単語記事: トルコ語

編集  

トルコ語とは、トルコで用いられているアルタイ語族に属する言である。

概要

アルタイ語族トゥルク諸に属する言トルコ語そのものは現在トルコでしか用いられていないが、それに近いものはアゼルバイジャントルクメニスタンウズベキスタンカザフスタンキルギスといった中央アジア々で暮らすトルコ系の人々の間で話されている。

オスマン帝国時代はイスラームの中心であったこともあり、アラビア文字が使われていたが、ムスタファ・ケマル革によってラテン文字が使われる現在トルコ語になった(アラビア文字時代のそれはオスマン語と呼ばれる)。文構造は述が最後に来るSOVで、アルタイ語族によくある音調和を有している。

文字体系

文字 文字 音価
A a [a]
B b [b]
C c [dʒ]
Ç ç [tʃ]
D d [d]
E e [e]
F f [f]
G g [g]
Ğ ğ -
H h [h]
I ı [ɯ]
İ i [i]
J j [ʒ]
K k [k]
L l [l]
M m [m]
N n [n]
O o [o]
Ö ö [œ]
P p [p]
R r [ɾ]
S s [s]
Ş ş [ʃ]
T t [t]
U u [u]
Ü ü [y]
V v [v]
Y y [j]
Z z [z]

音韻体系

母音

前舌 後舌
非円唇 e a
i ı
円唇 ö o
ü u

母音調和

母音調和Ⅰ

の最後にある音が後舌音の場合それに続く接尾辞や付属音はa、前舌音の場合はeになる。

母音調和Ⅱ

の最後にある音が非円唇の後舌音の場合それに続く接尾辞や付属音はı、非円唇の前舌音の場合はi、円唇の後舌音の場合はu、非円唇の後舌音の場合はüになる。

以降音調和Ⅰを(Ⅰ)を()で表す。

子音

両唇音 歯茎 後部歯茎 硬口蓋音 軟口蓋音 門音
鼻音 m n
破裂音 p b t d (c) (ɟ) k ɡ
破擦音 t͡ʃ d͡ʒ
摩擦音 f v s z ʃ ʒ h
接近音 (ɫ) l j
はじき音 ɾ

無声化

子音で終わる単の後ろにcやdなどで始まる接尾辞が来ると、化してçやtになる

文法

日本語と同じなのでどこまでが一かを示すために【】を用いる。

まずトルコ語の人称は以下の6つが存在する。

単数 複数
1人称 Ben Biz
2人称 Sen Siz
3人称 O Onlar

名詞文

最初に名詞文の作り方を見てみよう。肯定の場合は名詞・形容詞に人称付属をつけるのだ。

単数 複数
1人称 Ben _(y)()m Biz _(y)()z
2人称 Sen _s()n Siz _s()n()z
3人称 O _ Onlar (_l(Ⅰ)r)

例:私は元気です。 Ben iyiyim.

疑問文は【名詞/形容詞】 + 【m()+ 人称接尾辞】、否定文は【名詞/形容詞】 + 【değil+ 人称接尾辞】となる。

ちなみに名詞の複数形は、 + l(Ⅰ)r、である

続いて有の表現を見てみよう。
を表現するにはvar(ある/いる)、yok(ない)を用いる。

例:リンゴはある。しかしオレンジはない。 Elma var. Ama portakal yok.

動詞文

現在進行形

現在進行形はまず幹に_()yorをつけ、その後ろに人称付属をつける

例:私たちはトルコ語を習っている。 Biz Türkçe öğreniyoruz.

疑問文は【動詞幹 + ()yor】 + 【mu + 人称付属】、
否定文は【動詞幹 + m()yor + 人称付属】。

未来形

【動詞幹 + (y)(Ⅰ)c(Ⅰ)k + 人称付属

例:私はサラダを食べます。 Ben salata yiyeceğim.

疑問文は【動詞幹 + (y)(Ⅰ)c(Ⅰ)k 】 + 【m() + 人称付属】、
否定文は【動詞幹 + m(Ⅰ) + (y)(Ⅰ)c(Ⅰ)k + 人称付属】。

現在形

に習慣的なことを表す。

動詞が音で終わっている場合と子音で終わっている場合の二つに分かれる。

音で終わっている場合:【動詞幹 + r + 人称付属
幹が単音節で子音で終わっている場合:【動詞幹 + (Ⅰ)r + 人称付属
幹が複音節で子音で終わっている場合:【動詞幹 + ()r + 人称付属

例:学校9月に始まる Okullar eylülde başlar.

疑問文は【動詞幹 + r / (Ⅰ)r / ()r】 + 【疑問付属 + 人称付属
否定文は少しややこしいので後で加筆する。

過去形

話者が実際に確信を持っている場合にのみ使う。

過去形は人称付属ではなく、以下の人称接尾辞を使う

前のの最後がa, ı e, i o, u ö, ü
Ben _m
Sen _n
O _
Biz _k
Siz _n()z
Onlar (_l(Ⅰ)r)

そのため以下のようになる

【動詞幹 + d() + 人称接尾辞】(※dは化でtになることもある)

例:プレゼントを贈った Ablam anneme hediye verdi.

伝聞形

命令形

義務形

提案形

可能形

※作成予定あり

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B3%E8%AA%9E
ページ番号: 5468826 リビジョン番号: 2454326
読み:トルコゴ
初版作成日: 17/01/30 23:26 ◆ 最終更新日: 17/01/30 23:26
編集内容についての説明/コメント: 最低限の部分はできたので投稿(母音調和のせいで説明がめんどくさい感)
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

トルコ語について語るスレ


まだ掲示板に書き込みがありません… 以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • トルコ語についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829