単語記事: トップオン

編集  

ヨーヨーヨーヨーのトリック一覧ストリングプレイグラインド(ヨーヨー)トップオン

トップオンとは、ヨーヨートリックの一つである。

概要

フィンガースピンとも言う。
ヨーヨーに回し、側面にある軸が刺さっている部分(ハブ)をの上などに乗せ、コマのように回す。

普通ヨーヨーで行えば、グラインドトリックの一種とみなすことができる。
ここにボールベアリングを仕込み、より長時間回るようにした仕組みもあり、メーカーによって「テラー」「ハブスタック」などと呼ばれている。

歴史

ヨーヨーコマに変わる」という発想は1990年代からあった。
ヨメガジェミニジャイロ」は専用の軸をつけることでコマになる機を持っていた他、ヨメガヨーヨーを流用したコマを何度か発売している。

ヨーヨートリックとしての、コマのような動きを意識したのは「プレイマックススタントパイロット」で、こちらはオフストリングに回すとコマのように回すことができるヨーヨーである。

のちに、ベアリングラーハブスタックが登場する。しかし、これらを利用したトリックフリースタイルであまり活用されなかったことや、ボールベアリングが3つ(本体に1つ、両に2つ)になって価格も割高になってしまうことから、短期間の流行で終わってしまうことが多い。

一方、ヨーヨーに元からついているハブの出っりを利用したトップオンは息が長く、グラインドトリック生としてたびたび行われていた。
これを意識したヨーヨーには、先述のスタントパイロットの他に「ヨーヨージャムブラックナイト」が存在する。
これは、ハブ部分にへこみがあり、これをペンなどの上に乗せるとトップオンができるものだった。

それまでトップオンが単発で終わってしまっていた最大の理由は、コンボが組めないことであった。
しかし、ヨーヨーの性が向上し、ホリゾンタルトリックが増えてくると、ホリゾンタルトリックの前後にトップオンを組み込むことができるようになった。
この頃にはフルメタル機種が増え、サイドキャップのないヨーヨーが増えてきたことも後押しした。

2016年頃、トップオントリック盛を極め、フリースタイルの定番となった。
メーカーもこれに敏感に反応し、トップオンがしやすいようにハブ部分をへこませたヨーヨーなどをリリースしている。
また、既存ヨーヨートップオン対応にマイナーチェンジする試みも行われている。

トップオン用ヨーヨー

ハブに専用の構造があるヨーヨー
ベアリングラーハブスタックがあるか、ハブ部分にへこみを設けているヨーヨーがこれにあたる。
これら以外にも、「ヨーヨーファクトリー・シャッター」などでも行うことができる。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%AA%E3%83%B3
ページ番号: 5482704 リビジョン番号: 2502984
読み:トップオン
初版作成日: 17/04/24 14:45 ◆ 最終更新日: 17/06/28 03:22
編集内容についての説明/コメント: 誤字を修正。他追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

トップオンについて語るスレ


まだ掲示板に書き込みがありません… 以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • トップオンについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829