単語記事: ドグラ・マグラ

編集  

ドグラ・マグラとは、夢野久作の書いた小説である。
10年の構想の後に発表され、また作者はこの小説を書いた翌年に亡くなっている。本書を読んだものは、一度は精異常をきたすと呼ばれる。

日本の三大奇書の一冊であり、特に角川文庫版はレジに持って行くのをするような表になっている。現在青空文庫で読むこともできる(下記関連リンク参照)。また、1988年映画化もされている。

全て狂人である主人公視点からられ、全体のあらすじを描くことは到底不可能である。特に後半では、本当に起きた出来事なのか自分の頭がオカシイのか判別できない箇所も多い。結局、巻頭歌がこの本の全てなのかも知れない。

概要

胎児よ

胎児よ

何故踊る

母親の心がわかって

おそろしいのか

巻頭歌より

物語は「私」が病室で覚めるところから始まる。「私」には一切の記憶がなく、また自分の顔にも見覚えがない。隣の病室では美女が眠っており、医者によると自分の許嫁らしい。「私」の過去の記憶、そして過去に起こったらしい事件を巡り二人の医師若林正木は滔々とり始めるのだった。「胎児の夢」とは、「狂人の解放治療」とは?

関連動画

 

関連商品

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%89%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%83%A9
ページ番号: 635441 リビジョン番号: 2199914
読み:ドグラマグラ
初版作成日: 08/10/11 21:41 ◆ 最終更新日: 15/05/03 01:28
編集内容についての説明/コメント: 概要内の自動リンクがスペカに飛んでしまうのでリンク追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ドグラ・マグラについて語るスレ

199 : ななしのよっしん :2017/02/16(木) 22:51:00 ID: +VnPPUmCWk
読み終わったぞ、意味わからんぞ!
200 : ななしのよっしん :2017/02/21(火) 01:46:20 ID: 8OjfRh9OKs
一年ほど前に上下巻購入し上巻をウキウキで読むもワケわからなさすぎて下巻は手付かずのまま…
201 : ななしのよっしん :2017/03/02(木) 00:40:05 ID: e/w4M62Kep
失われた時を求めてとかいう化石読んだあと(二十年前)だとスーッゲェ読みやすい、奇書とか言われて崇め奉られてるけど大したもんじゃねーぞ
普通SFあたりの古典、読んだほうが全然いい

上の失われた時を求めても二巻の途中で読むのやめたけどな!紅茶一口飲むのに4行かけてんじゃねーよ
202 : ななしのよっしん :2017/04/17(月) 20:56:23 ID: hC65QI7/OQ
さすがはお兄様、お兄様、お兄様、お兄様、お兄様、お兄様ァー!
203 : ななしのよっしん :2017/04/18(火) 09:16:52 ID: NQEf/5CVwk
>>189
自分は違った想像をしたな。
つまり今でも九大病院のどこかに一郎の子孫が居て、正木教授若林教授の流れをくむ研究者が同じ日を繰り返してるんじゃないか…という妄想ですな。

それにしても毒薬といい、ドグラ・マグラといい、なんで九大医学部猟奇的な作品の舞台に選ばれるんだ。
204 : ななしのよっしん :2017/05/10(水) 21:52:39 ID: +83gkztbXH
文体があまりにもハチャメチャだから今まで煙に巻かれてたけど
の血筋を利用した計画と事件に関してはハッキリ解明されてるんだな
主人公かとか時系列がどーだとかはまったく分からんが
205 : ななしのよっしん :2017/07/20(木) 10:34:42 ID: QGFebG5REl
主人公があの長い作中作を午前中に読み切ったことが一番のミステリ
速読できれば可だろうか?
あと古文っぽいとこと漢文の要約らしいとこの話が短編として完成度高くてすごかった
古文っぽいとこなんて勧善懲悪王道ストーリー
駄な描写、セリフも少なくて、古文めいてるのに一番読みやすい箇所だった。多分古めいてるだけで、ほとんど現代文なんだろうね。
206 : ななしのよっしん :2017/07/29(土) 00:53:53 ID: Uh5bgif5NY
おお~
やはり感想は千差万別ですな

読み返したら感想が変わりそう
207 : ななしのよっしん :2017/10/24(火) 03:59:54 ID: NCl4swxr4h
科医の岩波明氏が一郎の病理に関する考察をしてるのを見てちょっと色々考えさせられたゾ。

刊行の1935年って226事件の1年前くらいか。
キチガイ外道祭文見てると、なんとなく暗い世相の雰囲気が感じられる…感じられなくなぁい?
208 : ななしのよっしん :2017/10/24(火) 04:04:17 ID: NCl4swxr4h
…人に忘られ世に忘られて。狂い藻掻もがいて生命いのちを終る。あわれな精病者が助かる……ポコチャカポコチャカ

ふざけた狂人を衒った文章の中に、作者の本心が見え隠れするような気がする。
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829