単語記事: ハジメテノオト

編集

ハジメテノオトとは、malo作の初音ミクオリジナル曲である。
初音ミクオリジナル曲の中ではかなり古参の方で、再生数が上位である名曲のひとつである。
未だにP名がつけられていない事やアップロード者作者が別人であるなど、作者については不明な点が多い。

作者名は、ニコニコ動画以外ではmaloで統一されており、タグには入っていないがニコニコ動画上でもmaloで良いらしい。

ハジメテノオトの概要

VOCALOIDの切なさを歌っているバラード曲。
「言葉では伝えることはできないけど歌なら歌うことができる」というVOCALOIDらしい歌詞である。

2007年10月14日投稿され、当初から立った荒らしなどの被に遭うこともなく、また心に歌詞メロディーから「神曲」「心曲」等と呼ばれることがしばしばある。

生時間0:00~0:25の間のツーという音は、密かにモールス信号と解釈して聴き取ることができ、それらを解読すると「HAJIMETENOOTO(ハジメテノオト)」と読むことができる。

また、この曲に心を動かされた視聴者コメントが全体的に多く、「涙腺崩壊」「いつ聞いても泣ける」とコメントする人までいる。
このことから、タグ欄にはそれを徴するように「」「」等のタグが常時つけられている。

2008年9月21日4:27にめでたくミリオン再生を達成した。また、お祝いのコメント等でコメントも同日4:57に10万を達成した。なお、記念すべき10万番コメントは『この曲好きになれてよかったよ』だった。アップされてから一年たってもなおこの曲がされている拠である。

グッドスマイルカンパニーがこの曲を用いたTVCM製作し、2009年1月5日25:30テレビ東京宇宙をかける少女(そらをかけるしょうじょ)」中で放送された。このバージョンは、現在グッドスマイルカンパニーのウェブサイトで試聴できる。また、別バージョンが、2009年1月10日(2555) TBSアニメロサマーライブ2008」中で放送された。

尻P、もとい野尻抱介のある小説作品中にもこの歌が登場するのだが、どこに登場するのかを明記してしまうのは作品の文脈上ひどいネタバレになってしまう。気になった読者諸氏にはぜひ尻Pの『南極点のピアピア動画』(ハヤカワ文庫)を読んでいただきたい。

シングルハジメテノオト/未来の歌』がiTunes Storeにて2009年4月3日より配信。

→ http://piapro.jp/karent

ハジメテノオトの関連動画

PVアコギアレンジ歌ってみた等が多数存在する。
特に3DPVVOCALOID-PVの中では本家の再生に追いつきそうなぐらいのクオリティがある。
また、長細PハジメテノオトPVにより「長細いミク」というキャラを世に送り出した。

ハジメテノオトに感動した他のPによる返歌もつくられており、いずれも、タグコメントにて本家セットで聞く事が推奨されている。

8月31日ミク一周年記念に投稿された動画
ゆにめもPアレンジ曲が投稿され、さらに間もない頃にハジメテノオト作者さんの新曲が投稿された。 また、初音ミク8人にアカペラで歌わせた作品も投稿された。 

実写要素を取り込んだMikuMikuDance動画作品も投稿されている。

作者なりすまし事件

ハジメテノオト作者なりすまし事件を参照。

ハジメテノオトの関連商品


関連コミュニティ

ハジメテノオト」と「未来の歌」の兼用のコミュです。
(元々はハジメテノオト作者さんのコミュだった)

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%8F%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%86%E3%83%8E%E3%82%AA%E3%83%88
ページ番号: 123608 リビジョン番号: 1954726
読み:ハジメテノオト
初版作成日: 08/05/22 00:03 ◆ 最終更新日: 14/01/09 11:51
編集内容についての説明/コメント: 野尻抱介『南極点のピアピア動画』との関連を加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


はじめてもらったおと

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ハジメテノオトについて語るスレ

127 : ななしのよっしん :2014/03/21(金) 20:15:47 ID: 74SuEf5WZg
動画を見ればわかるけど、1つサビ背景って、雲の向こう、約束の場所なんだよな。
根本的な所、ここでは初音ミクが特別な存在じゃない。作者名も重要じゃなかった。

今は初音ミクは特別な存在。歌を作る作曲者がいるし、喋るし、踊るし。人形ドラマすらある。
だから、この歌詞を聴いてると茫然としてしまう。強に自分に返ってくる歌詞
「あなたは何なの?」「わたしは何なの?」これにたどり着く。
考え抜いて、説明できたとき、「ああ、そうだったんだな」ってようやっと気付いてまた茫然とする。
どこか寂しい、けど悲しくはない。なかなかいよこういう曲。
128 : ななしのよっしん :2014/04/18(金) 22:43:27 ID: l2F7o503AQ
難しい詞でもないし、難解な解釈をめてくる曲でもない。
ただ直球に、「思い」を伝えに来ている感じがする。
だから記憶に残る曲だと思う。
それに、何か優しい感じがするんだよ。
129 : ななしのよっしん :2014/09/02(火) 01:13:33 ID: 0QoPKFkfSA
間違ってもボカロが嫌いになった訳じゃないんだよ
この曲が出た頃のまっすぐ歌詞の曲が好きだっただけで
今評価されるような曲の大部分は嫌いだけどそんなのは個人の好みだし
ただはやっぱりこういうストレート心にくる曲がまた聴きたい
130 : ななしのよっしん :2014/09/02(火) 03:57:09 ID: jbf5/M/AMv
それはボカロに限った話じゃない
昔から歌詞適当で単なる音合せの要素って割り切ってる
歌のほうが全体的に多い。
だから歌詞も曲も良いってなると相当限られるよ
131 : ななしのよっしん :2014/10/15(水) 00:11:13 ID: yGEpBvjIXP
最近、ていうか今年のヒット曲はかなりストレートな歌が多い気がするけどね。n-bunaとかOrangestarとか、若い世代が書く歌詞はかなり学生線から見た焦りとかが入った、率直な歌詞って感じがする。
ただ、この曲みたいな暖かさに満ちた落ち着きのある率直な歌詞は確かにあまり流じゃないかも。
132 : ななしのよっしん :2014/12/25(木) 08:27:33 ID: eZ9Nc48gx+
だとするとmaloさんは落ち着きのある年配の方だろうか…
やはりmalo伊藤社長説を推したくなるな。
133 : ななしのよっしん :2015/09/11(金) 18:50:34 ID: 8ZDvoe7boE
マジカルミライ大合唱…立ち会いたかったなぁ。
134 : ななしのよっしん :2016/01/01(金) 07:16:11 ID: c4/7wN/2j3
おまいらあけおめ。毎年最初の動画視聴はこの曲からスタートする事に決めてる。
135 : ななしのよっしん :2016/02/20(土) 16:31:44 ID: QBYz9xLhjz
この曲歌う時の最大の強敵は涙腺
136 : ななしのよっしん :2016/06/03(金) 21:09:39 ID: 7nhyvaMlyB
今日はじめて知った、明日からも聴こう
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015