編集  

ノイエ・ジール単語

ノイエジール

ノイエ・ジールNeue Ziel)とは、機動戦士ガンダム0083に登場するジオン残党軍「アクシズ」の試作MA(モビルアーマー)である。運用についてはデラーズ・フリートが行った。機体名はドイツ語で「新たなる標」。ただしドイツ語としては間違っており、本来ならばNeues Ziel(ノイエス・ツィール)が正しい。

概要

機体データ
式番号 AMA-002(AMA-X2, AMX-002)
名称 ノイエ・ジール
所属 アクシズデラーズ・フリート
全高 76.6m
本体重量 198.2t
全備重量 403.5t
75,800kw
1,938,000kg
装甲材質 チタンセラミック複合材
武装 メガカノン
・偏向メガ粒子砲×9
メガ粒子砲×6
・有線クローアーム×2
・大ミサイルランチャー×4
・小ミサイルランチャー×24
サブアーム×4
搭乗者 アナベル・ガトー
その他
 Iフィールドジェネレーター×4

アクシズに逃れたジオン残党によって開発されたMA。設計そのものは一年戦争時から行われていたが、当時は技術および資面の問題から建造されなかった。建造後、地球連邦に対し起したジオン残党軍デラーズ・フリート支援のため譲渡された。

そのデザイン兵器然としておらず、アナベル・ガトーいわく「ジオンの精が形になったよう」。なお、モデルアゲハチョウであるらしい。

特筆すべきはその武装であろう。ジェネレータ直結により大火力を誇るメガカノン、連射が可で劇中でも兵装として活躍した偏向メガ粒子砲に生えたミサイルランチャービームサーベルを展開できるメガ粒子砲を内蔵した有線クローアーム、サブアームと数も種類もMAとしては非常に多い。メガ粒子砲なんか一体どこにそれだけ積んでるんだか。
 特に有線クローアームはコンピューターによる支援の下、サイコミュを使用しない擬似的なオールレンジ攻撃が可である。ただし、これはパイロットの技量に全に依存しており、使いこなすには相当の腕が必要である。またメガ粒子砲クロービームサーベルとしての機を併せ持つため、もう一つの兵装として劇中でも活躍した。

また、これだけの重武装を施しながら機動性は非常に高くプロペラントタンクの装備もあいまって稼動時間も長い。

装甲がどれほどの硬さは不明であるが、Iフィールドジェネレーターを4基も装備するためビーム系兵装に対してはほぼ無敵であり、機動性の高さもあいまって捕捉も困難である。

劇中での活躍

アナベル・ガトー作戦中盤にアクシズ艦隊より譲渡され、コロニー落とし遂のため本機で奮戦。手始めにコロニー追撃艦隊を次々に撃沈し速にそのを見せ付けた。

その後、追撃してきたデンドロビウムと交戦。本機はビーム体であり同じくIフィールド持ちであるデンドロビウムと相性が悪かったが、戦闘中デンドロビウムのIフィールドジェネレーターをクローアームにて破壊し翻弄。コロニーの阻止限界点突破を成功させた。

そしてシーマ艦隊の裏切りに際し、デラーズを人質にとったシーマと旗艦グワデンのブリッジを通し対峙。シーマデラーズを射殺した際は昂しクローにてブリッジを破壊するもシーマを取り逃がす。

そのまま友軍機ともにソーラーシステム付近に展開する連邦軍、シーマ艦隊の中に突撃。多数の艦艇、MSを撃墜しつつソーラーシステムコントロール艦を捜索し発見するもすんでのところでコロニーに対しシステムの照射が開始される。しかしガトーコントロール艦を撃沈したことにより照射は中断、コロニー防衛に成功する。

ガトーコロニーの姿勢制御を実行した後、デンドロビウムと交戦する。終始互の戦いの中、クローアームによりデンドロビウムのアームを破壊し背後から隠し腕により拘束する。止めをさせる状況であったが再度のソーラーシステム照射を喰らい大きく損傷。デンドロビウムに止めを刺さずその場を去った。

作戦遂後、アクシズ艦隊への友軍部隊脱出支援のため連邦艦隊へ突撃し敵艦を複数撃沈する。しかし機体・パイロット共に限界であり、最終的にサラミスに特攻し撃沈した。

関連動画

関連静画

関連商品

 

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%AB
ページ番号: 5074479 リビジョン番号: 2236930
読み:ノイエジール
初版作成日: 13/04/21 03:10 ◆ 最終更新日: 15/07/25 12:43
編集内容についての説明/コメント: しかし機体・パイロット共に限界であり
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ノイエ・ジールについて語るスレ

25 : ななしのよっしん :2017/05/03(水) 19:38:42 ID: lpAQSgkVYf
>>24
ヴァル・ヴァロシャンブロそうだけど活躍する場を逃したと思ったら急に出てきて大暴れするのがこういうMA系統お約束なのかな?
26 : ななしのよっしん :2017/07/09(日) 12:24:37 ID: zwsGY1Llii
こいつにしろゾディ・アックにしろアクシズの連中は随分太っポンと大MA譲渡しちゃうんだな
玉砕覚悟の捨て駒同然に譲渡するくらいなら後のネオジオンのために温存しておいた方が使いもありそうなもんだが
アクシズの残党にはそんなに潤沢な資・技術があったのだろうか
27 : ななしのよっしん :2017/07/09(日) 12:48:11 ID: X2TL8D6tug
>>26
あんまり自分達のための温存ばっかりやってると
他の勢からアクシズは自分達のことしか考えてないって離反されたりしそうだし
ネオジオン健在アピール兼反連邦の取り込み的では?
28 : ななしのよっしん :2018/01/24(水) 21:35:33 ID: pcLu4r//x8
乗りこなせるパイロットがいなかったから他に回すしかなかったとか?
29 : ななしのよっしん :2018/01/24(水) 21:47:57 ID: pK/8JiMZb6
>>26

ソロモンの際のビグ・ザム」の故事にならった「作法」では?

ギレンとアクシズ、送る側の心情は違うけど、
軍事学の王道に基づいた通常兵の大量供給ができない以上、
一発逆転の戦術兵器」にジオニストの浪漫と悲壮な想いを託す、
一種の様式美の面もあると感じた。
30 : ななしのよっしん :2018/01/26(金) 22:24:48 ID: Olqs5CoQWp
>>28
カンあたりは乗りこなせそうな感じがするのだが…

あとは上にも書いてあるが強化人間やプルシリーズ補に挙がるか
31 : ななしのよっしん :2018/02/19(月) 22:20:19 ID: vbkrnS2Dwe
ビームを5門(両手も合わせると7門)も備えている。これなら対艦戦はもちろん、的の小さいMS相手でもそうそう苦労はしないでしょう。現に原作ではそうだったし。「面」も「点」」も制圧できるなんて、MAの強みである大火力と重装甲を活かしつつ、ビグロがそうだったように「内懐まで詰められると脆い」というMAの弱点もしたように見える。
そうとなるとMSとも従来のMAとも異なる機体であり、ジオン科学技術のを集めた機体ということになる。まさにジオン脅威のメカニズム
ガトーが評したように外観だけでなく、機能面でもジオンの精が形となったようだ
32 : ななしのよっしん :2018/02/19(月) 23:34:47 ID: s8u1mVAR6E
>>31
7門どころか設定上は3種16門やぞ
サブアームにも内蔵されてるらしいがそれでも数が合わない気がするが
33 : ななしのよっしん :2018/03/18(日) 08:06:44 ID: Aw0utLAEDK
オトコ・ジール(搭乗者アナルガ・ベトー)はさすがに
34 : ななしのよっしん :2018/08/21(火) 20:23:49 ID: eYjsQjs7O7
強さと麗さが両方備わったデザイン
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829