単語記事: デュエル・マスターズ

編集

デュエル・マスターズとは、アメリカのウィザーズ・オブザコースト社が開発し、タカラトミーが発売しているトレーディングカードゲームである。漫画版についてはデュエル・マスターズ(漫画)を参照。通称は「DM」「デュエマ」(「デュエル」はKONMAIの商標である)

概要

史上最高にハゲしくアツかりしカードバトルデュエル・マスターズデュエマ!!

2002年に発売し、現在でも根強い人気を誇る。コロコロコミックとのタイアップを図っているため、プレイヤーの多くは小中学生である。

マジック:ザ・ギャザリング」をベースとした点が多く、一部の用が共通している。
ライトユーザーヘビユーザーの差を少なくするために、頻繁に構築済みデッキやパックによる再録をしているのも特徴。
特に「スーパーデッキ」と呼ばれる構築済みデッキは極めて完成度が高く、改造しなくても大会でそこそこ勝てるレベルである。さすがにメタられたら勝てないが。 

アニメ現在放映中。2005年にはロックマンエグゼと同時上映で、2009年には単独で映画化された。

2011年漫画が新シリーズデュエル・マスターズ V」になったのに伴い、拡パックナンバーが「DMR」、構築済みデッキナンバーが「DMD」、特殊な形態のパックナンバーは「DMX」に一新された。

2011年6月からカードのマナコストとマナのフォーマットが変更されているが、カード裏面は同じなので今までのと混ぜて使用できる。

ルール

プレイヤー40枚のカードでできたデッキ(+次元ゾーンに置けるカード8枚まで)を使用する。互いのプレイヤーは最初に5枚のカードシールド」(として置き、更に5枚引いて手札とする。ただし、《禁断~封印されしX~》というカードの場合はこれらより先にバトルゾーンに配置し、封印として山札の上から6枚を裏向きのままこのカードの周りに置く。また、《禁断~醒めの刻~》の場合、効果(このカードゲーム開始時の5枚の手札に含める)により引ける枚数は4枚以下である。
プレイヤーはマナをやりくりしながらクリーチャー呪文を駆使して相手のシールドを全てブレイクし、相手に直接攻撃(ダイレクトアタック)を与えることで勝利となる。

ブレイクされたシールドは相手の手札に加わるため、何も考えずにシールドを割っていくと相手にアドを与えてしまう。その上、ブレイクされ手札に加わったノーコストで発動できるシールドトリガーを持つカードもあり、運にも左右されるものの攻めにリスクを伴う。

クリーチャーの大きさに関わらず一撃入れられたら終わりで、ライフポイントも存在しない。
数あるTCGの中でプレイヤーの立場が最弱といえるだろう。


その他の勝利条件として

がある。

また、《精霊ブリエラ》、《無双竜機ボルバルザーク》などは、場合によっては自分が特殊条件で敗北する。

ターンの流れ

  1. ターンのはじめ
    ターンのはじめに…」というはこのタイミングで使用・発動する。
  2. アンタップ
    自分のバトルゾーン・マナゾーンのカードを全てアンタップする。
    サイレントスキル」のはこのタイミングで使用・発動する。
  3. ドロー
    山札からカードを1枚引く。
    原則1枚だが、クリーチャー等のによって余分に引ける場合もある。
  4. ナチャージ
    自分の手札からカードを一枚選び、逆さにしてマナゾーンに置くことができる。こちらも原則1枚。
    チャージの必要がい場合はスキップすることも可
  5. メインフェイズ
    マナコストを払って、クリーチャー呪文クロスギア等を手札からプレイすることができる。
  6. バトルフェイズ
    バトルゾーンに出したクリーチャーを使い、タップされている相手クリーチャーもしくはシールド(相手プレイヤー)に向かって攻撃する。攻撃したクリーチャータップされ、防備の状態になる。逆にタップされているクリーチャーは攻撃できない。
    相手クリーチャーに攻撃した場合はバトルとなり、パワーの高い方が勝利する。バトルに負けたクリーチャー墓地へと置かれる。
  7. ターンの終わり
    ターンの終わりに…」というはこのタイミングで使用・発動する。
  8. 相手ターン

自分のクリーチャーと相手のクリーチャーが同時にトリガーする場合があるが、その場合はアクティブプレイヤー(現在ターンを行っているプレイヤー)が優先される。

カードの種類

個別記事があるものについてはデュエルマスターズのカード一覧にまとめておいた。

文明

デュエル・マスターズ世界には5つの文明が存在する。

文明
MTGでいうプレイヤーを相手の攻撃から守る、相手の動き(アンタップ)を封じる、場を制圧することに長けている。の役割をする「ブロッカー」が充実している。
文明
MTGでいう。ドローやバウンス、ブロックされないなどトリッキーな動きを得意とする。
手札アドとバウンスはデュエマにおいてもかなり強く、ハッキリ言って初期は文明一強だった。 
闇文明
MTGでいう。手札や相手クリーチャーの破壊、墓地関連のが多い。手札アドが直接アドになることが少ないゲームとはいえ、やはりハンデスは脅威である。
火文明
MTGでいう。速攻や火力定による除去など、攻撃的な戦法を用いる。召喚酔いをしないスピードアタッカーMTGでいう速攻)は基本的に火の特権。
クリーチャー同士のバトルにはめっぽう強いが、残念ながらデュエマはいくらクリーチャーを潰してもそれだけでは勝利できない。脳筋ゆえに相対的には不遇な文明だが、主人公が使うだけあって壊れカードの数も多い。 
自然文明
MTGでいう。マナブーストを得意とする。クリーチャーのサーチなどのも多い。
マナは全ての基本であるため、一部のカード出張要因としての出番が多い。 

これらの文明のいずれか2種以上いは全てを含めた「多色(レインボー)カード」や、文明を持たない「ゼロ文明(色)」も存在する。

クリーチャー

いわゆる「モンスターカード」。マナゾーンにあるマナをコストとして払って「召喚」する。
クリーチャーパワーと種族を持ち、前者はバトル時に、後者進化クリーチャーを使用するときに影してくる。
バトルゾーンに出したターン「召喚酔い」し、攻撃に参加することはできない。(MtGと同様、ただし「スピードアタッカー」持ちは例外)

このゲームダイレクトアタックが勝利条件で、特殊勝利カードも今のところ全部クリーチャーであるため基本的にはクリーチャーがいないとゲームに勝利することはできない。

進化クリーチャー

2弾から登場。
条件を満たしている時に進化元となるクリーチャーの上に重ねて召喚する。定される条件はに種族や文明。「召喚酔い」をすることがないため、出したターンにすぐ攻撃できる。素のスペックの他に事実スピードアタッカーを併せ持っていると言える。

バトルゾーンに出ているクリーチャーの上に重ねる通常の進化のほかに、

などがある。

サイキック・クリーチャー

36弾から登場する両面印刷のカード

これらのカードデッキには入れられず、「次元ゾーン」のカードとなる。入れられるカードは後述のドラハートと合わせて8枚まで。

次元ゾーンは他ゲームにおけるエクストラデッキサイドボードに相当するが、それらと違う点として常に互いのカード開すると言う点がある。
そのため、匂い付きカードカードジャンボカードなど他のTCGでは考えられないぶっ飛んだカードが存在する。 もちろんそれらのカードは一部を除き公式大会で使用可

コストを払って召喚することはなく、基本的には名前に「次元」とある呪文や一部のクリーチャーの効果によって呼び出す。バトルゾーンに出た後の扱いは通常のクリーチャーと同じ。
最大の特徴として「覚醒」が挙げられる。簡単に言えば「裏返る」。条件を満たすことで覚醒し(裏向きになり)、より強を使うことができる。また、一部のサイキッククリーチャーには「解除」があり、除去される代わりに一度だけ元の状態に戻る。
なお、覚醒した場合は「召喚酔い」が消える。

また、一部のサイキッククリーチャーは、特定サイキッククリーチャー1組がう事でそれらが「サイキックセル」として合体し、一体のサイキッククリーチャーとなる「サイキックスーパークリーチャー」なるものもいる。

アドを稼げる次元呪文や、それまでのコスト論を視したらの蔓延もあって一時期こいつらが一強時代を築いたため、エピソードシリーズ以降ではパンドラスペースサイキッククリーチャーの住む異間)へのが断たれたという設定の下、新規のカードが全く登場しなかった。

現在ドラハートに乗る形でジワジワと復活しつつある。

エグザイル・クリーチャー

DMR-09より登場。
基本性質は普通クリーチャーと同じだが、特定の名前を持つクリーチャーを出すことができなくなる。
一部のエグザイルクリーチャーは、破壊されたときに手札から特定の名前を持つエグザイルクリーチャーを1体出せる「ロン・ゴー」を持つ。

呪文

コストを払うことで、魔法のようなを発動できる。
非常に強だが、相手のシールドを直接割ることのできる呪文はごく一部しかないため、呪文だけで勝利することは難しい。

クロスギア

14弾から登場。いわゆる「装備カード」。
コストを払うことでバトルゾーンに「ジェネレート(出し)」し、再度コストを払うことでクリーチャーに「クロス(装備)」する。クロスされたクリーチャークロスギアを得、パワーアップする。
クリーチャーが破壊されてもクロスギアバトルゾーンに残る。そのため、クロスギアを直接破壊する効果でないと場から離れることはない。
なお、再度コストを払うことで他のクリーチャークロスしなおすことはできるが、外すことはできない。

17弾にはクロスギアの上に重ねる「進化クロスギア」が登場。その後はしばらく身を潜めていたが、28弾で「サムライ」の種族を持つ「サムライクロスギア」が登場した。

だが殿カード「バジュラズ・ソウル」の規制以降はほとんど再録されず、「武器のカード」というポジションドラハートに取られてしまっている。正直今見ると使い勝手の悪さが立つ。

30弾から登場。
自分のシールドゾーンカード1枚を選び、その上に重ねて「要塞化」する。要塞化することでを発揮する。
そのが要塞化しているシールドを割ることで破壊することができるが、中には最後の1枚になるまで相手の攻撃を回避するを持つも存在する。
シールドに干渉せずのみを除去するカード現在非常に少ない。(例:【ボルザード】のメテオバーン効果など。)

ドラグハート

ひっくりかえしたれやー!

DMR-13から登場。「ドラゴンサーガ」において中心となるカード群。
サイキッククリーチャークロスギアの特徴を併せ持つ。

サイキッククリーチャーと同様、次元ゾーンに合わせて8枚まで入れられ、に種族に「ドラグナー」とあるクリーチャーバトルゾーンに出せる。
クロスギアのような「ドラハート・ウエポン」とのような「ドラハートフォートレス」が存在し、特定の条件を満たすことで封じられたドラゴンを解放、すなわち「」して裏返り、「ドラハートクリーチャー」になる。

基本はウェポンorフォートレスクリーチャーの順に解するが、ウェポンフォートレスクリーチャーの順に3段変形する「3D」なるドラハートも存在する。この3Dカードカード3枚が繋がっており、折りたたみ式で3段変形するという他TCGをみても類を見ないその発想はなかったカードである。リーブどうするんだよ
40枚のデッキでなく相手に開する次元ゾーンカードだからこそ出来たカードであろう。実際どういうことになっているかを詳しく説明すると長くなる為、気になる人は各自で検索してほしい。

禁断の鼓動/禁断クリーチャー

DMR-19から初登場。史上初の、メインデッキに入れる表裏印刷のカード。その性質上、生まれながらにして殿堂入り(一枚制限)を課せられている。

ゲーム開始時に「鼓動」の面を表にしてバトルゾーンに置き、その上にカード定された数の「封印」(裏向きのカードを乗せて置いておく(置き方もカードごとに決まっている)。鼓動は置いてあるだけでは何の影いが同じ文明の種族に"コマンド"とつくクリーチャーを出すか、呪文などで封印を剥がすことができ、全ての封印が剥がれたとき、クリーチャー側に「禁断解放」できる。

殿堂入りカード

所謂「制限カード」。強すぎるカードにこの称号が与えられ、デッキに1枚しか入れることができなくなる。
にその時の環境の中心となっているカードが選ばれる。また、【なる紋章】や【インフェルノサイン】など、過去殿堂入りしたカードの調整版として出されたカード殿堂入りすることもある。

なおあくまで名上の話だが、デュエマカードにとって殿堂入りは名誉な事という背景ストーリー上の設定がある。
そのため、基本的に「制限解除」「エンワ」という概念は存在しない。 同じ効果で再録されたカードがあろうと、環境インフレしようと、こいつらは永遠に一枚制限のままである。例外として、ボルメテウス・サファイアドラゴンプレミアム殿堂からの「降格」が下されている。以下は2016年2月1日からの殿レギレーションである。(2016年1月24日 次世代WHF'16 Winter 東京名古屋大阪福岡大会で公式発表)初めて殿堂入りプレミアム殿堂から制限に降格したのは《鳴の守護者ミスト・リエス》・《ディープ・オペレイション》・《パシフィック・チャンピオン》・《預言者ローラン》・《炎の裁》《龍神ヘヴィ》・《アクアハルカス》、《ダークヒドラ》がプレミアム殿堂から降格

 

プレミアム殿堂入りカード

いわゆる「禁止カード」。殿堂入りしても強すぎるカード(所謂「壊れカード」)にこの称号が与えられ、デッキに入れることが禁じられる。

ぶっちゃけボルバルザークのために創設された制度なんだな。
基本的に一度殿堂入りしたカードが「昇格する」が、【アクア・パトロール】等の例外は即座にこの措置がなされる場合がある。

なお、GBAゲームの特典「ガルリアス・ドラゴン」や、海外版「怪獣」のカード殿堂ではなく「使用禁止カード」となっている。ただし、ブラックボックス(DMX-22)には「ガルリアス・ドラゴン」が再録されている。そちらは使用可である。

 

プレミアム殿堂超次元コンビ

 使用することを禁止されるカードの組合せ。単独で入れることは構わないが、同時にデッキ次元ゾーンに入れることを禁止される。実質プレミアム殿コンビと変わらない。

ニコニコ動画上での扱い

対戦動画やパック開封動画が上げられている。

他のカードゲームアニメべると知名度やネタの多さこそあれど、なによりアニメ漫画著作者削除が徹底しているため、MADなどが大変伸びにくくなっている。このため遊戯王ヴァンガード等にべると影は薄く、動画の数は少ない。ある意味バトルスピリッツに近い状態である。

…が、昨今の小学館ネット配信推進により、2014年9月27日からアニメデュエル・マスターズVS』の公式配信が始まった。時代は変わるものである。関連動画静画なども増えつつあるので、これからの動向に期待したい。

関連動画

関連静画

関連チャンネル

関連商品

関連コミュニティ

関連サイト

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%87%E3%83%A5%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA
ページ番号: 766723 リビジョン番号: 2328304
読み:デュエルマスターズ
初版作成日: 08/12/11 23:14 ◆ 最終更新日: 16/02/21 21:52
編集内容についての説明/コメント: 静画追加。先日修正していただいた方、こちらの手違いで手間をとらせてしまい、ご迷惑おかけしました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


アンちゃん

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

デュエル・マスターズについて語るスレ

3413 : ななしのよっしん :2017/07/17(月) 17:51:23 ID: FBoKVvraqU
>>3406
勝太編じゃ
本編ガチカードデッキばっかなのに
おまけコーナーのオススメがヘボすぎる」って摘多かったから
善してくれたのかも

ちっちゃい子はイラストの雰囲気ありきで遊んでいて
ルールは二の次なんてこともあるから
公式が丁寧にレクチャーしてくれるのはいいよね
3414 : ななしのよっしん :2017/07/17(月) 19:55:51 ID: Pzses5xltv
新第一弾の売れ行きがいまいちだったのって、収録カードがほぼ全部新種族とそれを対にするカードのみ&現環境トップに対するメタ要素がないから「わざわざカードプールの少ない新規デッキ組むより、現行のデッキ使った方が強いしもかからない」っていうのが原因じゃないかと思う。
マジBADラビリンスジョーデッキーBOXの登場で新規カードプールもだいぶ充実してきて、マスタークロニクルも発売するし、これから売上も安定してきそう
3415 : ななしのよっしん :2017/07/17(月) 23:59:25 ID: Gfkekf/Bdl
単純に環境デッキをオニカマスみたいなぶっ壊れでメタってきたら逆に売上落ちそう
適度にメタってどうぞ
3416 : ななしのよっしん :2017/07/19(水) 12:04:11 ID: PEwsxL3Gry
オニカマスメタだけじゃなくて打点形成及び耐性からのフィニッシャーの役割も兼ねてるからなぁ、メタクリなのに2枚以降も耐性と低コストど腐らんし。
3417 : ななしのよっしん :2017/07/19(水) 12:37:44 ID: fZeySDkQUB
ただ、新種族連中に
「相手はクリーチャーを各ターンに1体までしかバトルゾーンに出せない(バトライ閣・ループ・ドギメタ)」とか
「相手はクリーチャーコストを下げられない(スクランブルメタ)」とか
「相手のコスト7以上のクリーチャーは攻撃できない(モルネクメタ)」とか
「自分はクリーチャーによる攻撃でしかゲームに負けない(エクストラウィンライブラリアウト効)」とか
革命チェンジできず、ファイナル革命を使えない(革命チェンジメタ)」とかされると
待っているのは環境デッキの弱体化ではなく、幾多のファンデッキの壊滅だと思われる…
そんな事されたら、そりゃ売上も落ちてしまうよな
CSグランプリばかりがデュエマではない
3418 : ななしのよっしん :2017/07/19(水) 21:43:59 ID: FBoKVvraqU
でもそのメタさるの最近のガチカードばっかなんすよ
3419 : ななしのよっしん :2017/07/21(金) 05:46:04 ID: JtlYsOEWv0
カマス君はドロマーに突っ込んでる人が多い気がする。
シャチホコとのコンボ不死身の選ばれないクリーチャ―という滅なの出来るし。

なおシングルで買う模様・・。
3420 : ななしのよっしん :2017/07/25(火) 08:18:44 ID: 2hWlsJZ6uV
サルトビからクイーンに繋げと言わん

あと新クイーンのFTが物騒すぎやしませんかね
3421 : ななしのよっしん :2017/07/25(火) 17:04:22 ID: YhAAcXp7/J
次元ゾーン追加辺りから引退したんだが、当時のデッキってまだ使えるか?
インフレ進んでるようだし、恐らく全く使えさそうだが
3422 : ななしのよっしん :2017/07/25(火) 23:28:22 ID: Gfkekf/Bdl
>>3421
デッキは残念ながら理かな
でもカード単体ならまだまだ使える物もあるよ
例えばアルファディオスなんかは遅延しつつ出せばいまだに圧倒的制圧
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829