単語記事: ニコ生(世代別分類)

編集

ニコ生(世代別分類)とは、ニコニコ生放送ユーザー生放送を行う生放送主の、放送時期におけるそれぞれの傾向によって分類した様式である。

概要

「日々進化し続けるニコニコ生放送の充実度に相関して、放送時期によって放送主達にある一定の傾向・定義が存在する」と、一部の放送主が提唱しており、それぞれ「第~世代」という俗称で分類されている。

ただし、この分類様式は必ずしも確かなものではなく、例外も多い。

2世配信者にあたる石川典行は、「放送開始時期で世代を分けるのではなく、ブレイクした時期で世代を分類すべきではないか」と言及しており、どう定義するか議論されている。

このことから、「放送開始時期で分類する」だけでなく「ブレイク時期によって分類する」という2つの定義が混在しているため、実際の明確な界線はあやふやである。

大規模コミュでは「ブレイク時期によって分類する」という定義が適用され、小規模コミュでは「放送開始時期で分類する」という定義が適用される傾向がある。

昔のニコ生では流行や人気配信者のトレンドの移り変わりが速かった。それゆえ第2世代~第4世代期では数ヶ単位で世代分けされていた。

第5世代中盤までは萌声系・顔出し喧嘩凸カイキチ系放送に それなりの需要があったが、そのジャンル配信者が急増して飽和状態になったため、ユーザー放送自体がマンネリ化し、第6世代に引き継がれることになる。

ニコ生第1世代

ユーザー生放送サービス開始時~2009年3月ごろに放送開始orブレイクした放送主がこれにあたるとされる。

当時はユーザー生放送の認知度そのものが低く、このころに生放送開始した放送主PCに詳しい人物・ニコニコ動画に詳しい人物が多い。

人数が非常に少なく、現在生放送を行っている者はごく僅かだが、サービス開始時からニコ生歴史を見続けた「生き人」として、ある意味尊敬すべき存在である。

配信者

ちくわちゃんまったん百花繚乱あほの坂田ばくはげ画伯smicaレヴィ緑(横山緑)一二三わかば19カッパ姫初音シコ etc・・・

 

ニコ生第2世代

2009年4月ごろ~2009年10月ごろに放送開始orブレイクした放送主がこれにあたるとされる。

ニコ生の認知度が急に高まった時期である。凸待ち声マネ歌ってみた踊ってみた演奏してみたゲーム配信・野外配信車載配信など、生放送での企画内容パターンや独自の空気確立した。

また、キャラの強い人気放送主が多く誕生したのもこの頃で、他の配信サイトで活躍する実配信者ニコ生に進出してくるなど、今日ユーザー生放送人気上昇の原動ともなる。現在コミュランキング上位には、第1世代と共に第2世代の放送主が名を連ねる。

喧嘩凸が最も盛んに行われていた時期であり、顔出し配信する以上は喧嘩凸しなければいけない暗黙のルールがあった程である。現在の生温い喧嘩凸と違い、配信外でも喧嘩凸をする時代で、嫌いな配信者引退するまで追い詰めろ!的な流れであり、渋谷のキングやりおなど殺害予告気でする者や、石川典行の様に暴力団喧嘩凸する者も居た。顔出し配信者は個性をめられた時代であり、個性が配信者は数週間で消えていく弱肉強食の世代でもある。

配信者

Q-chan牧師コレコレやみんokailove渋谷のキング石川典行ウナちゃんマン力也暗黒トテ蓮にゃんアクゆりあひまわり太田くにーでっぷ船長シバター足立 etc・・・

 

ニコ生第3世代

2009年11月ごろ~2010年3月ごろに放送開始orブレイクした放送主がこれにあたるとされる。

第1世代・第2世代の活躍に感化されて生放送を始めた人物が多い。

第1世代や第2世代にべ、コアアニメ好きやネト充率が低く、リアルが充実してそうな放送主が多いとされる。また、顔出し配信する女性率も高い。ニコ生イチ動画配信サイトとして大衆化し始める。

放送1000以上に増強された中で生放送を始めた世代である。エンターテイナーとしての実がある放送主であっても人気が出づらい、といった厳しい環境下に置かれている。その為、脱ぎ配信・ガイキチ系配信のようなBANスレスレ企画を行う放送主も少なくない。

ニコ生・配信界における出会い厨行為が問題化されたのも、この世代からである。

また、第3世代放送主の登場と時を同じくして、第1世代・第2世代の一部の放送主UstreamJustin.TVといった他の配信サイトに活躍の場を移すといった現が見られた。

配信者

NER、長老、ひなのまりEMI少年Tじぇじぇゆづか姫ゆかちー、いぶきエセ関西ヒカルぶろっこりーるしだ侍もくんえりんこカツトシジュードおなき窓付きRainyみずにゃん凸激者あっきーBackass京都のプリンス田口 etc・・・

 

ニコ生第4世代

2010年4月頃~2010年10月頃に放送開始orブレイクした放送主がこれにあたるとされる。
実際のところ、第3世代と第4世代の界はかなり曖昧で、移行はスムーズであったとされる。

いわゆる第1世代・第2世代をほぼ知らない配信者が多勢を占める。

第3世代配信者達がニコ生になるまでに多くの苦労と長い期間を要したのに対し、第4世代では放送開始数週間足らずで数千人~数万人規模の大規模コミュ爆発的に成長した配信者が多い。すでにちくラン上位に食い込むまでの勢いを見せているが、第3世代との対立はく、較的仲が良い。

第3世代に引き続き、イケメン&美人生主が多い。第1・第2世代ではナンセンスとされていた生主同士のれ合いは、むしろ肯定する流れにある。

ニコニコ動画からの歌い手踊り手ニコニコ生放送が増えたことにより、ニコ動ユーザー生放送を見始め、ニコ生全体のリスナー配信者が増えた。

生主声真似釣り配信者が新しい企画として、喧嘩凸を始めだすのもこの頃である。

コミュニティレベルに応じてBSP、延長無料、予約無料、立ち見の席数増加などの機が増え、配信者側の負担も減した期間でもある。

また、Ustream日本語化など外部サイトも充実してきており、外部で放送する配信者も増えてきている。

 

配信者

マヨランマヨ方ハニー大木うさ天使Juke片桐えりりか馬場しゅーとエセアカ暗黒キッズまきのケーキ姫ふりりんつばきRuy塾長こじこじKors-Kふうたゆうたりなりなペニオクニオノラ船長あーたみさきにゃんぶいらミート源五郎 etc・・・

 

ニコ生第5世代

2010年11月頃~2011年5月頃に放送開始orブレイクした放送主がこれにあたるとされる。
第○世代の話題を出したり、世代分けを行う配信者減した。

運営側からの規制が厳しくなり、配信ジャンルが限られつつある。配信者の更なる急な増加とともに放送数も増加し、配信初心者視聴者がつきにくくなり(特に男配信者)、インパクトがある放送(ガイキチ系、エロ系など)でないとコミュニティ人数を伸ばすことが難しくなった。

生温い喧嘩凸をする者が一時期増え、待ち専門が増えたり、トークスキルもない上に企画gdgdと、的意識を見失ったユーザー生放送増しており、古参生主&古参リスナーから「今のニコ生」と馬鹿にされている世代でもある。

尚、この世代の特徴的なのは、ゲーム配信者が急増していることである。30分しかいのにわざわざゲームを取るパターンが頻繁に見られるようになる。

また業界人のニコ生進出も立つようになってきた。

ニコ生、・Ustreamの雑誌進出や匿名掲示板2ちゃんねるまとめサイトの記事により、リスナー配信者が増加した。

中小配信者UstreamJustin.TVカスタマイズしたZAN9を外部配信サイトとして活用するようになったのもこの世代からである。

 

配信者

悪魔のQPハム太郎ごるもあ唯我総師範KSKハンサム末期のマッキーキプロスFX涼宮ハルヒしゅきメシアひろろ軍曹いちごちゃんちーしゃみんちいたんななきす etc・・・

 

ニコ生第6世代

2011年6月頃~2011年12月頃に放送開始orブレイクした放送主がこれにあたるとされる。

2011年8月15日に、永久BAN配信者が復帰した。

前世代と較すると、配信者が低年齢化してきている。実年齢に関係なく人格的にも幼さが垣間見られることが多い。

全体の傾向として、ゲーム配信者が急増しした。30分しかがないにも関わらず、わざわざゲームを取るパターンが頻繁に見られるようになる。

また、ニコ生を通じた出会行為も容認されつつあり、本来混じり合わない配信者同士がコラボする現が増えた。例として、声真似配信者男女共に声真似のみで絡むことが普通であったが最近になって男喧嘩凸者と女声真似リスナーに秘密で交際することもしくなくなった。

例:みずにゃん×はにゃん / 加×ねこかみ etc...

配信者

なあ坊京都のうがクターAB蔵まっくにゃんはにゃんティロ・フィナーレ加川まきはらりさこまてぃん赤髪のまゆゆん保志いおりetc・・・

 ニコ生第7世代

2012年10月上旬ごろから現在に至るまで放送開始orブレイクした放送主がこれにあたるとされる。

前世代と較すると、配信者がロートル化してきた。実年齢からべると人格的にも幼さ明らかにわかることが多い。

全体の傾向として、喧嘩凸配信者減した。30分しかがないにも関わらず、逆凸にもいかずただただを待つパターンが頻繁に見られるようになる。

また、ニコ生を通じてゲーム著作権にも関わって問題となった。

配信者

ぐるたみん哀川翔一M様金バエめるたん☆デカチンマンPhantom-K-いろはすarisaj-coolよこぬま etc・・・

 

世代間闘争

「第~世代」を最初に提唱し始めたとされる第2世配信者石川典行が、第3世代配信者を総じて批判したことから始まる。
当時まだ放送経験の浅かった第3世代配信者たちの配信を見て、「第3世代はお互いにれ合わないとを出せない。リスナーを大事にする心が、配信態度から見て取れない。ぬるい放送しかできないから、お前らは第3世代(笑)なんだよ!」と皮っていた。これに同調した石川興行リスナーを中心に、第3世代との距離を置く流れが広がる。

それに感化された第3世代配信者達は、「たちにはたちのスタイルがある。たちの放送スタイルが、これからの生放送で絶対に認められる!!」と奮起し、自らの配信に磨きをかけ、2010年3月には、第1・第2世代に負けないほどの個性溢れる人気配信者が第3世代から誕生するまでに至る。

2010年3月28日、「第3世代ににモノ見せてやる」と石川典行弾幕祭りを決行。「第3世代の実古参に見せ付けてやる」と第3世代配信者達もいぶきを中心に連合軍を結成し、同時間帯に弾幕祭りを決行。どちらがコメント数が多いかを争った。

結果として、石川興行コミュでのコメント数が、第3世代連合軍のコメント数を僅差で上回り勝利。しかし、リスナーを巻き込んだ本気の戦いを交えた後、お互いに健闘をたたえあった。石川典行は「ここまで実を持つようになった第3世代、これからのニコ生を頼むぞ」とコメントを残し、ニコ生から身を引いた。一方、いぶきを始めとする第3世代連合軍も「全に敗です。すべての責任は俺達にある。いちから出直します」とコメントし、自らのコミュを解散した。

こうして第2・第3世代間闘争は落ち着く方向へ向かった。

第3世代後期に かつてのPeerCast配信者永井ゲストに据えた配信者JUKEニコ生に登場し、ニコ生・第4世代の開始を予感させた。

しかし、永井をダシにして来場者数を稼ぐ売名行為によって、第2世代期に暴れていた渋谷のキングばくはげ画伯リスナーの反感を買い、コメント弾幕によって荒らされることとなる。またJC生主蓮にゃんや第3世代生主・ぶろっこりーと関わることによって、結果的に運営から放送BANの処置を受けることとなる。

その暫く後、ERB(エセアカレッドバスターズ)の代表を名乗る喧嘩凸荒らし配信者エセアカニコ生に現れ、所謂ニコ生4大癌あっきー といった各世代の有名配信者に対し喧嘩凸を仕掛け、JUKEに続く「祭り」を起こす。

エセアカの登場によって、前世代の有名配信者にも媚を売ることなく喧嘩凸で挑戦する下上的なスタイルが、新しい時代の到来を感じた多くのリスナーも少なくない

その後、ERBリスナー兼「幹部」であったメシアや、チャット盛を極めた平成喧嘩塾代表・塾長が喧嘩凸配信者として活動し始め、次々と前世代への「下上」現が起こり、「祭り」が多発することとなる

第4世代後期にERBの幹部であったバイミーやあっきーの影を受けたゲシュタルトがHNを変えて逆凸配信者として活動するようになる

例として メシア、塾長、Ruy、yuuta が挙げられる

特に喧嘩凸配信に大きな影を与えたのは平成喧嘩塾代表・塾長であり、放送開始一週間以内にU-kingあっきー喧嘩凸し勝利を収めた。また画伯敗北するもその数日後に非常に滑舌の良いマシンガントークと即ラップにより、ERBとエセアカ大勝利を収め配信界において売名に大成功する。

同時に、塾長ほどの頭の回転滑舌を持ち合わせていないにも関らず大手に逆凸するメシアの配信は新規リスナーに大きな影を与えた

以降世代間闘争そのものがくなり、喧嘩凸配信者まっくにゃんクターポチっち、加が頭を現す様になる頃から所謂第6世代期が開始されるようになる

2013年時は変わりれ合い配信が多くなり喧配信者逆凸放送が減り、喧嘩凸待ちの待ちに徹するスタイルが頻繁行われリスナーからかなり反感をかった。特にPhantom-K-の様に自分から逆凸をせずに放送が成り立ってしまった事がわかりやすい例とみられる。

この事態に対してよく思わない古参リスナーPhantom-K-のアンチとなり社会問題に発展した。           ※(禿ミクス事件)※生類憐みの令

この他にも加リスナーに対してお財布だと全に格下発言をし、経済に不況の波をひきおこした。         ※リスナーはお財布事件

ただし明るい話もあがっていていろはすが、いじめられ子っで滑舌も悪く社会的には認められるはずがないのにもかかわらず、Phantom-K-にした事によりパラパラ以来大ブームが巻き起こり全滑舌悪い男子の人気が急上昇した。 ※いろはす滑舌事件

こういった社会に多大なるダメージを負わせたことにAB蔵という生主高しPhantom-K-襲撃しスカイプBANし使えなくする。昔渋谷のキングやエセアカの模倣である攻撃を複数の喧生主にしかけドヤ顔で新4宣言を行った。※仏教ですからに祈りなさい事件。(仏教です。)

そうしたことに新4が形成された。その4人ついてはAB蔵、arisaいろはす、哀である。                 特にAB蔵に関して中学生から多大なる人気を誇り大手配信者として活躍していった。

AB蔵の名言で有名な一言は、『うちの放送には中学生いらねぇからあああああ』2014年流行語大賞としてノミネートされる可性まで示唆されている。

世代区分への批判と意義

配信者の中には、こうした世代区分を嫌う者が多数いる。とりわけ第3世代以降の配信者にその傾向が強い。

戦後日本社会学的世代論が団塊の世代を強調して形成され、その後の定義付けが団塊の世代と後付的に対され、曖昧な区分に終始していることが批判されている。

それと同様に配信者の世代区分も、また第3世代が著しく強調された経緯が有り、個人差を軽視しがちな世代論と個性豊かで且つ自我の強い配信者とはと油の関係となっている。

しかしながら世代区分的視点から見た配信者の生態観察はユーザ生放送の時事流行を考察する上で役立つ面もある。50時代の配信者リスナーの関係や配信スタイル5000時代の配信者リスナーの関係や配信スタイルを同列に扱うのはいささか困難であり、人と人とのコミュニケーションのとり方も時間を経て急に変化していくわけである。

よってSNS時代のとも言えるユーザ生放送の世代論的まとめ は益であると結論づけるのは計である。

関連項目

 

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%8B%E3%82%B3%E7%94%9F%28%E4%B8%96%E4%BB%A3%E5%88%A5%E5%88%86%E9%A1%9E%29
ページ番号: 4273148 リビジョン番号: 2301725
読み:ニコナマセダイベツブンルイ
初版作成日: 10/02/01 12:42 ◆ 最終更新日: 15/12/18 01:47
編集内容についての説明/コメント: NER移動
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ニコ生(世代別分類)について語るスレ

48 : ななしのよっしん :2014/04/22(火) 14:04:22 ID: nQLYbh6XvR
(仏教です。)←!?wwww
49 : ななしのよっしん :2014/04/29(火) 07:58:43 ID: HUc+x8jAZS
下に行くにつれて文章の異様さ・ガキ臭さが増していく
狂気の記事
50 : ななしのよっしん :2014/12/23(火) 16:30:52 ID: +5mF8iFLNF
第8世代が必要になりつつある(確信)
51 : ななしのよっしん :2015/02/17(火) 13:42:12 ID: QteLYRFiPy
大◯世代なんて言ってる人がもうどいないし、ほぼ死後でしょ
52 : ななしのよっしん :2015/05/21(木) 21:14:33 ID: eGB3fLGYGY
生放送記事カテゴリ変更したら?
53 : ななしのよっしん :2015/10/18(日) 19:43:45 ID: CvfhF+rJ/O
生放送記事でやるべきだろう
修正希望
54 : ななしのよっしん :2015/12/18(金) 03:04:59 ID: i+DxydCoD1
なるほど、さっぱり分からん
あと上にもあるけど生放送記事に移動するべき
55 : ななしのよっしん :2016/02/26(金) 15:42:18 ID: XkrBZt7Jng
細かくわけすぎだし個人の想像やイメージをさも事実であるかのように書いてある
意味な分類
56 : ななしのよっしん :2016/08/03(水) 11:34:51 ID: qWNJLhzwUF
ニコ生創世記として、ある程度正しい流行の情報と感じた。
過去興味持った人間には需要あるんじゃない?
2016年現在の大手生主さんは大多数がチャンネル放送へ移行。
身内向けの守りの放送ばかりが増加したと感じます。
結果的に全体的な競争は下がってしまいました。
ニコ動ニコ生で盛り上がった世代は大多数が社会人となった。
新規参入の10代は大多数がyoutubetwitterツイキャス
インタグラムなどを活動拠点に参入しているように感じます。
だから、ニコ生若さ任せの魅的な放送は減少したんじゃない?
それに大多数の大手同士の人間関係も絡み終わった感あるし
現状は高齢化と飽和状態とマンネリ状態で末期ともとれる。
57 : ななしのよっしん :2016/09/18(日) 23:29:28 ID: yQj7cP9Sz0
これさ上の世代が下の世代に詳しいとは限らないんだから
世代ではなく一期、二期…で区切るべきだよね
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829