単語記事: ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

編集  

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めてとは、スクウェア・エニックスより2017年7月29日に発売のRPGである。

概要

ドラゴンクエストシリーズ第11作

本作は、オンラインゲームだった前作『DQ10』から一転、再びスタンドアローンの一人用RPGとなる。プラットフォームは、前作から引き続き「据え置きハード携帯ハードでのマルチ発売」制を採用しており、プレイステーション4(以下PS4)、ニンテンドー3DS(以下3DS)、およびNintendo Switchラインナップされている。ただし『DQ10』は当初Wii版のみが発売され、後からの他ハード移植マルチ展開を取ったため、最初からマルチラットフォームを採用するのはDQシリーズ本編では初めてとなる。

開発は、こちらも前作に続きスクウェア・エニックスの内製となるが、PS4版ではオルカ3DS版ではトイロジックが開発協に加わっている。

PS4版と3DS版では展開されるストーリーキャラクター要なシステムこそ同一ではあるものの、グラフィックPS43DSで全く違うものを使っており、さらに独自要素がゲーム全域に影を与えているためか戦闘のバランスアイテムの位置等細部の調整もかなりの違いがあり、例えていうならドラクエ原作3DSPS4向けにそれぞれリメイクしたほどの差異がある。
なお、Nintendo Switch版の詳細については、後発であることは発表されているが現状不明である。

ドラゴンクエスト30周年を意識して、過ぎ去りし時を求めてというタイトルになった。
過去作のパロディオマージュが非常に多いため、興味が湧いた人は過ぎ去りし作品をめてはいかがだろうか。

ストーリー

どこからか拾われ、おだやかな「イシの村」で育った主人公
16歳になり成人の儀式を終えた主人公は、そこで自分が世界を救う使命を負った「勇者」の生まれ変わりであることを知る。
勇者とは何なのか、使命とは何なのかを知るため、故郷から立つ。

世界最大の大デルカダールの王のもとへ行けば全てが解る」というの言葉をもとに、主人公は王のもとを訪れる。
しかし、王はり出した内容はまさかのものだった。「勇者とは、悪魔の子である」というのだ。

王の言葉に反応し、駆けつける兵士、そして突き付けられる
一転して追われる身となった主人公は、冒険の旅に出る。「勇者」とは何なのかを知るために・・・

ゲームシステム(共通)

スキルパネル

今作のスキル成長システム
さまざまなスキルが書かれた6形のパネルが敷き詰められており(種類や配置はキャラによって異なる)、パネルを選んでLvUPの際に貰えるスキルポイントを消費してスキルを習得する。初めは中央のパネルに隣接する数個だけだけしか選べないが、1つのスキルを習得する毎に隣接するパネルスキルが習得可になり、習得可スキルが徐々に増えていく。
なお、序盤ではカミュスキルネルの両端が封印されているが全キャラがこれに相当するものを持っており、各々の条件を満たすことで解禁される。

スキルポイント物語中盤から振り直しが可となる。これを利用することで一部のキャラは中央のパネル視したスキル振りを行うことができる。

ゾーン

戦闘時に条件を満たすと「ゾーン」に突入し、しばらくの間アップする。

この他ゾーンに突入すると特殊な技「れんけい」が可となる。
詳細はれんけい技を参照

キャンプ

これまでのセーブポイントと言えば村や町にある教会だけだったが、今作ではフィールド上にも女神像が存在し(たき火のある場所が印)そこでキャンプしてセーブや回復が可となっている。女神像があるから魔物がよりつかず、それ故にキャンプができるというわけである

その他にも、の商人からアイテムを買って補充したり、ふしぎな鍛冶(後述)を行うこともできる。

ふしぎな鍛冶

魔物素材やら鉱石やらを素材に装備を作り出すシステム

鍛冶を行うには「作る装備のレシピ」と「素材」が必要。
作成の際は加熱した素材を適切な値になるまでくというDQ10鍛冶とほぼ同様のミニゲームが行われ、良い成績を出せば装備に+がつき通常よりも少し高い性の装備になる。攻撃や守備は精々3割程度の強化だがMPの自動回復量や状態異常耐性など一部の特殊効果は2倍3倍の差が出るものもある。
鍛冶とは言いつつ本来鍛造可でない金属を鍛造したり4000℃をえる温度に加熱する程度はまだ序の口、木製品や革製品、果ては書物までどんなものでも同様の手順で作る・打ち直すことができる。大変不思議である。

鍛冶に成功する度に「うちなおしの宝珠」と言うものが手に入り、これを装備ごとに決まった個数使用することで一回作った装備や買ってきた装備でもミニゲームをやり直すことができ、成功すればよりよい装備に作り直すことができる。失敗してもうちなおしの宝珠が駄になるだけで装備が劣化したり材料が失われたりすることはない。
宝珠は特定箇所で購入することもできる。

その他

各バージョンの特徴

PS4版

PS4の性unreal engine 4の表現を使用したグラフィックが最大の特徴。
リアルケールフィールド上をキャラクターが動くタイプの、『DQ8』『DQ10』の正統進化と言える形となっている。PS4の性で表現された美しい世界を駆け巡る。また、ジャンプで障物を飛び越えることもできる。

また、戦闘では9以前の事前コマンド方式でなく、キャラクターターンが来た時にコマンドができる形式になっている。

ボウガン

ボウガンで射撃し、離れた敵をおびきよせられる。また各地のフィールドに隠された的を探し出して射貫く「ボウガンアドベンチャー」というミニゲームプレイできる。

マジックスロット(マジスロ)

カジノで通常のスロットに加え、パチスロならぬマジスロで遊ぶことが可

オートセーブ

通常の冒険の書とは別オートセーブデータが存在。エリアの移動時など特定タイミング更新されるようになっており、不測の事態が起きてもオートセーブの時点から再開することができる。

仲間について

移動時に表示されるのは常に主人公のみであり、これはバトルメンバー主人公がいない場合でも変わらない。

仲間との会話に関しては、DQ8同様に「なかま」コマンドを選ぶと仲間達のグラフィックが表示され、一人一人に話しかける形式。話している相手の様々なアクションを見られる。

快適なプレイ環境のための諸々

3DS版

2Dモード3Dモードの2つのモード自由に切り替えることができる。
 3Dモードでは『3DSDQ7』『DQMJ』のようなデフォルメしたキャラクターによる3Dモード
 2DモードSFC前期を思い出させる2Dドットによるモードである。
もしもDQSFCのそのままの方向性で進化しつづけていたら?」という別の意味で正統進化と言える形となっている。ごく序盤のみ2つの画面を同期させて同時に進行するが、物語の進行によってどちらにするか選択することになり下画面は地図になる。

この差はただの見ただけにとどまらず、エンカウント方式がシンボル3Dモード)かランダム(2Dモード)かと言う差異があり、2Dモードでのみ進入できる「かくれスポット」のような場所も存在する。

仲間について

移動時もバトルメンバー全員が表示されるが、並び順に関係なく常に主人公が先頭に表示される。バトルメンバー主人公がいない場合は、5人が表示されることに。仲間との会話は「はなす」コマンドで行う形式。バトルメンバーに編成されていない仲間の話も聞ける。

プレイアビリティ

3DSの特性上ロード時間がほぼゼロのため、快適にプレイ
オートセーブはないが「中断の書」がセーブデータとは別で一つ存在し、いつでも中断できる。

時渡りの迷宮

DS時代から溜めに溜めた素材30年のネタを解き放った、3DS版限定の大サービス
時の行く末を見守り、勇者たちの記録である「冒険の書」を守っているヨッチ族から頼まれる、過去ドラクエに係わる冒険。大きく分けて2つの要素から成り立っている。

一つは、時渡りの迷宮をヨッチ族にクリアさせて「冒険の合言葉」を手に入れるというもので、やること自体は3DSの内蔵ソフトすれちがい伝説」に較的近い。
ヨッチ族は本編フィールド上にランダムで登場するのでそれで集めることができ、あつめたヨッチ族のうち気に入った一体を「おでかけヨッチ」としてをすれちがい通信で配布することができる。

そして、「冒険の合言葉」を手に入れると「冒険の書」の中の過去の作品の世界にちょっとだけ行くことができる。過去作品のグラフィック音楽原作過去リメイク作品を再現してあり、シリーズファンの人も、レトロゲーム自体に縁がない最近の人にも歴史が感じられるつくりとなっている。
その過去作品の世界では、該当作品の本編外の時間軸で「ちょっとした問題」が起こっておりそれを解決するというクエストで遊ぶことができる。
歴代の登場人物や11の仲間たちの様々な反応が見られるほか、一部にはそれなりの大きさのダンジョンがあるものや強敵が出現するものなどもあり、かなり盛りだくさんの内容となっている。

登場人物

パーティーキャラクター

その他

モンスター

地理

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


ドラゴンクエストシリーズ
ナンバリング作品 I / II(悪霊の神々) / III(そして伝説へ…)
IV(導かれし者たち) / V(天空の花嫁) / VI(幻の大地)
VII(エデンの戦士たち) / VIII(空と海と大地と呪われし姫君) / IX(星空の守り人)
X(目覚めし五つの種族) / XI(過ぎ去りし時を求めて)

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%88xi%20%E9%81%8E%E3%81%8E%E5%8E%BB%E3%82%8A%E3%81%97%E6%99%82%E3%82%92%E6%B1%82%E3%82%81%E3%81%A6
ページ番号: 5354816 リビジョン番号: 2541834
読み:ドラゴンクエストイレブンスギサリシトキヲモトメテ
初版作成日: 15/07/29 01:54 ◆ 最終更新日: 17/11/20 21:39
編集内容についての説明/コメント: 【追加】ゾーン:れんけい技
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ヨッチ族

模写

線画

模写

線画

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めてについて語るスレ

3067 : ななしのよっしん :2017/11/12(日) 21:38:42 ID: JJ8eEYDiab
11はこれまでの集大成的な作品だからなぁ
過去作との繋がりが強調されたドラクエを憂う考えがあるのなら、逆に次作が全く新しいドラクエになる事を覚悟しないとね
3068 : ななしのよっしん :2017/11/13(月) 02:45:45 ID: A7HMUPD3bW
割とクリア後の展開だけで新鮮味ガーって言ってる人多いけどクリア前のシナリオが結構攻めてる方だよな
3069 : ななしのよっしん :2017/11/13(月) 02:53:50 ID: haILmwtiN0
思えんかったニキは流石に驚いちゃうな
3070 : ななしのよっしん :2017/11/13(月) 09:44:38 ID: ZLtnkf8XSY
まあ手抜きというか
決して今までのシナリオ全部見直して綿密に考えたってのではないな
3071 : ななしのよっしん :2017/11/13(月) 10:26:46 ID: PhRsoFnNVg
過去作全部見返したからこそオマージュを織り込めると思うんですがそれは…
みちくさ冒険ガイド見りゃ書いてあるけど、3どころでなくどのナンバリングからも匂わせるようなシーンは出てるし、
オマージュ入れたうえで「悪魔の子と言われた主人公の冒険」って本編入れてんだから大した独自性だと思うけど
別にオマージュメインじゃないんだから
てかオマージュを見つけたとしてそれを遊び心(かつ過去作既プレイヤーへのサービス)ととるか手抜きととるかなんて人次第なわけで、自分の感覚を作品に八つ当たりされてもね
3072 : ななしのよっしん :2017/11/13(月) 13:33:16 ID: ZLtnkf8XSY
まあ確かにウルノーガまでならメインではなかったかもしれんが
最後までやると3の要素ばっかりだと感じる作りな上に
じゃあって本当に3の諸々にどう繋がるかに考えるとがっかりするかな
3073 : ななしのよっしん :2017/11/13(月) 13:53:00 ID: GnoO7QCA/E
そうかなぁ
3どころかゲームじゃない媒体のドラクエオマージュすらちりばめられてたと思うけどなぁ
3074 : ななしのよっしん :2017/11/14(火) 10:13:32 ID: ZLtnkf8XSY
ダイと7ならむしろダイ重の方が大きいよね
3075 : ななしのよっしん :2017/11/17(金) 18:35:08 ID: 2I+MZIU7pG
正直色々散りばめられ過ぎてメインに集中出来ない
も1からやってた人間だが昔から居るアーティストベストアルバムでも聴かされてるみたいだ
3076 : ななしのよっしん :2017/11/18(土) 03:02:45 ID: SXpB9RTpeU
3とのつながりが「ご想像におまかせします」ではなく
もっと明確に解釈を広げる余地のないつながり方だったらよかったんだ
11はこの駄にモヤモヤを残す感じが6に酷似してると思う
11はロトシリーズ版6だよ
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829