単語記事: ナマケモノ

編集

ナマケモノとは、言うまでもなく俺ら……ではなく、哺乳綱異節上有毛ナマケモノ動物である。
ちなみに漢字は怠け者、ではなくと書く。

概要

ナマケモノ省エネ第一で生きていくため、自らしゃかりきに働くことをやめた、ニート希望である。1日の半分、15時間から20時間はずっと寝ていて、起きたら起きたでのっそり動いて少量の餌を食べるだけで生きていける、羨ましいニート

だがそんなナマケモノの生息地は敵だらけで、特にオウギワシ師匠を付けられたら最後、大抵の場合は一撃のもとに殺されてしまう。かといって下に降りすぎると食獣が手ぐすね引いてお待ちかねという素晴らしい(泣)環境である。

あ…やっぱそんなに羨ましくないです……ごめんなさいナマケモノ先生

生態

哺乳類のほとんどは恒温動物(どんな気温度でも一定の体温を保つ生き物)だが、こいつは体温が変動する変温動物であり、つまり外気温によって体温が変わる。
何故コイツ哺乳類なのにこういう生態になったかというと、ヒトを含めた恒温動物とは、その体温を維持するため、一定量のエネルギーを蓄えないといけない。そのため、食物探しには躍起にならないといけなくなる。
つまり、恒温動物は体温維持のために気づかぬうちにエネルギーを消費しているのである。

しかし、省エネ王であるナマケモノのご先祖は、そのエネルギー消費すら嫌ったのである。
そのため運動量をカットし、さらに体温調節機すらも不要としてエネルギー効率の上昇が図られていき、進化の過程でこれをも捨て去ったのだ。
こうして、ナマケモノ達は変温動物として今も世界で生きながらえているのである。そのおかげで新陳代謝は極めて低く、基本体温はそんなに高くない。 

つまり俺らナマケモノになろうとしても、ヒトはあくまで恒温動物なので、どこかで理が来てしまうのである。

似たような生き物コアラがいるが、こちらはよく食べる。ナマケモノは10g食べればそれで十分だが、コアラ500gも食べ続ける。そんなナマケモノに勝てる省エネ動物はいないだろう。
おかげで発見された16世紀には、「を食って生きている」という仙人のような扱いすらされていた。

ところがどっこい、ナマケモノはあまりにも省エネにこだわりすぎた進化をしてしまったため、緊急事態に弱い。
彼等はうっかり食事そのものを忘れることがある。こうなると、「減ったなー」といつもどおりのペースで一応動きまわるが、動きまわるといってもそのペースはあまりにも緩慢であり、食べ物のあるところまで辿りつけず、結果餓死ということもよくあるらしい……。

木にぶら下がる時は、長く発達した鉤でぶら下がる。ぶら下がっているだけで基本的に握をそこまで使っていない。
そういうわけで、ナマケモノが寝ていると思ってよく見たら、実は木にぶら下がったまま死んでいたということもしばしば。
食事、睡眠はもちろん、交尾や出産もぶら下がり状態で行なう。生まれた子供は数週間母親にぶら下がって生きていく。
そして、ナマケモノの一生はほとんどは寝てばかりで、なおかつにぶら下がった状態である。

寝る時は足の間に首を突っ込むので、遠で見るとの一部分に見える。怠けすぎて体毛にコケが生えるというのは事実だが、実はあったほうがよりに擬態しやすくなる。なので、コケが生えやすくなると言われる年寄りのナマケモノにとって、それは不名誉どころか勲章のようなもの……ですよね?そのコケも餌として食べる。体から餌が生えてくるんだから便利な話である。

地上に降りるのはトイレの時くらいで、しかも省エネなので1週間に1回で済む。

ピンチ!どうするナマケモノ!?

先祖はかっこいいぞ(名前が)

その名もメガテリウム。1万年前ほど前まで生息していたと言われる地上最大のナマケモノ。しかし今のナマケモノと違って陸上で生活していた。
体長はなんと6mほど、立ち上がると5mになったといい、つまりゾウよりもデカかったということである。同じ生息域・同じ時代にはサーベルタイガーが生きていたはずだが、幼獣ならともかく成獣はまずサーベルタイガーの餌にはなれなかっただろうと言われている。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%8A%E3%83%9E%E3%82%B1%E3%83%A2%E3%83%8E
ページ番号: 5108813 リビジョン番号: 2469856
読み:ナマケモノ
初版作成日: 13/07/01 04:19 ◆ 最終更新日: 17/03/18 20:49
編集内容についての説明/コメント: ☆(ゝω・)v
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ナマケモノについて語るスレ

12 : ななしのよっしん :2014/09/13(土) 17:49:27 ID: ynxMol9T+m
ナマケモノが見てた
って漫画があったけどナマケモノが出てこなくて吹いた記憶がある
13 : ななしのよっしん :2015/03/21(土) 17:51:24 ID: FuNzbha3+K
ナマケモノ英語でもsloth(怠惰)だけど、偶然の一致なのか統一がなされたのか
14 : ななしのよっしん :2015/03/21(土) 18:10:22 ID: YJs2j4GZjj
>>13
1.どちらか、または他の言から翻訳された
2.それぞれの言独立して命名されたが、考えることは同じだった
15 : ななしのよっしん :2015/04/01(水) 02:43:13 ID: q6McoMuY5f
動くエサ
16 : ななしのよっしん :2016/03/20(日) 10:13:06 ID: B55XXljHI8
野生でもナマケモノお前らイケメンオウギワシ先生には勝てんのか・・・
17 : ななしのよっしん :2016/04/16(土) 12:42:02 ID: 4TFUHg+AlH




>>lv258920903
18 : ななしのよっしん :2017/02/05(日) 21:26:05 ID: 3yIL8lZAGM
ミツユビナマケモノの場合

動くなかれ、木と一体化しのむすまで、耐えきれず動いたやつから死ぬ
食えるものは1日8gの葉のみ。変動する気に身をまかせよ、筋肉もいらぬ、表情筋もいらぬ、一切の駄な代謝をなくし自然と一体化しただ眠れ、さもなくば死ぬ
幸い食のセクロピアは横取りされる心配はない。食べ物ではなく物だからだ。解には時間もエネルギーもかかるから時間差餓死には気をつけよ、食い物はすぐには手は届かない。だが、よい食い物をめて動く必要はない。そんなやつは死ぬ
お前の毛にはの幼が住んでいる。彼らが毛を耕し肥やし、雨水で藻が育つ。藻は重な食物であり身を隠すの衣だ。死を賭してわざわざの根元に排するのは彼らを育むな投資だ。敬意を払え。彼らなくば死ぬ
このはこれから全てお前のものだ。私はじきに立つ。お前に子供が産まれたら、同じようにこのを譲ってやってくれ。その子を生かすために
は億劫なものだが今回その必要はないようだ。オウギワシが飛んでいる。もう一度泳ぎかったが…
悲しむ必要はない。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
19 : ななしのよっしん :2017/02/05(日) 21:43:01 ID: 3yIL8lZAGM
たがぬけた
20 : ななしのよっしん :2017/02/18(土) 19:31:41 ID: eB9cS6dXRM
か、こいつができる限り動かずに餌を食べるために首の可動域を確保しようと、首のを2つも増やしたことを追加してほしい。

キリンですら7個で頑ってんのに、ミツユビのヤローには9個もあるんだぜ。
21 : ななしのよっしん :2017/04/11(火) 15:29:40 ID: vLjcCm4cd0
何故かの一種だと思ってたがアリクイに近い種類なのな
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015