単語記事: ハヤテのごとく!

編集  

ハヤテのごとく!とは畑健二郎が『週刊少年サンデー』に連載していた漫画、及び、それを原作としたアニメライトノベル等の事。ジャンルパロディギャグまんがラブコメディ……のはず。(2017年 20号にて完結
一応のジャンルは「執事喜劇」である。
ちなみに、本家ウィキペディアでは「ギャグ漫画」として記事が作成されている。

ギャグ漫画なのか、ラブコメなのかは、読み手の判断にお任せします。

粗すぎるあらすじ

幸薄い高校生綾崎ハヤテは、な生活を続ける親の代わりに年齢を偽ってまでバイトをして一家の生活を支えていた。しかし、両親は彼を約一億五千万円の借のカタにヤクザに売り飛ばして姿を消してしまう。
取りのヤクザに追われ、途方に暮れたハヤテ(所持12円)はパーティーから抜け出した大富豪お嬢様三千院ナギと出会う。そして、彼女を誘拐して身代を得ようと画策する。

・・・が誘拐はあっさり失敗。
その過程で互いに様々な誤解が重なった末、ハヤテ執事としてナギに仕える事になる。
ハヤテは引き篭もり気味なナギを立な人間に導くべく、仕事や勉学に日々努しつつ、お屋敷や学園に現れる様々な美少女達とのフラグを(自覚に)乱立するのだった。

アニメ版

4度のテレビアニメ化に加え、劇場版制作されている。なぜか制作会社がやたら変わる。
詳しくは個別記事へ。 

全てニコニコ動画で配信されている。TVアニメの一話はいずれも無料

第一期 ハヤテのごとく!

制作会社はシナジーSP2007年4月より放送開始。全52話。

土曜日午後34時もとい日曜日朝10時という大きいお友達にはちょっと見づらい時間帯だったのが敗因か、話題性の割にはいまいちな反だった(ニコニコ動画内での話であり、一般層からの評価は低くない)。
しかし土曜深夜アニメ日曜アニメ&特撮ハヤテと連続で見る猛者も多く存在した。

ストーリーは当初、原作漫画とほぼ同じであったが、徐々にオリジナルエピソードが増え始め、39話、51話ではアニメオリジナル最終話も描かれた。最終回52話では原作通りの設定に戻り、放映当時の原作で描かれていた日時より未来を描いた外伝RADICAL DREAMERS』がラストを飾った。

楽曲

オープニングテーマハヤテのごとく!」(1話~26話)
作詞 - KOTOKO / 作曲編曲 - 高橋一矢 / 歌 - KOTOKO
オープニングテーマ七転八起☆至上主義!」(27話~52話)
作詞 - KOTOKO / 作曲編曲 -C.G mix / 歌 - KOTOKO
エンディングテーマproof」(1話~13話)
作詞 - MELL / 作曲編曲 - 高橋一矢 / 歌 - MELL
エンディングテーマ「Get my way!」(14話~26話)
作詞 - 川田まみ / 作曲 - 高橋一矢 / 編曲 - 高橋一矢・尾崎武士 / 歌 - 川田まみ
エンディングテーマ「Chasse」(27話~39話)
作詞 - KOTOKO / 作曲 - 高橋一矢 / 編曲 - 中沢伴行・井内舞子 / 歌 - 詩月カオリ
エンディングテーマ「木の芽」(40話~52話)
作詞作曲 - IKU / 編曲 - 高橋一矢 / 歌 - IKU

ドラマ版

2011年6月19日より、台湾テレビ局GTV(八大電視)及び制作会社・可際で実写ドラマ版が放映された。
綾崎ハヤテ役をジョージ・フー、三千院ナギ役をパク・シネマリア役をティア・リーが演じる。
韓国フィリピンシンガポール上海などでも放送が行われている。

日本においても、「ハヤテのごとく!~美男<イケメン>執事がお守りします~」のタイトルで放送決定。
スカパー!DATVにて10月27日より放送開始。2012年3月12日よりDVDBOXが発売された。

マリアが女執事であったり、ナギ大学生であったり、伊澄男性であったり、
歩が登場せず、代わりにヒナギクと設定が混じっているなど、ストーリー原作とは異なる模様。

日本ファンからは「台湾ドラマなら少しは期待できる」、「が得するんだ」など、賛否両論である。

ニコニコ動画では

現在ほど規制が厳しくなかった1期、2期の放送当時でも、本編アップするとすぐに削除されるという危険な作品だった。MADですら削除になるため、本作はニコニコ動画内ではそれほど盛り上がりを見せることはなかった。

このことから、MADを含めて全てを削除にしてしまうと、そのアニメそのものへの興味が失せてしまう……
……という考え方もあるが、権利者からしてみれば、動画断使用に対する削除依頼は当たり前の行為なので、削除について作者権利者を責めるのは、お門違いである。

ちなみに原作者の畑健二郎氏はニコニコ動画を観ているので、以下の関連動画のように観てもらえる事があるかもしれないし、好評ならばバックステージでコメントしてもらえるかもしれないし、場合によっては本編ネタに使用してもらえるかもしれないし、何も無いかもしれない。

それでもたちはまた動画を作るよ。

関連動画

先生も観たヒナギクドミノhttp://www.websunday.net/backstage/hata/174.htmlにて言及)

他にも、パロディなど色々上がっている動画の一部を紹介。ちなみにアニメの関連動画見せられないよ!

主な登場人物

関連コミュニティ

関連商品


関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%8F%E3%83%A4%E3%83%86%E3%81%AE%E3%81%94%E3%81%A8%E3%81%8F%21
ページ番号: 50396 リビジョン番号: 2490664
読み:ハヤテノゴトク
初版作成日: 08/05/17 10:26 ◆ 最終更新日: 17/05/17 15:41
編集内容についての説明/コメント: 完結に関する文章記入
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


週に一度の練習

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ハヤテのごとく!について語るスレ

750 : ななしのよっしん :2017/10/30(月) 21:45:22 ID: gwo/h05h4E
>>748
何でそんな考え方になるんだよ……
「あり得た過去」と「実際の今」を並べて後者を選ぶってのはつまり、「ハヤテに受け入れられること」以上に「現在までの積み重ね」を肯定したってことだろ
よっぽど悪意を持って読まない限り、そこで逆に「最初が間違いだったからこれまでが全部間違いだったのだ」というには解釈しないと思うのだが

主観としては、受け入れられる部分は受け入れるし、そうでない部分に関しては分かるようにいってくれという姿勢のつもりだった
そう見えなかったのなら謝るが、お前の方がそういう姿勢で話していないというのは確かだな
「実際のところこの漫画がどうなのかを話し合う」のではなく、「自分の意見を相手に認めさせる」ことだけを考えて話してるだろ
少なくとも744の書き込みは、自分と意見が違う人間全部に喧を売っている
こういう場にそういうがいると、先に反論が面倒臭くなったが負けになる議論しかできない
はそんな不毛なことはしたくないけど、だからといって好きなものに勝
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
751 : ななしのよっしん :2017/12/10(日) 05:32:24 ID: ukwpbodQ3p
最終話だけど......ベテラン作家なだけあって丁寧にまとめられている上に作者自身も「精一杯描きました」と言っている以上、ひとりのファンとしては受け入れるべきことなのだろうね。

ただ、本音というか本心を言うなれば......不幸執事と駄お嬢様が織りなす初期のラブコメから楽しく読んでいた身にとって、この最終話はその今まで楽しかった想い出を否定されたような感じがして何とも言えない悲しさがこみ上げてきたよ。

まぁ、そういう意味では>>748の気持ちも分からなくはないよ。
ファンとしての態度はよろしくないけどね...。
752 : ななしのよっしん :2017/12/10(日) 06:19:33 ID: qteAU7RKnL
長く続きすぎて駄作になった好例
753 : ななしのよっしん :2017/12/11(月) 12:56:28 ID: A5lZfd6lTi
原因はどちらかと言うと「作者が描きたかったものと読者読みたかったものとの食い違い」じゃないかな?

つまり、読者が『ハヤテのごとく!』にめていたものは「ラブコメ」であって決して「成長譚」ではなかった、ということでね。

最初からそのスタンスだったら良かったのだろうけど・・・まぁ、その場合だともっとい段階から打ち切られていただろうな・・・。
もしくは別の作品で描くとか・・・そう言えば以前似たような連載をやって盛大に打ち切られていたな・・・。

・・・どちらにしても滅びは免れなかったのかな・・・・・・?
754 : ななしのよっしん :2017/12/11(月) 14:06:01 ID: urF6d7tpPS
とっくにいろいろな意味で終わった作品でそんだけ熱くれる時点でお前ら仲いいじゃん、って感じだな
755 : ななしのよっしん :2017/12/11(月) 18:18:19 ID: A5lZfd6lTi
>>754
昔は良かったんだよ・・・と言うと懐古義っぽくてあまり良くないけど、事実昔は面くてみんな水曜日が来る度に読んでいたのさ。
そして、それだけにこんな最後を迎えてしまってみんな余計に悔しいのさ、きっと・・・。
756 : ななしのよっしん :2017/12/11(月) 18:23:09 ID: C2EKTaJC6u
初期の(アニメで言えば一期までの)パロディ織り交ぜたドタバタラコメっぽい頃が一番面かったと思う
正直共同生活編からは観る気しなくなったわ…
757 : ななしのよっしん :2017/12/11(月) 18:37:58 ID: ypzX2YiHp4
というかパロディメインラブコメものとしか認識してなかったあの頃
ま、読者の要望&作者の適正と作者の描きたいものが違うってのはよくあることだな
758 : ななしのよっしん :2017/12/12(火) 06:55:58 ID: I+6f+oDp3a
しかも何故か話に伴って絵もコマ割りもしく劣化したからな・・・
759 : ななしのよっしん :2017/12/12(火) 10:09:10 ID: urF6d7tpPS
最終的に見るとそもそもコメディじゃなかったからな…
ハヤテ環境も最初はギャグ漫画っぽく捉えていたが、両親は本当にの心の底からガチクズだった。
どういうシメ方をされたのかわからんが、凌遅刑でも生ぬるいわあいつら。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829