単語記事: トレバー・フィリップス

編集

トレバー・フィリップスとは、 グランド・セフト・オートVGrand Theft Auto V,GTA5に登場する主人公の一人である。

概要

声優モデルSteven Ogg。

ギチガイパラダイスと称されるGTAシリーズ史上のキャラクターの中でもブッチギリなキチガイ度、戦闘力を持ち、おまけに不安定で残酷な性格をしており、そのまるで災害のような行動を止められる者は極々少数。かつて最重要指名手配犯であったマイケルタウンリー(現在はマイケル・デサンタという名)でさえも「トレバーに会えば天使に見えてくる」という超ド級爆弾発言までさせるほど。そのために予想もつかないほど奇抜な、あるいは悪な行動によく出る。

その常軌を逸した行動は以下のとおり。


 こんな災害並みの性格を持つトレバーだが、彼が一度でも気に入った人や、トレバーのことを大人、あるいは一人の人間とみなした人などに対しては非常に優しかったりする。


また、麻薬取引時、相手がさし出した偽物麻薬にすぐ気付いたり、オニールの兄弟全員の名前を一にして覚えたりなど、非常に頭がキレる一面も持つ。

 頭明晰、戦闘力最強クラス、あふれる人情味・・・たく言えば彼こそ現代アメリカスーパーマン、あるいはヒーローともいえるだろう。キチガイなところを除けば

 元軍なだけあって航空機の運転に精通しており、ミッションではヘリコプターでの輸送を担当することも多い。というよりはトレバー関連のストーリー飛行機を操作する場面がとても多い。低飛行、爆撃、積荷投下などの多ミッションが待ち受ける。

 幼いころは父親虐待され、母親からはゆがんだ情で育てられるというヤバい環境で育ってきた。最初はホッケーの選手になろうとやってきたがホモコーチにヤられてしまい、これをやめる。その後軍に志願して、アメリカの為に働いてきたものの(友人のロンクリータスとはこの頃に出会った)心理鑑定の結果からパイロットを辞めさせられた過去を持つ。その後はノース・ヤンクトン航空会社で働いていたが、マイケルと出会い、彼に見込まれて強盗の世界に入ることに。

9年前のノース・ヤンクトンの強盗が失敗し、一人逃げ仰せた後、物や銃器を扱う「トレバー・フィリップス工業(通称=TPI)」を営んでいたが、偶然にもマイケルの復帰を知り、彼の居場所を突き止める。のちに自らもマイケルフランクリンレスターとともに再び強盗業にいそしむようになる(トレバー・フィリップス工業についてはロンに経営を任せた)。

以下、ラストミッションネタバレにつき反転

 その危険すぎる思考と行動からFIBから危険視されるようになり、Aルートではフランクリンマイケルによって火達磨になるという壮絶な死を遂げる。Bルートではフランクリンマイケルを殺そうとした場合、トレバーは加勢しない。そしてマイケルを殺したフランクリンとは「次会ったら殺す」と言い、縁を切る。CルートFIBクソ野郎であるスティーブ・ヘインズをスナイパーでぶっ殺し、がつく大物であるデビン・ウェストンを誘拐し、主人公3人でトランクにデビンを入れたまま崖から落として爆殺させる。

人間関係

物語が進めばやがて彼の孤独に苦しんでいる様子や上記のような人間味あふれる一面をうかがうことができる。そうした狂気と人情のギャップのインパクトのおかげなのか、3人の主人公の中では特に人気が高い。そんなトレバーの人間関係は次のとおり。

ロナウド・ジャコウスキー

通称ロン、ナーバスロントレバーとは軍の頃に出会った。無知の友人ではあるがトレバーの事を恐れていることもえる。そのためか彼の奴隷イエスマンのような立ち位置になったりすることもある。

陰謀論者で、常にラジオ携帯している。また、GTA5ラジオ局の番組を務めたりもしている。

戦闘力はあまりいが、行動はあるため、トレバーサポートを行うポジションに回ることが多い。

ウェイド

半年前に従兄弟2人とアラモに遊びにいくが、トレバーに2人を食い殺され、しかもウェイド自身はその事を知らない。置き去りにされた自分を拾ってくれたものと思っているようだ。

言動や行動から察するにかなりのアホトレバーについた血をシロップと間違えたりも。

戦闘力はないが、マイケルタウンリーをロスサントスから見つけ出せというトレバーな達しを受けて見事マイケルを見つけ出すなど、探索に長けているようだ。

ストーリーの終盤あたりでは、トレバーが経営者を殺して乗っ取ったストリップクラブに滞在するようになり、レディ2人にかわいがってもらってる。

シェフ

トレバー仲間麻薬精製を担当としている。

戦闘力が高く、TPI入社試験として金属買取業者を襲撃しろと課せられて見事にターゲットガードマンを殺して棄場に埋め、数万ドルを勝ち取る大成果をあげ、トレバーに気に入られた。その後も襲撃してきたアスカスメンバートレバーと2人だけで退けるなど、かなりの強さ。だが上の2人に同じく、トレバーに振り回されている感が否めない。

ストーリー中盤で、強盗のメンバーで選出できるようになる。

クリータス・ユーイング

トレバーの友人。こちらもロンと同じく軍のころに出会ったようだ。

スナイパーライフルの扱いが上手い。パラボラアンテナ、走行しているタイヤなどを撃ち抜いて遊んでいる。

密猟のミッションを与えてくるのもこいつ。狩りのノウハウをトレバーに教えてくれる。

トレバーパトリシアを誘拐した際に、メールで「かわいらしい女と結婚したみたいで安心した」と勘違いして送ってくる。

マイケル・タウンリー(マイケル・デサンタ)

上述にあるとおり、ノース・ヤンクトン航空会社でトレバーと出会い、強盗仲間になる。トレバーに強盗のノウハウを教えたある意味最強キャラクター

最初の強盗は1988年に小切手換所を襲うというもので、当時マイケル20歳だった。これにはトレバーも「25年前かよ とんでもねえな」とビックリ

トレバーマイケルを信頼する仲間と見ている。FIBと組んでトレバーらを裏切り、ブラッドの事実を知っても、マイケルを結局殺さなかった。ただマイケルは所帯を持っていること、そしてトレバーが復讐してくるのではないかということを恐れており、ラストストーリーのAルートでは・・・

フランクリン・クリントン

ストーリーの中盤のFIBの任務で共闘した事で知り合うことになる。こちらも信頼できる友人とみている。フランクリン然わいせつの逮捕歴を知ったトレバーは、そのことで警察官に「アフリカアメリカ人の友達をつまらん事で逮捕したらしいな?」と難癖をつける。然わいせつはつまらん事で済むのだろうか・・・

ラマー・デイビス

フランクリン幼馴染。こちらもストーリー中盤で知り合うことに。ラマー自身がアホなのかそれとも威勢がいいのか、トレバーをまったく恐れず対等でフレンドリーに接する。そのおかげかトレバーラマーを信頼しているようだ。

パトリシア・マドラッゾ

GTA5ヒロインマジです)マーティンのような短期野郎と何十年も一緒にいたせいかかなりの寛容、包容がある人で、トレバーに誘拐され、「もしかしたら、バラバラにしてトイレに流すかもしれない」と脅されるも、「正直な人」と言い放ち、トレバー大人と認めてくれた数少ない人物のひとり。トレバーは彼女を愛し、彼女もまたトレバーするというすさまじい純愛ぶり。トレバーに滞在している間はトレバーの中がすごくきれいになる。すげえ。

マイケルは彼女を「ストックホルム症候群」と言ったが、開放されてマーティンの元に戻されても電話(というよりラブコール)をかけたりするので、このトレバーとのはまさしく本物だったといえよう。ギャングの妻、恐るべし・・・

関連動画

公式トレイラームービー「Trevor」

主人公を演じた3人のインタビュー。他の2人にも言えるがトレバーはもはや本人である。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B9
ページ番号: 5173170 リビジョン番号: 2248733
読み:トレバーフィリップス
初版作成日: 13/11/20 23:08 ◆ 最終更新日: 15/08/18 23:00
編集内容についての説明/コメント: Never eat indian people
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

トレバー・フィリップスについて語るスレ

135 : ななしのよっしん :2016/03/28(月) 01:35:43 ID: D6RvgZNvya
まあどっちがおかしいってこたないわな

トレバー仲間を見捨てない、だけれどもその行動は独りを毛嫌いしているからこそくる自己防衛みたいなものだし、
マイケルトレバー並のサイコだが現実を見るがあるからまともな父親や夫でありたいが生来の粗暴っぷりが劇中何度も表に出たりしてそのたびに自己嫌悪したりっていう。

実際、マイケルなく仲間を見捨てるたっても
9年前の件ではレスターのことを話さなかったし、
ブラッドが死んだことに対して驚くし、
お前を見捨てていけるか!」とその場に残るトレバーに対し「逃げろ!」つってたし、
そこまで薄情ではないよ


(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
136 : ななしのよっしん :2016/03/29(火) 20:22:24 ID: mrlFiaRDwR
こいつがロアナプラに来たらどうなるんだろうか
137 : ななしのよっしん :2016/05/04(水) 13:53:25 ID: BQMiY7dPqQ
>>135
>ついでに言っとくとフランクリンヤクやりまくり、マイケル煙草やりまくりに対し
トレバーは禁しようとしてるあたり主人公の中じゃ一番体に気を使っている人間でもある

そんなトレバーも作中ではガソリンの匂いを嗅いだり人食べたり、スイッチした時にゴミ箱の中を漁ってるけどなww
138 : ななしのよっしん :2016/05/10(火) 22:58:27 ID: gkB2O4/aZJ
>>137くお~!
インド人を喰うが体に気を使ってるとは言い難いよな…
139 : ななしのよっしん :2016/05/14(土) 20:29:50 ID: I2b0SkhyAM
「この○○カナダ野郎が!」
トレバー「今の出身地のこと何つった!?
140 : ななしのよっしん :2016/05/20(金) 10:27:55 ID: BQMiY7dPqQ
トレバーが許せなかったのは、マイケルが自分達に内緒でFIBと密通して、尚且つブラッドの件が発覚した時に曖昧な弁解や言い逃れしちゃったからなんだよな。
141 : ななしのよっしん :2016/05/26(木) 20:29:31 ID: m81lKW1Vze
大麻合法化署名のおじさんに対してその密造で稼いでるんだから合法化なんかされてたまるかって切れてた辺り割と冷静な一面があるイメージ
実際マイケルの言うようにキチガイになりたがってるだけで案外普通な人間なのかもしれない
142 : ななしのよっしん :2016/06/16(木) 12:40:55 ID: ehMNU0BrnQ
 まともな面と狂ってる面が強すぎて、普段キチガイのくせにふとした拍子にまともな言動を矛盾させず貫くから、キチガイの皮被ってるように見える

 けど、トレバー自身がってた「複数の人格が同時に存在してる」ってそういうことなのかも。
 まともな人格と暴な人格(とその他諸々)が記憶を共有しながら応じた状況で対応するから、全体として見た時に言動の内容が両極端であまりにも乖離しているのでは、と今更思う

記憶を共有した多重人格って実際あるのか分からんけど
143 : ななしのよっしん :2016/06/27(月) 15:53:11 ID: K4iAFOVGbT
多重人格なのか切り替えが異常いのかわからん
144 : ななしのよっしん :2016/06/30(木) 22:37:01 ID: JdX6V6zxzH
>>135
マイケル死亡ルートクリア後に、ジミーがトレバー電話
父さんアンタとうまくやろうとしてた」って泣きながら話してたから、マイケルもどうにかトレバーと和解しようと試行錯誤してたのがえる。

因みにトレバー死亡ルートでも、ジミーは「なんでトレバーおじさんを殺したんだ!?」ってマイケルを非難してたので、彼もマイケルトレバーが和解する事を期待してた節もある。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015