単語記事: ネオ・ジオング

編集  

ネオ・ジオングとは、アニメ機動戦士ガンダムUC』に登場するMA(モビルアーマー)である。

アニメ版にのみ登場するオリジナル機体で原作小説には登場しなかったが、後の短編小説不死鳥狩り」で原作世界でも存在したという設定になった。

概要

機体データ
式番号 NZ-999
名称 ネオ・ジオング
全高 116.0m
全幅 58m
重量 153.8t
全備重量 324.3t
35.660kw~不明
28.827.500kg~不明
センサー
有効半径
不明
装甲 ガンダリウム合
武装 ・有線式大ファンネル・ビット
・肩部大メガ粒子砲×6
部Iフィールドジェネレーター
大口ハイメガ粒子砲
サイコシャード発生機
バズーカ×2
60mmバルカン砲×2(シナンジュ部)
ビームサーベル×2
シールド
搭乗 フル・フロンタル

5月より開の機動戦士ガンダムUC最終話、Episode7にて登場したフル・フロンタルの搭乗機。

名称こそジオングだが外観は映画機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」に登場したαアジールの方に似ており(更に言えばネオ・ジオングという名は元々αアジールの初期案段階での名称だった)ジオングノイエ・ジールにも搭載されていた有線アームを装備している。

頭部が非常に小さい印だが、これはネオ・ジオング内部にシナンジュコアユニットとして格納されており、露出した頭部がコアMSシナンジュ)だからである。
ガンダム試作3号機ガンダムTR-6[インレ]等に見られた“MSを肥大化させた決戦兵器構想”と同様、恐竜化していくMS(MA)の極致と言えよう。

αアジール同様に大プロペラントタンクとスラスターを一体化させた強襲用シュツルムスラスタユニットを装備しているためサイズもかなりのものである。6月に発売されたHGUCのネオ・ジオングの全高が80cmHGUCのデンドロビウムの全長が身込みで約1m)という点からも劇中では相当な大きさとなっている。

シナンジュを覆う巨大な外装は“ハルユニット”と呼ばれ、ユニット自体は袖付き側が設計したものとされる。
なぜこんな大掛かりなものを懐事情の厳しい袖付きが用意できたかというと、そのユニットアナハイムエレクトロニクス社がユニコーンガンダムへのカウンター兵器として制作し、袖付きに譲渡したためという説がある。

コンセプトが旧ジオングのような対MS戦闘用ではなくビグ・ザムと同じ拠点制圧用MAだけあって凄まじい火力を有しており、両腕の5連メガ粒子砲、両肩部に前後左右合わせて6門のメガ粒子砲、そして部にも大口径のハイメガ粒子砲を搭載している。さらに腕のに当たる部位の一本一本は有線ファンネルビットとして分離させる事もでき、それを飛ばしてのオールレンジ攻撃を得意としている。

ファンネルビットは腕の中にスペアパーツが仕込まれているため、たとえ損失してもすぐに交換でき、しかもこのファンネルを敵機や他のメカに撃ち込む事で相手の制御システムを乗っ取ってしまうという恐るべき機も兼ね備えている。さらにこのアームユニットは背部にもう4本マウントされており、最大で合計6本もの腕を同時に動かして撃から格闘まで全ての攻撃に対応する事が可となっている。その上スカートアーマーの中にはジ・Oと同じくランディングギアを兼ねた小アームが2基内蔵されている。

巨大化に伴ってシナンジュの売りであった高い機動性と運動性は失われてしまっているが、推進の規模はもはや戦艦のそれに匹敵する域に達しており、防御面においても全身を覆うIフィールドによりいかなるビーム攻撃も化し、ミサイルなどの実体兵器に対してもその数の武器で即座に撃墜する事が可である。

本体のシナンジュ戦闘中に分離できるのかどうかは不明だが、上半身の自由もそれなりに利くらしく、シルヴァ・バレトの有線ハンド攻撃を防ぐ際にはビームサーベルを、ユニコーン達との戦いではバズーカハルユニット内のウェポンベイから取り出して使用し、さらに格闘戦を仕掛けてきたユニコーンに対して自身も拳で応戦している。

余談だが、ガンプラではSDおよびHGどちらのネオ・ジオングも同梱されているシナンジュと分離できるようになっているのだが、そのシナンジュを取り外した外装に他の作品のフィギュアガンプラを載せてみるという遊びが流行った。
そこの所はデンドロビウムと似たようなもので、Pixivニコニコ静画でもそんなイラストが多かったりする

本機はユニコーンバンシィが2機がかりでシナンジュに苦戦するのは映像作品的に苦しいと危惧されたことから、原作小説版の最終決戦シナンジュった巨大なオーラ存在感を表現する機体としてOVAで新たに生み出された経緯がある。

サイコシャード

上記の火器以外でネオ・ジオング最強の武器と言えるのが、肩から突き出すスラスタユニットスカートアーマーから円状に配置したパーツよりの結晶体「サイコシャード」を発生させるシステムである。

これはシナンジュ本体のサイコフレームリンクし搭乗者であるフロンタルの「イメージ」を反映した現を引き起こせるという宇宙世紀史上屈チート兵装で、劇中ではこれを用いてユニコーンバンシィの武器をく間に全て破壊するという芸当を見せている。
またサイコミュシステムを応用して例え搭乗者が本機を離れていたとしても感応波を受信する事で人でもある程度の戦闘をこなす事ができるようになっている。

一説には、かつてユニコーンガンダムの試験中に偶然発生したサイコシャードから得たデータをフィードバックして開発されたとも言われている。
サイコミュ自体がブラックボックス化している為、劇中でも全にが多く、“刻”を可視化したりもしている。

ある人物などは、いずれは時をも支配し、世界の理すら乱しかねない本来この世界にあってはならぬものと形容するほどに危険な存在と見ていた。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%8D%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%82%B0
ページ番号: 5206682 リビジョン番号: 2493033
読み:ネオジオング
初版作成日: 14/03/03 22:41 ◆ 最終更新日: 17/05/25 07:27
編集内容についての説明/コメント: 誕生経緯追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ネオ・ジオングについて語るスレ

399 : ななしのよっしん :2017/05/29(月) 02:28:37 ID: TLOVgu9o4z
Gジェネでのビットが地味
どこからともなくエコージェガン一機召喚して撃たせるだけって…
まあ機体乗っ取るのが特徴だから間違ってはいないけど
もっとビームをバンバン撃つ感じでも良かったのに
400 : ななしのよっしん :2017/06/15(木) 21:59:46 ID: UmhBlbZGf+
ぶっちゃけサイコシャードって「ガンダム版・型月想具現化とか固有結界」?
401 : ななしのよっしん :2017/06/15(木) 22:10:03 ID: uwwX9wQdIh
限定的な間支配ないし現実変の一種かな
疑似一歩手前ぐらい?
402 : ななしのよっしん :2017/07/08(土) 19:05:59 ID: +xKJMsxfzW
コイツアロウズ相手にする姿が見たいな
403 : ななしのよっしん :2017/07/10(月) 02:57:07 ID: QEzcE+Ferl
これにバナージが乗り込んで可性を具現化したらどうなるんだが…
シナンジュが入ったならユニも入りそうだし
404 : ななしのよっしん :2017/07/10(月) 11:41:13 ID: doXtw4/tQ3
ミノフスキー粒子は大統一理論に決着をつけた設定で考えると
サイコウェーブでミノフスキー粒子に干渉して
あらゆるを発生&操作できるとかかな
405 : ななしのよっしん :2017/08/27(日) 19:54:31 ID: Knc2BpxHD9
ぶっちゃけ一言で言うとイデ
まぁサイコミュ自体イデとほぼ同一らしいけど。

つか最近理論武装した概念兵装好きだよね創作界って
406 : ななしのよっしん :2017/09/09(土) 20:31:28 ID: Cur1OF2wvn
これ何よりスゴイのはアクシズショックとかオカルトに片足つっこんだ部分を全に解析して作った開発者連中だと思う。
407 : ななしのよっしん :2017/10/23(月) 02:04:45 ID: apGDd/+pYW
機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCEでは、
ボス機体としてネオ・ジオングEXVSシリーズで初参戦したけど、
今後、EXVSMBONでも参戦して欲しい。
ブランチバトルモードリニューアルで、
CまたはDルート後半のEXステージで、
終盤間近を飾る、強ボス機体として登場したら盛り上がりそう。
408 : ななしのよっしん :2017/11/04(土) 22:30:28 ID: C2j6Aq+Osc
>>406
サイコシャードはあの時代では明らかにやりすぎな代物だと思う
いくらユニコーン側がインフレしてたとはいえ…
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829