単語記事: ハヤテのごとく!

編集

ハヤテのごとく!とは畑健二郎が『週刊少年サンデー』に連載していた漫画、及び、それを原作としたアニメライトノベル等の事。ジャンルパロディギャグまんがラブコメディ……のはず。(2017年 20号にて完結
一応のジャンルは「執事喜劇」である。
ちなみに、本家ウィキペディアでは「ギャグ漫画」として記事が作成されている。

ギャグ漫画なのか、ラブコメなのかは、読み手の判断にお任せします。

粗すぎるあらすじ

幸薄い高校生綾崎ハヤテは、な生活を続ける親の代わりに年齢を偽ってまでバイトをして一家の生活を支えていた。しかし、両親は彼を約一億五千万円の借のカタにヤクザに売り飛ばして姿を消してしまう。
取りのヤクザに追われ、途方に暮れたハヤテ(所持12円)はパーティーから抜け出した大富豪お嬢様三千院ナギと出会う。そして、彼女を誘拐して身代を得ようと画策する。

・・・が誘拐はあっさり失敗。
その過程で互いに様々な誤解が重なった末、ハヤテ執事としてナギに仕える事になる。
ハヤテは引き篭もり気味なナギを立な人間に導くべく、仕事や勉学に日々努しつつ、お屋敷や学園に現れる様々な美少女達とのフラグを(自覚に)乱立するのだった。

アニメ版

4度のテレビアニメ化に加え、劇場版制作されている。なぜか制作会社がやたら変わる。
詳しくは個別記事へ。 

全てニコニコ動画で配信されている。TVアニメの一話はいずれも無料

第一期 ハヤテのごとく!

制作会社はシナジーSP2007年4月より放送開始。全52話。

土曜日午後34時もとい日曜日朝10時という大きいお友達にはちょっと見づらい時間帯だったのが敗因か、話題性の割にはいまいちな反だった(ニコニコ動画内での話であり、一般層からの評価は低くない)。
しかし土曜深夜アニメ日曜アニメ&特撮ハヤテと連続で見る猛者も多く存在した。

ストーリーは当初、原作漫画とほぼ同じであったが、徐々にオリジナルエピソードが増え始め、39話、51話ではアニメオリジナル最終話も描かれた。最終回52話では原作通りの設定に戻り、放映当時の原作で描かれていた日時より未来を描いた外伝RADICAL DREAMERS』がラストを飾った。

楽曲

オープニングテーマハヤテのごとく!」(1話~26話)
作詞 - KOTOKO / 作曲編曲 - 高橋一矢 / 歌 - KOTOKO
オープニングテーマ七転八起☆至上主義!」(27話~52話)
作詞 - KOTOKO / 作曲編曲 -C.G mix / 歌 - KOTOKO
エンディングテーマproof」(1話~13話)
作詞 - MELL / 作曲編曲 - 高橋一矢 / 歌 - MELL
エンディングテーマ「Get my way!」(14話~26話)
作詞 - 川田まみ / 作曲 - 高橋一矢 / 編曲 - 高橋一矢・尾崎武士 / 歌 - 川田まみ
エンディングテーマ「Chasse」(27話~39話)
作詞 - KOTOKO / 作曲 - 高橋一矢 / 編曲 - 中沢伴行・井内舞子 / 歌 - 詩月カオリ
エンディングテーマ「木の芽」(40話~52話)
作詞作曲 - IKU / 編曲 - 高橋一矢 / 歌 - IKU

ドラマ版

2011年6月19日より、台湾テレビ局GTV(八大電視)及び制作会社・可際で実写ドラマ版が放映された。
綾崎ハヤテ役をジョージ・フー、三千院ナギ役をパク・シネマリア役をティア・リーが演じる。
韓国フィリピンシンガポール上海などでも放送が行われている。

日本においても、「ハヤテのごとく!~美男<イケメン>執事がお守りします~」のタイトルで放送決定。
スカパー!DATVにて10月27日より放送開始。2012年3月12日よりDVDBOXが発売された。

マリアが女執事であったり、ナギ大学生であったり、伊澄男性であったり、
歩が登場せず、代わりにヒナギクと設定が混じっているなど、ストーリー原作とは異なる模様。

日本ファンからは「台湾ドラマなら少しは期待できる」、「が得するんだ」など、賛否両論である。

ニコニコ動画では

現在ほど規制が厳しくなかった1期、2期の放送当時でも、本編アップするとすぐに削除されるという危険な作品だった。MADですら削除になるため、本作はニコニコ動画内ではそれほど盛り上がりを見せることはなかった。

このことから、MADを含めて全てを削除にしてしまうと、そのアニメそのものへの興味が失せてしまう……
……という考え方もあるが、権利者からしてみれば、動画断使用に対する削除依頼は当たり前の行為なので、削除について作者権利者を責めるのは、お門違いである。

ちなみに原作者の畑健二郎氏はニコニコ動画を観ているので、以下の関連動画のように観てもらえる事があるかもしれないし、好評ならばバックステージでコメントしてもらえるかもしれないし、場合によっては本編ネタに使用してもらえるかもしれないし、何も無いかもしれない。

それでもたちはまた動画を作るよ。

関連動画

先生も観たヒナギクドミノhttp://www.websunday.net/backstage/hata/174.htmlにて言及)

他にも、パロディなど色々上がっている動画の一部を紹介。ちなみにアニメの関連動画見せられないよ!

主な登場人物

関連コミュニティ

関連商品


関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%8F%E3%83%A4%E3%83%86%E3%81%AE%E3%81%94%E3%81%A8%E3%81%8F%21
ページ番号: 50396 リビジョン番号: 2490664
読み:ハヤテノゴトク
初版作成日: 08/05/17 10:26 ◆ 最終更新日: 17/05/17 15:41
編集内容についての説明/コメント: 完結に関する文章記入
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


週に一度の練習

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ハヤテのごとく!について語るスレ

698 : ななしのよっしん :2017/06/16(金) 23:05:10 ID: rNtH4w/wa8
 限定版の最終巻よんだので
 ハヤテの親周りとかを最終回までに終わらせたのは良かったと思うけど、個人的には西沢さんと先生あたりの話をよみたかったなぁとも思う
 でもマリアの設定が一番驚いたわ
 読み始めた頃はナギと同い年くらいだったのに気がつけばマリアさんよりも年上になってしまった・・・13年間の連載お疲れ様です
699 : ななしのよっしん :2017/06/16(金) 23:14:56 ID: DRdBnySURq
>>684
最近のサンデーからしてちゃんと難に終われたってのは作品としてものすごく幸せなことだと思う
700 : ななしのよっしん :2017/06/18(日) 21:17:11 ID: GFeha8bxSY
51巻と52巻のスペシャルブック付を買った。
本編を含め、マリアさん関連のエピソードが入っていたのがよかった。
>>698の言う通りのマリアさんハヤテの関係設定は驚いたね。
前々から一部のファンサイトでハヤテマリアさんのあの関係説は噂されていたけど実際に原作者から聞くと驚くよ。
ただやはりマリアさん本編でその関係ってほしかったな・・・。
モブキャラならともかくマリアさんメインヒロインだしやはり本編明らかにしないのはもったいない気がする。

個人的にもうちょっと連載して欲しかったな。
ハヤテがほぼ全員女性キャラ誕生日覚えているみたいだしとかの誕生日話とかやってほしかったな。
咲夜ワタル伊澄をあきらめた事に関してどう反応するかも見たかった。
701 : ななしのよっしん :2017/06/20(火) 15:11:47 ID: gwo/h05h4E
>>700
確か誕生日はやってなかったっけ?
まあ、11月がすっ飛ばされたのは悲しいのは同感で、ハヤテ誕生日ナギバイト的であったはずだし、何か消化不良
先生学校やめる話も、ちゃんとやってくれたらいい話になったような気がする分だけ体ないし、ラストヒナギク竹刀パスする所の印ももっとよくなったんじゃないかなって
もはや52巻ともなればあと1巻か2巻分くらい続いても構わんだろと思うんだけど、まあラストはちゃんとやり切ってくれたから許す
702 : ななしのよっしん :2017/06/21(水) 15:04:53 ID: sZ9AepIQfD
ハヤテの両親って何でクズなの?サイコパスっぽい感じがする
703 : ななしのよっしん :2017/06/21(水) 18:23:15 ID: ldeALYHc1E
そういう舞台装置だからとしか。
キュゥべえが何故外道なのかを聞くようなもん。
704 : ななしのよっしん :2017/06/22(木) 06:27:37 ID: UFqd82E+bL
単なる舞台装置とは思えないくらい気持ちの悪いクズだった
絶対モデルいるだろ、あれ
705 : ななしのよっしん :2017/06/22(木) 22:18:10 ID: gwo/h05h4E
何だその根拠のない断言は……
モデルがいてもおかしくはないけど、「とにかくハヤテ不幸にしようとしたら両親があんな感じになった」でも何も問題はないと思う
706 : ななしのよっしん :2017/06/23(金) 19:03:05 ID: ldeALYHc1E
遅ればせながら最終巻読んだけど、やー、満足した。
途中、アテネ微妙ルカ微妙アパート微妙同人誌微妙、「屋敷で騒いでる頃が一番良かった」と、読者たちの色んな愚痴にしてきて。
それでもはこの漫画が好きだ、この漫画は今でも面い、と口では言っていたものの、正直の中にも迷いが生まれてて。
だからこそ、ナギのあの願いにはきゅっと来てしまった。
こういう、読者自身が言ってきたことのしっぺ返しを本編に食わされた、って展開、他の作品でも最近体験した気がするんだけどなんだったっけ。
まあなんにしても、この漫画を好きでい続けてよかったなと思いました。
あと成長したナギすごくかわいい。年齢引き上げられてた実写版をふと思い出した。
707 : ななしのよっしん :2017/06/26(月) 18:09:59 ID: cxSQiStVJY
最終巻読了。
ハヤテの両親、まさか最後の最後にヒスイをつけられるとは…
「どこかでハヤテが一矢報いるのでは」なんて予想してたら、もっとドギツいのが飛んできやがった。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015