が非常に多い人物である。ボラ連邦を打ち破りガルマン・ガミラスという偉業を果たしたことも事実ではあるが、その他の失態・醜態がかなり立つ。完結編まで反乱を起こされなかった事が不思議なレベルであり、とても偉大な導者・有能指揮官などとは言い難い。

リメイクゲームにおけるデスラー

 担当声優伊武雅刀氏の格にあわせ壮年さが増し、また退的な雰囲気を漂わせている。
ヤマト2のリメイクゲームにおいては個人的な嫉妬で彼を妨したサーベラー総参謀長に「借り」を返している。

 

「新たなる」のリメイクに当たるPS2の「イスカンダルの追憶」においては14万光年先のヤマトに救援をめる際に、連続ワープ機関データを送ったり、ガミラス民族の身体的特徴による危険性を冒してまでイスカンダルに降下するなど破格の活躍をみせ、イスカンダルスターシャの危機を救うことに成功する。

 

実写版におけるガミラスとデスラー

 「SPACEBATTLESHIPヤマト」におけるデスラーは人間としてではなくクリスタル生命体として登場する。滅び行くであったイスカンダルに対し生存集合体から分離した一部であり、地球に対し攻撃を仕掛ける。集合体全てがガミラスという生命体でありデスラーという生命体でもある。
これらの設定はかつて原案を元に執筆された石版の小説の設定を彷彿とさせる。小説においてはスターシャという創造が自らを守るために生み出された人造生命体が創造視して宇宙侵略を行っていると設定されている。

リメイクアニメシリーズにおけるアベルト・デスラー

ネタバレ注意 再度、注意喚起します。
この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任でお願いします。

宇宙戦艦ヤマト2199での活躍 

ガミラス永世総統地球年齢に換算して32歳相当とされ、旧作べて若い容姿(開前はホストみたいと揶揄されてた)になっている。

デスラー叔父にあたるエーリク・ヴァム・デスラー大公がそれまでの王侯貴族が統治していたガミラス大公を統一したが、彼の死後、権闘争にガミラスは分裂状態になるがそれを再統一したのがアベルトであり、を解体し帝国制に移行する。そしてイスカンダルの救済思想をガミラスが武によって成し遂げるという「デスラー・ドクトリン」を掲げマゼランらび銀河系に勢を拡大する。

民族を蔑視せず寛大な同化政策を行っているが、同時に人類を「愚かで従順な存在」とし、帝国総統に命をげるという臣下やガミラスそのものに対しても何の着ももっていないような節を見せている。(これらは初代とは180度異なるキャラクター性となっている)また統治に関しても自ら動かず部下に任せている面も多く、不穏分子の取り締まりを行う親衛隊の傍若人の一因にもなっている。

 

物語中盤で貴族義の回帰を図るヘルム・ゼーリックによる暗殺事件が起きるも、事前に察知しヴォルフ・フラーケン次元潜航艇で難を逃れる。その後ヤマトに同行しているイスカンダルの皇族を奪取するようエルク・ドメルに依願するなど、イスカンダルに対し何らかの思惑があったようだが、彼の国葬の際のその思惑が「イスカンダルガミラスの大統合」であることが明らかになる。しかしこの際ヤマトから拉致されたイスカンダルの第3皇女ユリーシャ・イスカンダルが実は地球人の森雪であることをミーゼラ・セレスレラから報告を受けるが気に留めなかった。

サレザー恒星系に辿りついたヤマトに対し、軌上にある間機動要塞第2バレラスから直接揮により沈めようと行動をおこす。それは古き都であるバレラスそのものを囮とし、混乱のうちにヤマトと共に消滅させ第二バレラスを新首都としてイスカンダル遷都するというこれまで積み上げてきたガミラスの全てを破壊するという暴挙であった。 しかし彼の暴挙はヤマト森雪、そして支配民族であるザルツ人のノラン・オシェットによる妨により阻止され、第二バレラスは崩壊する。

  

死んだかと思われたが緊急ワープによって奇跡的に脱出に成功し、脱出した戦艦デウスー世と合流したグレムト・ゲール率いる離反艦隊によって自身をここまで追い詰めたヤマトを拿捕すべく亜空間間内で接舷、兵による制圧を企むが、真田副長新見情報長によるガミロイド兵にたいするウイルス工作作戦は失敗する。        また、偶然保護されていたミーゼラ・セレスレラを誤って撃ち、彼女の本当の情と自分の『業』に動揺してしまう。

デウスーラに帰還後、デスラーによる直接射撃でヤマトを沈めようとするが、ショックカノンの実体弾による直接射撃でデウスーラは大破、デスラーに充填されたエネルギー誘爆しデウスー世は沈。亜空間の彼方に消えていった。なんか艦部が分離していたような・・・

アベルトはスターシャを愛していたようで、孤独ながら女王として最後までイスカンダルの救済を貫こうとする彼女に代わって自らがその使命を果たし彼女を救おうとした故の行動であった。しかし彼の決断は結果として彼女も得られず、自らを滅ぼすこととなってしまった。

宇宙戦艦ヤマト2202でのでの活躍

 第三章終盤にて登場。死体当然の状態で宇宙を彷徨っていたところをガトランティスに拾われた模様。ヤマトを討つためズォーダーより艦隊を与えられる。

旧作との比較

 旧作では民族の存亡のためにヤマトと対峙したデスラーであったが、2199アベルト・デスラーは個人的心情が原因で行動をおこし、その過程でヤマトと対峙することとなった点において今までのデスラーを好むファンなどから「カッコよさが失われた」「ただの厨二病でしかない」「(精的)DT?」と批判されている。しかし旧デスラーの方もかなりの問題人物なのでそちらと較して批判することはできない。

 2199デスラーの場合、確かにきっかけは個人の感情によるものかもしれないが、宇宙平和ガミラス未来を考えての行動でもあった。しかも彼が破壊しようとしたのはあくまでも都バレラスのみであり、旧デスラーのようにすべてを破滅させるつもりはなかった。さらに臣民の犠牲を己の罪として自覚し、それを一生背負っていく覚悟を持つなど、むしろ旧作よりまともになっていると言っていい。また、武による救済、そしてスターシャへのもこれまで旧作で描かれてきたデスラーの一部分であることもまた事実である。

 小説版ではデスラーを慕っていたセレステラを大切に思っていたことが明かされ、人間らしさが描かれていた。

名言

  • 「何か言い残す事はあるかね? ゼェェェリッ(ry
  • 戦争だよ。」
  • 「私がこの宇宙を救済しよう。あの時、約束した通り・・・。君の為に・・・。」

 備考

パロディ・MAD動画

   

関連商品

 

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%BC
ページ番号: 3449328 リビジョン番号: 2532427
読み:デスラー
初版作成日: 09/06/03 01:17 ◆ 最終更新日: 17/10/15 12:13
編集内容についての説明/コメント: 項目追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

デスラーについて語るスレ

105 : ななしのよっしん :2017/07/07(金) 18:15:46 ID: +Kz0CUnypD
旧作でも「自らの手でガミラスを滅ぼそうとする」キャラではかったように思えたけど。どうしても、さらば以降のデスラーイメージが強すぎてな。。。

ただ、第一作でも新たなるでも、「加減をミスって」ガミラスにとんでもないダメージ与えている点を見ると、2199以上にやらかしている感じはある。
106 : ななしのよっしん :2017/07/20(木) 03:24:02 ID: 1ZGPGRCKBw
>>105
新たなるだと撃墜した敵艦が採掘機に突して誘爆を繰り返したんだっけ?

まぁ,直ぐに排除したい気持ち分からんでもないし
突撃シーンは好きだが
導者としては情報なしなうえ艦隊も万全でない状況で
突っ込むべきではかったよね
107 : ななしのよっしん :2017/07/23(日) 03:21:11 ID: AjSyJHV5W0
闇堕ちアンチヒーロー系を好む自分からすると、平和を願ったが故に独裁者へと進んでしまった2199デスラーは悲劇的でたまらないキャラなんだけどね
個人的には劇中で一番好きな男キャラだった
108 : ななしのよっしん :2017/07/23(日) 18:03:57 ID: oB6MX4xB6Z
>>106
それ以前に、初代でガミラス総統としての責任を捨ててヤマトを追いかけたデスラーガミラスの領有権をする資格がないだろ
109 : ななしのよっしん :2017/08/12(土) 11:55:47 ID: oB6MX4xB6Z
記事に項追加しておいた
110 : ななしのよっしん :2017/10/08(日) 16:21:00 ID: vaRF1ZqjnN
これに気づいた者はほかにいないだろうか?

デスラーは遠坂の血を引いているに違いない(余裕をもって優たれ+うっかり
111 : ななしのよっしん :2017/10/25(水) 14:55:18 ID: uXyA1rljR9
さて2202お約束とはいえ
復讐者として再登場したアベルト君ではあるが…どうなるかな?
112 : ななしのよっしん :2018/01/31(水) 23:02:23 ID: z5orMgk+tj
とりあえず2202第四章のエンディングがかっこいいデスラー120なんでみんなブルーレイか特別配信版を買おう
113 : ななしのよっしん :2018/02/24(土) 12:49:17 ID: iv8PbKE5Df
人種や肌の色、出身惑星や身分の賤にとらわれない革をやろうとした結果逆に臣民の支持を失うというカラカラのような悲劇を生んだんだね
114 : ななしのよっしん :2018/03/13(火) 06:55:58 ID: y9YpMlV/MV
最近スパロボをやってこの人の存在を知ったのでゲーム知識だけの感想を書く
この人は見ててすごい自己陶酔が強いって印がある、下品な男をボッシュートするところまでは単に冷酷な総統ってだけだったんだが、バレラスに工区を落とす時の尊い臣民がどうの、それを背負うだのって部分にものすごく自分に酔いしれてる演説スターシャ大好きって部分から見えるナルシストな面が面
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829