単語記事: ネットイナゴ

編集

ネットイナゴとは、被災地に殺到する匿名ネットユーザーの集団をジャーゴンである。発祥ははてなダイアリー

イナゴには悪意善意もない。あるのはただ食欲のみだ」

(07年2月22日産経新聞夕刊コラム「ネットウォッチング」より)

概要

派遣元は、Twitterはてなブックマーク2ちゃんねるニュース掲示板、個人BLOGなど。関連動画ニコニコ動画投稿されることもある。不祥事と聞きつけるや喜々として失態・失言をやらかした個人BLOGmixiファンサイト掲示板などに殺到、コメントスクラムを形成して炎上させる。ニコニコ動画で言えば、ランキングから炎上動画に飛び込む野次層に該当するだろう。

炎上」というキーワードが一般メディアでも扱われて流行と化す中から生して生まれた言い回し。はてなダイアリーで提唱され、産経新聞が数回取り上げたことで広まり、定着した。特に池田信夫山本一郎ら、燃料発言の多い有名ブロガーが好んで使用する。

命名の由来は、間的に被災地に殺到し焼き尽くす様子があたかもの農作物を時に食らい尽くすイナゴの蝗を彷彿させることから。ただし、蝗をもたらすのは正確にはイナゴではなく近縁種のトビバッタやトノサマバッタなどであるため、「ネットイナゴ」という言葉はイナゴに対する誤ったイメージの下に成立している。

傾向と対策

基本的には「それらしい大義をもって集団で何かを攻撃できればなんでも良い」という不特定多数の匿名集団である。「左翼」「右翼」のように、自らの行動が正しく、その明としての活動を行っているわけでもなく、「自分たちが正しい」「悪を正すために行動している」といった意味も的もなく発生し、損を生じさせ、消滅する。

多くは本気で怒っているわけでもなければアンチですらないが、奮・高揚しており、そこには理性のかけらもない。単に丸ごとの塊としか扱いようがないし、銭的な利益を的とした行動ではないため、「利益がいから中断する」という止めが存在せず一度ネットイナゴを付けられると回避は非常に困難である。ほぼすべてのケースにおいて、コメント欄は「謝罪せよ」などのネガティブコメントで埋め尽くされ、偽問わずに住所や氏名など特定の個人の情報投稿中傷などが継続展開し「人生を終わらせる」方向のみに拡散する。対処法は全面降伏・全面謝罪やコメント欄の閉鎖コメントの登録制への移行などしかないが、それも一手誤れば、被者側の公式ウェブサイト等にリンクを掲載しているだけの関係の企業が対となったり、個人においても友人、知人に攻撃が向かうなど人質を取るような方向に炎上が飛び火することもある。企業倒産業に追い込み、最終的にそれを報道するニュース記事に集まり最終的に全ての責任を他者に転した後ネットイナゴは移動する。

ネットイナゴの行動原理は、群集心理の基本である「信号、みんなで渡れば怖くない」が根底にある。つまり「自分は他者から見えない」「見えない仲間がいっぱいいる」「故に安全である」ことが最低条件にして絶対条件であるため、燃料供給を絶たれて人が減少すると次なる被災地めてイナゴたちは散する。損の発生・終了も「ネットイナゴ」という名称からも解るようにの自室のパソコンでのわずか数クリックの行動が「ネットイナゴの発生」に至るため、極めて気軽である。「餌を食らう(投稿リツイート情報拡散する等)」と行動をする的もないか、あったとしても「離婚してムシャクシャしていた」「芸人の情報だからやった」などで、その行動により最終的にどのような効果が発生するかは考慮されない。また、ネットイナゴ自身も明確な自身の規模や程度を把握していないため、予見可性のない事態に発展することもある(関係者による殺人未遂等)。極端な例では身元を特定されたネットイナゴの一部が警察等に謝罪したその数時間後には情報拡散を再開していたという例のように、被者の事情どころか自らの周囲の事情さえ考慮できないという「強度の依存性」があるともいわれており、ネットイナゴと呼ばれるような活動を行っていることも気づかず「言論の自由」「悪いのは何度も投稿を行っていた他の者で、自分ではない」など自己のみの正当性をする。

撤退の見極めがつかずに粘着を続けると、スマイリーキクチBLOG事件のように一網打尽にされることもある。この事件は最終的に被者が泣き寝入りをせず責任を追求することを決意したもので、ネットイナゴを構成していた者の氏名や住所等の情報を被を受けつつも調を行い、警察が数名を書類送検するという既成事実により大きな問題に拡大させることにより、最終的に警察ネットイナゴに対し一斉検挙の方針を見せることにまで成功したモデルケースである。イナゴは群れてこそ初めて恐ろしいのであって、1匹ずつは人間ではなく単なる昆虫である。「被者が有名人であること」であることもターゲットとなってしまった原因の一つであると共に、反撃の際の起爆剤となる「問題化」の際私人より有利(会社人や学生に対して中傷が行われていることより、芸人であることでマスコミも積極的に採り上げる)ではあるが、殺人事件の犯人であると名しされるという個々の行為の悪質さ、姿が見えない加者の不透明さは脅威でしかなく、勝算の程度と勝つまでにどれだけの損を追い続けるか、勝つことでどれだけの責任を追求できるかを考えればネットイナゴへの反撃を決断することはネットイナゴ個々が想像もできないほどの重い決意が必要であろう(事実、想像ができないために反撃を受け、情報開示され、犯罪が特定された)。

ネットイナゴの問題点は、たとえ勘違いによる(突撃)であっても“祭り”が加速していると一切止めが効かないこと(例としてyoutubeにおけるjap事件など)、そしてそれに関しても責任を取らないことである。企業倒産業または人間の死等でネットイナゴは移動するが、お祭りに挙げられる側からすれば責任の追求の所存が1匹1匹に分散しており、かつ、それを暗黙の理解として存在する(最終的に自分一匹が発生した損を弁済する可性は少ない)。仮に個々を対とし賠償の請等をめたとしても被を回復することはできず極めて甚大な被を被り、終了する。

最大の問題点

まずネットイナゴシステムとは、数千人、数万人のイナゴたちが、発見したターゲットに、各々の日常の不満や憤を押し付けることである。押し付けられた側が倒産しようが、自殺しようが、ネットイナゴは関係がないと自己弁護に終始する。そして、「自分の投稿自殺などするはずがない」といった根拠のい思い込み(自分が責任を負うはずがないという願望)を持っている。なお、ネットイナゴと違い本気で相手を追い込むことを的としている者(ネットウォッチ板に常駐している人間である)はネットイナゴとは微妙に異なる。

正義の旗印さえあれば的を餌とする価値がなくなる(飽きる)まで追い込み、また、「正義の旗印」がなくとも大勢により現在行われている行動(掲示板投稿ツイートリツイート等)を、「大勢が(群れが)現在行っているから」という理由のみで被拡散させるネットイナゴの行動の最悪の問題は、一人として社会的な利益を得ることもなく、意味も的もなく突如社会に損だけが生じる(にもかかわらず、ネットイナゴたちは「自分たちがそれをやらないと社会の不や悪を駆逐することが出来ない」と本気で思っている)という点であり、ある意味ネットの負の部分の徴とも言えるだろう。

悪意なき祭り

VIPニコニコ動画にありがちだが、攻撃意図すらまったくなく、単になんらかのきっかけで「祭りと聞いて」「駆けつけ」「聞いてきました」祭りだワッショイ」といったノリ被災地廃墟に追いやるケースもままある。

冒頭の産経記事のとおり、イナゴには善意悪意もなく、単に食欲のみで動く。そして被災地となった側からしてみれば、イナゴ悪意があろうがなかろうが結局食い荒らされ泣きを見ることに違いはない。

奇跡的な大勝利を収めたスマイリーキクチ中傷被害事件ネットイナゴの法的責任追及の可性を示した重要なモデルケースであるが、当該事件の実行者は年齢等により最終的に刑事事件としては不起訴とされ、民事での勝算をもめた場合有利に展開させるまでには至っていないようである。

民事訴訟を提起した場合ネットイナゴが社内のパソコンから活動を行った場合は企業への個別の請が必要とされ、反訴の可性もあり、最終判決までに必要な訴訟費用・期間は大で、スマイリーキクチ中傷被害事件では民事の展開を断念したとされる。

諦めたら?(ネットイナゴ談)

関連動画

関連項目

関連ネタ


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%82%B4
ページ番号: 1424245 リビジョン番号: 2310645
読み:ネットイナゴ
初版作成日: 09/02/15 03:20 ◆ 最終更新日: 16/01/09 15:36
編集内容についての説明/コメント: 概要にイナゴに関する補足を追加。ささいな豆知識ですが。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ネットイナゴについて語るスレ

2911 : ななしのよっしん :2016/09/10(土) 00:28:40 ID: PIqMP+Q9qg
>>ミイラ取りがミイラにってのはちょっと違うけど概ねあってるかもな
はそもそも匿名相手に制裁のしようがないと思うし匿名不特定多数をく状況と匿名が作品、個人、団体などをく状況とでは別なものと思う




2912 : ななしのよっしん :2016/09/13(火) 19:37:31 ID: aisIiRVB9h
不特定多数の悪意を持った匿名に制裁、反撃する方法なんて本当にあるのなら知りたいぐらい

実行に移すかどうかは分からない
2913 : ななしのよっしん :2016/09/13(火) 19:49:37 ID: JYa2IR3gPC
余計な情報を外部に発信しないこととオラつかないことが一番の予防だと思う
2914 : ななしのよっしん :2016/09/15(木) 07:12:55 ID: OILCWX9MEM
でも発言を見られるネットでこそ「沈黙は」ということだな
2915 : ななしのよっしん :2016/09/22(木) 20:17:50 ID: eXNPBSDBG+
>>2912
面と向かって反撃すると数の暴力で圧倒されて荒らされるので、
く「大義名分」を奪うのが良さげかな あとはめに対処するといいのかなあ?
デマの場合、確実な実性を明する(「人」より「物」「論」の方がよい)
コンテンツの場合、イナゴ特有のにわか知識を突いて「周囲から浮かせる」
・暴言があった場合めに削除して「周囲から浮かせる」
・「大義名分」内の矛盾ダブスタを突いて士気を下げる
イナゴ内で内紛が起こると意識が逸れ、副次的効果が得られるかも?)

>>2914
「沈黙は、雄弁は」という諺が出来た頃はの方が価値が高かったそうな……
行動を起こさないことが、必ずしも最適解という訳ではないかと。
コンテンツが食い荒らされて、機不全に陥る可性を考えるとね
2916 : ななしのよっしん :2016/09/22(木) 23:34:02 ID: L+x0o5lAZU
だから「イナゴに喰われたくなければ自分から稲になるのを避けるのが一番」
って言ってるんじゃないかな、>>2913-2914
2917 : ななしのよっしん :2016/09/22(木) 23:37:11 ID: L+kR0DpI8z
つっても、今や有名になるだけ、名前が出るだけ
下手すりゃ、そう言う悪質なところで名前出されるだけで
風評被害が凄まじい時代だからな

昔のマスコミもそう言う所あったけど、よりいっそう差別分別になってる印
2918 : ななしのよっしん :2016/09/23(金) 00:16:37 ID: eXNPBSDBG+
>>2916
「個人」の自衛は、私も>>2913-2914の「余計なこと言わない」が最適だと思う。。
こちらが動向を出さなければ、変なデマ放火されない限り安全だ。
発言一つ一つに気を遣うのはきついが、保身の保険料と考えれば仕方ないか。

「個人」でなく「コンテンツ」の場合は、デマ細な事を口実に焚き付ける場合もあるので厄介
コンテンツが荒らされてるのを棒立ちで見るわけにもいかず…
その変わり集団という特性を生かした対策案を練ること自体は有益かと。
2919 : ななしのよっしん :2016/09/23(金) 01:19:34 ID: L+x0o5lAZU
>>2917
名人の総数に対する炎上した人の割合を見るに、そうは思えない
>>2918
そういうのは一般に「関係者の火消し」と呼ばれてる部類の対抗策だけど、
明確な形にするのは必ずしもムダではないね
「つまり、懸命に>>2915みたいなことを言ってるは火消しなんだな」
と、工作がモロバレになって相手にされないリスクもあるけれど
2920 : ななしのよっしん :2016/09/24(土) 21:02:21 ID: q0kNB5w0LL
>>2912
http://cyberarts.tokyo/
http://cross-law.jp/business/index.html

法律事務所HPを見てもらえばわかるように
ネットイナゴの活動場所が2ちゃんねるツイッターなどの一般的なホームページだった場合、
簡単に発信者特定し、法的対応を行うことが可です。
下手に工作や火消しを行うよりもずっと良い結果を残すことができます。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015