編集  

ネロ・クラウディウス・カエサル・アウグストゥス・ゲルマニクス単語

ネロクラウディウスカエサルアウグストゥスゲルマニクス

ネロ・クラウディウス・カエサル・アウグストゥス・ゲルマニクス3768)とは、第5代目ローマ皇帝である。
ローマ史上、もとい世界史上1,2を争う暴君として名高い人物である。

皇帝ネロ誕生

37年、グナエウス・ドミティウス・アヘノバルブスと小アグリッピナの息子としてルキウス・ドミティウス・アヘノバルブス、後の皇帝ネロが生まれる。アントニウスの孫である共和政時代の名門出身で、はオクタウィアヌス、つまりローマの初代皇帝アウグストゥスの曾孫であった。さらに言えば母親ローマの第3代皇帝カリグラだったのである。

しかし、カリグラの治世下においては彼の一家は不遇をかこつことになる。は3歳の時に亡くなり、カリグラの手によってポンティアに流罪にされたのである。
しかし皇帝クラウディウスに変わると、転機が訪れる。は呼び戻され、49年にクラウディウスと結婚。そして息子の彼も養子、かつクラウディウスの・オクタウィアの夫として後継者ネロ・クラウディウスカエサル・ドルスス・ゲルマニクスとなったのである。
そしてクラウディウスが54年に・小アグリッピナの手で殺されると、ネロ皇帝ネロ・クラウディウス・カエサル・アウグストゥス・ゲルマニクスとなったのであった。

ネロの最初の治世5年間、いわゆるクインクエンニウムは後の皇帝からもローマ黄金期として模範とされるものであった。親衛隊長ブルス、教師セネカの二人に後見され、初代皇帝アウグストゥスの時代を範とする治世に邁進したのである。潜在的な政敵であったクラウディウスの実子・ブリタニクスが殺されると、彼の専制を阻むものはもいなくなったのである。

暴君ネロ

しかし、次第にピタゴラス、スポルスとの同性愛音楽への異常ともいえる情熱が、皇帝の悪評として噂されるようになった。さらに59年、ネロは実である小アグリッピナを殺する。また58年頃からマルクス・オト(後の皇帝オト)の妻であるポッパエアサピアに執心し、妻オクタウィアを62年に殺し、ポッパエア結婚したのである。

さらに62年にはブルスが自殺させられる。こうしてポッパエアとブルスの後任・ティゲリヌスネロの新たな専制の中で権勢を増したのである。反逆罪が復活させられ、処刑によって有者たちの財産が没収、さらには税も上昇していった。ただポッパエアとの間に63年に生まれたクラウディアはわずか4かで亡くなってしまったことが影をさした。

そんな中起きたのが64年のローマの大火である。ローマの7割を壊滅させたこの大火事に対しネロは十分な援助と、入念な将来への予防策をうっていった。しかし、この火事犯人ネロだ、と噂されるほど、皇帝ネロへの悪評は頂点にまで達していた。さらに火事の前にその年の歳入がすでに駄に使われていたこともあり、大な財政負担を抱え込むこととなる。

ネロの最期

そして財産の没収を狙ってますます反逆罪裁判が行われ、元老院からの不満が高まっていった。ついにはその念がガイウス・カルブルニウス・ピソの陰謀という形で現れる。しかしこの最初の陰謀は暗殺者スカエウィヌスの失敗によって明るみに出てしまう。ネロ教師であったセネカも自殺に追い込まれ、親衛隊の士官数人まで加担していたことが明らかになったのだ。そんなさなか、ポッパエアネロに蹴り殺される。こうして66年スタティリア・メッサリナとの3度結婚が行われたのである。

66年、ネロに対する二度の陰謀が明らかになった。コルブロをはじめとしただった元老院議員が関係しており、ネロと元老院の絶縁状態になったのだ。同年のネロギリシア巡遊も彼のイメージアップには何らつながらなかった。

そして683月、ついにガリアの属州総督ウィンデクスの反乱がおこる、これにタラコネンシスの属州総督ガルバが協した。ライン方面軍はウィンデクスを破ったものの、自分たちの令官ルフスを位に付けようとし、ますます情勢はガルに優勢に傾いていった。6月8日ついに親衛隊長サビヌスにも裏切られ、ネロはなりふり構わず逃げる算段をし始めたのである。

ネロ従たちにも裏切られ、をさまよっていると、自分のかつての解放奴隷パオンに出会う。しかし、パオンに教えられた逃亡ルートの先にあったパオンの別荘には、すでに兵士たちが待ち受けていたのである。こうしてネロは「世界は優れた芸術を失うのだ!」と叫び首にを突き立て自害したのであった。

ネロはそのまま方のドミティウスの墓に入れられたが、遺骸が冒涜されることはなかった。庶民には気前の良い皇帝として人気があったからである。彼は元老院議員のエリート層を軽んじ、不安感から彼らを敵に回したことが彼の敗因だったかもしれない。

とはいえこうしてローマユリウス・クラウディウスは滅亡し、ガルバ、オト、ウィテリウスらによって争われた位は、69年にウェスパシアヌスフラウィウスへと移っていく。

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8D%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%82%A8%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%82%B0%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%A5%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B2%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%82%AF%E3%82%B9
ページ番号: 5516547 リビジョン番号: 2558050
読み:ネロクラウディウスカエサルアウグストゥスゲルマニクス
初版作成日: 18/01/29 22:05 ◆ 最終更新日: 18/01/30 10:45
編集内容についての説明/コメント: 一部通りが悪かったか所に接続詞追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ネロ・クラウディウス・カエサル・アウグストゥス・ゲルマニクスについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2018/05/12(土) 15:25:56 ID: 5caJaMt1rF
近年の研究によって評価は持ち直しつつあるが、
それでも晩年の暴走が酷すぎたから未だに賛否は分かれる。
煬帝と一緒やね。
2 : ななしのよっしん :2018/05/23(水) 00:14:09 ID: YlKANgwyT/
そもそも暴君扱いされてるのはキリスト教徒をローマの大火の犯人にして迫したのが原因だからな

暴君扱いされてるローマ皇帝
1.キリスト教を迫した→後世キリスト教徒の憎悪の対になる
2.元老院を軽視した→貴族階級&共和政支持者に嫌われる
3.緊縮財政で娯楽を提供しなかった→ローマ市民に嫌われる
4.私生活のスキャンダルおよびライバルの謀殺
のどれかが原因で、内政や外交で何したかは大抵関係だからね
3 : ななしのよっしん :2018/05/23(水) 00:36:39 ID: MMmAln0pnF
ただの中途半端な人だよ
4 : ななしのよっしん :2018/05/23(水) 00:41:31 ID: nOKO6w8yuJ
キリスト教徒を迫したら後の歴史で確実に暴君悪魔人類の敵扱いされるからな
い事い事でっち上げられて
やっぱりキリストクソ
5 : ななしのよっしん :2018/06/01(金) 15:30:16 ID: kseIO/th98
ネロって当人の責任かわからんが死んだ結果
クラウディウスを終わらせて内戦が起こったからな
結果論的にはネロまでの間で一番評価悪い皇帝だったんじゃないかな?

者って頑ってたら評価されるってもんでもないだろうし
6 : ななしのよっしん :2018/07/26(木) 12:18:07 ID: RrJUd8hfwe
>>4
イエス様「ニコニコ大百科ユーザーの中で妄言達が大きなを出したからと言って、ニコ百の記事自体が妄言って事にはならないぞ」。
哲学者ヒュパティア「私や上の様な惨劇が置きた挙げ句にネロ陛下が濡れ衣を着せられたのなら、未だ分からなくもないですが…」
7 : ななしのよっしん :2018/07/26(木) 12:34:24 ID: nfnyjLKtT9
芸術する皇帝って古今わりといるけど就いた職業間違ってるとしか思えない
ネロの場合は母親ごり押しだから同情するけどさ

政治導者には泥臭い現実ととことんつきあえるがいるから美しいものだけ見て暮らしたい人は精神病みそう
つうか精バランスとるためにますますに芸術に傾倒して奇行が増えるというか

初期の治世やローマ大火の復支援等を見るに無能ではなかった、むしろ有能だったと思うが元老院との確執とか絶えないしやっぱ向いてないと思うわ
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829