単語記事: ハイドリッヒ・ラング

編集  

ハイドリッヒ・ラングとは、銀河英雄伝説に登場するキャラクターである。

概要

久々にワロタ
Heidrich Lang
(R.C. ? - N.R.C. 003)

ゴールデンバウム朝銀河帝国では内務の秘密警察機関社会秩序維持局」で局長を務める。新帝国でも同様の的で設立された同「内安全保障局」の局長となる。社会秩序維持局は民衆弾圧の機関であったので開明的な新帝国では一度は止されたものの、危険な共和義者や国体転覆を狙う組織・人物を監視し対応する必要はあったため、結局のところ同じような組織が作られることとなり、ラングはその長となった。

久々局長就任。こういう不分子の監視するのが昔の銀河帝国だったんだよ。新帝国言論の自由の保障とか言っちゃうから困る」

からロイエンタールに嵌めるなど、人としてのラングは唾棄すべき人物。但し庭では良い夫・で妻子からはされており、 また孤児の為に匿名の寄付を長年続けており、私人としての彼は立な人物であるといわざるを得ない。

久々にワロタ

        _,,:-ー''" ̄ ̄ ̄ `ヽ、
     ,r'"           `ヽ.
 __,,::r'7" ::.              ヽ_
 ゙l  |  ::              ゙) 7
  | ヽ`l ::              /ノ )
 .| ヾミ,l _;;-==ェ;、   ,,,,,,,,,,,,,,,_ ヒ-|
  〉"l,_l "-ー:ェェヮ;::)  f';;_-ェェ-ニ ゙レr-{   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
  | ヽ"::::''   ̄´.::;i,  i `'' ̄    r';' }   | 久々にワロタ 
 . ゙N l ::.  ....:;イ;:'  l 、     ,l,フ ノ   | こういう記事が沢山作られた
 . |_i"ヽ;:...:::/ ゙'''=-='''´`ヽ.  /i l"  < のが昔の大百科なんだよな 今の新参は昔の
   .| ::゙l  ::´~===' '===''` ,il" .|'".    | 大百科を知らないから困る
    .{  ::| 、 :: `::=====::" , il   |     \________
   /ト、 :|. ゙l;:        ,i' ,l' ノト、
 / .| \ゝ、゙l;:      ,,/;;,ノ;r'" :| \
'"   |   `''-、`'ー--─'";;-'''"   ,|   \_

有名なAA久々にワロタ」により、2chを中心に銀英伝を知らない人にも幅広く知られている。AA銀河英雄伝説アニメ第2期において、オーベルシュタインと会話するラングの顔を描いており、かなりそっくり。この場面はオーベルシュタインラングに秘密警察再建を示するところであり、本来笑える要素はないが、AAを知るものは本意でなくとも久々に笑ってしまう。

それ以外にもラングの出番は久々に笑う場面になってしまい、取調べ中にロイエンタールの死を聞かされたラングが笑い続ける場面では「久々にワロタシンクロ率が高まる。銀英伝MADなどでラングが登場すると「久々にワロタ」や「久々に~」の弾幕られやすい。それどころか彼が登場しないMADであろうともコメント職人の手によって彼のAAが貼られる例も多々存在する。

銀英伝本編では当然ながら「久々にワロタ」のセリフはなく、また概要に示したように旧帝国や新帝国の負の側面・必要悪を担うキャラ故にシリアスな場面が多いが、何ゆえにラングAAに選ばれたかは不明であり、後世の歴史たちにとっても意見の別れるところである。 

なお、コミュニケーションアプリLINE」に徳間書店が発行した公式スタンプ
上記の表情と「ワロタ」の台詞を言うラングスタンプが含まれている。
アニメ放映から永き時を経て久々にワロタネタ公式という事になった。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%92%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B0
ページ番号: 1841766 リビジョン番号: 2428599
読み:ハイドリッヒラング
初版作成日: 09/03/09 05:59 ◆ 最終更新日: 16/11/17 00:07
編集内容についての説明/コメント: 「関連動画」に「【モデル配布】久々にワロタ【MMDでチラうら⑦】」(sm29964897)を追加。記事冒頭の氏名を太字化。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


久々にワロタ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ハイドリッヒ・ラングについて語るスレ

166 : ななしのよっしん :2017/11/16(木) 02:46:14 ID: yJLdGznMi6
>>164
まったくその通りで、有能ユーモアを解し慇懃の顔の下に恐ろしく冷徹なものを持ってる一流の吏ってイメージでしかないんだよな
ロイエとの確執やルビンスキーに扇動されたとはいえ、そこまで身を崩すような人間にはまったく見えない
悪役に回るとしてもあそこまで小物化する必要はかったんじゃないかなーと今更思うわな
167 : ななしのよっしん :2017/11/19(日) 06:22:59 ID: sU7smATD6H
まあ、あの頃は第6次イゼルローン戦くらいのフォーク准将みたいな感じなんだろう。
局長に上り詰めるまで対等ないし上の立場から煽られたり失敗したりすることがなかった、間違いなく優秀なんだけど「してやられました、申し訳ございません」で済むタイミングで挫折の経験がない分致命的なタイミングでやらかしちゃったタイプ
168 : ななしのよっしん :2018/03/15(木) 14:39:01 ID: LLv49Uk8Mf
社会秩序維持局長ポストが、下級貴族だったジークマイスター民のラングだったのって、この部局自体がそういった階層向けのガス抜き機関だった可性はないかな。
あるいは、ある時期から社会秩序維持局は領地持ちの門閥貴族に対する、宮廷貴族たちの武器ともなっていた、とか。
169 : ななしのよっしん :2018/03/15(木) 15:00:19 ID: 264vV9DyaD
ジークマイスターは「社会秩序維持局の官僚」ですが、局長という記述はないです

ただ、ラングが実質初登場した4巻(初出は3巻)だと、ラングについて(社会秩序維持局長官についてではない)
政を内部からささえる権威的専制義の支柱」「内務尚書への昇進も、大いに可性のあることだった」
とまで書いてあるので、下級貴族民層を働き次第で官僚貴族に引き上げ得る装置ではあったのかもですね
170 : ななしのよっしん :2018/03/18(日) 07:58:28 ID: sU7smATD6H
ラインハルトスレもちょっと思ったけど、思想犯取締の最前線は逆にそれに感化される可性も高く(現にジークマイスターは共和義面に堕ちた)、上級貴族を配置するのは危険と判断されてるのかもしれない。内務尚書への昇進については……正直ないと思うんで、モチベ維持のための餌でしかないと思うけど。


んで、そうすると当然治安維持局自体も監視対にならざるを得ないわけで、微妙に職務が被ってる憲兵隊の思想犯弾圧は実は半分くらいは治安維持局に対して向けられていて、ひいてはそれがローエンラムにおける内安全保障局と憲兵隊の確執及び二重行政にまでつながるとか。
171 : ななしのよっしん :2018/03/18(日) 08:05:24 ID: sU7smATD6H
あ、ちょっと訂正。ジークマイスターじゃない方)は軍人であって治安維持局員じゃないから、この場合人脈を通じて上層階級を汚染しかねない層って意味です……管轄する内務尚書はさすがに一切接触しないってわけにはいかないだろうけど、接触点は最小に抑えたいという思惑。
172 : ななしのよっしん :2018/04/10(火) 05:45:53 ID: AfpYcUp2ku
あのオーベルシュタインが用いてたくらいだから職務に忠実だったんだろうな
ロイエンタールにさえ合わなければ、それなりに使える部下として良き夫として人生っ当できたろうに
173 : ななしのよっしん :2018/04/12(木) 13:16:38 ID: ax01ffa29G
>>172
何に対して忠実かってのも重要だと思うがな

日本の財務官僚のように時の政権に忠実であっても、それが国家に対して忠実であるとは言えないのと同じ

専制君主制国家において、ラインハルト心であるロイエンタールを陥れた時点で国家に対して忠実ではなかったとも言えるし
174 : ななしのよっしん :2018/05/18(金) 16:16:02 ID: XZQtaze54Z
ベリヤとかヒムラーみたいなのとラングは違うところあるんかな
175 : ななしのよっしん :2018/07/09(月) 10:07:40 ID: /qpPD42jCQ
もしロイエンタールじゃなくてビッテンフェルトあたりに罵倒されてたら
まあビッテンだしと、あそこまで憎悪しなかったんじゃないかと思う
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829