単語記事: ハシュマル

編集  

ハシュマルとは、

1.天使の位階において、第四位に数えられる『天使』たちを率いる天使の名称。
2.TVアニメ機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』に登場するモビルアーマーの名称。

ここではに2について説明する。

鉄血のオルフェンズにて初めて登場するモビルアーマーの一機である。長い尾を持った、大きくを広げたのようなフォルムをしている。見たMAとしては小さめの部類(レグナントかアーマーザガンくらい?)だが、それでも普通MSよりはかに巨大である。武装の構成はビグロによく似ている。
作中にて存在が確認されたのは29話、火星の採掘場にてフラウロスの近くに埋まっているのを発見される。大きさと得体の知れなさ故に長らくの間放置されていたが、35話にてクジャ無知と不注意により覚醒。その威容を現した。

劇中に登場するよりも前からシルエットプラモの試作品などで造形は明らかにされており、その姿形から「バルバトスにくっついてを飛びそう」「そんでハッシュ君が乗り込んでダブルオーライザーに」などといった他のない予想が為されていた。反面、ガンダム作品におけるMAという機体の伝統と特異性から、敵側に奪われて猛威を振るうのではないかと危惧する者もいた。いずれにせよ血にて描かれる初のMAであり、視聴者は期待と不安を共に抱きながら来るべき活躍に心を躍らせていた。






――が、現実々の想像をかにえるものとなった。


詳細はモビルアーマーの記事に譲るが、世界におけるMAはかの厄祭戦の原因となった代物であり、かつて億単位もの人間をせしめた怪物であることがマクギリスの口からられる。更に言うとMSはMAを討ち倒すために製造されたもので、MAは敵であるMSが近づくと再起動し暴れ出す可性があると。
MA発掘現場に急遽駆けつけるオルガマクギリスであったが、マクギリスを追ってきたイオク様MSに乗って参上。停止するよう叫ぶマクギリスであったが、聞くを持たず接近してしまう。
マクギリスの懸念は的中し、ハシュマルは起動。この世界には存在しないビーム兵器をさながら産のように放ち、大地を射抜くほどの破壊を見せつけながら高らかにその身を起こす。
――天使の名を授けられた災厄は、こうして現世にることとなった。

  • 基本性
    300年越しの再起動直後であるにも関わらず、現行で最新鋭のMSを上回る機動MSの背後に回り込んでおり、クジャ慢心を抜きにしても巨体からは想像できないスピードMSからの攻撃を意にも介さぬナノラミネートアーマーの堅さなど、プルーマの整備を考慮してもMSとの圧倒的な性差を見せつけている。作中でのクジャレギンレイズによる最大出レールガンの一撃でかすり傷すら付いたのか疑わしいほどである。
  • AIによる全自制御
    機体はAIによって全制御されているため、当然のことながら疲労もせずく、人間を殺戮し続けることが可となっている。
    また、マクギリスが述べたようにただ標を破壊するだけではなく、自ら思考し効率的な戦闘を行う高度なAIとなっている。事実MSのコクピットを念入りに破壊する、後方からハシュマル本体に対しては意味な射撃を仕掛けるMS複数機を放置し民間人が多数存在する農業プラントをっ先に攻撃するなど、徹底して人類殺戮に効率を高めた機体となっている。全くエレガントでない。
    MS戦においてもAI制御のため機体行動にタイムラグが存在せず、高い戦闘を持つ。
  • 子機「プルーマ」
    子機とも言える小MA『プルーマ』(スペイン語ラテン語で羽や羽毛の意)を多数従えており、戦闘の際にはそれらの物量を以てしての攻撃を行う。ハシュマルを中心とした先兵、ハシュマルの近接防御、後述のハシュマルへの補給と修理を担当している。
    ちなみに歳に送られたプルーマ一機がメンテナンスを受けたのだが、起動した途端に暴走決して小さくはないドック全体をズタズタにするという被害をもたらした。この際、不意を打たれたとはいえ抑え込むのにMS2機を要している。
    プルーマ自体は尾部にあたる部分に存在するドリル状の武器と機関しか兵装を持たないうえ、ハシュマル本体と違いナノラミネートが付与されていないため、射撃に対しても格闘においてもどちらかといえば脆弱な方とはいえる。しかし、プルーマの本懐はその数を利用した物量戦術にあり、複数機で対応し押し倒すことで敵の確実な排除を可としている。
  • 生産・補給・修繕
    ハシュマル本体にはプラントとしての機が搭載されており、資さえあれば限にプルーマを生産することが可となっている。そのため、時間がたてばたつほどにプルーマが増え、ハシュマル単機で大軍団を形成することができる。
    そうして生産されたプルーマの大事な役割として戦闘の他に物資の補給がある。いくら半永久的に稼働するエイブリクターを持つとは言えど、推進剤などはそれと別個に補給する必要があり、プルーマを生産するにも資は必要となる。プルーマは人を狙う他に燃料や資材を保管している倉庫を狙う知があり、必要な資・燃料を調達しプルーマ自身やハシュマル継続して戦闘や生産を行うための補給も行うのである。
    さらに、プルーマにはハシュマルに対する修繕が備わっている。そのため、多少ハシュマルが損傷してもプルーマさえいれば元通りに修繕が可となる。
    このように、ハシュマルプルーマとセットとなることで延々と人類を殺戮することができるのである。
  • 格闘兵装
    ハシュマルの格闘兵装として、尻尾腕部があげられる。脚ではく腕である。
    尻尾電気を通す事で性を持つ特殊合製のワイヤーと先端に鋭利な物で構成される「ワイヤーブレード」になっており、これを振りまわして格闘を行う。その威は高く、一撃でレギンレイズが宙を舞い、また一振りでコクピットごと装甲を切り裂くほどのものとなっている。その構造上本体の動きに全く依存することなく非常に自由な動きが可であるため、ただ相手を切り裂くだけでなく相手の絡めてきたワイヤーを逆に自在に操るなど精密かつ幅広い使い方が可となっている。この尻尾の合は厄祭戦当時の技術で作られており、戦後の技術では再現できない。
    腕部は見たままのクローとして機しており、地上では脚部としても使う事ができ、MSを踏みつぶすなどが可。大柄な機体らしからぬ運動性と片足立ちも余裕で可バランスの良さから接近する敵機に素い蹴り(殴り)をお見舞いすることができ、そのサイズも相まって速度パワーを兼ね備えた強な格闘兵装となっている。この他に腕部内に運動エネルギー弾の射出装置を持ち、細長い状の質量兵器を敵機に発射することができる。
  • ビーム兵器
    何よりも特筆すべきは、今作において初めて用いられたビーム兵器の存在である。このビーム兵器ハシュマルの中心となる射撃兵装であり、頭部に当たる部分に1門搭載されている。射撃時には頭部を展開し発射する。
    300年ぶりに発射されたにも関わらず、数m…下手すればkmにも及ぶ射程と、厚い岩盤の最中でも減衰せずのように貫通させるほどの威を有している。言うまでもないが、今までに登場した機体や武器でこれほどのパワーを持つものは一つもない。と硝煙に塗れた世界で放たれた一射は厄祭戦当時の凄まじさを容易に想像させ、パワーバランスはもとより世界観すら覆したと言えよう。
    ただライド・マッス獅電との戦闘で直撃したビームが弾かれた様に、ナノラミネートアーマーはこれほどの高出ビームですら拡散させてしまう高い対ビーム耐性を持っているため、MSやMA相手の戦闘ではほぼ用の長物となっている。それでもなおMAがビーム兵器を装備しているのは、これが人間の殺戮に有効な兵器だからに他ならない。先述のライド機との戦いでも獅電へのダメージ誘爆したによる物のみに留まっておきながら、拡散したビーム広大農業プラントを一で焦土に帰るという阿鼻叫喚地獄絵図を作り上げている(もっともプラントの人間たちに照準を定めていたため獅電が割って入らなくとも同じ結果になっていた可性が高い)。

このように強戦闘力を持つハシュマルだが、弱点があるとすれば燃料や資材自体は限りがあるため、補給さえ断ってしまえばいずれは動かなくなり、プルーマの生産も止まる。つまり、何とかして兵糧攻めを成功させれば倒せる見込みがある。これを実施するために鉄華団マクギリスは共闘戦線をり、クリュセ自治区まで伸びる間で迎撃戦を開始。
を爆破してプルーマの群れとハシュマルを分断した上で集中攻撃をかけるというものだったが、イオク・クジャンの独善的な行動により何度もプランを狂わされる。急遽ガンダム・フラウロスを実戦投入して、爆弾の代わりにフラウロスのレールガンを爆破、ハシュマルを足止めした上で、リミッターを解除したガンダム・バルバトスによって膚なきまでに破壊することに成功した。

クリュセ地に犠牲者や怪人は出なかったものの、農業プラントに多数の死傷者を出し、獅電ガンダム・バルバトスが大破、さらに三日月・オーガスリミッター解除の後遺症で右半身麻痺という障を背負うことになってしまい、作中で1機の機動兵器がもたらした被害としては最大級の被害を出してしまった。あのグレイズ・アインMS4機大破(グレイズ弐、漏影×2、ガンダム・バルバトス)という結果を出しているものの、犠牲者は1人も出していない。「鉄血のオルフェンズ」におけるモビルアーマーがいかに悪な兵器であるかを、ハシュマルはまざまざと見せつけたのであった。

動画

関連商

関連


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%8F%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%9E%E3%83%AB
ページ番号: 5458838 リビジョン番号: 2477029
読み:ハシュマル
初版作成日: 16/12/04 22:53 ◆ 最終更新日: 17/04/07 17:25
編集内容についての説明/コメント: 概要を加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ハシュマルについて語るスレ

1008 : ななしのよっしん :2017/11/11(土) 00:48:16 ID: pQg0Gmu3oL
エイブリクターがある時点でやろうと思えば余裕だぞ
というか大本のグレイグーも基本的に分子機械であり、原子変換が必要な状況を想定していないし、もっと言えば地球表層を覆う程度なら想定する必要もない
MAとべれば技術準がスッポンな現代文明ですら地球全土を覆うこと自体は不可能ではないし

ハシュマルや同等機種で部隊運用すればいいって、言われるまでもなくそれが厄祭戦当時のMAのドクトリンだった可性を摘しているのだが
ついでにプルーマはハシュマルの工の一部であり、ハシュマルをどれだけ並べてもプルーマはその分だけ増えるだろう
ハシュマルが複数いた場合にプルーマの管制がどうなるかはだが

あと質と量を伴って殴る、これ自体がこれ以上なく損耗を抑える戦略の一つなんだよ
局地的優位が意味となり時間稼ぎも困難、全体の戦線が押し込まれて確保した局地的優位は逆包囲や後方の壊滅という結果で返ってくる
こういう理不尽なことを実行できたからこそ人口の1/4を殺すなんていう桁違いの戦果を挙げられた
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1009 : ななしのよっしん :2017/11/11(土) 01:53:33 ID: ZJxflTGFws
>>1008
なんでエイブリクターがあれば錬金術が手軽にできるようになるのかさっぱりだが。

大元のグレイグーは分子機械レベルじゃ地球覆うなんてとても理だからありえないって結論になってるんですけどね。

プルーマはどう見てもハシュマルの護衛ユニットですけども。でなけりゃ背中のフォローなんてしない。そして護衛がいるってことは守らなきゃいけないってことだよね。

お前は話を聞いてないのかな。聞いてないんだろうな。
「まず量をえるには時間も資も…」「質と量がえば最強!」「だから資には限りが…」「質と量がえば無敵!」「展開と製造にも時間がかかるわけでして…」「質と量は至高!」噛み合ってないってレベルじゃない。
1010 : ななしのよっしん :2017/11/14(火) 23:12:49 ID: pQg0Gmu3oL
限のエネルギー、それもエネルギー由来の高温を利用すれば大概のことはできる
単純な電として運用しても科学錬金術が冗談抜きでできるからなあ
グレイグシナリオの最大の問題、というか現実的自己複製機械の難題であるエネルギー問題をクリアできてしまう点も恐ろしいところ

あとプルーマは護衛ユニットではないぞ
そもそもイオク隊の一件も進路上の標を潰しただけで、ハシュマルからしても守らせたという感覚ではないだろう
戦車と随伴歩兵の関係を想定しているならかなり違うし、ハシュマルプルーマにめる二の役割があるとすれば工の一部としてだろう
ハシュマルしうる戦が相手ならプルーマは時間稼ぎにさえならないし、ハシュマルを護衛するならより戦闘に特化した他のMAを持ち出すべきだろう
実際にはハシュマル単独でも十分な戦であり、想定されるドクトリンからも護衛は不要そうだが

あと人に話を聞いていないという人はだいたい自分も(ry
1011 : ななしのよっしん :2017/11/15(水) 18:48:56 ID: uK3J1IAnUv
セット運用のMAがあったのか、人工知能に修復できない損傷でもあったのか、厄祭戦時の作戦を修正できなかったのか

なんか性と行動がチグハグな感じだよね
大軍の生産・揮に過剰なまでの射程と威を持ったビームまで搭載してるのに、視界を確保しようとしないし
1012 : ななしのよっしん :2017/11/15(水) 19:04:20 ID: 3CRkDEaTdO
じゃあ知のほうも覚めた時に自分が戦っていた時代よりはるか未来で状況もまったくわからず結構パニクってたんじゃないのかな?

もしハシュマルの思考を言化したらどんな感じなんだろうか「敵は誰?味方はどこ?」とか考えてたのかな?
1013 : ななしのよっしん :2017/11/15(水) 19:11:13 ID: ZJxflTGFws
>>1010
そのような技術が存在すると言うシーンはなかったのだけども。
熱量が達成できたとして、結局のところその熱量を扱うための設備と技術が必要なわけでな。
ラスターにできるからって元素変換機にできるとは限らん。

なんで全な平原の中で親機の背中を進路にする必要があるのかさっぱりわからんが。
時間稼ぎにしたって、その稼いだ時間でビーム撃つなり距離詰めるなり逆に逃げたりできるわけだがね。遅滞行動は軍組織における基本戦術の一つ。
1014 : ななしのよっしん :2017/11/15(水) 20:11:18 ID: ZJxflTGFws
>>1011
フラウロスのダイスレイブを警してる、という説はあったな。
実際、3度も接触されるレベルで上方視界が悪いのにあんな地形に入る理由はそのぐらいだが。

まぁそれならそれで崖上に偵察役を走らせていいと思うのだけども。
1015 : ななしのよっしん :2017/11/15(水) 20:37:11 ID: pQg0Gmu3oL
>>1013
リアクターの製造技術
エネルギーみ出し装置を作れる製造基盤をフル活用すればできないことの方が少ない

というかハシュマルプルーマを製造、プルーマがハシュマルを補修、このサイクルを形作る技術の時点で頭痛くなってくる非常識っぷりなんだよなあ
現代と較してもかなり高度な技術が組み込まれたプルーマをホイホイ生産するとか理解不
それこそ原材料の収集、分類、精錬、その他諸々の工程をどれだけ圧縮すれば実現できるのか予測さえ困難だぞ
あまりにも常識が通用しない、技術の結晶もいいところ

あとハシュマルオルフェンズの一人?なのではという話は前にやっていたはず
本来のMAの軍勢がどのようなものかは推測しかできないが、少なくとも作中のハシュマルは正常な状態にないと考えた方が妥当だろう
1016 : ななしのよっしん :2017/11/16(木) 08:20:12 ID: ZJxflTGFws
>>1015
たった一機でちょっとした基地設備の電を丸ごとまかない、どうやら惑星重力圏にも気軽に出たり入ったりできるらしいレベルの凄まじい動装置を作るための技術があるからと言って、同種技術を廉価な戦闘機械の生産に使えるとは限らんぞ。

そこら中をエイハヴウェーブが飛び交ってる世界観で、通信途絶程度でバカになるような機械が生き残れるわけもないのだが。
1017 : ななしのよっしん :2017/11/23(木) 13:21:43 ID: pQg0Gmu3oL
>>1016
それこそエイブリクター本編中でさえ最低3桁後半は稼働しているからなあ
厄祭戦当時はそれこそ万単位で稼働していたようだし
さらにハシュマルプルーマが相互補する構造、これが成立している時点でMAの分子化学技術が現実を大きく上回ることは間違いない

あと通信途絶で馬鹿になる機械とはいったい
ドクトリンの崩壊によって本来の運用を大きく外れた可性は摘しているが、通信途絶がどうこうなんてあなたが初めて言及したのでは
そもそもハシュマルプルーマの描写から高度な通信兼給電が成されていることが分かる
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829