単語記事: デス・スター

編集

デス・スターDeath Star)とは、『スター・ウォーズ』に登場する架宇宙ステーションである。

概要

銀河帝国の球宇宙ステーション宇宙要塞。設定では戦闘ステーション(Battlestation)に分類される。衛星並みの巨体を誇り、要塞スーパーレーザー」(Superlaser)は地球惑星一発で破壊する程の威を持つ。この破壊を生み出すためにハイパーマター反応炉は、の数個分のエネルギーを発生させている。

グランド・モフ・ターキンの発案と言われるこの桁外れの超兵器は、究極の破壊徴として、皇帝の恐怖による支配を実行に移すために建造された。極秘の内に惑星ジオノーシスで設計され、奴隷の労働と巨大な工作機械を使って建造されたデス・スターは、何万という兵士と何千という武装船を収容できる広さを持ち、一つの系を制圧するを持つ。技術のを集めた火器を操作するのが、選りすぐりの手や兵士達である。

レジェンズ版とカノン版

エピソード制作されたのに合わせて、これまでスピンオフ小説などでられてきた出来事や設定は『レジェンズ伝説)』となり、新しく作られる映画スピンオフでの出来事や新設定は『カノン正史)』とされることになった。それにともない、デス・スターも設定が変更された。

カノン版デス・スター

エピソードでジオノーアンによる設計図が登場し、エピソードでは建造シーンが描かれた。

その後、スーパーレーザーの設計に手間取り、完成は遅れることになる。2016年開のスピンオフ映画ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』にてその詳細が明かされた。

エピソードではそのスーパーレーザー惑星オルデランを破壊した。

仕様

デス・スター
製造 銀河帝国
設計者 ジオノーアンゲイレン・アーソ他
大きさ 直径120km
乗員/乗客 一般兵士342,953名)、ストームトルーパー25,984名)
ハイパーマターリアクター
エンジン ハイパードライブ亜光速ドライブ
搭載兵器 スーパーレーザー1基、ターボレーザー15,000基、数千基の固定砲台トラクタービーム装置768

バリエーション

デス・スターには、以下の2種類が存在する。

  1. デス・スターIDeath Star I)
    エピソードIV」にて登場。「エピソードII」終盤では設計図として登場し、「エピソードIII」終盤では建造中のものが登場する。直径120km、後にLucas booksにおいて直径160kmに変更されたが、また120kmに戻った。DS-1軌バトルステーションDS-1 Orbital Battle Station)、初代デス・スター第1デス・スターとも。
  2. デス・スターIIDeath Star II
    エピソードVI」にて登場。直径160km、後にLucas booksで直径900km以上へ変更されたが、また160kmに戻った。第2デス・スターとも。
    デス・スターIに存在した弱点を巧妙に取り払っており、完成すれば無敵と考えられた。 

デス・スターの構想はエピソードスターキラー基地へと発展・継承された。

レジェンズ版デス・スター

仕様

Death Star
製造 帝国軍事研究部/SFS社
設計者 レイス・シーナー、ジオノーシアン、ベヴェル・レメリスク
Mk.1深宇宙用移動戦闘ステーション
大きさ 直径160km
乗員/乗客 342,953名(操縦人員285,675名,57,278名)/843,342名
SFS-CR27200ハイパーマター反応炉
ハイパードライブ クラス4
エンジン イス=シムSSP06ハイパードライブ123基、セプマ30-5亜光速エンジン2基
搭載兵器 スーパーレーザー1基、ティムバック社製D6 ターボレーザー5,000基、ティムバック社製XX-9重ターボレーザー5,000基、SFS社製L-s4.9レーザーキャノン2,500基、ボーステル社製Ms-1 イオンキャノン2v500基、ファイロン社製トラクタービーム装置768

バリエーション

レジェンズデス・スターには、以下の5種類が存在する。

  1. プロトタイプデス・スターprototype Death Star
    ワイヤーフレーム構造体デス・スターの試験だがスーパーレーザーは備えており、充分な破壊を有する。
  2. デス・スターIDeath Star I)
    エピソードIV」にて登場。「エピソードII」終盤では設計図として登場し、「エピソードIII」終盤では建造中のものが登場する。直径120km、後にLucas booksにおいて直径160kmに変更された。DS-1軌バトルステーションDS-1 Orbital Battle Station)、初代デス・スター第1デス・スターとも。
  3. デススターIIDeath Star II
    エピソードVI」にて登場。直径160km、後にLucas booksで直径900km以上へ変更。第2デス・スターとも。
    デス・スターIに存在した弱点を巧妙に取り払っており、完成すれば無敵と考えられた。 
  4. デス・スターIIIDeath Star III
    ディズニーパークフライトシミュレーターアトラクション「スター・ツアーズ」にて登場。
    帝国崩壊後の分であるペンスター連合が建造したため、デス・スターIの設計に似た形で建造されている。 
  5. ダークセーバーDarksaber)
    シリンダーバトルステーションデス・スターの設計を元に格納庫など不要な設備を取り払った縮小版で、ライトセーバーに似ているためこう呼ばれる。又、ライトセーバーの一種にも「ダークセーバー」と呼ばれるがある。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC
ページ番号: 4070663 リビジョン番号: 2440669
読み:デススター
初版作成日: 09/07/18 05:45 ◆ 最終更新日: 16/12/23 00:15
編集内容についての説明/コメント: カノン版に加筆。関連項目にローグワンを追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

デス・スターについて語るスレ

200 : ななしのよっしん :2016/09/25(日) 00:27:53 ID: 7yevEcNkPj
>>178
ゼントラン全勢理でもボドル基幹艦隊だけなら
完成した第2デススター1機で殲滅に持ち込めそうだな
(第2デススタースーパーレーザーは3分に1発発射出来る設定なので)

一対処法があるとしたら
スパイを送り込んで、スーパーレーザーが整備で使えない日付が判明したら
総攻撃仕掛ける位かな
201 : ななしのよっしん :2016/11/19(土) 04:50:17 ID: cmy5XReNj7
初代デス・スターは非正史スピンオフ小説デス・スター」とかだとデスペイヤーという流刑惑星で建造されたことになっていたけど、
正史小説「ターキン」だとジオノーシスで全体の組みとかハイパードライブのような推進システムを組み立てた後どこか他の惑星に移されたという設定に変更されていて「反乱者たち」ではジオノーシスの軌上に放棄された建設用宇宙ステーションの跡地が出てきている。
今度の映画ローグ・ワン」ではその建造中のデス・スターが移された先の話になるんだろうか。
202 : ななしのよっしん :2016/12/05(月) 12:52:36 ID: 20focFcK0K
>>198
連中はワープ周りの機動異常にやべぇというかほぼスタートレックだから、クリエイションデススターシールドをどうにかできるかどうかが全てだろうな
できなければデススターの勝ち、できれば銀河連邦の勝ち
203 : ななしのよっしん :2016/12/17(土) 13:07:47 ID: eTNjQ+RHlr
カノンデス・スター、あんまり言っちゃうとローグ・ワンネタバレになるが、
ゲイレンも参加してはいたけどもカイバートランスフォーメーション回りがメインで、
「設計者」というくくりでは帝国保安局先進兵器研究部という組織そのものっぽい感じがある
204 : ななしのよっしん :2016/12/19(月) 20:18:47 ID: UHoJMVxhFt
しぼったとはいえ都市どころかの表面を周囲何㌔焦土と化すのはマジで怖い
しかもあんなのがいきなりの前までワープしてくるんだもん
最後の上で倒れていた長官が顔上げた時の「あ、これ終わった」見たいな顔がもうね
205 : ななしのよっしん :2016/12/19(月) 20:48:49 ID: cmy5XReNj7
詳しく書くとネタバレになるからぼかすけどローグ・ワンでは
・第2デス・スターは数年(レジェンズの設定だと1年)で完成したのに第1デス・スターはなぜ建造に19年もかかったのか
エピソード4でR2-D2に入っていた設計図のデータを分析した反乱軍基地の技師達はなぜあんなにく弱点を割りだせたのか
が明かされていたな。
特に後者ぶっちゃけツッコむのも野暮だとずっと思っていたからちょっと意外だった。
206 : ななしのよっしん :2016/12/27(火) 02:31:05 ID: G0lx1ARG+A
そもそも大元の設計ってジオノーシアンがしたんじゃなかったっけ?EP2でこれがバレたら流石にマズいって言ってるシーン
あれは大まかな設計構想で中身詰めたのがゲイレン達とかそんな感じか?
207 : ななしのよっしん :2016/12/27(火) 04:31:07 ID: cmy5XReNj7
>>206
ゲイレン、というかクレニック配下のプロジェクトが担当したのはデス・スターの中でもスーパーレーザー部分だけだと解釈してたけど。
エピソード3のラストとか小説「ターキン」とか見た感じだとデス・スターの建造計画全体についてはウィルハフ・ターキン揮していたみたいだし。
208 : ななしのよっしん :2016/12/29(木) 13:11:43 ID: /kEoV4U8eK
デス・スター主任設計者レメリスク氏の、皇帝による趣向を凝らした処刑方法がエグすぎる…猛獣に喰わせて、クローンとして生き返らせてまた殺すとか…
209 : ななしのよっしん :2017/01/08(日) 12:10:21 ID: 6iE6LhY7Y7
>>201
「反乱者たち」のシーズン2のエピソードでしたっけ、そのジオノーシスの一件。あのステーションやら生体反応がなくなってることとかの説明がなかったけど、デス・スター繋がってたのね。
そういえば「反乱者たち」シーズン1でもカイバークリスタル大量移送とかやってたな。

>>205
あと、第1デス・スター内の警備のスカスカぶりや迎撃戦闘機の数の少なさにも納得がいった気がする。完成したばかりでテスト運用中だから、デス・スター駐屯部隊(ストームトルーパー戦闘機、艦隊含めて)の編成が間に合わなかったんじゃないかな。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015