単語記事: ドラゴンボールZ 神と神

編集

最強、始動。最強突。

フリーザセル魔人ブウ。すべてを越する存在がいた。

今、闘いの歴史が変わる――。

ドラゴンボールZ 神と神』は『ドラゴンボールシリーズ劇場版第18作。
前作『ドラゴンボール 最強への道』より17年ぶりの劇場作品となる。

概要

2013年3月30日開。キャッチコピーは「最強、始動。」、「最強突。」、「フリーザセル魔人ブウ。すべてを越する存在がいた。」、「今、闘いの歴史が変わる――。
魔人ブウ戦終結から10年後の最終話までの間に起こったエピソードが描かれる。

本作は『ドラゴンボール』のアニメシリーズで初めて、鳥山明自身がストーリーを手がけている
これまでも原案や設定に参加したことはあったが、今回はシナリオそのものが鳥山明の手によるものとなっている。

題歌はFLOWカバーする『CHA-LA HEAD-CHA-LA』。

また、本作は日本映画史上で始めてIMAXでの上映が行われた。

本作の開を記念してニコニコ動画公式チャンネルが設けられ、これまでのドラゴンボール劇場版17作品の公式配信が行われていた。

開に合わせ、各地でドラゴンボール原画展が行われ、鳥山明の描き下ろしイラストも展示されている。
東京髙島屋では初日と最終日に野沢雅子トークライブも開催された。

ストーリー

39年の眠りから覚めた破壊のビルス
彼は強敵かもしれないの存在「超サイヤ人ゴッド」との対決を望んでいた。
まずはフリーザを倒したサイヤ人孫悟空に会うため界王へ向かう。

次元の違うを持つビルスは、超サイヤ人3孫悟空をたった2発の軽い攻撃での息にし、次にベジータのいる地球に向かった。
地球ではブルマの誕生パーティをやっていた。
ベジータもその場にいる。
ベジータの知り合いとして嬉々として参加するビルス
だが、ささいなことをきっかけに地球の命運をかけた戦いに発展してしまう。

みどころ

鳥山明ストーリーを手がけているだけあり、これまでの映画よりも鳥山カラーの強い、非常に明るい内容となっており、この作そのものがみどころであると言える。

具体的な内容につっこむと、破壊神ビルスウイスの軽妙なキャラクター、たぶんストーリー内では初の「オッスオラ悟空」発言、『GT』には出たが『Z』には初登場となるピラフ一味、神龍の意外な一面など、コメディ寄りのシーン重が置かれている。
特に地球の命運を賭けたベジータダンスシーンは必見。

そんな内容だが、地球は実際危なく、破壊神ビルスドラゴンボール映画史最強の敵であると断言していい。
バトル描写もかつてないほど迫のあるものとなっている。
孫悟空ビルスの戦いの決着は、シンプルながらも事前には予想しえなかったものとなる。

鳥山明作品ではしく、恋愛情描写が立って見られるのも印的。
特にブルマかれたことに昂する時のベジータ台詞が感慨深かったり、トランクスマイピラフの部下の女性)とのまさかのフラグ成立に驚愕したりと、以前からのファンにとっては何かと心揺さぶられるものがある。

時期など

映画中で明言こそされていないが、時期を魔人ブウ編の約4年後に特定できる描写がある。
ドラゴンボール』第1話から数えると30年後くらいの計算になる。
これについて、いくつか年代のズレた描写が見られる。

それぞれ説明がつかないわけでもないかもしれないが、あまり気にしないで見たほうがよさそう。

また、ピラフ一味が若返っており『ドラゴンボールGT』の第1話につながりそうにない。
時系列的には『GT』の約10年前であり、それまでに何か不思議なことが起きたと解釈する余地もあるが……。

雑多な話題

シナリオ関係

鳥山明ストーリーを手がけている理由だが、本作の脚本家渡辺雄介が依頼を受けて書いたストーリー案が鳥山のところに行った結果、鳥山がほとんど書き直してしまったという経緯による。
渡辺自身がニコ生や各所のインタビューったところによると、「ほぼ脚本」だったとのことである。

鳥山の意向が反映され、過去映画のようにが破壊されるシーンはなく、壊されるのは荒野などに限られ、民間人などが死ぬシーンも一切ない。
このことについて、監督インタビュー野沢雅子トークライブでの発言によると鳥山明の「東日本大震災のことを踏まえ、中の破壊やパニックは避けて」、「被災した子どもたちをドラゴンボールで元気にしたい」という強い要望があったという。
当初はもっとシリアスな案を書いた渡辺も、この鳥山の変更を強く支持している。
ピラフ一味とのやりとりは渡辺が追加を提案した部分であり、新キャラクターのつもりがさらに鳥山の案でピラフ一味に変更された。

あと、鳥山明パンレットなどでハリウッド実写映画DRAGONBALL EVOLUTION』について、鳥山にしてはしく苦言を呈しており、そちらについても思うところがあったようである……。

尺の都合で、鳥山脚本にあったZ戦士バトルシーンは短くなってしまったそうで、非常に活躍が少ない。

破壊神ビルス」と「超サイヤ人ゴッド」の名前だけは当初の脚本からあったとのこと。
ほかに当初脚本の内容は「クリリン18号結婚式」、「悟空がいない地球でのパーティ」、「破壊神ビルスが悪の心を植えつける」などで、パーティの最中に悟空地球を離れているというのは一致しているので、部分的には原が残っているのかもしれない。
(当初案については雑誌『DVD&ブルーレイビジョン4月号を参照。)

その他

前作『ドラゴンボール 最強への道』と同じく、劇伴で菊池俊輔氏の楽曲が一切使用されなかった作品でもある。
このため、いつもの時代劇オーケストレーションな重厚な映画音楽ではなく、住友紀人氏のロックポップス調の現代的なムービーミュージックとなった。
(後に住友氏は『ドラゴンボール改』の音楽も担当する。)

登場人物も新キャラだけでなく、おなじみのキャラクターたちも鳥山デザインしなおしている。
特にピラフ一味は過去作品と画が違うため、事前情報で若返ったのではなく画の変化だと解釈する人も少なくなかった。
なお、「髪型とか色とかには全然こだわりがなくて(『Vジャンプ2013年5月号)」、「髪の毛の色を間違えていたキャラもいたり(『神と神 オフシャルムービーガイド』)」との鳥山発言もあったりする。
(※『オフシャルムービーガイド』に掲載された鳥山設定画では18号とマーロン銀髪ピラフの肌が緑色トランクスブルマとともに水色になってる。)

ちなみに、『Vジャンプ5月号の同じインタビューによると、鳥山超サイヤ人2の存在そのものを忘れていたらしい。
というか超サイヤ人3超サイヤ人2だと思っていたらしい。

出演キャラクター

また、パン同様名前こそ出ないが、『ドラゴンボール オッス!帰ってきた孫悟空と仲間たち!!』に登場したベジータであるターブルにも言及がある。
そのため、Blu-rayおよびDVDの「特別限定版」には『ドラゴンボール オッス!帰ってきた孫悟空と仲間たち!!』が収録されたディスクが特典としてついている。

地上波放送

2014年3月22日フジテレビ系列土曜プレミアム』で21時から『ドラゴンボールZ 神と神 特別版』として地上波放送された。

フジテレビオンエア情報で「歴代Z戦士全員集合!史上最強の敵破壊神ビルスとの前絶後の壮絶バトル!今しか見られない20の新作ストーリーを加え劇場版最新作が地上波初登場!」とされており、上映バージョンには存在しなかったセリフカットが多数追加(一部変更)された。
これは合計で20分ということで、大幅なストーリー変更ではないのだが、セリフの少なかったキャラクターの追加シーンや、疑問点へのちょっとしたフォロー、心情説明の追加と、細かいが重要な追加が行われている。

既に発売されていたBlu-rayDVDは劇場で上映されたバージョンであり、「特別限定版」と表記されたものでも特別版で追加・変更されたシーンは収録されていないので注意が必要である。
なお、特別版として放送されたものが収録されているBlu-rayDVDは、2015年3月13日に『ドラゴンボールZ 神と神 スペシャル・エディション』として発売されている。

2014年4月17日フジテレビ系列土曜プレミアム』で21時から『ドラゴンボールZ 神と神 フリーザ特別版』として地上波放送された。

こちらは、放映直前アバンCM明けアバンフリーザナレーションをし、『ドラゴンボールZ 復活の「F」』の予告を放送したものの、『神と神本編カットが多かった。
ドラゴンボールZ 復活の「F」開直前記念という位置づけである。

『ドラゴンボール超』との関係

ドラゴンボール超』の公式サイト鳥山明コメントから、『』では神と神としてストーリーリメイクされた。
リメイクであるため、ストーリー展開やキャラクター設定などに差異がある。

関連動画

関連商品

関連チャンネル

関連項目

公式サイト


前作 次作
ドラゴンボール 最強への道 ドラゴンボールZ 復活の「F」

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%ABz%20%E7%A5%9E%E3%81%A8%E7%A5%9E
ページ番号: 5017900 リビジョン番号: 2326669
読み:ドラゴンボールゼットカミトカミ
初版作成日: 12/12/27 22:08 ◆ 最終更新日: 16/02/17 21:32
編集内容についての説明/コメント: スペシャルエディションの有料配信ページ追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ドラゴンボールZ 神と神について語るスレ

1053 : ななしのよっしん :2016/05/27(金) 04:09:48 ID: dM9hKNnsCQ
ピラフ一味を若返らせたのは、トランクスとの恋愛以上にGTに繋げさせない為じゃないかと邪推しちゃう。
1054 : ななしのよっしん :2016/06/19(日) 10:56:19 ID: N7mtGVSwo3
この映画が来るまでネットでこれまで噛ませヘタレ扱いされていたベジータの転機になったのが印深い
1055 : ななしのよっしん :2016/06/19(日) 14:37:22 ID: OoETCU9X8E
今ではドラゴンボール超のOPで悟空と一緒に化することを許してもらえるくらいだからな。
今までは悟空一人しか化させてもらえなかったのに。

作中での扱いもビルス相手に悟空以上の善戦したり、フリーザボコれたりキャベ師匠になったりといい扱い。
ただヒット戦でまた若干後戻りした感もなくはないが、それでも魔人ベジータを彷彿とさせるシーンがあったりトランクスったりと見せ場はあるしな。

とはいえ原作では元々そこまで扱い悪くなかったんだよな。扱いが悪いのは映画というイメージ
1056 : ななしのよっしん :2016/07/17(日) 23:50:24 ID: a5nrON5TLM
1055
そもそもドラゴンボールって、ゴクウとゴハン以外は全員噛ませなのがデフォだしな
ベジータはなまじサイヤ人だったせいで、脱落が遅れて噛ませになる回数も増えた
1057 : ななしのよっしん :2016/08/24(水) 20:14:12 ID: a+fe1jSav/
ある程度の戦闘力がないと噛ませにすらなれないのがDBなんだから、悟空噛ませというと聞こえは悪いがDBでは最高の立場よ

ちなみにヤムチャサイバイマンイメージが強すぎるだけで噛ませ役の経験はあんまりない
1058 : ななしのよっしん :2016/08/28(日) 18:56:13 ID: pkx9MLs6Hg
>2014年4月17日フジテレビ系列土曜プレミアム』で21時から『ドラゴンボールZ 神と神 フ リーザ特別版』として地上波放送された。

これ2015年じゃなかったかな
1059 : ななしのよっしん :2016/11/18(金) 19:08:32 ID: dM9hKNnsCQ
記事のGTに触れてる部分はもう消しちゃっていいんじゃない?どう考えても繋がんないし、GTファンも「パラレルの方が良いや」って人がほとんどだろうし。
1060 : ななしのよっしん :2017/01/19(木) 04:12:05 ID: Mi0Mw3jFxA
記事のGTに触れてる共通点の部分なんて消してるとドラゴンボールすら成り立たないな
1061 : ななしのよっしん :2017/03/25(土) 03:23:11 ID: il/FC3RHmj
>>1059
GTファンも「パラレルの方が良いや」って人がほとんどだろうし
そりゃこれだけならともかくあのの後だとますますね
1062 : ななしのよっしん :2017/03/28(火) 15:04:39 ID: Yip2UghyCl
このタイトル気になってたけど何なのか解明出来たわ。
二等兵に横スカまでのバージンロード絨毯引いた二人の人物についての題だったんだわ
リョナへラドールZ  が正式タイトル
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015