単語記事: トレーディングカードゲーム

編集  

トレーディングカードゲームとは、お互いのカードを収集交換(トレーディング)して遊ぶゲームである。略称TCG。外ではCCG(コレクタブルカードゲーム)と呼ばれる事が多い。

概要

トレーディングカードゲームはトレーディンカードで遊ぶゲームである。本来トレーディンカードとは、スポーツ選手やアイドルスターカードなどのコレクション的で発売されるカードであり、他人が持つ自分が欲しいカードと、自分が持つその人が欲しいカードを交換することによってコレクションを補するものであった。それがいつしか市場を形成し、カードが多額で取引されるようになった。

そこでカード自体にルールを印刷し、コレクションと同時にカードを使った遊びとして発展させたのがトレーディングカードゲームである。

歴史

世界初のトレーディングカードゲームは、1993年に発売されアメリカで大流行した『マジック:ザ・ギャザリング』である。そして、その流行に影を受け1996年日本初のTCG、『ポケモンカードゲーム』が発売された。

同じく1996年に連載を開始した少年ジャンプ漫画遊戯王』で、マジック:ザ・ギャザリングを元にした「マジックアンド・ウィザーズ」というオリジナルゲームが登場し、日本中にトレーディングカードゲームを認知させる。

そして版権の関係からか、マジックアンド・ウィザーズは1999年に『遊戯王OCGデュエルモンスターズ』と名前を変えて、コナミから実際のカードゲームとして販売される。遊戯王OCGは今や販売数世界一(ギネス認定)を持つまでになった。

トレーディングカードゲームの遊び方

トレーディングカードゲームはたくさんの種類があり、遊んだことのない人にとってはどれも同じに見えてしまう。しかしそれらは全く違う遊び方であり、一つのトレーディングカードゲームの遊び方を覚えても他のトレーディングカードゲームには応用ができない。トランプで例えるなら「ババ抜き」と「ポーカー」ぐらいルールが違ったりする。

共通しているのはトランプのようにプレイヤー同士でカードを共用するのでなく、プレイヤーそれぞれが自分用の山札(デッキ)を準備する点である。

どうやったら相手に勝てるかという勝利条件も全然違う。具体的には相手の山札を全てくすことであったり、決められた回数だけ敵を攻撃することだったり、モンスターカードを何回かやっつけることだったり、カード自体にポイントがあり相手のポイントより高い数字を出すことだったりとそれぞれ異なる。

しかし、世界初のトレーディングカードゲームマジック:ザ・ギャザリング」がモンスター(正確にはクリーチャー)を召喚させながら戦う遊びなため、モンスターを出しながら戦うゲームが多い。

その他、詳しくはそれぞれのトレーディングカードゲームの個別記事を参照。

あると役立つサプライ商品

主な作品

※年代は最初に発売された年と終えた年

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0
ページ番号: 445502 リビジョン番号: 2446899
読み:トレーディングカードゲーム
初版作成日: 08/08/09 13:41 ◆ 最終更新日: 17/01/09 20:40
編集内容についての説明/コメント: サイファ追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

トレーディングカードゲームについて語るスレ

380 : ななしのよっしん :2018/01/04(木) 13:35:27 ID: DU0vyN0+8U
>>371があまりにもトンチンカンな事言ってて笑える
381 : ななしのよっしん :2018/01/08(月) 16:36:31 ID: kmynTnCmH/
処理とかデッキ組むの面倒だからコンシューマーゲーム
構築済みとかランダムデッキで戦うのがすき。
382 : ななしのよっしん :2018/01/16(火) 23:57:21 ID: +NKDobO1a5
>>379世紀末環境最高だぜぇ!っていう人もいるんだろうけど、大多数はパックを買うor買わないは強いカードが入ってるかで決めてるのが普通だからなあ。強いカードの中にはファンデッキにもガチデッキにも活かせるようなのもあるし。そう考えてみるとTCGの調整って難しいんだなってめて思う。
383 : ななしのよっしん :2018/01/17(水) 00:04:14 ID: 8OBpmxANUO
そういう考えが流だからこそブースタードラフトがもうちょいメジャーになったら色々いいんだけどねぇ
384 : ななしのよっしん :2018/01/17(水) 20:26:24 ID: q9cELdArCg
ブードラシールド戦は
お金がかかるって理由で敬遠されがちな気がする。

それにいざやるとその大会のためだけに使うカードが後々
めっちゃ余るし。

いんだけどね
385 : ななしのよっしん :2018/04/08(日) 17:15:06 ID: sSeDwzXrw6
ヴァンガウィクロスレギレーション分けという名の実質スタン落ちか
2014年頃までTCGバブルかって位勢いあったけど最近はDTCGに押されてるのか良い話聞かんな
今期のTCGアニメラッシュで盛り返してくれると嬉しいんだが
386 : ななしのよっしん :2018/04/08(日) 22:16:41 ID: 8OBpmxANUO
>>384
実際やると1000円ちょっとで6時間以上遊べるから色んな遊戯べるとコスパよろしいんだがな。
当たったカード次第では黒字になることもあるし。
387 : ななしのよっしん :2018/04/16(月) 08:37:36 ID: 5Y38572aLl
TCG販売元の利益はに新パックの販売によるもの
新パックを売るためには新パックのカードを既存カードより強くデザインしないといけない
この二点が切ろうとしても切り離せないからTCGは当初どれだけバランスが取れていようが
時間が経てば経つほどインフレの運命から逃れられなくなるという負のループが形成されるわけだな

最近は単純な既存カテゴリパワー強化じゃなく一つ前のパックとどっこい程度のカードパワー
戦術の幅を広げるようなカードを作る方向にしようとしてるみたいだけど
その結果として既存カードパワーが上がったりもするからどうあがいてもインフレからは逃れられないのよね
そもそもそういうデザインにしようとしても意図せず新カードパワーが壊れになることも割りと考えられるしな
388 : ななしのよっしん :2018/04/16(月) 20:44:34 ID: blzo7iAga+
>>385
昨年度が
日本王者の遊戯王は新ルールで売り上げ半減
世界王者のMTGも禁止を一気に4枚出すなど環境が荒れて内なら遊戯王以上に売り上げ幅が減少。世界的にみてもポケモンカードに負けたのではとの予測も

いままでのTCGの看歴史的絶不調だから仕方ない。いうてDTCGだって遊戯王デュエルリンクス以降はパッとしないし、なかなか新規ユーザーの獲得はどのTCGも難しい
389 : ななしのよっしん :2018/04/17(火) 10:24:13 ID: TFVwiHI297
かつても2000年代前半に
遊戯王の二匹ドジョウをねらったカードゲームの乱造
原作遊戯王が記憶編でストーリー畳みを始めてカード供給が途絶える
mtgミラディン暴走
ポケカの旧裏切り捨て

TCG業界が冷えまくったことがあるから、まぁ歴史は繰り返すってことだろうなぁ…
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829