単語記事: トロ

編集

トロとは、お寿司刺身大人気の食用にされるマグロの部位である。みがかった色が特徴。

曖昧さ回避

概要

トロマグロのうち、脂質の率が高い部の身である。食材にされる。

脂がよく乗っている部分を「大トロ」、それほどでもないが脂が乗っている部分を「中トロ」とよぶ。
トロ・中トロ以外の部分は「身」であり、トロとは別物である。トロみより値段が高く順番で表すと、み→トロ→中トロ→大トロの順番で高価になる。

トロお寿司屋には必ずと言っていいほど置いてある。調理法はそのまま薄く切って醤油山葵で食べるのが刺身方式で飯の上に載せて食べるのがお寿司方式である。

ネギを添えたものはネギトロと呼ばれるが、元はの隙間の中落ちなどの身を「ねぎ取る」という言葉が転じて「ネギトロ」となったため、本来「ネギトロ」のには野菜ネギの意味も本項のトロの意味も含まれない。
ネギが添えられていないものもネギトロと呼ばれるのはこのためである。
ネギトロお寿司屋では海苔で巻いた軍艦巻きにされることが多い。

語源

トロ大正時代あたりに、「口の中にいれるとトロっとするから」というそのまんまの理由から付けられた説が有である。

歴史

ねぎトロ

江戸時代にはマグロといったら身で、トロ(と今呼ばれている部分)はゴミ扱いで捨てられていたりした。大トロも捨てられていた。

明治以後、西洋料理の影などによる食習慣の変化で、逆に重されるようになったらしい。
なぜ当時捨てられていたかは当時の人に聞いてみないと分からないが、当時は冷蔵庫かったため大トロなどは急速に腐りやかったからじゃないかなどと推測されている。また脂が多い食べ物は当時の人の口に合わなかったからなのかも知れない。

現在では、刺身でもお寿司としても最高峰の人気を誇る食材の地位にまで上り詰めた。

トロッとしていて本当に美味しいよ!

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%88%E3%83%AD
ページ番号: 668208 リビジョン番号: 2260126
読み:トロ
初版作成日: 08/10/28 06:18 ◆ 最終更新日: 15/09/12 17:18
編集内容についての説明/コメント: ネギトロの語源について追加しました
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

トロについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2012/10/27(土) 23:47:01 ID: HTFaF7ap3X
DJラオウ中の人
2 : ななしのよっしん :2012/12/23(日) 15:43:23 ID: /riQmnq9x2
考えてみたら脂分が多ければそれだけ保存料としての「醤油」が浸み込まないから
捨てられてしまうのも仕方がいことか。
身にしてもそのまま食すのではなく、所謂「ヅケ」の状態として提供されていたんだし。
3 : ななしのよっしん :2013/09/02(月) 23:00:53 ID: AcwDqs7N5j
さすがにゴミじゃなくて漁師とか売りの食事になってたんじゃないのかな?
結構捨てる部分おおくなるぞ
4 : ななしのよっしん :2013/11/22(金) 01:57:26 ID: zHqXJDDyzQ
池波正太郎は幼い頃は市場屋で捨てるところだから、って大トロを貰って来てはネギにして食べたとある。
その日の内に食べきれない分は捨てるしかなかっただろうね。それでも毎日とか毎週食べてれば飽きるだろうしさ。
5 : ななしのよっしん :2016/07/17(日) 20:29:11 ID: AnlbquRk5H
トロから食うなよ、トロから!!」
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015