単語記事: ドラフト会議

編集  

ドラフト会議とは、プロスポーツチームに入団する新人選手を獲得するための会議である。

プロ野球以外のスポーツでも行われているが、日本ドラフト会議といえば一般的には日本野球機構が開催するもののことをす。またこの記事でも以降そちらに関しての記述を行うものとする。

概要

日本野球機構NPB)やメジャーリーグMLB)などが催する会議の通称で、日本では10月11月にかけて毎年シーズンオフに開催される。 

会議」という名前はついてるものの、実際は「欲しい選手を(たまにくじ引きで)選ぶ」のがな内容。
具体的には「欲しい選手との交渉権」を得るための会議なので、交渉次第では名された選手は入団拒否をする事もできる。拒否できないルールになんてしたら憲法違反や人権になるから仕方ないね
「当たりくじを引いた・引けなかった」「希望の球団に名された・されなかった」等の人間ドラマを秘めているシーズンオフの一大イベントとして野球ファンの注を集めている。

当初は会場内には12球団の関係者及びマスコミしか入場出来なかったが、近年は抽選で選ばれた一般客が招待されたり、交渉権を獲得した球団関係者にインタビューを行うなど、ドラフトとも言うべきファン向けのドラフト会議となっている。

指名に関するルール

日本におけるドラフト制度の移り変わり・エピソード

1960年代後半~1970年代前半・・・ドラフト黎明期

それまでの新人選手の獲得は「とにかく有望な選手をとにかくを積んで先に契約する」といったかつてオレンジ色の球団の様な方法が流で、銭面で不利な球団は有望な選手を獲得できず、不な状態であった。
この問題点を解決すべく64年の当時の西鉄ライオンズ球団社長NFLを基にしたドラフト制度を提案。翌年開催される運びとなった。「くじで名する順番を決める」「あらかじめ欲しい選手を名簿に書いて提出する」「選手に優先順位をつけ、先に名されてしまった場合は優先順位が下の選手を名する」など、現在とは違う制度も見受けられた。この会議では後に200勝を記録し名球会入りする堀内恒夫鈴木啓示名を受け、入団した。
ちなみにドラフト会議を提案した当の西鉄はこの時16名を名するが13名から入団拒否を受けた。どうしたんだ西鉄!何のためのドラフト提案だー!

さらに68年のドラフト会議では後にチームを代表する名選手が多く名・入団された年であり(大百科に記事がある選手だけでも東尾修山田久志福本豊星野仙一田淵幸一山本浩二など)、「史上最高のドラフト」として今もり継がれている。

1970年代後半~1980年代前半・・・ドラフト史上最大の事件勃発

1978年ドラフト史上最大の事件が起こる。「江川事件」である。
それまで二度のドラフト名を拒否し頑なに読売ジャイアンツ入団を志望していた江川卓投手が、この年のドラフト開催日の前日に昨年度名したクラウンライターライオンズとの交渉権が切れる「空白の一日」にジャイアンツ契約を行った。 しかしこ契約効とされ、いせにジャイアンツはこの年のドラフト会議を欠席してしまう。

その後のドラフトで4球団が(巨人への報復の意味合いも込めて)江川名し、くじ引きにより阪神タイガースが交渉権を獲得した。しかし江川は相変わらずジャイアンツ入団にこだわり続け、業を煮やしたコミッショナーの「強い要望」により、一旦江川タイガースに入団させジャイアンツエース投手であった小林繁とトレードを行う事により江川希望える形で事態はひとまず収束した。
かしこれ以降、江川は「悪役」「わがまま」のレッテルを貼られてしまうことになる。

ちなみにこの年に制度が一新され、「全球団が同時に名し、重複した場合はくじ引きを行う」という現在の方式に近いものとなった。

阪神タイガースの「重複選手のくじ引き」が当たらないジンクスは78年の江川名後の4順の選手の抽選に外れて以来、実に24回連続で続いた。(2012年ドラフト会議ストップ

1980年代後半~1990年代:KKコンビの明暗と逆指名

1985年ドラフト会議玉は清原和博桑田真澄KKコンビであった。清原ジャイアンツ入団を熱望、球団側もその希望を受け入れる旨を匂わす一方で桑田早稲田大学進学を表明しており、桑田への名は12球団いずれも回避されると予想された。

しかし当日では巨人桑田を単独名、清原は6球団の競合の末に西武ライオンズ名された。ドラフト終了直後の清原希望わず、涙を流した。その後桑田早稲田進学を取りやめジャイアンツに入団したため、桑田ジャイアンツの間に密約があったのではないか、という疑惑も浮上し、図らずも「ジャイアンツに入団した投手」がまたしてもドラフトで世間を騒がせる結果となってしまった。現在では「プロ志望届」を出さないとドラフトの対にならないため、こういった事件は起きなくなっている。

また、これらの事件を反に、1993年から「逆名制度」が導入される。後に「自由獲得」「希望入団」と名を変え、2007年止されるまで続いた。

1989年には野茂英雄が史上最多タイとなる8球団からの名を受け、抽選の結果近鉄バファローズに入団した。この年は野茂を始め潮崎哲也古田敦也井上一樹石井浩郎吉岡雄二岩本勉種田仁佐々岡真司前田智徳新庄剛志佐々木主浩小宮山悟与田剛らが名され、68年に並ぶ大豊作の年と言われる。特に野茂、新庄佐々木小宮山と後にメジャーリーグを経験する選手が4人も名された点は突筆すべき点である。 

2000年代~2010年代:分配ドラフトとカネと育成選手

2004年一場靖弘をめぐる裏問題が発覚し、「自由止するべき」「存続するべき」というが対立するようになった。しかし結局の所どの球団の意見も「不にならない様にしながらも自分のチームが得をする」様な意見ばかりだったためまとまらず、暫定的に翌年から「希望入団」と名称を変え、の数も2つから1つにめられた。さらにドラフト会議そのものを「高校生ドラフト」「大学社会人ドラフト」の2回に分割したが、わずか3回で現行の制度に戻る事になった。さらにこの年から「育成選手」を獲得する育成選手ドラフトも開催される事になった((後に通常のドラフトと併合)。育成選手制度はチームタイトル獲得者、さらにはWBC代表を輩出するなど、一定の成果を挙げている。

2005年高校生ドラフトでは重複抽選による当たりくじの確認がしっかりと行われなかったのが原因で交渉権を獲得した球団が間違えて発表された事がある。

2007年西武ライオンズによる裏問題が発覚し、ライオンズはペナルティとしてこの年の高校生ドラフト一・二順名権をはく奪され、希望入団はこの年限りで止されることになった。

2007年以降のドラフト会議については関連項を参照のこと。

2015年:ドラフト会議でのガッツポーズ

2015年ドラフト会議ヤクルトは六大学最多安打記録保持者の高山俊1位名。

阪神タイガースと2球団で競合したため、クジで交渉権を決めることとなったがここで事件が起きる。
最初に監督がクジを引き、残ったクジを監督を引き開封。開いた直後に監督は勢い良くガッツポーズ。満面の笑みでくじを持った右手を掲げた。その後インタビューを受けをうけ高山に「慣れ親しんだ神宮球場で一緒に頑ろう」とメッセージも送った。

しかしその後運営からアナウンスが流れ、間違いであったことが知らされた。監督ハズレくじにも印字されているNPBロゴマークを見て勘違いし、さらに中のガッツポーズを見た監督はクジを確認することなく席へ戻ったのである。運営はすぐに気づいていたのだが確認に動いていたため監督インタビューを止められなかった。この件がきっかけで中はこの年のゆうもあ大賞を受賞。

その後のコメント中は「ガッツポーズを返して欲しい」と発言したが阪神坂井オーナーに「こっちが(監督の初ガッツポーズを)返してほしい。よう言うわ思うけど」とジョークまじりに苦笑いされている。

同じミス2005年ドラフトでも起きており、オリックスGM中村勝広辻内崇伸ソフトバンク王貞治監督陽仲壽のくじを同じくNPB印をみて勘違いしている。

この事件の影2016年から抽選くじのが変更となり、当たりの場合には「交渉権確定」の印、外れの場合は白紙となった。

ドラフト外入団

ドラフト会議が始まったばかりの頃は、まだ現在ほどプロ野球の地位や給料や環境が良くなかったため、入団拒否が非常に多かった(1965年の第1回ドラフトでは、名された132人中、実に80が入団拒否している)。

そのため、ドラフト会議を経ない新人選手の獲得(いわゆる「ドラフト外入団」)が認められていたが、囲い込みなどの問題で1991年止された。ドラフト外で入団するのは大半が名の選手だったが、中には秋山幸二、江本紀、西本聖大野豊松永浩美平野謙島田鹿取義隆木村拓也など活躍した選手も多い。

2012年ドラフト外入団した選手で現役最後だった石井琢朗広島東洋カープ)が引退し、ドラフト外入団の現役選手は日本プロ野球からいなくなった。

現在日本国籍を持つ、もしくは日本学校に在学したことのある新人選手の獲得には、必ずドラフト会議を経なければいけないルールになっている。

ソースコード

ドラフト会議の記事を作成する際に使用してください。

順位 選手名 投打 ポジション 所属
1位
2位
3位
4位
5位
育成ドラフト
1位
2位
<table style="font-size: 14px; margin: 1em;" border="0"><tbody>
<tr style="text-align: center;"><th style="background-color: #ccc; color: #000;">順位</th><th style="background-color: #ccc; color: #000; width: 9em;">選手名</th><th style="background-color: #ccc; color: #000;">投打</th><th style="background-color: #ccc; color: #000;">ポジション</th><th style="background-color: #ccc; color: #000;" width="230">所属</th></tr>
<tr><th style="text-align: center; background-color: #ddd; color: #000;">1位</th>
<td></td><td></td>
<td style="text-align: center; background-color: #eee; color: #333;"></td>
<td></td></tr>
<tr><th style="text-align: center; background-color: #ddd; color: #000;">2位</th>
<td></td><td></td>
<td style="text-align: center; background-color: #eee; color: #333;"></td>
<td></td></tr>
<tr><th style="text-align: center; background-color: #ddd; color: #000;">3位</th>
<td></td><td></td>
<td style="text-align: center; background-color: #eee; color: #333;"></td>
<td></td></tr>
<tr><th style="text-align: center; background-color: #ddd; color: #000;">4位</th>
<td></td><td></td>
<td style="text-align: center; background-color: #eee; color: #333;"></td>
<td></td></tr>
<tr><th style="text-align: center; background-color: #ddd; color: #000;">5位</th>
<td></td><td></td>
<td style="text-align: center; background-color: #eee; color: #333;"></td>
<td></td></tr>
<tr><th style="text-align: center; background-color: #ccc; color: #000;" colspan="5">育成ドラフト</th></tr>
<tr><th style="text-align: center; background-color: #ddd; color: #000;">1位</th>
<td></td><td></td>
<td style="text-align: center; background-color: #eee; color: #333;"></td>
<td></td></tr>
<tr><th style="text-align: center; background-color: #ddd; color: #000;">2位</th>
<td></td><td></td>
<td style="text-align: center; background-color: #eee; color: #333;"></td>
<td></td>
</tr></tbody></table>

関連動画

ドラフト会議の様子がテレビ中継されない事が多いうえ、上位の名しか放送されないためそもそも動画の数も少なかったりする(ただし近年はCSBS放送などで会議を全中継される場合も多い)。

関連商品

関連項目

野球ボール プロ野球ドラフト会議前後表
2000年代 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年
2010年代 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%88%E4%BC%9A%E8%AD%B0
ページ番号: 4753519 リビジョン番号: 2537276
読み:ドラフトカイギ
初版作成日: 11/10/30 00:05 ◆ 最終更新日: 17/11/01 22:52
編集内容についての説明/コメント: 【更新】ソースコード
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ドラフト会議について語るスレ

47 : ななしのよっしん :2017/09/23(土) 14:23:36 ID: yMeG6NOnhm
>>46
いや止はダメだろ。今も裏じゃ色々あると思うけど
もし止でもしたらのような資に優れた
球団が裏積みまくりで有選手を強奪しまくる
半世紀以上前の世界に逆戻りだぞ…
48 : ななしのよっしん :2017/10/25(水) 20:09:46 ID: epCDT7T2CV
ドラフト会議職業選択の自由視してるよな
49 : ななしのよっしん :2017/10/26(木) 01:55:05 ID: Ne1mvT1Xn7
2年前からまるで成長していない・・・(>>33見ながら)
50 : ななしのよっしん :2017/10/27(金) 03:13:57 ID: XV8lnpCxKt
>>47
そりゃ>>46がそういう資のあるチームファンだから言ってるんでしょ
51 : ななしのよっしん :2017/10/27(金) 04:56:05 ID: 4ZmtSVHnrh
とりあえず、広陵の中村君は本人、学校関係者、球団、ファンにとってWinWinな結果になったみたいで良かった
逆に巨人は…コメントに困るんだけどこれ…
52 :   :2017/11/04(土) 10:48:30 ID: lCvos5ApkE
今、一番困ってるのは楽天じゃないか?
53 : ななしのよっしん :2017/11/06(月) 20:56:27 ID: A5EBputlUI
受け継がれるNの意思
54 : ななしのよっしん :2017/11/19(日) 11:47:11 ID: bX2IWUO38c
プロ野球全体を一つの企業とみて、ドラフトで配属決めるなら、契約含む選手の報酬は日本野球機構が払わなきゃおかしいんだがな。
もちろん人事権限もチームじゃなくて機構側持ちが当然だろうし。
何かの拍子に一度裁判起きたら制度全部ぶっ壊れそう。
55 : ななしのよっしん :2017/12/11(月) 01:26:05 ID: y9s8aSDSwM
>>48
プロ野球選手になりたい人(選手)の為の、巨額のお金が動く世界でいろいろなものを防ぐ意味の制度なんだと思うが。
56 : ななしのよっしん :2017/12/11(月) 01:40:21 ID: Hm/A+SLwuI
>>54
裁判になったとしてもドラフト制度には一定の合理性がある、となるだけだと思う
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829