編集  

ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ単語

ドラゴンボールゼットフッカツノフュージョンゴクウトベジータ

ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ』とは、1995年開された『ドラゴンボール』の劇場版アニメ第15作である。

概要

休みの東映アニメフェアとして『スラムダンク 北最大の危機!燃えろ桜木』、『ママレード・ボーイ』と同時上映された。

開当時、アニメ版ではゴテンクスVS魔人ブウ戦のあたりだった。本作の時系列ブウ戦の最中とされる。

超サイヤ人3孫悟空ゴジータゴテンクスは本作で映画初登場となる。

またアニメオリジナルキャラクターパイクーハン大界王などがゲスト出演している。
特にパイクーハンギャグキャラと化してキャラ崩壊するシーンがある。

ミスター・サタン、北の界王チチが登場する最後の作品で、「WE GOTTA POWER」が題歌となった映画も本作が最後である。
また、原作の連載中に開された最後の作品でもある。

ドラゴンボールZ 神と神開を記念して、2013年3月15日より公式配信中。

あらすじ

閻魔大王の元で働くサイケ悪人の魂の浄化に使われるスピリッツロンダリング装置のタンクを換え忘れた。
これによりタンクから溢れた邪悪な気がサイケに取り付き、ジャネンバという生命体に変化する。

ジャネンバ閻魔界に結界を貼ってしまい、閻魔大王あの世を統率するが不十分になり、あの世とこの世の秩序が乱れ、中では死者がってパニックになっていた。

あの世武道会のやり直しとばかりに大界王によって開催された武道大会でもその影が出始めていた。
孫悟空パイクーハンは試合を中断し、様子を見に行くことになる。

閻魔大王パイクーハンに任せた悟空は、地獄ジャネンバと戦いを始める。
苦戦する悟空の前に現れたのは魔人ブウとの戦いで地獄行きになったベジータだった。

見どころ

第11作『ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』以来、4作ぶりに悟空物語役となる。

あの世でのジャネンバ戦がメインとなるが、この世でも悟飯たちがった悪人たちと戦っている。
悪人代表としてフリーザが登場しており、手下の中にはボージャックの姿も確認できる。

本作の一番の見どころはタイトルにもある「フュージョン」であろう。
この世では悟天トランクス子どもコンビゴテンクスとなり、あの世では悟空ベジータの親コンビゴジータとなって戦う。
舞台は違うが融合戦士の親子共演が実現した。

また、総統閣下のような人物が現世にり、軍隊の揮をとっていた。

ジャネンバ(邪念波)

スピリッツロンダリング装置のタンクから溢れた邪悪な気が、サイケに取り付いたことで実体化した怪物。
当初は巨のような姿で、分身の作ったり、乳首からエネルギー弾を発射するなどの特殊悟空を翻弄する。
このときのジャネンバ善人ブウを思わせる邪気で子供っぽい性格であった。

その後、超サイヤ人3となった悟空の攻撃で体を打ち砕かれるが、悪魔のような暴な姿となって再生、瞬間移動とあらゆるものを武器に変化させる悟空を圧倒する。
なお、どちらの状態でも「ジャネンバ」としか喋れない。
言葉が喋れないボスキャラ映画本編問わずしい。

本作の開後にはジャネンバ劇場版シリーズの敵キャラの中で最強と発表された。
だが、ファンの中にはブロリーの方が強いのではないかという意見もある。

関連動画

関連商品

関連チャンネル

関連項目


前作 次作
ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%ABz%20%E5%BE%A9%E6%B4%BB%E3%81%AE%E3%83%95%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%21%21%E6%82%9F%E7%A9%BA%E3%81%A8%E3%83%99%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%82%BF
ページ番号: 4560674 リビジョン番号: 2054505
読み:ドラゴンボールゼットフッカツノフュージョンゴクウトベジータ
初版作成日: 11/02/06 19:52 ◆ 最終更新日: 14/07/15 23:29
編集内容についての説明/コメント: 冒頭を黒太字に変更
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータについて語るスレ

37 : ななしのよっしん :2015/06/22(月) 18:48:42 ID: /XUJ/iPdxC
久しぶりに見たけどやっぱり面いわ。
全体的にギャグ調だけどシリアスバトルシーンは「Z」より無印DB時代っぽい印

超サイヤ人3って単純な身体ならジャネンバ第2形態より強いんじゃないだろうか
38 : ななしのよっしん :2015/08/14(金) 10:57:13 ID: mgCvowqyZ6
総統閣下のような人(島田敏)
あの頃の劇場版ドラゴンボール島田さん出まくってたな
39 : ななしのよっしん :2015/10/03(土) 22:33:12 ID: vQgplKow+b
>>16
メアリー・スー要素の強いキャラだから人気がある一方嫌われやすいようにも思うし。

その表現はMADとかも含めて大体合ってるけど、ブロリーの方はファンの創作とかじゃなくてオリジナルではあるけど公式で出たキャラだから、その表現の言葉の意味でいえばそこが根本的に違うところだな。
ちゃんと言いたい事の筋は通ってるけど。

あと>人気がある一方嫌われやすいようにも て言うけど多分当時は今ほどそんな感じじゃなかったと思えるけどねぇ。

まあクドいと言うより3作連続で同じ敵じゃ新鮮味もなかったろうしな。
40 : ななしのよっしん :2016/01/23(土) 15:35:28 ID: 7jgd8uCbsz
>超サイヤ人3孫悟空ゴジータゴテンクスは本作で映画初登場となる。
ゴジータの場合映画での出番はこれだけでは?
41 : ななしのよっしん :2016/02/24(水) 21:57:45 ID: eq54tKj2uV
この映画って最後まで神龍が放置されていたけど、あれはベジータがその後に生したかどうかご想像下さいという全に視聴者のご想像任せという感じにしたいから、敢えて放置というオチにしたのだろうか。

明確にするなら、ベジータ生される描写と「さらばだ」と神龍が去る描写まで描くだろうし。
42 : ななしのよっしん :2016/08/04(木) 06:03:13 ID: sbPcMr+ww5
>>30
この世の作画リメイクDr.スランプみたいな明るめな感じになってるのは、この世であり得ないことが起きているという表現なんじゃないかな。
だからちょっとギャグアニメみたいな感じになってるかと。

しかしベジータですら苦しんだ地獄というのは違和感あるなぁ。ベジータなら地獄とか耐えれそうなのに。
43 : ななしのよっしん :2016/08/05(金) 22:03:32 ID: 5Mppw1plrL
ゴジータはもちろん、本気出してジャネンバ一方的に殴りつける3もかっこいいんだよなぁ
スーパージャネンバに逆転されてゴジータになるまで劣勢だけど、ジャネンバの動きを見破るベジータセンスるしベクウで笑いもあるし退屈しない映画だわ
敵のジャネンバも面い戦い方で今見ても楽しめた、ただジャネンバになりかけてるシーントラウマ
44 : ななしのよっしん :2016/08/20(土) 08:59:05 ID: 1n7ZnExcQg
この映画ブロリー考えた脚本家の人が脚本務めてたんだね
任せのブロリーと、技術と見切りで圧倒するジャネンバが対照的で好きだわ
45 : ななしのよっしん :2016/09/04(日) 02:49:27 ID: MD3XZ/FU5Z
ジャネンバ邪気ブウぐらいの強さで
スーパージャネンバが悪ブウぐらいの強さかな
46 : ななしのよっしん :2018/02/17(土) 03:32:31 ID: +doqxl4vlB
最初の方に載ってた時系列の話なんだが、は「悟飯ゴテンクス悟空が復活する前に魔人ブウを倒したパラレルワールド」と解釈してる。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829