単語記事: トポロジー

編集
  1. 幾何学の一分野のこと。位相幾何学とも。
  2. 集合論の概念の一つ。位相とも。集合の要素間の近さや相互関係に関する情報のこと。
  3. 情報科学分野におけるネットワークの接続形態のこと(例:スター メッシなど)。ネットワークトポロジネットワーク構成とも呼称する。
  4. 巡音ルカオリジナル曲。→【巡音ルカ】トポロジー【オリジナル曲アニメPV付】
  5. いとうかなこの楽曲であり、フジテレビ系アニメRobotics;Notes」第2クールエンディングテーマ

本稿では1.について述べる。

概要

幾何学の中でも非常に新しい分野であり、「やわらかい幾何学」とも呼ばれる。オイラーガウスが開祖として有名。

最大の特徴は図形の扱いの「やわらかさ」であり、言い換えれば図形の扱いの抽性であるといえる。トポロジーいては連続的に変形が可な図形は全て同一視される。要するに、を開けたり千切ったりする操作なしに変形できる図形同士は同じものとみなしましょう ということである。

よく言われる例としては、トポロジーの考え方ではドーナツの形状(トーラス)とコーヒーカップの形状は同一であるとされる。これに関してはWikipedia : 位相幾何学によく出来たアニメーションが存在するので見てみると良いだろう。一方、球はどのように変形してもを開ける操作なしにトーラスになることはできない。つまり、連続的な変形が不可能なため球とトーラスは同一ではない。

つまり、トポロジーとはこのような「やわらかい」図形の共通する性質や特性を研究する数学分野である。詳しくはWikipediaの当該項を参照のこと。

トポロジーの考え方が応用されている物の中で最も日常的ににするものといえば、電車などの路線図が挙げられる。路線図いては「間の距離」や「実際の線路のカーブ」は視(連続的に変形)されている。つまり、地図上の路線配置をトポロジーの考えに基いてやわらかく変形したものだと言えるのである。

物と物の「接続関係」に着した研究分野としては、グラフ理論が存在する。のつながり方を示しているという意味では、路線図はグラフ理論におけるグラフの一種でもある。

位相幾何学と位相

位相幾何学が「やわらかい幾何学」であるとすれば、位相とは集合論における「やわらかい距離の概念」である。

適用先が幾何学に限らないので必ずしも幾何学的な概念ではないが、大雑把に言ってしまえば数学的に近いもの・似ているものを一まとまり(同相)として扱うという考え方である。集合に対して位相を与えることを、「位相を入れる」という。

例えば動物について考えるとき、個別の個体ではなく「イヌ」「ネコ」といった分類で考えることがあるが、これは位相に基づく発想である。つまり、位相により個別の個体の特徴を視し、分類(関係性)を考えるのである。このような考えを図形に適用したものが位相幾何学である。

ただし、数学上のお約束として、積集合も一つの位相としてカウントしなくてはならない。このため、例えば「イヌ」という位相と「い」という位相を入れた場合、「イヌ」という位相も必ず入れなくてはならない。

詳しい人向けの説明

以降では、数学的な定義を元に解説を行う。専門的な話であるので、必要な人だけ読んで欲しい。
Wikipediaの記事: 位相空間も参照のこと。

X の部分集合集合 O(X) が以下の条件を満たすとき、O(X) は X の位相であるという。

  1. X ∈ O(X), Φ ∈ O(X) (Φ集合
  2. V, W ∈ O(X) ⇒ V ∩ W ∈ O(X)
  3. Vλ ∈ O(X) (λ ∈ Λ) ⇒ ∪λΛ Vλ ∈ O(X) (ただし Λ は添字集合

このとき、 O(X) の要素を X の集合とよび、 X と O(X) の組 (X, O(X)) を X の位相とよぶ。

(X,O(X)), (Y,O(Y)) を位相間とする。写像 f : X→Y が次の条件を満たすとき、 f は連続であるという。

V ∈ O(Y) ⇒ f-1 (V) ∈ O(X) ( ただし、f-1 (V) = { x ∈ X | f(x) ∈ V } )

さらに f が全単射でその逆写像 f-1 が連続であるとき、 f は同相写像であるという。

位相間 (X, O(X)), (Y, O(Y)) の間に同相写像が存在するとき、(X, O(X)) と (Y, O(Y)) は同相であるという。

トポロジー位相幾何学)の世界では同相な図形は全て同じものとみなされる。この世界トーラスコーヒーカップ同一視されるのは、両者を表す図形が同相となるためである。

関連動画

関連商品

 

関連コミュニティ

関連項目

リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%88%E3%83%9D%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%BC
ページ番号: 4171056 リビジョン番号: 2412021
読み:トポロジー
初版作成日: 09/09/30 05:24 ◆ 最終更新日: 16/10/01 23:19
編集内容についての説明/コメント: 数学関連用語の一覧 を関連項目に追加。<p> </p>を除去。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

トポロジーについて語るスレ

24 : ななしのよっしん :2014/08/09(土) 04:06:12 ID: Y4q1bF+XPH
中卒にはちんぷんかんぷんですわ
こういうのが理解できる人には未知の解明を頑っていただきたい
25 : ななしのよっしん :2014/09/21(日) 12:08:31 ID: Y1Emw8amRi
私は生命系なんだが、蛋白質構造とトポロジーって本は入門書としてどうですか?
1年で微積と線は一瞥しているのと、2年前期で一応数学科向けの微積と線に潜り込んではいる(理解できたとは言い難いが)
26 : ななしのよっしん :2014/09/21(日) 12:13:27 ID: 7eVt0WPnjB
>>23
貫通してるのは口から排口のだけじゃない?
それならトポロジー的にはドーナツコーヒーカップ=人類は間違っていない気がする
27 : ななしのよっしん :2014/10/05(日) 23:48:42 ID: VHz2+bPNln
>>26
一応鼻のと口と排口との近くにあるはぜんぶつながってるから一つのに複数の入り口・出口があることになってる。
この場合の個数をどう数えるのかはわからん。
あとちなみに女性の場合は管が体内で開放してるから実は体の外側と内側はつながってて女性は裏表がないということになりトポロジー的には面い。
28 : ななしのよっしん :2014/10/18(土) 01:07:04 ID: 3kP54x8hN7
>>sm22634285

図にしてみると凄い形してるけど実際このルールでやったことあったなぁ、という感じ
29 : ななしのよっしん :2014/10/18(土) 01:33:10 ID: 7eVt0WPnjB
>>27
あぁ、鼻のは忘れてた。
そうするとドーナツ≠人間になりそうだな
みたいに物が埋まってる場合の扱いはわからん

管ってそうなのか・・・体内で結局行き止まりに行き着くからトポロジー的には意味だと思ってた
30 : ななしのよっしん :2015/10/09(金) 14:57:42 ID: Y1Emw8amRi
>>27
マジ? 本先生生き物円柱形とはなんだったのか
31 : ななしのよっしん :2015/10/29(木) 10:43:13 ID: npljyngYJV
間違ってドーナツコーヒーを注いじゃったよ…
32 : ななしのよっしん :2015/11/26(木) 19:41:31 ID: /am2BclPd1
女性は裏表がいだって!?そんな馬鹿な・・・

人体はから辿るとダイソンの掃除機みたいなもんかな
単純じゃなさそう
33 : ななしのよっしん :2016/05/31(火) 21:13:03 ID: 4QF932Rm5X
ドーナツコーヒーカップの形状はトポロジー的に同一と聞いてドーナツコーヒーを注いだ所全てこぼれてしまった
何か間違えたのだろうかと思い今度はコーヒーカップを持ってきて取っ手のコーヒーを注いだ所全てこぼれてしまった
ドーナツコーヒーカップコーヒーを注げばこぼれる
やはりトポロジーの考え方は間違っていないようだ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015