単語記事: ハリアーP

編集

ハリアーPとは、NovelsM@ster作品を中心に投稿している動画制作者(プロデューサー)である。

概要

初投稿2007年11月01日アイマスでなくらき☆すたMADであった。その後『○○キャラで名言集シリーズ投稿し、そして2009年2月22日に iM@s寸劇 Vol.01『アイドル紹介中・ハラハラ閲覧中』ニコマスデビュー

作風

【ノベマス】Welcome to Underground【短編】
【ノベマス】雪歩の一人暮らし【短編】

・全キャラ手描きしたり、PV動画製作したりとネタの引き出しの多さと投稿間隔の短さには定評があり、『ノベマス短編』や『響き渡る声』、『アイドル・ジハード』等、複数のシリーズを手がけ、また完結させている。
(Pのブログでも1コマ漫画の『残りひとつ』シリーズや、『白雪の詩集』などが開されている)

・Pの手書き作品におけるアイドルは独自のキャラ付けがなされている。
特に春香伊織の3人は『鬼畜リボン』と呼ばれている。

・作中のBGMには公式アイマスBGMをほとんど使用せず、既存の映画ドラマゲームサントラなどの楽曲を用いている。これはPの「アイマスBGMアイドルがあってのもの」という考えからである。幅広いジャンルからBGMを選択しているが、特に『池袋ウエストゲートパーク』『ギルティギアシリーズ』のBGMは使用頻度が高い。
また印的なドラムのSE(あえて文字化するなら「ティン!」)もPの作品を特徴づけている。

P名について

P名iM@s寸劇シリーズ第9話水瀬伊織が「ハイヤー(運転手付きの)」に乗って帰るはずが、誤植で「ハリアー(イギリス戦闘機)」で帰ると発言したことに由来する。
ハリアーVSTOLなので滑走路がいらず、本気を出せば送迎に使えなくもないが、誤植だったか本当に戦闘機に乗せるつもりだったのかは本人からは特にコメントはない。

本人によるとブログでは「ハリアーP」、ニコニコでは「ハリアー」、pixivでは"harrier"を名乗っているが、それ以外では「ハリアーP」を名乗ることはないとのこと。

高速ハリアー

投稿間隔があまりに短かったため、P名にちなんで『高速ハリアー』というタグをよく付けられていた。
稀に『寝ろ』関連のタグを付けられる事すらあった。

・その更新速度を支えていたのは就業中のき時間に自由パソコンを使える環境であったが、
ブログにて職場環境の変化によって前ほどの更新ペースは保てない、という宣言がされた
が、それでも週刊に近いペースで作品をアップロードしていたり、
第三次ウソm@s祭りに4作同時、第七次ウソm@s祭りに3作同時で参加したり、最新作の「The Princess of Tennis」では連載開始から1かで14話投稿していた。

・最近は静画投稿となっており、に1~2回のペースに落ち着いている。

最新話

現在は『ノベマス短編』、『アイドル・ジハード』、『ロマンティック サ・ガ』、『The Princess of Tennis』を制作中。

ノベマス短編(手書きPVCM含む) アイドル・ジハード
ロマンティック サ・ガ The Princess of Tennis

各シリーズの紹介

iM@s寸劇

 

オムニバス形式でられる765プロ日常を描いたシリーズ
律子マネージャー役となっており、所謂プロデューサーは言及はされども作中には登場しない。
初音ミクフリーザ様水銀燈など、他ジャンルからのゲスト出演回もあるのが特徴。
ドタバタコメディからガチシリアスまで描かれる世界は多

マイリストには、作中に登場しないP・社長小鳥さんの掛け合いコメント付き。
2009年5月26日完結(全30話+おまけ1話)


iM@s寸劇2

 

・前作より「もしも」要素を多分に含んだオムニバスシリーズ
シリーズと違う点として、登場人物をアイマスで統一している事が挙げられるが、
逆に話の舞台を、裁判所・西部劇・ファンタジーSFなどと実に多に設定している。
シリーズと同じく、コメディからシリアスまで扱う話のテーマは様々。

マイリストには、小鳥くで始まる「妄想のススメ」が掲載。
2009年7月11日完結(全5話)

ノベマス短編

 

・「鉛筆シャシャーっと描いた手書き短編」こと、ハリアー手描きシリーズを含むごった煮的短編集。
鬼畜リボン」と呼ばれる連中が、ここから登場する。妙なアニメーション(?)やPV等も。
300の事シリーズ」「響き渡る声」なども時間軸を同じとする作品に含まれている。

マイリストには、社長のありがたいお言葉「高木ヒトコト」が掲載。

2014年11月現在175作が投稿されている。現在静画の方にを入れているということもあり、更新頻度は低下中。

300の事シリーズ

・「ハリアー手描きシリーズ」と世界観を同じくする作品で、ノベマス短編のシリーズに含まれる。
元ネタは「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の人気コーナー、「○○500の事」。

・本シリーズは第17回まで作られているが、2014年3月6日を最後に投稿されていない。

・このシリーズ内において、あるネタを多用してしまったことが後にちょっとした問題となってしまっている。後発で台頭したこのネタと相まって、あるアイマスキャラが一時期は風評被害を受ける羽になる一因となった。ハリアーP自身もそのことについて言及し、第14回を最後にそのネタは封印している。

響き渡る声

 

沖縄時代を描いた全キャラ手描きNovelsM@ster
オリジナルキャラや独自設定が多く、従来の作品とは毛色が異なる。

2009年11月9日完結(全8話)
本編の裏話・設定を開したおまけき渡る裏話」を含むと9話。

2010年4月24日,25日には後日談が前編後編に分けて発表された。

アイドル・ジハード

 

・大手となった765プロに在籍する4人の有能プロデューサー達が、それぞれのアイドルを率いて大イベント
アイドル・ジハード」に挑戦する。

おまけ回として、時系列的にはアイドル・ジハードより前の日常765プロ礼)を描いた、
アイドラ・ジハード」がある。

ロマンティック サ・ガ

 

ひょんな事(理由は省略)から「プレイヤーが丸ごとゲーム世界に行って冒険できるハード」を入手した765プロ
そして何故か(やっぱり理由は省略)試作されたRPGプレイする事になったアイドル達。
765プロアイドル達は、876プロアイドル達と共に魔法世界立つ。

ドット絵を使わず、設定もストーリーオリジナルな「ロマサガ架空戦記

第三次ウソm@s祭り参加作品

・「第三次ウソm@s祭り」に合わせて同時開されたシリーズ。現時点では続く予定はない模様。

・「12人の怒れる男」を元に、様々なアレンジを加えた法廷劇「12 Angry IDOLs」
過去ブログでも開されていた、巨大な学園都市を舞台にした学園モノ「ようこそ! 愛升学園へ!」
サイネリアを担当することになった尾崎Pを描くドタバタコメディ彩音プロデューサー
千早律子が迷い込んだ奇妙な洋館を舞台とした奇妙な物語の館」の4本立て。 


第四次ウソm@s祭り参加作品

・元はノベマス短編初期に作られた作品だったが、「第四次ウソm@s祭り」に合わせてリメイクされた。
アイドル達が走り屋という設定だが、18歳以上のアイドルが数名しかいない点にはつっこんではいけない。

第七次ウソm@s祭り参加作品

・「第七次ウソm@s祭り」に合わせて同時開されたシリーズ
・「The Princess of Tennis」は2013年11月30日からニコニコ静画での連載がスタートしている。

がんばれ貴音さん

765プロへの移籍を期に、一人暮らしを始めた貴音
しかし、選んだ新居はいわく付きの物件だった!?

ハリアーPブログで連載されていた1コマ連作シリーズのまとめ静画

The Princess of Tennis

 

・元は第七次ウソm@s祭りの一企画としてのスタートだったが、ハリアーP自身の継続希望もあり、長期企画となった。
・かつての女子テニス界の強であった青春学園高等部に入学した島村卯月は、幼なじみ三村かな子クラスメイト池袋晶葉部長北条加蓮らと共に部寸前になった女子テニス部の復活を物語

関連コミュニティー

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BCp
ページ番号: 3994016 リビジョン番号: 2511551
読み:ハリアーピー
初版作成日: 09/07/11 17:24 ◆ 最終更新日: 17/07/31 19:59
編集内容についての説明/コメント: 300の事シリーズをシリーズ紹介に追加。掲示板に意見については、300の事シリーズの紹介にぼかした上で追記しておきました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


続きが気になる

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ハリアーPについて語るスレ

1435 : ななしのよっしん :2017/07/30(日) 23:12:06 ID: qI3b26EmhD
入れてもいいだろ
公式にも迷惑かけてるこいつの罪なんだから
1436 : ななしのよっしん :2017/07/30(日) 23:42:34 ID: 7EGfeDh9kd
我那覇くんネタの出処がハリアーPだと思ってる人がまだいるのか・・・。

ところでそろそろ動画あげてほしいなあ(チラッ
やっぱり忙しいのかなあテニプリンセス更新頻度が落ちてきたし
(まあ今までの更新頻度が異常だったんだが)
1437 : ななしのよっしん :2017/07/31(月) 18:45:39 ID: 52upGmWloD
>>1434
響は不潔」はハリアーP300の事シリーズでやってたネタの記事で昔は関連項に入ってたんだ
それがハリアーP響は不潔ネタをやめると宣言したら関連項から消されても触れなくなった
これは見ようによっては臭いものに蓋しただけだしハリアーP関連には違いなくて「響は不潔」の記事にも経緯が書かれているから風評被害に配慮した上で関連項に入れておいていいと思うんだ
1438 : ななしのよっしん :2017/07/31(月) 20:07:13 ID: lHk54bB6Qs
>>1437
上手く波立てず関連項追記する自信もなかったので、
シリーズ紹介に300の事シリーズを新規追加して、そこにぼかした上でちょっと追記してみた。

個人的にはわざわざ風評被害元ネタの一部を今更引っり出して糾弾するようなものになりかねないから、
関連項直球で入れるのもどうかと思ったし。
何より>>1435みたいな単発が沸いてる状況じゃ、なおのこと入れたくなかったのもある。
1439 : ななしのよっしん :2017/08/01(火) 06:05:04 ID: 52upGmWloD
>>1438
妥当な落としどころだと思います
対応ありがとうございました
1440 : ななしのよっしん :2017/08/02(水) 20:32:53 ID: jsElgmpH/z
未だにあのネタのことで争ってんのか
ハリアーPノベマスPの中でも、特に細かい公式設定でも取り入れててそれを自分の解釈で昇させてる稀有なPなんだけどなあ

アケやDSやSPの一つのコミュでしか出てないような設定も取り上げてて、それに対してコメントでも、これあそこで言ってたやつだなとか話しあったりして
それを響は不潔ってネタのひとつだけにとらわれるのは本当にもったいないぞ

テニプリの方だけじゃなく、ノベマス短編もまた定期的に上げてくれると良いなあ
1441 : ななしのよっしん :2017/08/04(金) 08:31:38 ID: lHk54bB6Qs
確かロマンティックサガもなんだかんだで散々キャラ付けがクソとかいうやつのがでかくて
嫌気さしたって噂が経つぐらいだしなぁ。
手書きの短編が極端に減ってデレマス漫画軸移したのもそういう背景なのかな……
まぁ漫画の方も普通に面白いけどさ。

キャラ把握してるのに、それを踏まえて味付けしてるのが、胸悪くなる連中でもり付いてるのかなぁ。
1442 : ななしのよっしん :2017/08/13(日) 12:34:35 ID: DSZEDYTYL6
はるちはの新曲の視聴聞いたらハリアーP思い出したよ
また動画作ってくれないかな
1443 : ななしのよっしん :2017/08/19(土) 19:16:53 ID: 9WpSVtFED/
更新今回遅いと思ったら、漆黒の可さw
何やってんスかw
1444 : ななしのよっしん :2017/10/10(火) 21:28:38 ID: H3PTLL1Z3/
ミリオンとか876以上に765の正統路線になりつつあって、公式ハリアーP状態だし、絡めて動画作ってくれないかな・・・(チラッ
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829