単語記事: ハリー・ポッター

編集

ハリー・ポッターとは、イギリス女性作家、J.K.ローリングによる小説作品、またはその主人公の名前である。

シリーズの概要

第一巻「Harry Potter and the Philosopher's Stone(邦訳:ハリー・ポッター賢者の石)」は、1997年6月30日イギリスで発売され、当時全く名の新人による作品であるにもかかわらず全世界ブームを引き起こした。また、2001年映画化され大反を呼んだ。日本での略称は「ハリポタ」。

内容

主人公ハリー・ポッターは、幼い頃に両親と死別し、にあたる叔母「ダーズリー」で育てられた。
叔父叔母・いとこのいずれもが、程度の差はあれハリーに対して虐待じみた邪険な扱いをしてきたこと、しばしばハリーの周りで不思議な出来事が起こっていたこと、それ以外は至って普通少年であった。

しかし11歳の誕生日に、魔法学校ホグワーツ」のルビウス・ハグリッドが現れ、ハリー魔法使いの素養を持った少年であること、ハリーの感情起伏に呼応して不思議な出来事が起こるのは魔法の才の片鱗であったこと、そしてホグワーツへの入学および学生寮への入居が既に決定していることを告げられる。

叔父叔母からはハリーの両親の死因は交通事故死だと言い聞かされてきたが、実は両親は、魔法界史上最強最悪の魔法使いであるヴォルデモートに殺されていた。そして事件当時、ヴォルデモートは幼いハリーをも手にかけようとしたが、ハリーにかけたはずの死の呪文が何故か自らに跳ね返り、それ以降姿を消していた。
この事件の為、ハリー魔法界では「例のあの人の魔手から、一生き残った男の子」として有名だった。
もっとも、幼い頃からマグル(非魔法族の呼称)であるダーズリーで育てられたハリーは、ハグリッドに告げられるまでその事実を露ほども知らなかったのだが。

一方で、事件以来消息不明となっていたヴォルデモートは、辛うじて死は免れたものの自身に跳ね返った呪詛の魔により、霊魂にも満たない脆弱な消えかけの存在になってしまっていた。そんな状態に成り果ててもなお、忌まわしきハリー・ポッター殺と魔法界の再征を野望とし、復活の機を虎視々と狙っていた。やがて、学校生活を送りつつもハリー・ポッターとその仲間達vsヴォルデモートら闇の魔法使い達の壮絶な戦いが始まることになったのである。

ハリー・ポッターの概要

本編主人公メガネ

生まれた時に「ヴォルデモートを打ち倒すもの」という予言を受け、それを知ったヴォルデモートに襲撃されるも生き残ったことで「生き残った男の子」「選ばれしもの」という呼び名を受け、英雄視されている。

正義感が強く、仲間思い。虐待に近い環境で育ったにも関わらず、ひねたところのないまっすぐな心の持ちで、弱者に対しては常に優しい気持ちで接する。一方、頑固で思い込みのしい一面があり、熱くなると周りが見えなくなることも。

魔法使いとしての才は優秀だが、基本的に勉強嫌いで、ロンと一緒にしばしば宿題や課題をサボっては試験前に慌ててハーマイオニーに泣きつく、というのがパターンとなっている(おそらく英国の一般的な学生モデルと思われる)。クィディッチについては父親譲りの極めて秀でた才を持ち、一年生からシーカーとしてレギュラー出場を務めるほど。

子供の頃からヴォルデモートや闇の魔法使いに狙われていたこともあり、実戦経験が豊富で、後にはダンブルドア軍団の中心的な存在となった。

ハリー・ポッターシリーズ邦題

日本語版は松岡子氏が翻訳を担当しているのだが、残念ながら誤訳や訳、脚色も多い。今のところ彼女の訳を避けるには原書を手にするしか方法がい。児童向け作品である為本来の読者層にとっては原書を読めというのも酷な話であり、なかなかに根が深い問題と言える。詳しくはWikipediaその他にて。

登場人物

ハリー・ポッターの登場人物一覧」にて

関連動画

関連商品

関連静画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BC
ページ番号: 418111 リビジョン番号: 2496823
読み:ハリーポッター
初版作成日: 08/07/31 21:02 ◆ 最終更新日: 17/06/05 14:39
編集内容についての説明/コメント: シリーズ邦題と関連商品に呪いの子を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


赤ちゃんマルフォイ♪

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

Nimbus200...

ハリー・ポッターについて語るスレ

613 : ななしのよっしん :2016/12/16(金) 22:37:54 ID: 3DfcxKOjJA
4DXと相性良かったと思うけど姿現しの度に椅子が揺れるのは煩わしかったな
614 : ななしのよっしん :2017/01/15(日) 16:13:24 ID: cG0qF5PCST
あの翻訳を読んで育った人間からすると悪いとか言われてもピンとこない
本当に悪いならローリングなり他の出版社が排除するだろうしまた2ch脳じゃないの
615 : ななしのよっしん :2017/01/15(日) 16:16:38 ID: 0/w7rdZUZf
馳夫にべたらまだ気にならないけど
ところどころん?ってなるような部分はあったよ
616 : ななしのよっしん :2017/01/21(土) 23:10:00 ID: ZVNfXnY4bb
>>614
とりあえずあの誤訳のせいで1巻の賢者の石の試練が成り立たなくなってハーマイオニーの名推理が台しになってる時点で問題ないわけがない
617 : ななしのよっしん :2017/02/14(火) 00:51:32 ID: AfqY1qKShN
>>586>>601
ハリー・ポッター世界的にここまでベストセラーになった要因の一つは勧善懲悪のわかりやすさがあるから(特に1巻)。ちょっと前にヒットした半沢直樹のように、「こいつは悪!こいつは醜い!嫌な!」と描いて読者に敵キャラへの怒りをためさせて、最後に一気に大逆転してスカッとさせる構成。まあ巻を経るごとに変わっていったけど

ローリングも一部のマルフォイファンが彼を悲劇のアンチヒーローとして美化することを嫌って、「偏見と高慢に満ちたドラコに隠されたの心なんかねーよ」とバッサリ切って捨ててる
618 : ななしのよっしん :2017/03/07(火) 21:22:07 ID: z5h7sRwc9t
>>617
作者の考えに関してマルフォイに対しては一種のツンデレのようなものを感じる
公式にはバッサリ切り捨てても、「ヘタレ故にも殺せなかった。ベジータになれずずっとヤムチャ枠止まりだった」のはマルフォイも殺してほしくなかったという作者なりの優しさがあったように勝手に思ってる

アンチヒーロー化を避けたい、で思い出すのは戦極凌馬かな。演じた役者さん自身が「すっげー悪いだから下手に同情なんてしないでくれ」とか言ってた気がする。
619 : ななしのよっしん :2017/05/06(土) 19:33:11 ID: wpsV9EV4TJ
個人的に、
ホグワーツ魔法魔術学校の創始者と寮は、
それぞれMTGで例えると
リフィンドール
ハッフルパフ:
レイブンクロー
スリザリン
というイメージ
620 : ななしのよっしん :2017/05/25(木) 21:47:27 ID: nFUyLJusLJ
ハリーが死の呪文から生き残った一の例外になったのはリリーの自己犠牲のおかげなわけだけど、子供をという普遍的な、誤解を恐れずに言えば庸なもので防げるならもっと前例があってもいいような気がする
621 : ななしのよっしん :2017/05/25(木) 22:18:34 ID: wMsryxud8y
「ホントは許して貰えるのに」もあるからな
っただけならジェームズと子供をったわけだし。

ホントは死ななくてすむって条件は
アバぶっぱなす敵には難しそう。
622 : ななしのよっしん :2017/06/06(火) 20:43:37 ID: /rcOLK0UhH
煙になって飛ぶのはやっぱり魔法使いハウルと火の悪魔元ネタかね
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015