単語記事: ニンジャスレイヤー

編集



サイバーパンクはなまる

  ◆鯛◆ワーワーパオー、ワッパッパオー!◆

この記事は第299回「今週のオススメ記事」に選ばれました!

更にタノシイ、ニンジャミングな記事に編集していきましょう。

0100010010101000100101010100010010101000

Ninj@ Entertainment

0100010010101000100101010100010010101000




Enter the NINJA SLAYER




ニンジャスレイヤーとは、Twitter上で連載されているサイバーパンクニンジャ活劇小説である。

小説主人公については、ニンジャスレイヤー(キャラクター)を参照のこと。

概要

ニンジャ

ニンジャとは、時代の日本をカラテによって支配した半的存在である。
しかし彼らはキンカクテンプルでのハラキリ儀式を行い、歴史から姿を消した。
歴史竄され、隠蔽され、ニンジャ真実は忘れ去られる。
やがて世界を電子ネットワークが覆いつくし、サイバネ技術が普遍化した未来
数千年の時をえて復活した邪悪なるニンジャソウルが、突如、
ネオサイタマの闇へと解き放たれたのだ……!

ニンジャ抗争で妻子を殺されたサラリマン、フジキド・ケンジ
彼自身も死の淵にあったそのとき、ニンジャソウルが憑依。
一命をとりとめたフジキドは「ニンジャスレイヤー」……ニンジャを殺す者となり
復讐の戦いに身を投じる。

未来都市ネオサイタマを舞台に、ニンジャスレイヤーvsニンジャの死闘が始まった。


"NINJA"...

NINJA ware...merciless demi-gods,ruling Japan with their Karate in the age of Ninja tranquility.
But, "some" committed a forbidden form of Hara-Kiri storing their souls at Kinkaku Temple for future resurrection.
Their lost history was falsified and concealed and the truth about these Ninja was long forgotten.
Now, in the future where the universalization of cynbernetic technology and electronic networks are God,
suddenly,sinister ninja souls,resurrected from thousands of years past,are unleashed on the dark shadows of Neo-Saitama.

Fujikido Kenji is a "Salaryman",whose wife and child were killed in a ninja turf war.
In a brush with his own death,Fujikido is possessed by an enigmatic Ninja Soul.
Fujikido cheats death and becomes Ninja Slayer.
A Grim Reaper destined to kill evil Ninja, committed to a personal war of vengeance.

Set in the dystopian underworld of Neo-Saitama,Ninja Slayer takes on Soukai Syndicate ninjas in mortal combat.

原作ブラッドレー・ボンド&フィリップ・ニンジャ・モーゼズ
ブレードランナー』や『ニューロマンサー』を思わせる、「められた日本観」を基本に展開するアメリカサイバーパンク小説。 常のを持つニンジャが闘い、クローンヤクザが規則的に暴れ、オイランロイドが舞う…そんなマッポーの世の近未来日本ハードに、時に現代社会を鋭く反映したシリアスさで描かれているのが特徴である。

原文からある日本語と、それらを基にした独自のスラング、これらを担当する翻訳チームの独特な日本語訳が混ざり合い、全編を通して(俗に「忍殺語」と呼ばれる)変わりなカタカナキーワードが多く盛り込まれている。その為、世界観や言ばかりにを奪われがちだが、物語キャラクターは長いスパンで綿密に設定されており、作品としての完成度も濃い。
 
またTwitter連載という形式を利用する事で、従来のネット小説とは異なるリアルタイム共有体験が可な連載方法も魅のひとつ。「ニンジャヘッズ」と呼ばれるファン達は、投稿される各エピソードの流れを追いながらハッシュタグ実況考察イメージを基にしたイラスト投稿などを行うことが出来るのだ。

メディアミックス

Twitter連載の他、現在では書籍版、オーディオドラマコミカライズが展開中。

そして2014年4月2日、公式ツイッターアカウントで遂にアニメ化が発表された制作会社は「TRIGGER」。さらに、7月からアメリカ・ロサンゼルスで開催される北最大アニメイベントAnime Expo 2014」への参加も決定。同11日にはアニメ版公式サイト開されている。

それに合わせて、日本オタクニュース世界へ発信するサイトTokyo Otaku Mode」で原作英語版)の連載「マシンオブ・ヴェンジェンス」が開始された。続報に備えよう。

書籍版

第1部全4巻、及び第2部が2014年4月現在までに5冊続刊中。イラスト漫画家「わらいなく」氏が担当。また、お値段は少々るものの、様々な限定グッズが同梱されたebtenエンターブレイン社のネットショップ)DXパックにも毎回注が集まる。

オーディオドラマ

第5巻『ザイバツ強襲!』(2部第1巻)、及び第8巻『なるヌンチャク』(2部第1巻)に、CD付き特装版が発売中。

収録エピソードは『ザイバツ強襲!』が「ラストガール・スタンディング」、「メナスオブダークニンジャ」。『なるヌンチャク』が「シーノー・イーヴル・ニンジャ」と「デスフロムアバブ・セキバハラ」。

また、YouTubeにて「ゼロ・トレラント・サンスイ」がフルバージョン無料開されている。

コミカライズ

々は、周辺メディアに様々な二次メディア展開をやる。それらの振れ幅と多様性を容認する
なぜか?自由!l一のイメージ一の表現手法を守るのは原作小説である。
常に々は当アカウントに掲載を続けていく。それを原作者監修にて加筆推敲し書籍にする。
これは不可侵の原典だ。他は自由です◇

2013年6月27日ほんやくチームからのメッセージ

ほんやくチームの言葉通り、特に原作準拠"無印"、特に女なグラキラ、特に少年キルズ」、三種類のコミカライズ全て「公式」であり、@njslyr_ukiyoe(グラキラ@comibi)で無料で放映されている。

よくある質問

どのアカウントをフォローすればいい?

尚、これまで連載されたエピソードは全てTogetter等で読むことが出来る(詳細は下部リンク参照)。

ハッシュタグはどう使い分けるの?

公式アカウントで紹介されているタグは以下の通り。

ほんやくチームく、「タグにおいては、人種、国家宗教政治政党思想、ゲームハード思想、ウイルス対策ソフト思想、携帯キャリア思想、お相撲思想、その他諸々、なんかそんな関係のヘイトを絡めたネタゆかしくないので公式としては厳かに禁じさせて頂いております」とのこと。

たくさんエピソードがあるけど、どれから読み始めたらいい?

最古エピソードの「ゼロ・トレラント・サンスイ」が(これまでのあらすじ)で始まっている事からも示される通り、ニンジャスレイヤーは一話完結、意図的に時系列をバラバラにした上で更新されており、基本的にどのエピソードから読み始めても良い構造になっている。

ジョジョの単行本を3部とかから買った人は実際多く、また既に何枚もアルバムを出しているバンドCDファーストから買う人はそんなにいない。好きなところから買えばいい。内なるカラテの高まりを感じてください。全てはそのようなことなのだ…!

2013年7月29日 ほんやくチームからのメッセージ

Wiki等を参考に、ニュービー向けエピソードから読み始めたり、面そうなタイトルから読み始めるのもいいだろう。リアルタイム更新の醍醐味を掴む為に、いきなり連載中の最新話に飛び込んでしまうのもひとつの手。とはいえ、連載順に読み進めていく方が各エピソードの流れや設定を掴みやすいとの意見が現在の流である。

ただし各部最終エピソードだけは、ある程度その部を読了してから読み始めることをオススメする。

俺の知ってる忍者と違う!

ニンジャスレイヤー』における「ニンジャ」は、日本人が想像する「忍者」ではなく、いわゆる「人」や「異者」めいたニュアンスで設定されている。『X-MEN』の「ミュータント」を「ニンジャ」という言葉に置き換えた存在といえば分かりやすいだろう。

詳しくはニンジャ(ニンジャスレイヤー)を参照。

原作者はずいぶん実際の日本に詳しいけど、ホントは日本人なんじゃないの?

ニンジャヘッズであれば誰もが一度は抱く麻めいた疑問である。暗メガコーポブラック企業)の実態に始まり、裁判シーンでの文後回し、大学におけるヤリサー、果ては出会い系と揶揄される動画サイト…あまりにも現代日本に詳し過ぎる原作者を訝しがるは多い。

しかし同時に、登場人物が物語上で個々の役割を持って各自行動する海外ドラマめいた群像劇スタイル、個人的な理不尽への怒りを原動としたバイタリティ溢れるキャラクター設定、スクールカースト、控えめに描写された核兵器の威女性キャラクターへの性描写の年齢(外見)格差等、アメリカン・エンターテイメントの基本的な決まりごとを知り尽くした上で描かれていることにも気付くだろう。

その他にも、

これらの拠が、事実をより鮮明に物語っている。海外原作者は存在する。いいね?

角川やエンターブレインのステマなんじゃないの?

ザッケンコラ市民!この作品は上記web.archiveやmixi過去ログなど、10年以上前から存在している確かな拠があるのだ!加えてtwitterアカウントでの連載開始後も当初は3か月でラノベ2冊分の分量を投入しておきながらフォロワーが100人にすら達しなかったというtwilogでの記録が残されている。企業によるマーケティング戦略ならこの時点で相当な赤字を出して企画が打ち切られることであろう。

しかし翻訳チームは、現在まで数年間にわたり膨大な量と多くの伏線り巡らせ回収させる実際タノシ小説としての質を維持しつつの連載を続けている。そこからおそらく辞書数冊分に匹敵する膨大な量の書き溜め(つまり原作)が存在する事が推測できるのだ。

この作品がステマであり原作者のアメリカ人がでっち上げだとしたら、こんなふざけた企画を10年以上もの間、全くの名かつ営利もいまま面下で営々と創作活動し続けてきたの組織の存在が浮き彫りになってくることになる。狂気!こんなものがステマであるはない…一体なんなのだこの作品は…?狂っている…!このさくひんのそんざいじたいがくるっているとしかいいようがない…ほんやくチームとはいったいなにも010100001010010101010111010…

(手記はここで途切れている)

第1部「ネオサイタマ炎上」/Neo-Saitama in Flames

鎖国状態にある近未来日本の中心都市ネオサイタマが舞台。
マルノウチ・スゴイタカイビルで起こったニンジャ同士の抗争により、妻子と共に穏に暮らしていた中流サラリマン、フジキド・ケンジの運命は一変した。妻子を殺され、自らも死の淵に立った彼に、ニンジャソウル「ナラクニンジャ」が憑依。復讐者「ニンジャスレイヤー」となり、ネオサイタマを裏から支配する巨悪ラオモトカン率いる悪のニンジャ組織「ソウカイシンジケート(通称:ソウカイヤ)」のニンジャたちと戦いを繰り広げる。

主な登場人物

第2部「キョート殺伐都市」/Kyoto: Hell on Earth

ソウカイヤが墜ち、炎上するネオサイタマ。だがフジキドの闘いは終わらぬ。全ての始まりとなった「マルノウチ抗争」の真実は、独立国家キョート・リパブリックに拠を構えるもうひとつの悪のニンジャ組織「ザイバツ・シャドーギルド(罪罰影業組合)」とソウカイヤとの抗争であった。混迷するネオサイタマを後にフジキドはキョートへ渡り、新たな仲間と共にザイバツへ闘いを挑む。

キョートに渡ったのはフジキドだけではなかった。ソウカイヤ滅亡後ザイバツに身を寄せたダークニンジャは、そのカラテのワザマエと卓越した礼儀・ワビサビを武器に、く間にのし上がっていく。

主な登場人物

第3部「不滅のニンジャソウル」/Ninjaslayer Never Dies

ソウカイヤとザイバツが滅びた後も日本社会の暗部には依然としてニンジャの恐怖と暴による支配が続いていた。
2つの悪のニンジャ組織との決着を遂げたフジキド・ケンジ。その後の彼の行方は誰にもわからない…。
しかしキョートで起こった大異変から少なくとも半年後…彼は再び帰ってきたのだ!ブッダきマッポーのネオサイタマへ!
そしてネオサイタマで暗非合法探偵を開業したフジキドは、悪しきニンジャに虐げられる人々の為に今日も戦うのであった。

ストーリーが複雑に絡み合った重厚な第2部から一転して、原点回帰、一話完結、起承ニンジャ結がコンセプトの第3部。
ニュービー(初心者)・ヘッズがここから読み始めやすいような構造になっており、奮するニンジャ・アトモスフィアが弾けるフレーバーイン! 実際オススメな内容となっている。

主な登場人物

関連動画

忍殺語解説

ロウドク・ジツ

オンガク・ジツ

クロスオーバー・ジツ

MMD・ジツ

忍殺MMD」の大百科記事を参照するドスエ

関連ウキヨエ




関連商品

関連項目

ニンジャスレイヤーを題材に用いた二次創作

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC
ページ番号: 4773741 リビジョン番号: 2008129
読み:ニンジャスレイヤー
初版作成日: 11/11/29 15:56 ◆ 最終更新日: 14/04/18 01:26
編集内容についての説明/コメント: 冒頭文改変、英語文から()除く。メディアミックスを独立項目化、その他加筆修正。この時期の原作者話は荒れる元かと。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

ニンジャスレイヤーについて語るスレ

1381 : ななしのよっしん :2014/04/15(火) 23:06:37 ID: HYRD9JFnmU
ハッカー最強ダイダロス=サンで定かな
コトダマ間の住人になるともっとヤバイのが何人かいるみたいだけど
1382 : ななしのよっしん :2014/04/16(水) 01:03:45 ID: U2K1L1Whrr
ナラク=サンはオスモウ議論の対になっているのでしょうか?
わたし議論スレは読まないので・・・アイエエエ!?
1383 : ななしのよっしん :2014/04/16(水) 01:04:04 ID: 73ATSWzVk3
コトダマ間はインクィジター=サンとかバーバガヤとかがいるからね
1384 : ななしのよっしん :2014/04/16(水) 09:20:05 ID: TdoEvAqcFW
まぁぶっちゃけるとシュジンコウホセイ・ジツでフジキドなんだけども
そんなことより>>1383=サンはバーバヤガ=サンにKICKされてくるように
1385 : ななしのよっしん :2014/04/16(水) 13:48:33 ID: u2/UZi4C4S
フタツデジュウブンデス
みたいなのを思い出した
1386 : ななしのよっしん :2014/04/16(水) 16:20:14 ID: oDBFzN41EX
主人公補正をもってしてもフジキドには負けなかったイグゾーション=サンはどうなるんでしょうか
1387 : ななしのよっしん :2014/04/16(水) 21:57:04 ID: qK6QdFzImq
オスモウスレ復活!キャバァーン!キャバァーン!

【オスモウ】ニンジャスレイヤー 強さ議論スレ#4
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1397618879/
1388 : ななしのよっしん :2014/04/18(金) 00:37:41 ID: jd5QuhT+tC
ナラクフジキドと3部フジオなら5強に入れるんじゃねーの?
1389 : ななしのよっしん :2014/04/18(金) 05:33:41 ID: F8EU3P/V6D
アフロサムライみたいに間違った奇日本全快で
ギャグてんこ盛りに見えるけど、ギャグシリアスな笑いって言うより
アフロサムライみたいに、ギャグ入りシリアス+サツバツって感じに近い?
1390 : ななしのよっしん :2014/04/18(金) 10:13:13 ID: CKdAW0f5Rx
妙なコトダマで笑っていられるのも最初の内だけだよ。
その内あまりのシリアスさに顔になるから。

……と言っていたヘッズに野球回を読ませて
さらに愕然とさせるだけの簡単なお仕事です
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015