単語記事: ニーチェ

編集

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(独:Friedrich Wilhelm Nietzsche, 1844年10月15日 - 1900年8月25日)は、ドイツの哲学者・古典文献学者。後世に影響を与えた思想家。

生涯

1844年にドイツのレッケンに生まれる。両親とも牧師の家系であったという。

1864年にボン大学に入学、神学と古典文献学を専攻した。翌年の1865年にはライプツィヒ大学に転学した。

1869年、24歳の若さでバーゼル大学に招聘され、古典文献学の教授に就任する。

1872年に処女作『悲劇の誕生』を出版するが、学界からは冷笑でもって迎えられる。

それ以降も教授の仕事をしながら『反時代的考察』などを出版するが、体調不良が続き、1879年には教授職を辞職し、執筆業に専念する。

1885年に代表作 『ツァラトゥストラ』を書いたのち、 『善悪の彼岸』『道徳の系譜』『この人を見よ』など、立て続けに著作を書く。

1889年 カルロ・アルベルト広場にて昏倒し、精神病院に入院することになる。昏倒の原因については、「自らの思想ゆえに発狂した」「梅毒であった」など諸説ある。

10年近く廃人のような生活を続けたのち、1900年ワイマールにて死去した。

著作

  • 1872年 『悲劇の誕生』
  • 1876年 『反時代的考察』
  • 1878年 『人間的な、あまりに人間的な』
  • 1882年 『悦ばしき知識』
  • 1885年 『ツァラトゥストラ』
  • 1886年 『善悪の彼岸』
  • 1887年 『道徳の系譜』
  • 1888年 『偶像の黄昏』『アンチクリスト』『この人を見よ』など

ニーチェの思想

実証主義の洗礼を受けたニーチェ(F.W.Nietzsche,1844~1900)は、真実の人間存在を研究した。ニーチェは反キリスト者を自認しており、その時代の例外者であり、単独者であった。例外者とは普遍的法則に包括されない人間で、それは「外」に「立っている」者で、外に投げ出されている者の意味である。つまり、「例外者は、普通のあらゆる様相を事実的に突き破る者なのである」。

ニーチェは自分の孤独について深淵を覗き込んだ山頂の樅の木に喩えて「多分一羽の猛禽のほかには、誰でもあえてそこの客として訪れることはないだろう」と語っている。

1872年に『悲劇の誕生』(Die Geburt der Tragodie aus dem Geiste der Musik)を世に出した。それは哲学と芸術における創造的な人間の理想をかかげ、今までのニーチェの古典文献学の知識と相まって、古代ギリシャ文化の「アポロン的」と「ディオニュソス(酒の神)的」とに分け、両者を対立させつつ、ディオニュソス的こそ古代ギリシャ人の精神とした。さらに、彼はそれを当時のドイツと対比し、物質的な繁栄をアポロン的とたとえ、ドイツ文化の担い手としてワーグナーの音楽をディオニュソス的と喩えたのである。

現在では、この作品を芸術論上、不朽の名作と呼んでいるが、当時、この作品は大変な不評だった。

ニーチェは当時のドイツを平均化された大衆と機械文明で機械に支配され、創造性を奪われた人間だけであると捉えた。その原因はキリスト教の愛と平等の思想が人間を卑小化し、画一化し、人間本来の生き方を喪失させてしまったと考え、彼はキリスト教を厳しく批判した。その上でキリスト教の価値を否定し、彼は価値の転換を企てたのである。

そしてニーチェは大胆にも「神は死んだ」と宣言し、神をも否定したのである。神の否定は、人間だけを残したことを意味していた。

キリスト教の道徳は、謙虚、忍耐、寛容、恭順などに意義を主張していたが、ニーチェの解釈によればキリスト教が人間を卑小化し、弱者にさせ、権力を得ようとして得る能力の無い群集にしてしまったという。彼は服従や臆病などを自分の都合のよいように価値転換を図ったものに他ならないとした。それは強者が抱く「力への意思」に対して、弱者の権力への意思は「怨恨」から生じる憎しみの感情を意味していたのである。つまり、それも形を変えた弱者の「権力への意思」に他ならないのである。したがってニーチェは従来のキリスト教が「奴隷道徳」を説いたとして非難したのである。本来、人間とは掛けがえのない貴重な人生だから君主のように生きたいはずである。それ故にそれら「君主道徳」を説くとニーチェは宣言したのである。

彼はキリスト教道徳が人間を弱者にしたといった。人間の生命とは、本来生きるための戦いであり、君主へ至る戦闘である。その人間の生命は単に環境への適応による自己保存に満足するものではなく、自己を主張し、生命は激しく生きる意志である。それが「力への意思」であり、進化も「力への意思」が表出したものに他ならない。こうしてニーチェは人間のあらゆる行為の根底に「力への意思」を考え、これを追求することが、人間本来の姿であると捉えた。したがって人間はこの「力への意志」を否定し、弱めるようなものは排除しなければならない。彼自身も「力への意思」を探求し、その体現者を「超人」と呼んだのである。超人とは絶えざる自己の超越者であり、人間が進化した「人間以上の何かある超高等な動物なのである。」だからニーチェは人間とは超克されるべきものと捉えたのであろう。

ニーチェの哲学の最後は『ツァラトゥストラ』(Also sprach Zarathustra)に見られる「永劫回帰」思想である。宇宙は永遠に繰り返す円環運動であり、万物も永久に繰り返す円環運動である。しかし、世界は「虚無(ニヒル)」であり、苦しく、矛盾に満ちている。この苦悩の生が永遠に生死の反復を繰り返し続ける。それは巨大な石を山頂にあげる不可避的、絶望的、無意味なシジフォスに喩えられる。来るべき次の時代も虚無だろう。また次も虚無であろう。こうした世界が永遠に回帰するのである。しかし永遠に繰り返す時代が虚無であっても「これが人生であったか。さらばよし、もう一度!」と一生懸命に実在的に生きることの大切さをニーチェは私たちに教えたのである。

参考文献:1997年3月『人間探求の流れ』関根透・竹内善一:北樹出版

なお以下のように書かれている文章はすべて誤りである。そんな本は踏み潰せ!byこの人を見よ

  • ニーチェの思想はニヒリズムである
  • 権力への意→力への意志
  • 永劫回帰とは死んだ後、もう一度同じ人生を繰り返すことである。これについてはウィキペディアも間違っている。

ナチズムとの関係

ナチ党に積極的に協力したハイデガーと違い、ニーチェにはナチ党に協力した事実はない(そもそもナチ党が活動していた時期には既にニーチェは死去している)し、ナチズム的思想を唱えていたわけでもない。

ところが、ニーチェは以下の理由により、ナチズムに影響を与えた思想家として危険視された。

  1. ニーチェの妹エリーザベトが反ユダヤ主義者であったこと。ニーチェの遺稿は彼女によって整理され、『力への意志』として刊行されたのだが、反ユダヤを標榜する彼女は恣意的な遺稿の整理を行った。
  2. 上記のような遺稿をヒトラーが愛読し、ニーチェの思想をナチズムの旗印にしたこと。ニーチェの「超人」思想を、ゲルマン人の優秀性を主張するために利用したことなどがそれである。
  3. 彼と親交のあったワーグナーがヒトラーに好まれ、ナチ党の宣伝のために積極的に利用されたこと。

ショーペンハウアーとワーグナー

ニーチェは哲学者ショーペンハウアーと作曲家ワーグナーから大きな影響を受けている。

ニーチェは21歳の頃にショーペンハウアーの代表作『意志と表象としての世界』を読み、これを愛読したが、後に彼の思想を批判することになる。

また、ワーグナーの楽曲からも強い影響を受け、「トリスタンとイゾルデ」などを絶賛している。だが、後に「パルジファル」を観たとき、ワーグナーに幻滅し、やがてワーグナーから離れていった。

名言

ニーチェはアフォリズムを好んで使用したこともあり、現代でもよく使われる言葉がある。中には、ニーチェの言葉と知らずに使用されているものもある。

「神は死んだ」

『悦ばしき知識』において登場する言葉。なお、この言葉には続きがあり、

「神は死んだ! 神は死んだままだ! 我々が神を死なせたのだ!
あらゆる殺害者の中の殺害者である自分たちを、我々はどう慰めればよいのか?」

となっている。

「人間的な、あまりに人間的な」

ニーチェの著作『人間的な、あまりに人間的な』に由来するものだが、これをもじって「○○な、あまりに○○な」などといわれることもある。

「深淵を覗く時、深淵もまたこちらを覗いているのだ」

『善悪の彼岸』に登場する言葉。

作曲家としてのニーチェ

音楽に強い関心を持っていたニーチェは自ら作曲活動もしている。関連動画に紹介されている「断片自体」がそれである。

ニーチェの関連動画

ニーチェの関連商品

ニーチェの関連項目

  • <哲学>
  • 神は死んだ
  • 永劫回帰
  • ニヒリズム
  • ドイツ
  • ゼノサーガ

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%81%E3%82%A7
ページ番号: 102642 リビジョン番号: 2339103
読み:ニーチェ
初版作成日: 08/05/19 20:49 ◆ 最終更新日: 16/03/20 04:01
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「神は死んだ」「ニヒリズム」を追加しました。「関連動画」から視聴不能のsm984962を除去。htmlタグを調整。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ニーチェについて語るスレ

171 : ななしのよっしん :2016/04/13(水) 10:53:14 ID: fRDj/hR22N
近代化と無関係だとしたら、カエサル暗殺のことに何のインパクトがあるんだ?
172 : ななしのよっしん :2016/04/14(木) 06:41:39 ID: J0F25X87He
>>171
カエサルの死は当時の地中海世界、とりわけ今日ラテン系と呼ばれる民族にはそう簡単に拭い去れない出来事だった。
その消えない懊悩に対する「慰み」としてユダヤ人が用意したのが新約という「カエサル異聞」だったという訳。
この大いなる物語による神話化を経て人々はケロケロと
キリスト教圏」の構築に勤しむ事が出来ましたとさっていう話。
キリストはユダヤ人が殺したっていう話の流れになってるじゃん、要するにキリスト教信じるとカエサルの死に対する罪悪感がユダヤ人への憤怒にスワップされるように出来てて、ユダヤ人自らそういう物語を書き上げた理由は勿論布教の為ですよ、とそういう次第。

173 : ななしのよっしん :2016/04/14(木) 08:13:46 ID: fRDj/hR22N
キリスト教徒はユダヤ教徒へ変わらぬ差別意識を持ってます」ってのは、
ありきたりな常識論に過ぎずインパクトがある解釈とは言えないな

近代化論から読んだ方が面白そうだ
174 : ななしのよっしん :2016/04/16(土) 10:01:55 ID: J0F25X87He
>>173
確かにその差別意識自体が他ならぬユダヤ人によって形成・強化された物であるというのは最早常識だな。
ヘレニズムに触れた事で改めて自分達「セム系」の気持ち悪さを実感したユダヤ人達が自分達が如何に卑劣かという事を西洋中で触れて廻る事になった訳だから。
ニーチェはキリスト教を"憤り"の宗教だと見抜いていた。この"憤り"がどこから来ているのかも。
175 : ななしのよっしん :2016/05/16(月) 22:13:49 ID: RK0H52PTsD
ニーチェは神の存在そのものを否定したの?
176 : ななしのよっしん :2016/05/17(火) 11:57:53 ID: J0F25X87He
>>175
そもそも死ぬっていうのが生きていた時期がないと無理な話であって
で何時死んだのかと云えば「ヨーロッパ文化の退廃はキリスト教支配に原因があるとし、"神は死んだ"と叫び、新しい価値の樹立を主張した」とあるように近代化などではなくキリスト教による覇権がヨーロッパで確立した事、その大元となった事件の時から長らく死んだままですよと。
177 : ななしのよっしん :2016/06/20(月) 23:28:37 ID: /ZYQZP94p1
http://philosophy.stackexchange.com/questions/7303/there-are-no-facts-only-interpretations
178 : ななしのよっしん :2016/12/25(日) 18:37:50 ID: x+G9YB+dfb
初カキコ…ども…

俺みたいな往来で馬に泣きつく腐れ野郎、他に、いますかっていねーか、はは

今日の末人の会話
あの曲って何 とか あの服どこで売ってる とか
ま、そう言って瞬きですわな

かたや俺は善悪の彼岸で神の死体を見て、呟くんすわ
私が人間であるというのは偏見です.狂ってる?それ、ルサンチマンね。

好きな音楽 Wagner
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
179 : ななしのよっしん :2016/12/25(日) 18:40:41 ID: iNcn2P3xtt
なんと秀逸な書き込みなんだ……(感服)
180 : ななしのよっしん :2017/01/13(金) 14:01:53 ID: 09HkGR/eZk
>>178
ワロタ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015