単語記事: ハイドリッヒ・ラング

編集

ハイドリッヒ・ラングとは、銀河英雄伝説に登場するキャラクターである。

概要

久々にワロタ
Heidrich Lang
(R.C. ? - N.R.C. 003)

ゴールデンバウム朝銀河帝国では内務の秘密警察機関社会秩序維持局」で局長を務める。新帝国でも同様の的で設立された同「内安全保障局」の局長となる。社会秩序維持局は民衆弾圧の機関であったので開明的な新帝国では一度は止されたものの、危険な共和義者や体転覆を狙う組織・人物を監視し対応する必要はあったため、結局のところ同じような組織が作られることとなり、ラングはその長となった。

久々局長就任。こういう不分子の監視するのが昔の銀河帝国だったんだよ。新帝国は言論の自由の保障とか言っちゃうから困る」

からロイエンタールに嵌めるなど、人としてのラングは唾棄すべき人物。但し庭では良い夫・で妻子からはされており、 また孤児の為に匿名の寄付を長年続けており、私人としての彼は立な人物であるといわざるを得ない。

久々にワロタ

        _,,:-ー''" ̄ ̄ ̄ `ヽ、
     ,r'"           `ヽ.
 __,,::r'7" ::.              ヽ_
 ゙l  |  ::              ゙) 7
  | ヽ`l ::              /ノ )
 .| ヾミ,l _;;-==ェ;、   ,,,,,,,,,,,,,,,_ ヒ-|
  〉"l,_l "-ー:ェェヮ;::)  f';;_-ェェ-ニ ゙レr-{   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
  | ヽ"::::''   ̄´.::;i,  i `'' ̄    r';' }   | 久々にワロタ 
 . ゙N l ::.  ....:;イ;:'  l 、     ,l,フ ノ   | こういう記事が沢山作られた
 . |_i"ヽ;:...:::/ ゙'''=-='''´`ヽ.  /i l"  < のが昔の大百科なんだよな 今の新参は昔の
   .| ::゙l  ::´~===' '===''` ,il" .|'".    | 大百科を知らないから困る
    .{  ::| 、 :: `::=====::" , il   |     \________
   /ト、 :|. ゙l;:        ,i' ,l' ノト、
 / .| \ゝ、゙l;:      ,,/;;,ノ;r'" :| \
'"   |   `''-、`'ー--─'";;-'''"   ,|   \_

有名なAA久々にワロタ」により、2chを中心に銀英伝を知らない人にも幅広く知られている。AA銀河英雄伝説アニメ第2期において、オーベルシュタインと会話するラングの顔を描いており、かなりそっくり。この場面はオーベルシュタインラングに秘密警察再建を示するところであり、本来笑える要素はないが、AAを知るものは本意でなくとも久々に笑ってしまう。

それ以外にもラングの出番は久々に笑う場面になってしまい、取調べ中にロイエンタールの死を聞かされたラングが笑い続ける場面では「久々にワロタシンクロ率が高まる。銀英伝MADなどでラングが登場すると「久々にワロタ」や「久々に~」の弾幕られやすい。それどころか彼が登場しないMADであろうともコメント職人の手によって彼のAAが貼られる例も多々存在する。

銀英伝本編では当然ながら「久々にワロタ」のセリフはなく、また概要に示したように旧帝国や新帝国の負の側面・必要悪を担うキャラ故にシリアスな場面が多いが、何ゆえにラングAAに選ばれたかは不明であり、後世の歴史たちにとっても意見の別れるところである。 

なお、コミュニケーションアプリLINE」に徳間書店が発行した公式スタンプ
上記の表情と「ワロタ」の台詞を言うラングスタンプが含まれている。
アニメ放映から永き時を経て久々にワロタネタ公式という事になった。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%92%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B0
ページ番号: 1841766 リビジョン番号: 2428599
読み:ハイドリッヒラング
初版作成日: 09/03/09 05:59 ◆ 最終更新日: 16/11/17 00:07
編集内容についての説明/コメント: 「関連動画」に「【モデル配布】久々にワロタ【MMDでチラうら⑦】」(sm29964897)を追加。記事冒頭の氏名を太字化。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


久々にワロタ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ハイドリッヒ・ラングについて語るスレ

136 : ななしのよっしん :2016/11/15(火) 21:10:20 ID: jmEz9bg2TQ
>>135
ローエンラムは、ゴールデンバウの「皇帝の意思があらゆる法に優先する」を引き継いでいるから明文法は関係ないよ
137 : ななしのよっしん :2016/11/15(火) 21:20:44 ID: 264vV9DyaD
んー、憲兵隊は曲がりなりにも軍の一部で、要員からし軍事上がりだから、動くとなにかと立つのよ。
翻って内安全保障局は表向き他の官僚と変わらない見たのはずで、
その点憲兵隊にべて武を持たない代わりに隠密行動が高い。
要は、密偵は内安全保障局の仕事、制圧は憲兵隊の仕事って感じかな

まああとは、こういう混乱期には職重複する部署が複数できる事自体少なくない、的な考え方もできる
もともと内務所属の治安警察と軍の憲兵隊は対立することが多い、って「汚名」にもあるし
138 : ななしのよっしん :2016/11/21(月) 01:57:25 ID: oIbqaB9vSx
>>131
もちろんです、プロですから

っと新録版ベネット吹き替えに関して亡くなられた石田太郎氏の後任がまさかの若本規夫氏だったと知った時に、っ先にラングロイエンタールを思い浮かべたのは自分だけじゃないと信じている
139 : ななしのよっしん :2016/11/30(水) 20:49:40 ID: LLv49Uk8Mf
例の会議ラングロイエンタールギレしたのって、よりによってミッターマイヤー正論に横から口挟んでメンツ潰そうとした、しかも口実にカイザーの名前を使うというコンボだったからでもありそう。

プロとしてのプライドをマウントでボコボコにするように傷つけられた恨みは、当人すら想像できないくらいデカかったんだろうなあ。
140 : ななしのよっしん :2016/12/14(水) 23:24:30 ID: 7AUj5Tc+M3
ワロタの一言だけなのがちょっと違和感
141 : ななしのよっしん :2016/12/31(土) 20:35:10 ID: t2v9CzrgI5
ラング憎しみを抱くきっかけとなった冷笑をした本人であるケスラーに最終的にすがりつくってのはなかなか皮効いてる
142 : ななしのよっしん :2017/01/03(火) 16:32:25 ID: /Vhsawb69m
>>139
>しかも口実にカイザーの名前を使う
まぁこれだろ
トリューニヒトをぶっ殺した時もカイザー絡みだし

ビッテンがオーベルに飛びかかった後の一連のくだりを
ロイエンタールが聞いたらどう反応するのか私気になります!
143 : ななしのよっしん :2017/01/12(木) 22:39:58 ID: LLv49Uk8Mf
ラングの策動を思い返すと、「家族のこと考えなかったのか!」って本気でが立ってくる。庭では良き・良き夫だったろうから余計に。
思えば社会秩序維持局解体後にオーベルシュタインに売り込みに行ったのだって、自分が粛清されたら家族はどうなるんだって考えたのなら必ずしも軽蔑できないよ。

父親亡くしたといえばケンプの息子ふたりもそうだけど、あっちはのために戦った英霊の遺族。『奸臣ラング』の子供なんて素性が割れたら迫されるだろうし、不憫の上に不憫だよな……。

ただ、報奨全額寄付するって言い出した時は、夫人はちょっと心配はしたんじゃないかな。今までのあの人とちょっと違ってきてる、というか、そんな感じがして。
144 : ななしのよっしん :2017/01/14(土) 01:39:34 ID: OvSHze9ChP
でもラングってカイザーへの敬意自体は本物だったみたいなんだよね。
トリューニヒトやルビンスキーと違って見下すような発言はないし。

案外ラングは本気でロイエンタールのことをローエンラムにとって排除すべき存在だと思ってたんじゃないかな。ロイエンタールの言動に不穏さがあるのはヒルダですら慎重になるレベルだし、汚い手を使ってでもロイエンタールを排除する=ローエンラムへの忠義という感覚だったのかもしれない。

まぁその根底にあるのが個人的な嫌悪感であって、やり方も卑劣だったのが問題だったわけだが。
145 : ななしのよっしん :2017/01/14(土) 18:00:05 ID: aKfVfT9lse
>>144
いや、ロイエンタールに反逆者の汚名を着せた後は
オーベルシュタインヒルダマリーンドルフ伯、その他提督を排除して
皇帝を傀儡に自分が帝国政府の頂点に立つって野心を抱いてたから全に私欲入ってるよ
原作でもラインハルトの偉業を畏怖してはいたが、彼を謬とも不可侵とも思わなかった。
皇帝不幸ラングの幸福に直結するはずだったという心理描写がある

多分最初の頃は人並みの経緯を抱いてたんだろうけど
ロイエンタールを陥れようとする過程で欲とエゴが肥大化して
周囲の人間、それこそ皇帝ですら過小評価するようになってしまったんだろう
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015