単語記事: トゲアリトゲナシトゲトゲ

編集

トゲアリトゲナシトゲトゲとは、ややこしい名前の昆虫。勝手に実在を疑われていた。

概要

ハムシ

ハム(葉)という昆虫がいる(羽でないことに注意)。その名の通り、葉っぱを食べるの一種で、とされる種類も存在する。
体長は数mm程度、大きい種類でも2センチ程度だそうである。

トゲハムシ/トゲトゲ

そのハムシの一種に、トゲが生えたトゲハムとよばれる昆虫が存在する。また、かつてこのトゲハムシはトゲトゲという和名がついていたことも併記しておく。

トゲナシトゲハムシ/トゲナシトゲトゲ

そのトゲハムシ(トゲトゲ)の一種にトゲのないものが発見された。この種類のハムシをトゲシトゲハムシ、またの名をトゲシトトゲという。信じられない名称であるが、実在昆虫である。ホソヒラハムシという普通の名前でも呼ばれる。

この程度の名前なら、コブナシコブスコガネのようなものもいるので、さほどしくもないのかもしれない。

トゲアリトゲナシトゲハムシ/トゲアリトゲナシトゲトゲ

そのトゲシトゲハムシ(トゲシトトゲ)の一種に、やっぱりトゲがある種類のものが見つかったという話がある。すなわち、トゲアリトゲナシトゲハムシ、またはトゲアリトゲナシトゲトゲである。漢字で書くと「棘有棘棘葉」「棘有棘棘棘」といういかにもトゲトゲしい感じであるが、いまいちトゲがあるのかないのかはっきりしない。

それって普通トゲトゲなんじゃ?と思われるかもしれないが、普通トゲトゲのように全身トゲトゲのものではない。やはり「トゲのあるトゲシトトゲ」なのである。

進化の順番は定かでないという。
最初にトゲトゲがいて、トゲが減っていったのか。
トゲシトトゲが先にいて、トゲのある種類へと進化していったのか。
トゲのある種類からトゲのない種類が生まれ、それがトゲを取り戻していったのか。
どれかはわからない。確かなのは日本ではトゲトゲが先に見つかった結果こうなったということである。
こんな名前などたちにとっては預かり知らぬところだろう。

なお、トゲアリでない普通の「トゲシトトゲ」にも2本のトゲがある種類もいるようだ。トゲの量や形態の違いでトゲアリトゲナシトゲトゲと呼ぶのだろう。

実在しないという「決め付け」

インターネット上では、なぜかトゲアリトゲナシトゲトゲ実在しないという情報が広まっていた。
確かに「そういう和名の昆虫がいない」ことを示す、信頼に足る回答は存在する。
だが実際に発見した研究者の具体的な話も伝わっているし、2011年には写真の載った本も出版されている。
東南アジアで発見された昆虫らしいので内でにすることはまずないと思われるが、こうした実在情報を疑う明確な根拠はない
これが正式に決められた名前かどうかは定かでないが、少なくともそう呼んでいる昆虫実在していて、ジョークや創作の類とは考えられない。
※ただしネット上には「内に産する」など、ネタ元の本にも載っていないデタラメ情報も確かにあった。

トゲアリトゲナシトゲトゲについて内で情報が不足しているのは確かである。
もちろん誤認、ローカルすぎる呼び方、未記載種といった可性も考慮する必要がある。
写真があるので誤認ということはないと思うが、写真があってもなお情報が少なすぎるのである。編者も正直なところ東南アジア在住のハムシなどさっぱりわからないというのが本音だし、ハムシならともかくトゲハムシに絞って掘り下げる本などまずないだろう。将来的にも詳しいものが出てくるとは思えない。

また、トゲがあるとはいえ、ここまで来ると「トゲホソヒラハムシ」(その写真を載せた本にも載っていた名前)と呼ぶほうが適切のようにも思える。
だから「そういう和名の昆虫はいない」という回答についても、おそらく間違いではなく、ごく一部でしか使われていない呼び方であったのだろうと想像される。
もっとも、その回答から何年も経っているので、今の状況も変わっているかもしれない。

このに関しては専門でもないので確かなことは言えないし、あまりにも狭い分野の話題なので専門が確かという保もないが、情報が見つからないからといって架生物と決めつけることこそ、インターネットの不確かな情報に基づくデマなのではないだろうか。

画像を探す場合

下記参考文献「不思議な生き物 生命38億年の歴史」には、トゲアリトゲナシトゲトゲ写真と称するものが載っている。これは電子書籍化されており、Kindle無料サンプルでも問題の写真は参照できるため、確認は難しくないだろう。
イメージ検索では普通トゲトゲや、間違った想像図がよく見つかるが、文献から転載された画像も出てくるようになってきている。

海外データベースになら別の写真があるかもしれないが(トゲハムシ亜科の英語名のHispinae検索すれば、トゲのない種類の画像ならいくらでも見つかる)、トゲアリトゲナシトゲトゲに対応する英語名や学名がわからないため調できなかった。

トゲトゲ」などとして、トゲの生えたカブトムシのような昆虫イラストが出てくることがあるかもしれないが、これは2007年に名前だけで想像して描かれたものらしい。実物には似ても似つかず、書かれている文章も全くの虚構。
まず「トゲトゲ」はありえないので創作であることは明らかなのだが、こちらを本物と思っている人を見かけたので一応ここで書いておく。

参考文献


この本が名前だけを面がって取り上げておきながら、具体的なことを何も書いていなかったのが問題の発端だろう。
いい加減に触れられたせいで、かえって実在を疑われることになったのは明らかである。
この本の参考文献の中に「トゲアリトゲナシトゲトゲについて紹介していた本」が含まれているようなのだが、それは果たして正式な和名として紹介していたものなのだろうか?


こちらの葉専門の本には、しっかり写真と説明が載っている。


こちらにも写真掲載(掲載されている写真は上記写真集の著者の小檜山賢二の手による)。この本は帯にまでトゲトゲの話が書かれているが、この本全体を見ると進化論に関する話などであり、トゲトゲに関する話題は関係ではないが、やや浮いている印を受けた。
ひょっとしたらだが、ネット上の情報に対するカウンターを動機に取り上げたのではないだろうか。
もちろんこれは学術書ではなく、この本に載っているからと言って定説や正式名称となるわけでもない。ただ、ジョークとして載せたわけではなさそうなのも確かである。
ちなみにこの本によるとトゲアリトゲナシトゲナシトトゲトゲのないもの、すなわちトゲシトアリトゲナシトトゲが見つかったらしいという情報も載っているが、これは具体的な種名までは上げていない。

関連項目

昆虫


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%88%E3%82%B2%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%88%E3%82%B2%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%83%88%E3%82%B2%E3%83%88%E3%82%B2
ページ番号: 4046215 リビジョン番号: 2455758
読み:トゲアリトゲナシトゲトゲ
初版作成日: 09/07/16 03:30 ◆ 最終更新日: 17/02/04 14:14
編集内容についての説明/コメント: また書き足し
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

トゲアリトゲナシトゲトゲについて語るスレ

69 : ななしのよっしん :2017/04/08(土) 22:26:19 ID: QAHmYk/4Dh
学歴が高いことと、学者として信頼できるかどうかは、全く関係がない
武田邦彦がそれを実している

そして専門分野の研究においては、大学偏差値もあまり役に立たない
近畿大学偏差値では旧帝大には及ばないが、養殖の研究では日本トップレベル

分かりやすい標に頼ることなく、物事の本質を見極めることが重要
70 : ななしのよっしん :2017/04/08(土) 22:32:14 ID: pMFfaq3+Iu
>>69
物事の本質を見極めるなら学歴ほど信頼の置けるものはないんですがそれは
他が研究してなければ研究内容は子供の理科の授業程度の近大程度すら日本トップクラス()とか言われちゃう訳だしな
本当に質が高いかどうか(旧以外は論文にきちんとしたエビデンスすら残せないこともある)は大学名まで見ないとわからない
71 : ななしのよっしん :2017/04/09(日) 04:08:45 ID: ASulJdp+r+
>>70
一芸入試とか始めた大学はもうその辺の「信頼」とか「信用」とかブン投げちゃったのと同じだよね。
私学だと商売抜きじゃ考えられないから仕方い面もあるのかもね。
72 : ななしのよっしん :2017/04/09(日) 04:24:48 ID: hebWVamt1N
すごいなあ 子供の理科で出来ることをなんでもやらなかったんだろうね
必要とされてる研究なのになぁ
73 : ななしのよっしん :2017/04/14(金) 23:21:12 ID: VKufvj9O2U
おまえらトゲのある言い方だな!
74 : ななしのよっしん :2017/04/15(土) 00:13:22 ID: 6tZi28Wc4D
>>69
その近大教授も出身校見たら旧帝大出身だったりするしな。優秀な教授が勤務地選ぶ基準は給与と休暇であって学力で決めるなんかいないんだが…
75 : ななしのよっしん :2017/04/28(金) 02:44:23 ID: lhVxpXEWRS
種として正式に名付けられてる訳じゃなくて一部の学者が使ってる俗称ってのが本当の所みたい
76 : 久しぶりの人 :2017/04/28(金) 13:41:09 ID: 09qyPnYCyA
>>72
ヒント:予算
77 : ああー :2017/04/29(土) 11:37:08 ID: xNE270AzdR
何ともすっきりしない記事。
実在を勝手に疑われだのなんだの書いてるけど、標準和名でもない、用例のある俗称でもないなら、疑われて当然だろう。
根拠出せと言われて、あるかもしれないレベルなんだろ?
一体何と戦ってるんだ?
78 : ななしのよっしん :2017/04/29(土) 17:42:53 ID: uSgifRpoaS
>一体何と戦ってるんだ?

えーっと・・・

それはさておき、ウィキナポリタン問題ってタイトルページがあったことみたいなもんだな
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015