単語記事: ドラッグオンドラグーン3

編集

         狂い咲く醜美、

        再びくはびのウタ-。

概要

ドラッグオンドラグーン3DRAG-ON DRAGOON 3)とは、スクウェア・エニックスから2013年12月19日発売のPS3専用アクションゲームである。以後DOD3と表記する。

関連作品であるニーアからは3年ほどしか経っていないが、DODシリーズナンバリングタイトルとしては実に8年ぶりの新作である。
またこの度DODシリーズは10周年を迎え、本作に加え設定資料集などの様々なアイテムを集約した10周年記念BOXがe-STORE(スクウェア・エニックスオンラインストア)専売で販売していた。現在は売しているため購入できない。

現在はDLC関連もっており、ゼロの追加衣装、まさかのミハイルの被りもの、アレンジBGMセット姉妹分の追加シナリオが用意されている。

スタッフ

従来のDODシリーズは既に解散しているキャビア(現・マーベラスAQL)が開発していたため、今回はACCESS GAMESの開発となっている。ただし開発元が違うとはいえDODにおいて大体のオリジナルスタッフが起用されているため、期待が高まっている。
やったね、これでが増えるね!

クリエティブ・ディレクター:ヨコオタロウ
キャラクターデザイン:藤坂公彦
サウンドディレクター:岡部啓一(MONACA)
プロデューサー:

ストーリー

遠い昔。
戦乱と圧政が吹き荒れる暗の時代。

理不尽な世界に苦しむ人々の前に「ウタウタイ」と呼ばれる女神達が降り立った。女神は歌を操る事で魔を発揮する者であり、その圧倒的なで各地の領を討伐。荒れた大地に平和をもたらしていった。

女神達は「ウタヒメ」と崇められ、世界の統治を任される事になる。

ウタウタイ少女ワン」は世界に安定と平和をもたらす強い意志を持っていた。彼女はウタウタイ全体を統括する者、つまり世界の頂点に立つ存在となってゆく。

そんなある日、ワンの前にの「ゼロ」がドラゴンを伴って現れる。ゼロもまたウタウタイであり、その最強と呼ばれる存在であった。

何故、ゼロワンの前に現れたのか?
何故、ドラゴンと共に行動するのか?
そして、ウタウタイとは一体何か?

世界に再び、暗が立ちこめようとしていた。

キャラクター

主人公&ドラゴン

-ゼロ-CV:内田真礼
するウタウタイ妹達……全員殺すから待ってて」
本作の主人公にしてシリーズ初の女性主人公永遠の17歳。(公式)
「ウタウタイ」と呼ばれる特殊者で人間とは思えない程の膂剣戟を持つ。
また性に開放的で多数の男性アレの関係を持つことに何のもしていないビッチ
面倒くさがりやで乱暴な性格でありすぎるワンとの間には争いが絶えない。
相棒であるミハイルへの態度は厳しく暴言が絶えないが、本質的には好意的である。
に生えたが成長し続ける不思議な体を持つ。
「ウタウタイ」のにより返り血を浴びていくたびに例して戦闘が増していく。
自分以外の「ウタウタイ」を殺すのが的としているがその理由は不明。

元々は名前すらいまま端で売宿に売られた婦だった。そのためニーアを含めれば二連続売経験のある主人公である。

-ミハイル-CV:東山奈央
ゼロ、乗って! 一緒に倒そう!!」
誇り高き種でありゼロと共にをするパートナー
アンヘルレグみたいな戦闘狂と違い平和義で「どんな相手とも話し合えば理解しあえる」と思っている理想論者。その純さが故にゼロを苛立たせることは多々あるが本人は自覚なし。
ただし攻撃は高く種特有の高い攻撃によってゼロを何度も救っている。
奮すると同じ言葉を二回繰り返して喋る。大事な事なので二回言いました。
ミハイル」という名前は今世での名前であり転生前は別称があった。

見たはゴツイが、CVを見れば分かる通り凄まじく可愛い上に、どう見ても行動の一つ一つがらしいと萌えゲームにした本人。

ウタウタイ

-ワン-CV:田中理恵
ゼロ、さっそくだけどお別れだ」
ゼロでありと同じ「ウタウタイ」のを持つ者。教会都市に居を構えている。
で理知的で正義感を持ち・・・ととは正反対の性格をしている。
その知性が故に「絶大なを持つ『ウタウタイ』がなぜ生まれたのか?」という疑念を持っている。
各地の領が圧政を敷き人々が苦しんでいる事に耐えかねて領を討伐し世界を作り変えたとんでもない逸材。
ゼロには劣るようだが一応ウタウタイの頂点に立つ存在とされている。
四人のがいる。因みに最後の切り札もいる。

因みには自らのあばらから作った劣化ウタヒメと言うべき存在。性欲は木の枝で済ませていたが、最終的にはを履け口にしていた。

-トウ-CV:斎藤千和
ゼロちゃんにかまってる余裕ナーシッ!
砂のを治めているウタウタイ姉妹三女。 明るく快活な少女とでも仲良くなれる。
ウタヒメの中でも特に扇情的な装をしているが、本人の性格上いやらしくはない。いわゆる健康エロス。
相思相愛男性がおり、情表現が素直なため仲まじい様子を辺り構わず繰り広げている。
その仲の良さは周りから煙たがられる程である。

公式では書かれているが本編ではある事件(DLCで内容が分かる)を機に精が崩壊してしまっている。そのため明るい姿は本編では最初が最後である。

-スリイ-CV:能登麻美子
「うふっ……ウフフフフッ」
ゼロを長女とするウタウタイ姉妹の四女。を統治しており、一部の兵士に人気がある。
つねに気だるげで興味のないものはどうなっても気にしないが、自分が興味のあるものには異常に執着する。
常に大きなハサミを持ち歩いているがナニ何をちょん切る為のものなんでしょう、ねえオクタさん。
邪気で粘着質な性格。ゼロに対しては関心。

実は人間を材料にした人形を作る残虐極まりない性格。本編だとオクタの離反理由がの生活に不満足だからという点を強く推されているように見えるが、実際はこれもかなりのウェイトを占めていた。

-フォウ-CV:竹達彩奈
「私、ゼロ様とは戦いたくない…」
ウタウタイ姉妹の五女。山のを治めている。優等生のような態度と口調で、人の話もきちんと聞けるな性格。しかしその四四面の性格の裏側にはんだ劣等感が隠されている。
他のウタウタイ同様に性欲は旺盛ながらも、抑圧された性格が故に性行為に及ぶ事が出来ず、姉妹の中で一の処女因みに自慰は周囲に丸聞こえである。何という羞恥プレイ!ううっ…。

本性は全責任を他の人になすりつけて自分を正当化することを定石とする責任転嫁天才姉さんの為にと虐殺も厭わない。また丁寧に話しながらさりげなく自分を持ち上げる発言をし見下している。しかしそんな自分にすら劣等感を抱いている。

-ファイブ-CV:伊藤静
「成長のよすぎる私のこの胸…触ってもよろしくてよ」
を治めているウタウタイゼロを頂点とする姉妹の六女。自信強欲
とにかく何でも欲しがるが手に入れた途端に興味をなくしてしまう。
会話中にふしだらな単をあえて用い、性生活をめかすことも好む。その欲望はとどまる事を知らず、実のであるゼロさえもその矛先を向けている。口癖は「はうん!

実は上記のウタヒメの中では一番まともな性格。治めている民に配給を手配し、自らの性格ゆえに交易も活発に行われていた等ワンの次に性格も行動もまともだった。

使徒

-ディト-CV:斎賀みつき
「ほらほら、奮してるんじゃねーよ!」
を操る美少年で「使徒」と呼ばれる強戦士
洞察が鋭く、他人の心理をいちく理解することができる聡い少年。だがその聡明さは、相手をより深く傷つけるために発揮される。
ミハイルとデカートおもちゃ
いたぶった相手の苦痛の表情や悲鳴に悦びを感じる、非常に残な性格の持ち

自分の美的センス(スリムかつ美しい)に合わない存在をあらゆる意味でり捨て、いたぶる事が趣味。そのためおっぱいが大きすぎたファイブには嫌々従っているだけであったし、ガチムチなデカートは言葉責めの恰好の標的となっている。…我々の業界ではご褒美です

-デカート-CV:井上和彦
「かたくて!痛いッ!?うぅ、うっ、うぅっ」
鍛え上げられた体から繰り出す拳で戦う“使徒
他の使徒達よりも常識的な性格で女性への気遣いも忘れないゼロ一行一の良心…と思いきや、
自らに向けられた苦痛や逆を試練という名のご褒美に変換する極端なマゾヒスト
我々の業界ではご褒美です、を地で行く、オクタに劣らない変態
本人はその嗜好を隠しているつもりだが、全員に知れ渡っている。

ディトからは事ある毎にご褒美をもらい、おっきくなっている。美少年と屈強な金髪男性といういい匂いがしそうなコンビデジャブを感じたプレイヤーも少なくないだ……わからない人はシリーズを全てプレイしよう。
ゼロとのジョイ紳士的だとそれなりの評価を得ているが、後半からゼロ一方的に暴れる形になりがちで、たまにする程度に留めるようたしなめられている。

-オクタ-CV:茶風林
「絶倫だけが取り柄。絶倫だけが存在価値。絶倫だけが…」
特殊な輪の武器を駆使する老人。
使徒」の一人である。異様な貌だが、飄々とした態度の老獪な老人。
だが異常なまでの性であり、使徒の中でもアレが一番長くて大きいことが自慢。
彼の発言のどは(性的な意味で)を付けるに相応しい内容である。

があれば問題なく、異性はもちろんのこと同性、果ては動物モンスターとまでジョイしてしまう元気なおじいちゃんゼロべて悩むほどが好き。しかし、アレ頼みの単調なジョイゼロには不評だった。

実は性関連を除けばかなりの常識人

-セント-CV:置鮎龍太郎
「何せ忙しい身でして、昨日なんて8時間しか寝ていないんですよ?」
双剣で戦う認の残念なイケメン青年で“使徒”のひとり。
自分自身に絶対的な自信を持っているが、惜しげもなく披露する知識は大体間違っている残念な美青年
間違った情報をもたらし、周囲を困惑させることも。

普段から気の抜けたような口調でしかしゃべらず、軽口ばかり叩き常に上から目線で一言多い為皆を苛立たせ、ディトやゼロなど気性が荒い者からは度々「後で殺す。」と殺害予告を受けている。ただ、セントとディトの口論は殺伐とした一行にそれなりの賑わいを与えていた様で二人が居ない状況にゼロが物足りなさを感じることも。

本来はで自の民を思うな好青年だったが、相思相愛のトウを自らの過ちにより精神崩壊させてしまった結果。トウに近づくために壊れたふりをしている。上記の残念さはその結果である。

戦闘システム

武器チェンジ

今までのシリーズ同様、様々な武器を変えながら戦闘を行うというシステムが組み込まれているが本作ではそれを進化させ、攻撃アクション中にもシーレスに武器の切り替えができる
そのためからへと流れるようなコンボといったスムーズな戦闘が行えるようになった。

使用可能な武器
  • :程良い範囲攻撃、そこそこな威オールラウンダ―。
  • :出が遅く、攻撃範囲も狭いが威ガード突破に優れた武器。
  • 戦輪:乱戦でる広範囲攻撃武器。遠隔攻撃も出来るが威は全体的に低い。
  • 格闘装具:一騎討ちでは極めて戦いやすい武器。威と手数で優れるが攻撃範囲の狭さ故に乱戦ではコンボを妨されやすい

ドラゴン

DODシリーズに欠かせない要素としてドラゴンが存在するが、今回登場するドラゴンミハイルは地上戦でも援護攻撃してもらうことが可となっている。特定の状況で表示されるポイントで呼び出す方式のため前作の様に好きなタイミングで呼び出すことはできなくなったが、敵を一掃してくれたり、呼び出せるポイントで呼び出さずに敵を殲滅することで回復スフィアが手に入ったり、非常に頼もしい存在となっている。

使徒

ディト、デカート、オクタ、セントは前述にもある「使徒」と呼ばれるゼロの付き従う存在である。
この四人の中からミッションに最大二人連れて行くことができ、ゼロサポートしてくれる。
使徒は従者であると同時に性のはけ口としての存在でもある様で、ゼロに限らず使途を持たないワン以外のウタウタイとは性的関係や一方的にご褒美を受け取る関係にあるようだ。

正体はウタのを借りて人の姿をした

ウタウタイモード

「ウタウタイ」の者であるゼロは、飛び散った血飛を浴びることでテンションが高まり戦闘力が極限まで高まるという特性を持つ。
バトル中、りつけた敵の血飛を浴びることでテンションが高まり奮状態となる。奮が最高潮に達すると一定時無敵、高速移動化、威大幅上昇のウタウタイモードを発動可となり、敵を絶大なで圧倒することが可になる。

なおウタウタイ同士の戦いではお互いにウタウタイモードに突入してしまうためあまり意味がい。

主題歌

クロイウタ

歌:藍井エイル

“【電撃DOD3】生放送第1回:『ドラッグ オン ドラグーン』シリーズ10周年記念スペシャル<ゲームの電撃チャンネル>”にて開された1stPVに初めて流れた。静かな曲調となっている。
なお、歌い手藍井エイルDODシリーズの大ファンニコ生という最高に緊感溢れる中、DOD1の新宿音ゲー(Eエンド)をポーズを取りながらだったものの、わずか2回クリアした猛者。

This Silence Is Mine

歌:鬼束ちひろ

2ndPVCMに使用されている。1コーラスは静かなイメージだが、2コーラスに入ると楽曲に大きなうねりが生まれるとのこと。
鬼束ちひろく、曲のイメージカラーは「

漫画媒体

DRAG ON DRAGOON 死ニ至ル赤

ヤングガンガンにて連載されていたコミカライズ
脚本:映巡 監修:ヨコオタロウというDOD3から繋がる後日譚サイドストーリー
漫画はZETが担当している。全3巻刊行中。
公式サイトで一話のみ立ち読みできる。

どらっぐおんどらぐーん ウタヒメファイブ

ビッグガンガンにて連載されていたコミカライズ
こちらも脚本:映巡 監修:ヨコオタロウというDOD3に繋がる前日譚サイドストーリー
漫画IsIIが担当している。全3巻刊行中
DODらしからぬ萌えイラスト調で描かれているが内容は常運転。

関連動画

関連生放送

関連静画

関連立体

関連商品

ゲーム

DRAG-ON DRAGOON3 10周年記念BOX

書籍

CD関連

コミック


関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B0%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%83%B33
ページ番号: 5107033 リビジョン番号: 2311731
読み:ドラッグオンドラグーンスリー
初版作成日: 13/06/27 10:37 ◆ 最終更新日: 16/01/11 20:20
編集内容についての説明/コメント: 「関連立体」の節を新設、「「ドラッグオンドラグーン3 ゼロ」 / utage さんの作品 - ニコニ立体」(td2417)を掲載
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


DOD3

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ドラッグオンドラグーン3について語るスレ

1408 : ななしのよっしん :2016/02/28(日) 15:01:23 ID: Q45JJdgcG+
ウタウタイは人の形をしたということを考えると、繁殖行為(性欲)に忠実ってのは理解できるけどな。
何も考えないで「主人公ビッチで汚い作品」っていうエアプはもう少し考えてから喋ってほしい
1409 : ななしのよっしん :2016/03/19(土) 15:39:32 ID: sC+d8fAVQJ
ギャグが寒い寒いとよく批判されているが、ギャグ調だからこそという部分があると思うんだ。
ファイブ殺すシーンだって、ファイブの死はギャグで済ませておkって印付けることになると思うし、
カート股間からアルマロス召喚して消えるシーンだって、ギャグだからこそ直後のゼロのさみしそうな顔が映える。
1410 : ななしのよっしん :2016/03/19(土) 16:39:08 ID: AS0LHXhqAv
いのは面いんだけど、コレあれだな
ドラッグオンドラグーン3」って名前がになってるんじゃなかろうか

しれっと別の名前つけて「ドラゴン出るし、DODシリーズ世界つながってんのかな?」で済ませればなんの問題もなかった気がする
1411 : ななしのよっしん :2016/03/20(日) 02:30:36 ID: Oz88Xw4Hr0
今思うと途中にあった「the end」のメタ演出の下りアコールがやってたりしてたんだろうな
1412 : ななしのよっしん :2016/03/20(日) 14:02:42 ID: ulM35D28vL
>>1409
長くなるけど、ギャグと関係させて考察してみようと思います。

ネタバレがあるから、プレイしてない人は注意してください。


この作品の寒いギャグは、プレイヤーをしらけさせて、ゼロと同じような
どうでもいい」気分にさせるためにあるんじゃないだろうか。登場キャラクターが、
ゼロを含めて皆おかしいのも、プレイヤーが共感できない性格にするためであり、
それによって、にも共感・同情できずに、どうでもいいと感じるゼロの内面を、
プレイヤーに味わわせているのではないか。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1413 : ななしのよっしん :2016/04/01(金) 23:05:40 ID: EANd5RJ1gH
スリィはセエレと同一視されるべき
カートカイム以上のキチガイ吐き気を催す邪悪
1414 : ななしのよっしん :2016/04/04(月) 22:35:46 ID: aabb/YbigP
評価されるだけならキャラはそのままに初代DoDみたいなナチュラルキチガイじみたストーリーで良かった訳で。

ラスボスとりあえず音ゲーじゃなくて最後の最後でホントの王道で行けば良かったんや
自衛隊と共闘すれば良かったんや
ただ評価されるだけなら
1415 : ななしのよっしん :2016/04/08(金) 10:22:15 ID: wg/LfQFRyZ
加速装置とかやってたってあれSOのウェルチ的存在?
1416 : ななしのよっしん :2016/04/11(月) 02:03:31 ID: sC+d8fAVQJ
最後の歌の順番って、何か意味があるのかな
1.クロイウタ → ゼロテーマ(?)
2.友歌 → ワン天使
3.出蠢 → ファイブの天使
4.防来 → フォウの天使
5.踊祝 → トウの天使
6.犯贖 → スリイの天使
7.クロイウタ

なんで友歌をクロイウタの直後に持ってきたんだろう。
流れ的に自然なのは、出蠢だと思うんだよ。ゼロの次に出てくるのファイブだったし。
単に音楽的な都合ってだけなのかね?
1417 : ななしのよっしん :2016/05/12(木) 22:32:26 ID: EANd5RJ1gH
>>1414
的にはデカート東京スカイツリーにぶっ刺さればよかったんだが
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015