単語記事: ハリー・ポッター

編集  

ハリー・ポッターとは、イギリス女性作家、J.K.ローリングによる小説作品、またはその主人公の名前である。

シリーズの概要

第一巻「Harry Potter and the Philosopher's Stone(邦訳:ハリー・ポッター賢者の石)」は、1997年6月30日イギリスで発売され、当時全く名の新人による作品であるにもかかわらず全世界ブームを引き起こした。また、2001年映画化され大反を呼んだ。日本での略称は「ハリポタ」。

原作小説は全7巻で2007年完結し、2016年には最終巻から19年後を描いた舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」が上映。さらにその脚本も発売される。

映画シリーズ完結後、前日譚となる映画シリーズ製作が開始された。その第1作は「幻の動物とその生息地」を原案とし、ニュート・スキャマンダーが主人公となる「ファンタスティックビースト魔法使い」(Fantastic Beasts and Where to Find Them)。

内容

主人公ハリー・ポッターは、幼い頃に両親と死別し、にあたる叔母「ダーズリー」で育てられた。
叔父叔母・いとこのいずれもが、程度の差はあれハリーに対して虐待じみた邪険な扱いをしてきたこと、しばしばハリーの周りで不思議な出来事が起こっていたこと、それ以外は至って普通少年であった。

しかし11歳の誕生日に、魔法学校ホグワーツ」のルビウス・ハグリッドが現れ、ハリー魔法使いの素養を持った少年であること、ハリーの感情起伏に呼応して不思議な出来事が起こるのは魔法の才の片鱗であったこと、そしてホグワーツへの入学および学生寮への入居が既に決定していることを告げられる。

叔父叔母からはハリーの両親の死因は交通事故死だと言い聞かされてきたが、実は両親は、魔法界史上最強最悪の魔法使いであるヴォルデモートに殺されていた。そして事件当時、ヴォルデモートは幼いハリーをも手にかけようとしたが、ハリーにかけたはずの死の呪文が何故か自らに跳ね返り、それ以降姿を消していた。
この事件の為、ハリー魔法界では「例のあの人の魔手から、一生き残った男の子」として有名だった。
もっとも、幼い頃からマグル(非魔法族の呼称)であるダーズリーで育てられたハリーは、ハグリッドに告げられるまでその事実を露ほども知らなかったのだが。

一方で、事件以来消息不明となっていたヴォルデモートは、辛うじて死は免れたものの自身に跳ね返った呪詛の魔により、霊魂にも満たない脆弱な消えかけの存在になってしまっていた。そんな状態に成り果ててもなお、忌まわしきハリー・ポッター殺と魔法界の再征を野望とし、復活の機を虎視々と狙っていた。やがて、学校生活を送りつつもハリー・ポッターとその仲間達vsヴォルデモートら闇の魔法使い達の壮絶な戦いが始まることになったのである。

ハリー・ポッターの概要

本編主人公メガネ

生まれた時に「ヴォルデモートを打ち倒すもの」という予言を受け、それを知ったヴォルデモートに襲撃されるも生き残ったことで「生き残った男の子」「選ばれしもの」という呼び名を受け、英雄視されている。

正義感が強く、仲間思い。虐待に近い環境で育ったにも関わらず、ひねたところのないまっすぐな心の持ちで、弱者に対しては常に優しい気持ちで接する。一方、頑固で思い込みのしい一面があり、熱くなると周りが見えなくなることも。

魔法使いとしての才は優秀だが、基本的に勉強嫌いで、ロンと一緒にしばしば宿題や課題をサボっては試験前に慌ててハーマイオニーに泣きつく、というのがパターンとなっている(おそらく英国の一般的な学生モデルと思われる)。クィディッチについては父親譲りの極めて秀でた才を持ち、一年生からシーカーとしてレギュラー出場を務めるほど。

子供の頃からヴォルデモートや闇の魔法使いに狙われていたこともあり、実戦経験が豊富で、後にはダンブルドア軍団の中心的な存在となった。

ハリー・ポッターシリーズ邦題

日本語版は松岡子氏が翻訳を担当しているのだが、残念ながら誤訳や訳、脚色も多い。今のところ彼女の訳を避けるには原書を手にするしか方法がい。児童向け作品である為本来の読者層にとっては原書を読めというのも酷な話であり、なかなかに根が深い問題と言える。詳しくはWikipediaその他にて。

登場人物

ハリー・ポッターの登場人物一覧」にて

関連動画

関連商品

関連静画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BC
ページ番号: 418111 リビジョン番号: 2535579
読み:ハリーポッター
初版作成日: 08/07/31 21:02 ◆ 最終更新日: 17/10/25 21:41
編集内容についての説明/コメント: 関連項目にルパート・グリント、トム・フェルトンを追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


赤ちゃんマルフォイ♪

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

Nimbus200...

ハリー・ポッターについて語るスレ

644 : ななしのよっしん :2018/01/25(木) 13:01:52 ID: yYr+66WuB6
>>639
どこかのい組織の人みたいだなぁ…

645 : ななしのよっしん :2018/02/11(日) 10:12:29 ID: 3ehJKpiqeW
フォロー?すると
①フォイ俺様から預かってた分霊を壊す→俺様が大事な代物だと伝えなかったのが悪い
②フォイがドビーを自由にしたせいでハリーを殺す絶好のチャンスを逃す→俺様も屋敷しもべ妖精クリーチャー放置してたせいで分霊箱一つ壊されたので人のことは言えない
③フォイがを奪ったせいでニワトコが本来のを発揮できない→その旨をご丁寧にハリーが解説してくれたにもかかわらずなぜか普通に攻撃に使って自滅した俺様が悪い
④フォイが取り巻きに命じた地獄の炎で分霊破壊→取り巻きの独断だからこればっかりはしゃーない
⑤フォイが三人が捕まった時こいつらはハリー達じゃないってをついて助ける→
⑥フォイハリーは死んだと言ってハリーを助ける→そもそもなんで俺様はあの場面で一番裏切りの可性が高いフォイママに頼んだんだよ

部下が部下なら上も上
646 : ななしのよっしん :2018/03/04(日) 23:25:42 ID: NWS+mrZ7qn
アプリゲームでなんかハリーポッター世界体験できるゲームが出るらしい
647 : ななしのよっしん :2018/04/05(木) 16:49:00 ID: LuscdZb9rv
>>642
全部破壊されたら自分の命の危険が生まれる、そんな大事な物普通手元に置いとくよな
それか自分以外手の届かない場所に置いておくとか
いずれにしても俺様が悪い
648 : ななしのよっしん :2018/04/10(火) 02:35:59 ID: BCx6VREiqO
ハリー自身も決して品行方正ではなく、適度にクズ鬼畜
ただ成り行きで英雄になっただけであって、彼自身は時々見ていて恐ろしくなるような部分がある
だからこそ面いとも言えるが
649 : ななしのよっしん :2018/04/10(火) 15:43:19 ID: LuscdZb9rv
映画では割と良いっぽくなってるが小説では結構クズだよな
まぁ翻訳も問題があるみたいだが
650 : ななしのよっしん :2018/04/10(火) 23:44:29 ID: 3ehJKpiqeW
成り行きで英雄になったというかダンブルドアの計画の駒としていうこと聞いてたらなるべくして英雄になったというか・・・
1巻2巻の頃の方が主人公してたよね
651 : ななしのよっしん :2018/05/11(金) 10:55:30 ID: EIoP3UsGJu
http://editor.fem.jp/blog/?p=359
日本常識世界の非常識
652 : ななしのよっしん :2018/05/18(金) 22:13:40 ID: 2ZopVkjQ3y
最近なんか不気味な顔したサムネハリータイトル動画ランキングに上がってるんだけどあれ何なんだろうね?怖くてその動画を開きたくはないが
653 : ななしのよっしん :2018/05/21(月) 20:15:31 ID: mCzdHFZi1X
やたらと父親の扱いが悪くて遊戯王を思い出す
作者さんなんかあったのだろうかと心配になるレベル
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829