単語記事: ハピネスチャージプリキュア!

編集

ハピネスチャージプリキュア!とは、東映アニメーションプリキュアシリーズ第11作となるアニメ作品である。
テーマハピネス注入(チャージ)!』、『オシャレ

概要ですわ!

2004年から放送開始のプリキュアシリーズ10周年記念作品。歴代プリキュアとしては9代にあたる。
2014年2月2日(日)から2015年1月25日(日)にかけてABCテレビ朝日系にて放送された。全49話。

初報では4人のプリキュア開され、「スイートプリキュア♪」以来となる初期メンバー2人編成となる。うち1人は初の日本国外出身のプリキュア異世界出身のプリキュア過去にいたが、外国生まれなのは本作が初である。また、シリーズでは最速となる変身直後に必殺技アイテムを持っており、これも初となるスーパープリキュア以外のフォームチェンジを駆使して戦う。その際に必要なアイテム「プリチェンカード」は、現在戦隊シリーズ平成ライダーなどで展開しているような収集要素として様々な媒体に添付される、とのこと。

この他にも"異世界を用いない地球発祥のプリキュア"、"パートナー妖精尾に名前に関連するものを付けて喋らない"、"敵勢雑魚戦闘員が存在する"、"後に黄色プリキュア追加戦士として登場する"などといった、今作のSD長峯が過去に担当した「ハートキャッチプリキュア!」に共通する要素が随所に見られる。そんな前者とは"プリキュア世界中に存在し、敵勢と戦い、それが地球規模で認知されている"という部分で大きく異なる。

また、プリキュア10周年となる本作では歴代プリキュアの面々が番組冒頭に新規書き下ろしかつ新録ボイスにて登場する事が決定。(詳しくは「プリキュア10周年記念メッセージリンク」の項へ)
そして、プリチェンカードも歴代主人公カードが発売するなど、記念すべき節を祝う体制も整っている。

スタッフ・キャストの紹介だぜ!

シリーズディレクターは長峯達也。「ふたりはプリキュアSplash☆Star」(以下SS)以降でプリキュアシリーズの演出を担当、「ハートキャッチプリキュア!」でもSDを務めた。
シリーズ構成成田良美。SSから「Yes!プリキュア5GoGo!」までの3年間のシリーズ構成ほか、プリキュアシリーズで脚本に参加。長峯・成田コンビは他に5シリーズ映画や、「聖闘士星矢Ω(新生衣編)」を手がけている。成田以外の脚本では「ドキドキ!プリキュア」からの続投である高橋ナツコ、田中仁、「探検ドリランド-1000年の宝-」からの起用となる大場ゆり、「聖闘士星矢Ω」からは若手の小山えている。
プロデューサーは「ドキドキ!プリキュア」に引き続き柴田明、音楽担当も同様で高木洋が続投。

キャラクターデザイン佐藤将。プリキュアシリーズには原画で時折参加しており、「ふたりはプリキュア」の前番組「明日のナージャ」の総作画監督も務めていた。また柴田過去に手がけた「ONE PIECE FILM」2作にて作画監督を担当、最近では「キルラキル」でも作監として関わるなど多方面で活躍している。

オープニング題歌はプリキュアシリーズ初参加の仲谷明香。元AKB48で、「AKB0048」では声優として参加していた。エンディングスマイル・ドキドキの3作連続となる吉田仁美が担当する。

キュアラブリー愛乃めぐみ演じる中島愛は、「マクロスF」のランカ・リー役、ボーカロイドメグッポイド」のベースなどで知られる。キュアプリンセス白雪ひめ役は潘めぐみで、代表作は「HUNTER×HUNTER(マッドハウス版)」のゴンフリークス、「ジュエルペット ハッピネス」の月影ちありなど。
メインの二人に”Wめぐみ”を起用しているといえる)

キュアハニー大森ゆうこ役には新人の北川里奈が担当し、初レギュラープリキュア役という大抜となった。
キュアフォーチュン戸松遥が担当。前年度の「獣電戦隊キョウリュウジャー」ではキャンデリラ(人間態による顔出し出演含む)を演じており、スーパー戦隊シリーズに続き2年連続のニチアサ出演。
ラブリー達のパートナー妖精リボンを担当する松井菜桜子はSSのミズ・シタターレ役以来、(DX2での出演を除けば)8年ぶりのプリキュア出演となる。ぐらさん役には新人で今作が初レギュラー小堀幸と、前作の「ドキドキ」同様にプリキュア妖精に新人を多く起用しているのが特徴(従来のシリーズではプリキュア及び妖精の配役は新人、中堅ベテランを満遍なく入れる傾向にあった)。若手・新人の起用について、柴田P2014年5月24日放送のテレビ朝日夏目の右腕』にて、「回数を重ねる事によって声優も成長すると共に、キャラクターも成長していく。そういう芝居を見ると楽しくなる」とその意図をっている。

そのほかブルー役には山本匠馬(「仮面ライダーキバ」で登太牙として出演)、幻影帝国側ではクイーンミラージュ役に国府田マリ子(前々作「スマイルプリキュア!」では星空育代役で出演)、幹部の一人ホッシーワ役に岡村明美(SSでは2代目霧生薫&フープ役で出演)、オレスキー役には子安武人(初代ではなぎさ、5GOGO!ではスコルプ役で出演)、ファントム役には野島裕史ハートキャッチではコブラージャ役で出演)、レッド/ディープミラー役にはプリキュアシリーズ初登場の井上和彦など、若手からベテランまで幅広い配役をえている。

ストーリーですわ!

クイーンミラージュ率いる悪の組織・幻影帝国地球を攻め始めている!

世界の各大陸で暴れるサイアークを食い止めて、みんなのために戦うプリキュアチーム情報が、
今日ワールドニュースで放送されている。いまやプリキュア世界の共通に。

サイアーク侵略されたブルースカイ王女ひめは逃げるように日本にやってきた。
 ひめブルースカイにいた地球の神様・ブループリキュアとして戦うように任されるけど、
プリキュア変身しても怖がりで、逃げてばかり。

そんなひめブルーは、プリキュア仲間さがしを勧める。ブルーが手渡したのは『の結晶』。
これがあれば、パートナーを導いてくれるという。
人見知りひめにはうれしいアイテムだけど、それでもどうしていいのかわからないひめ

「これが当たった子がお友達!」と『の結晶』を放り投げる。
そして、当たったのが愛乃めぐみだった!

朝日放送ハピネスチャージプリキュア!公式サイトより引用

登場人物だぜ!

スタッフですわ!

主題歌ですわ!

小ネタだぜ!

関連静画ですわ!

関連立体ですわ!

関連商品ですわ!

玩具

CD

Blu-ray Disc

ゲーム

漫画版単行本・関連書籍

関連コミュニティですわ!

関連項目ですわ!

プリキュアシリーズですわ!

外部リンクですわ!


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%8F%E3%83%94%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%82%A2%21
ページ番号: 5180417 リビジョン番号: 2309350
読み:ハピネスチャージプリキュア
初版作成日: 13/12/14 10:17 ◆ 最終更新日: 16/01/05 18:27
編集内容についての説明/コメント: まほプリ追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ハピネスチャージプリキュア!について語るスレ

5710 : ななしのよっしん :2016/10/28(金) 23:28:28 ID: K09KDgqg5G
設定や世界観は悪くない、ストレートヒーローものに近くてプリキュアらしくないのかもしれないが自分は好きだ
5711 : ななしのよっしん :2016/10/29(土) 12:12:07 ID: dIEABMNq+E
>>5709
これはどちらかと言うと、幸福と不幸は隣り合わせと言う事を示しているんじゃないかと思ってる
詳しくそれを描写する事自体に意味があるのではなくて、彼らとは違って仲間と言う
繋がりを持っているプリキュア勢と対させる事が重要なわけだし
5712 : ななしのよっしん :2016/10/30(日) 02:57:15 ID: 10WtDmji4Q
主人公サイドと敵サイド本質的に同じってのは話を理解する上で重要なポイントだよな
レッドは自分のを本当に愛していたからこそ深く悲しみ、ブルーを妬むようになった
ミラージュブルー愛し心から世界のために身をげてきたからこそ世界を憎むようになった
一歩間違えればめぐみ闇堕ちする可性は大いにあったし、現にがそうなった
5713 : ななしのよっしん :2016/10/30(日) 16:55:42 ID: cYf4DecDCT
めぐみだけに絞って見ても背景設定がクッソ重い癖(母親病気やそれに由来するメサコン)にそれの消化(解決してはい)だけはハイスピードでこなしちゃったから余計人物像がアンバランスになっちゃってるんだよね
逆にその重さが明確になってかった序盤や映画では単純に「度が過ぎる事もあるけど世話焼きで優しい女の子」ってキャラで落ち着いてるから見てて安心感があるわけで

>>5705
作画って意味では当時の東映環境の悪さもあったからね
あの年は年3本も1年物アニメやっててどこも作画酷かったし

デザイン的な意味ではやっぱ前後の作品とべてもどうしても没個性的になっちゃうよなぁ
アイドルグループ意識してメンバーで共通のジャケットにしたり工夫はあったけど逆に言えばマイナーチェンジでしか誤差しかなかったわけで
あとはやっぱイノセントフォームの地味さ+化粧とも言い難いあの厚化粧が良くなかったと思う
同時期に出た映画限定のスーパーハピネスラブリーは全然薄口だったし
5714 : ななしのよっしん :2016/10/31(月) 02:11:14 ID: 10WtDmji4Q
まあ、「絵」のことを言われたら何も言えないというかなんというか
東映仕事抱えすぎてたというのもあるし
化粧の件はスマイル変身バンクエースの口の流れとも言われているし
BDパッケージも前後とべられてdisられているし

なにより44話のめぐみ号泣シーンが絵面のせいでネタとしか見られていないのが悔しい
あれは世界する人のために身をげた結果自分が失恋して悲しい思いをする不条理と
それがミラージュレッドと共通するというストーリー上重要なシーンのはずなのに
5715 : ななしのよっしん :2016/10/31(月) 02:14:30 ID: DPXTPEmEuY
いや、あの号泣シーンネタとしてしか見てないなんて
そもそもまともに見る気がないだけでしょ
5716 : ななしのよっしん :2016/11/14(月) 02:44:15 ID: 10WtDmji4Q
>>5715
そういうに限って、だけはデカいのよ。残念ながら
5717 : ななしのよっしん :2016/11/15(火) 16:07:42 ID: yAR0hydVBj
ナマケルダ無職引きこもりだと思ってたけど違うんだな普通社会人だった事に驚いた。
5718 : ななしのよっしん :2016/11/30(水) 15:12:49 ID: GcaDjuuogy
ハピチャ放映当時に性おじさんがいたら、
「いおな!性の喜びを知りやがってゆるさんぞ!グギィィ!」ってなってたんだろうな
5719 : ななしのよっしん :2016/12/04(日) 17:47:26 ID: dIEABMNq+E
めぐみに関しては滅丁寧に描いていると思うよ、ただ本人にらせたりしないから分かりづらいだけで
例えば母親病気より自分の事を考えて欲しいと言われたシーン
めぐみのあり方がその母親があったからこそ成り立っているから
実質自分自身を否定されたのも同じ、だからその後になってる
でもそれを大げさに表現しない事が実にめぐみらしいと思う
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015