単語記事: ハイキュー!!

編集

ハイキュー!!』とは、『週刊少年ジャンプ』で2012年12号から連載されている漫画である。
作者は古舘春一。

概要

『週刊少年ジャンプ』で2012年12号より連載中。ハイキュー!!

宮城県を舞台としており、作中に登場する高校には宮城県に実在するバレー強豪校(東北高等学校)がモデルとなっている高校がある。
作者の古館は岩手県出身であるが、デビュー前に宮城県に住んでいたことがある。なお、登場キャラクターの名字は、東北地方の地名が多く使われている(特に温泉名及び温泉旅館名が多い)。

実際のバレーボールの大会とコラボレーションがされており、『天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会』や『全日本バレーボール高等学校選手権大会』でキャラクターがポスターとなっている。
2014年3月に開催された『Vプレミアリーグ男子東京大会』でもキャラクターによる場内アナウンスなどのコラボレーション企画が開催された。

2012年10月にVOMIC化されることが発表され、12月に配信された。

2013年10月にはテレビアニメ化されることが発表され、2014年4月から2014年9月まで毎日放送制作日曜夕方5時枠(日5)にて放送された。
内容は、原作の始めからインターハイ予選までである。
『ジャンプスペシャルアニメフェスタ2014』において、音駒高校に焦点をあてた番外編『ハイキュー!!リエーフ見参!』が放映された。この内容は、コミックス第15巻のアニメ付限定版のDVDに収録されている。
2014年12月20日に第2期の制作が発表された。2015年10月から2016年3月まで『ハイキュー!! セカンドシーズン』として放送された(ただし、夕方5時枠からは撤退となった)。
2016年3月20日に第3期の制作が発表、2016年秋より『ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校』として放送され、今回はTBSでも放送された。

また、2015年1月には「ハイキュー!!頂プロジェクト2015」の一環として映画化することが発表された。内容はテレビアニメ1期の総集編で、前後編の2部構成となっている。前編『ハイキュー!! 終わりと始まり』が2015年7月3日、後編『ハイキュー!! 勝者と敗者』が同年9月18日に公開。前編には新エピソードが追加される。

「ハイキュー!!頂プロジェクト2015」の一環として舞台化も決定。バレーの試合シーンは最新の映像テクノロジーを用いて再現される。演出はウォーリー木下、脚本は中屋敷法仁が担当する。2015年11月から12月にかけて東京・大阪・宮城の3都市で上演され、2016年4月に再演された。2016年11月から12月に新作が公演。

スピンオフ漫画『れっつ!ハイキュー!?』が『少年ジャンプ+』で2014年9月22日より連載中。作画はレツが担当。

あらすじ

高身長の選手が犇めくコートの中を170cmという大きくない体で活躍する選手"小さな巨人"を見て以来、バレーボールの世界に魅せられた日向翔陽はたった一人でバレーボール部を設立。しかし、中学初にして最後の公式戦で"コート上の王様"影山飛雄率いる北川第一中学に惨敗してしまう。そして翌年の春、宮城県立烏野高等学校バレー部で2人はチームメイトという形で再会することになる。

その烏野は、かつて全国大会にも出場経験がある県下有数の強豪として知られていたが、彼らが入部した時は、主将曰く「強くも弱くもない中堅」のチームだった。だが、彼らは再びインターハイ制覇、そして全国制覇を目指して挑んでいくことになる。

登場人物

声優はアニメ版 / VOMIC版の順。

宮城県立烏野高等学校

日向翔陽(ひなた しょうよう) - CV:村瀬歩 / KENN
本作の主人公。ポジションはウイングスパイカー(WS)→ミドルブロッカー(MB)。身長は162センチと背は高くないが、高い運動能力と反射神経、そして勝利への執着心を持つ。男子バレーの人気低下という背景もあって中学時代は部員に恵まれず、友人の別部員を掻き集めて大会に初出場するなど、人一倍苦労をしていた過去も持つ。
影山飛雄(かげやま とびお) - CV:石川界人 / 前野智昭
もう一人の主人公。ポジションはセッター(S)。才能は確かなものがあるが、その独善的な性格からメンバーとチームプレーができず、中学時代は"コート上の王様"と皮肉を込めて呼ばれていた。しかし、日向との出会いで少しずつ変わり始める。勉強はからっきしだが、試合では優れた判断力を発揮する。
澤村大地(さわむら だいち) - CV:日野聡 / 柳田淳一
3年生。烏野高校バレー部主将。ポジションはウイングスパイカー(WS)。突出した才能はないが、確かな実力を持っている。スパイカーながら安定したレシーブが特徴で、烏野の精神的支柱であり土台。普段は温和な性格だが、怒ると怖い。
菅原孝支(すがわら こうし) - CV:入野自由 / 宮永恵太
3年生。副主将。ポジションはセッター(S)。部員からの愛称は「スガ(さん)」。左目の下に泣きボクロがある。温和で部員からの信頼も厚い。レギュラーの座は影山に譲ってはいるのもの、影山に負けじと努力を続け、出場機会を得た際には自分なりのプレーでチームに貢献している。
田中龍之介(たなか りゅうのすけ) - CV: 林勇 / 本橋大輔
2年生。ポジションはウイングスパイカー(WS)。ハゲ坊主頭。目付きや口は悪いが、義理人情に厚い兄貴肌で、後輩への面倒みも良い。お調子者だがスパイカーとしての実力は意外に高い。試合相手には威嚇を欠かさない。
西谷夕(にしのや ゆう) - CV:岡本信彦
2年生。ポジションはリベロ(Li)。烏野の"守護神"。髪の真ん中に色のメッシュを入れている。日向よりも身長が低い。中学ではベストリベロ賞を獲得するほどの実力を持っているが、努力を怠らず向上心も高い。面倒見が良く熱い性格であるため、日向を始め他校の生徒からも慕われている。
東峰旭(あずまね あさひ) - CV:細谷佳正
3年生。烏野高校バレー部のエース。ポジションはウイングスパイカー(WS)。ヒゲにロン毛、若干老け顔のため、学生と言っても信じてもらえないことも。その見た目とは裏腹に気が小さく、傷つきやすい。対戦高校に自慢のスパイクがブロックで封じられたことが原因で、一時バレーから離れていた。
縁下力(えんのした ちから) - CV:増田俊樹
2年生。ポジションはウイングスパイカー(WS)。練習の厳しさから一度バレーから逃げ出したことがあり、負い目に感じながらも悔しさをバネに成長する。気が弱そうに見えるが田中の姉曰く2年の”首領(ドン)”。
月島蛍(つきしま けい) - CV:内山昂輝
1年生。ポジションはミドルブロッカー(MB)。皮肉屋で毒舌家。影山とは相性が悪く、よくいがみ合っては澤村に注意されている。身長が高いということもありブロックが得意で、またパワーより戦略を生かしたアタックも得意とする。反面、レシーブを苦手としている。山口といつもつるんでいる。
山口忠(やまぐち ただし) - CV:斉藤壮馬
1年生。ポジションはミドルブロッカー(MB)。月島のことを「ツッキー」と呼んでおり、彼と行動を共にしていることが多い。控えメンバーで、ピンチサーバーとして出場するも、緊張で失敗続きだった。だが、密かに特訓していたジャンプフローターサーブで本領を発揮するようになる。
清水潔子(しみず きよこ) - CV:名塚佳織 / 内田真礼
3年生。バレー部マネージャー。かなりの美人。田中や西谷、その他他校メンバーからも熱烈なアプローチを受けるも華麗にスルーしている。
武田一鉄(たけだ いってつ) - CV:神谷浩史
烏野高校バレー部顧問。バレーボールの経験はゼロで知識も浅いが、顔が広く、練習試合の取り付けやコーチのスカウトなど、指導以外の面のサポートを熱心に行っている。担当教科は現代文。そのためか言葉選びがポエミー。
烏養繋心(うかい けいしん) - CV:田中一成(1期~3期8話)→江川央生(3期9話~)
烏野高校バレー部OB。烏野高校の名将であった烏養監督の孫。武田からスカウトを受けては断り続けていたが、宿敵・音駒高校との試合により、烏野高校のコーチを引き受けることになる。
谷地仁花(やち ひとか) - CV:諸星すみれ
1年生。烏野高校バレー部の新マネージャー。小柄な体格で、それゆえ背の高いバレー部員に囲まれると、強い圧迫感を覚え、目が眩んでしまう。母親は職業デザイナーであり、その才能を見せ、大会出場の費用集めに一役買う。
道宮結(みちみやゆい)- CV:瀬戸麻沙美
3年生。烏野高校女子バレー部の主将。チームの信頼は熱い一方、試合前に畏縮してしまうことが多々あった。澤村に、想いを寄せているような描写が見られる。

青葉城西高校

及川徹(おいかわ とおる) - CV:浪川大輔
3年生。青城高校バレー部主将。ポジションはセッター(S)。影山の殺人サーブの師匠で、威力と制球力に優れたスパイクを放つ。日向いわく「大王様」。パワーとコントロールを兼ね備えたサーブを持つ。一見、チャラチャラしているが、友情に厚く、キャプテンシーも強い。また、勝負に関してはストイックな一面も持つ。
岩泉一(いわいずみ はじめ) - CV:吉野裕行
3年生。バレー部副主将。ポジションはウイングスパイカー(WS)。及川とは幼い頃からの付き合いでマイペースな彼に振り回されっぱなしだが、試合では阿吽の呼吸を見せる。エーススパイカーとして、プレーと言葉でチームを引っ張る。
田一勇太郎(きんだいち ゆうたろう) - CV:古川慎
1年生。ポジションはミドルブロッカー(MB)。影山と同じ北川第一中出身。中学時代の横暴な影山を知っており、烏野での影山を見て驚いていた。
京谷賢太郎(きょうたに けんたろう) - CV:武内駿輔
2年生。ポジションはウイングスパイカー(WS)。実力はあるが協調性に欠けるため、他の部員と上手くいかずしばらく部を離れていた。及川からは「狂犬ちゃん」と呼ばれている。

音駒高校

黒尾鉄朗(くろお てつろう) - CV:中村悠一
3年生。音駒高校バレー部主将。ポジションはミドルブロッカー(MB)。飄々とした性格だが中々の頭脳派であり多彩な攻撃スタイルを持つ。また、ブロッカーとしても優れていて司令塔である。トサカのような髪型はセットしたものではなく寝癖。
孤爪研磨(こづめ けんま) - CV:梶裕貴
2年生。ポジションはセッター(S)。内向的な性格で、かつ物事に冷静で、熱血漢とは対極にいる少年。それゆえに周りを観察する力に長けている。黒尾とは幼馴染であり「クロ」と呼んでいる。
灰羽リエーフ(はいば りえーふ) - CV:石井マーク
1年生。ポジションはミドルブロッカー(MB)。ロシア人と日本人のハーフ。ただしロシア語は話せない。バレーを始めて間もないものの潜在能力は高い。音駒のエースを自称するほどのビッグマウス。

伊達工業高校

青根高伸(あおね たかのぶ) - CV:松川央樹
2年生。ポジションはミドルブロッカー(MB)。高身長かつがっしりとした体躯で、そのブロックはまさしく「壁」。眉毛がなく目つきも鋭いので周りから怖がられているが、温厚で真面目な性格をしている。かなり無口。
二口堅治(ふたくち けんじ) - CV:中澤まさとも
2年生。ポジションはウイングスパイカー(WS)。青根と並んで伊達の”鉄壁”を担う。青根とは対照的に敵・味方に関わらず軽口を叩く。3年引退後、主将となる。性格が正反対の黄川には手を焼いている。
川貫至(こがねがわ かんじ) - CV:庄司将之
1年生。ポジションはセッター(S)。期待の「大型セッター」だが経験が浅いためまだまだ未熟である。かなり真面目で一直線な性格で、プレーもミスを謝る時も全身全霊を注ぐ。

白鳥沢学園高校

牛島若利(うしじま わかとし) - CV:竹内良太
通称「ウシワカ」。県内一の強豪校・白鳥沢学園高校バレー部主将。ポジションはウイングスパイカー(WS)。全国でもトップレベルのスパイカーで抜群の威力に加え、レフティーでもあり、それだけでも相手の脅威となっている。東京のサクサ、九州のキリュウと並び三強とも。物事に対してドライで、歯に衣着せぬ態度を執る。
天童覚(てんどう さとり) - CV:木村昴
3年生。ポジションはミドルブロッカー(MB)。読みと直感による「ゲス・ブロック」を得意とし、『ゲスの怪物 (ゲス・モンスター)』の異名で呼ばれる。
五色工(ごしき つとむ) - CV:土屋神葉
1年生。ポジションはウイングスパイカー(WS)。牛若をライバル視し、エースの座を奪おうと奮闘している。経験不足でミスも多いが、牛島もその実力を認めている。
白布賢二郎(しらぶ けんじろう) - CV:豊永利行
2年生。ポジションはセッター(S)。中学時代に見た牛島に憧れて、自力で白鳥沢に入学した。徹底して牛島を活かすトスを供給する。
瀬見英太(せみ えいた) - CV:寺島拓篤
3年生。ポジションはセッター(S)。レギュラーは白布に譲っているものの実力は白布以上。サーブも得意で試合ではピンチサーバーとして出場する。
大平獅音(おおひら れおん) - CV:丹沢晃之
3年生。ポジションはウイングスパイカー(WS)。牛島の陰に隠れているが、パワーと技術を備えたスパイカーでエース級の実力を持っている。
川西太一(かわにし たいち) - CV:大森大樹
2年生。ポジションはミドルブロッカー(MB)。状況によってブロックを使い分け、時には攻撃にも参加する器用さがある。
山形隼人(やまがた はやと) - CV:福田賢二
3年生。ポジションはリベロ(Li)。やや不安のある守備面を豊富な運動量でカバーする守備の要。
鷲匠鍛治(わしじょう たんじ) - CV:中尾隆聖
白鳥沢高校バレー部監督。優秀な選手を集めて、シンプルに個の力を伸ばす指導で白鳥沢を毎年全国へ導いている名指導者。

梟谷学園高校

木兎光太郎(ぼくと こうたろう) - CV:木村良平
3年生。梟谷高校バレー部主将。ポジションはポジションはウイングスパイカー(WS)。全国で5本の指に入るスパイカーであり、パワーのみならず打ち分ける技術も持ち合わせている。常にハイテンションだが調子が悪くなると「しょぼくれモード」と化す。
赤葦京治(あかあし けいじ) - CV:逢坂良太
2年生。バレー部副主将。ポジションはセッター(S)。常に冷静でどこか気だるげ。セッターとしての技術はもちろん、自チームや敵チーム、試合の流れなどを見通す観察眼がある。木兎の扱いもよく心得ていて、時には鋭いツッコミを入れる。

条善寺高校

照島遊児(てるしま ゆうじ) - CV:江口拓也
2年生。条善寺高校バレー部主将。ポジションはウイングスパイカー(WS)。試合を”遊び”と称し、どんな試合でも常に本気で遊び、楽しむことをモットーとしている。

和久谷南高校

中島猛(なかしま たける) - CV:阿部敦
3年生。和久南高校バレー部主将。ポジションはウイングスパイカー(WS)。自由な兄弟たちに揉まれて育った”苦労の次男”。その経験から個性的な部員達を支える。日向と同じく”小さな巨人”に憧れを持っている。『詭弁学派、四ッ谷先輩の怪談。』にも登場している。

テレビアニメ

スタッフ

  • 監督:満仲勧
  • シリーズ構成:岸本卓
  • キャラクターデザイン:岸田隆宏
  • 総作画監督:千葉崇洋、海谷敏久
  • アクション設定:甲斐泰之
  • 美術監督・設定:立田一郎
  • 色彩設定:佐藤真由美
  • 撮影監督:中田裕美子
  • 3DCGI:ダンデライオン
  • 編集:植松淳一
  • 音響監督:菊田浩巳
  • 音楽:林ゆうき、橘麻美
  • アニメーション制作:Production I.G

主題歌

第1期

1クール目オープニングテーマ

「イマジネーション」
SPYAIR
作詞:MOMIKEN
作曲・編曲:UZ

1クール目エンディングテーマ

「天地ガエシ」
NICO touches the walls
作詞・作曲:光村龍哉
編曲:NICO touches the walls

2クール目オープニングテーマ

「Ah Yeah!!」
スキマスイッチ
作詞・作曲・編曲:
大橋卓弥 / 常田真太郎

2クール目エンディングテーマ

「LEO」
tacica
作詞・作曲:猪狩翔一

第2期

1クール目オープニングテーマ

アイム・ア・ビリーバー」
SPYAIR
作詞:MOMIKEN
作曲・編曲:UZ

1クール目エンディングテーマ

「クライマー」
Galileo Galilei
作詞・作曲:尾崎雄貴
編曲:Galileo Galilei

2クール目オープニングテーマ

「FLY HIGH!!」
BURNOUT SYNDROMES
作詞・作曲:熊谷和海
編曲:いしわたり淳治 &
BURNOUT SYNDROMES

2クール目エンディングテーマ

「発熱」
tacica
作詞・作曲:猪狩翔一
編曲:tacica、湯浅翔

第3期

オープニングテーマ

「ヒカリアレ」
BURNOUT SYNDROMES
作詞・作曲:熊谷和海
編曲:いしわたり淳治 &
BURNOUT SYNDROMES

エンディングテーマ

「マシ・マシ」
NICO Touches the Walls
作詞・作曲:光村龍哉
編曲:NICO Touches the Walls &
Takashi Asano

関連動画

関連商品

コミック単行本


ノベライズ

スピンオフ

その他書籍

Blu-lay・DVD

第1期

第1巻 バレーボールBlu-ray第1巻
第2巻 バレーボールBlu-ray第2巻
第3巻 バレーボールBlu-ray第3巻
第4巻 バレーボールBlu-ray第4巻
第5巻 バレーボールBlu-ray第5巻
第6巻 バレーボールBlu-ray第6巻
第7巻 バレーボールBlu-ray第7巻
第8巻 バレーボールBlu-ray第8巻
第9巻 バレーボールBlu-ray第9巻

第1巻 バレーボールDVD第1巻
第2巻 バレーボールDVD第2巻
第3巻 バレーボールDVD第3巻
第4巻 バレーボールDVD第4巻
第5巻 バレーボールDVD第5巻
第6巻 バレーボールDVD第6巻
第7巻 バレーボールDVD第7巻
第8巻 バレーボールDVD第8巻
第9巻 バレーボールDVD第9巻

第2期

第1巻 バレーボールBlu-ray第1巻
第2巻 バレーボールBlu-ray第2巻
第3巻 バレーボールBlu-ray第3巻
第4巻 バレーボールBlu-ray第4巻
第5巻 バレーボールBlu-ray第5巻
第6巻 バレーボールBlu-ray第6巻
第7巻 バレーボールBlu-ray第7巻
第8巻 バレーボールBlu-ray第8巻
第9巻 バレーボールBlu-ray第9巻

第1巻 バレーボールDVD第1巻
第2巻 バレーボールDVD第2巻
第3巻 バレーボールDVD第3巻
第4巻 バレーボールDVD第4巻
第5巻 バレーボールDVD第5巻
第6巻 バレーボールDVD第6巻
第7巻 バレーボールDVD第7巻
第8巻 バレーボールDVD第8巻
第9巻 バレーボールDVD第9巻

CD

関連コミュニティ

関連チャンネル

関連項目

外部リンク

毎日放送制作日曜夕方5時枠(日5枠)
2013年10月~2014年3月 2014年4月~2014年9月 2014年10月~2015年3月
マギ
~The kingdom of magic~
ハイキュー!! 七つの大罪
MBS系列アニメシャワー第3部
2015年7月~2015年9月 2015年10月~2016年3月 2016年4月~2016年6月
六花の勇者
UHFアニメ
ハイキュー!!
セカンドシーズン
アルスラーン戦記
第1期
再放送
MBS「アニメイズム」 B1
2016年7月~2016年9月 2016年10月~12月 2017年1月~3月
91Days ハイキュー!!
烏野高校 VS 白鳥沢学園高校
青の祓魔師 京都不浄王篇

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%21%21
ページ番号: 4834509 リビジョン番号: 2454788
読み:ハイキュー
初版作成日: 12/02/28 16:59 ◆ 最終更新日: 17/02/01 07:41
編集内容についての説明/コメント: アニメイズムリンク修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ハイキュー!!

スパァン!! スパァン!!

日向翔陽

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ハイキュー!!について語るスレ

701 : ななしのよっしん :2016/10/11(火) 22:57:56 ID: EfABCd9QuK
>監督×→コーチ○
普通に間違った…。はずい…。
vs白鳥沢の名言『下を向くんじゃねえええええ!!!バレーは!!!常に上を向くスポーツだ』は田中さんvoiceで聞きたかった…
702 : ななしのよっしん :2016/10/14(金) 10:42:24 ID: RjT5eSEUhy
方々でも言われてるけど、鵜飼監督役は誰が引き継ぐんでしょうか?
個人的にはもう既に今期の収録は終えてて、次期で役がほかの人に変わっててほしいけれども、さすがにこれはないかなぁ・・・。
703 : ななしのよっしん :2016/10/22(土) 21:36:03 ID: cz4biAVKNV
白鳥沢って強いしそういう演出もされてるけど
イマイチ得点には繋がって無いな
1セット目も序盤のゴタゴタのうちに9点差つけたけどそこからは
ほとんど差は変わってないし2セット目も何だかんだでほぼ互角
704 : ななしのよっしん :2016/10/29(土) 12:37:07 ID: FS28l1u1hS
そこは烏野がそこまで強くなったということでいいのでは?
705 : ななしのよっしん :2016/11/06(日) 00:36:24 ID: 21/vC1Mbyd
攻撃力だけは烏野も負けてないからな、攻撃力の質は大分違うが。
にしても白鳥沢って3枚ブロックぶち抜きとかドシャットとか華があるプレイが多いな、優秀な選手が多いんだから当たり前なんだろうけど
706 : ななしのよっしん :2016/11/11(金) 23:51:27 ID: 3ujV0uQADM
ハイキュー‼始まってから人口増えてるんだなぁ。プロ選手も見てるくらいだし>BS1「ぼくらはマンガで強くなった」より

707 : ななしのよっしん :2016/11/26(土) 09:47:34 ID: RjT5eSEUhy
下を向くんじゃねぇ、バレーは常に上を向くスポーツだ!

を田中さんの声で聴けて涙出そうになったわ。やっぱりこういうシーンは聞きなれた人の声で聴けるのが一番だなってしみじみ思えた。
あと、中尾隆聖さんの語りも凄く良かった。やっぱプロは凄い。
708 : ななしのよっしん :2016/11/26(土) 10:14:30 ID: QjEYjUfZW3
烏養コーチの中の人、第9話から交代するのね。
もう少し、田中さんが長生きしていれば・・・と残念でならない。一番悔しいのは本人だろうけど。
709 : ななしのよっしん :2016/12/13(火) 02:10:28 ID: bccdNqCOL1
今回影山がいつもと違う場所だから感覚が狂う回だったけど、実際の選手でもやっぱ感覚狂ってミスしたりするんだろうか?
もしそうなら世界大会とか自分の国で開催するチームが有利になったりする?
710 : ななしのよっしん :2016/12/25(日) 14:13:23 ID: lSr8RKJQ64
プロともなるとホームだからって有利でもないし成績も左右しないよ。
国際大会でも自国で開催したがるのは経営側の収入面だから当の選手達は気にしてない
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015