単語記事: ハロウィン

編集
ひろゆき謹製 この記事の初版ひろゆきが作成しました
だからどうしたというレベルのお知らせでした。

ハロウィン(ハロウィーン南瓜祭)とは、

  1. 10月31日に行われる西洋のお祭りHalloween。本稿ではこれについて記述する。
  2. ジョン・カーペンター監督によるホラー映画。代表的なスプラッタ映画の一つ。りは同上。
  3. ドイツヘヴィメタルバンドメロディックスピードメタルの始祖。りはHelloween。
  4. ゲームダーククロニクル」に登場するボスキャラ二つ名は「からくりエンターテイナー」。

概要

お菓子をあげないとイタヅラされるそうです。

いたづらはいやづら

 

アイルランドイギリスケルト系住民にルーツを持ち、そこから移民・植民を受けた諸にも伝わった伝統行事。

ハロウィンの文化としては「仮装」と「トリック・オア・トリート」、カボチャ(元はカブ)で出来た「ジャック・オ・ランタン」が有名。それ以外にも、大きなかがり火を焚いたり、リンゴ掬い競争をしたり、リンゴを食べたりと言った様々な催しをして楽しむ。

ただしこういった現在広く知られる形のハロウィン文化は、概ねアメリカ合衆国で19世紀以後に通俗的行事として培われたものである。その頃のアメリカ合衆国に、ケルト系の伝統文化を受け継いでいたアイルランド系、スコットランド移民が多数流入し、新地で故郷の文化を変・発展させたようだ。

本家イギリスのうち南イングランドでは、ハロウィン(10月31日)とほぼ同時期(11月5日)に行われる「ガイフォークス・デイ」が広まったことも影してハロウィンれていたのだが、アメリカ式のハロウィン逆輸入されるという現もおきている。他にもハロウィンの習慣がかったヨーロッパ、例えばドイツ等にもアメリカハロウィン文化が侵食しつつある。

日本においても近年急速にイベントの一つとして定着してきている。日本における10月の行事といえば島根の石見神楽における神有月等があるが、2016年現在では外来の祭りであるハロウィンの方が知名度の点でかに勝っている。少し前までは東京ディズニーランドなどTDL系列をはじめとしたテーマパークでのイベントが注されていたが、現在渋谷歩行者天国にして行われる大規模イベントなどにスポットが当たる事が多い。

音楽でも立った行事の少なさを反映して邦楽では10月モチーフの楽曲が少なかったが、2010年代には氷川きよしAKB48きゃりーぱみゅぱみゅハロウィンテーマとした楽曲を発表している。また、お菓子業界ではバレンタインデーに次ぐかそれ以上の売上を稼ぐ重要な商戦時期となっており、パーティグッズカボチャの売り上げ増にも貢献している。

この他、幼稚園保育園では、仮装衣装を作る工作の授業が行われるところもあったり、デパートで子供達が仮装して来店するとお菓子が貰えるサービスを行うという店舗もあった。余談ながら暴力団山口組も近所の子供達にお菓子を配るイベントを行っていたことがある。

仮装

恐ろしげな仮装をする事が多い。「魔女」「幽霊」「ガイコツ」等の割と伝統的なものも多いが、「ボルトの刺さったフランケンシュタインの怪物」「マントを羽織った吸血鬼ドラキュラ」「包帯ぐるぐるのミイラ男」「狼男」等、20世紀前半のユニバーサル・ピクチャーズホラー映画の影を受けたものもメジャーである。

しかし「恐ろしげでなくてはならない」というわけではないようで、アメコミヒーロー変身セットディズニープリンセス変身セット等の「仮装」というか「コスチューム」を着る子供も居るようだ。

下記のトリック・オア・トリートの際に「怪物を装う」のが趣旨であるので、基本的には子供が仮装するものである。だが大人仮装パーティー仮装パレード等で仮装を楽しむことがある。

日本においても、「ハロウィンパレード」等と銘打って、仮装した大人や子供が集まるパレードが各地で開催されている。

トリック・オア・トリート

仮装した子どもたちが近所のを回って、「trick or treat(トリック・オア・トリート)!」と叫ぶ。trickは「いたずら」、treatは「もてなし」「ごちそう」なので、「いたずらされたくなかったらお菓子を出せ!」と言ったかんじ

まるで強盗みたいだが、トリック・オア・トリートを歓迎する人は玄関をハロウィンぽく飾り付けて電気をつけておく。子供もそれを印に訪問することになっている。子供が訪問して「トリック・オア・トリート!」と叫んだら、そのの住人は「ハッピーハロウィン!」と返してお菓子を渡す。

この習慣は、ルーツとしては後述のように原はあったものの、「トリック・オア・トリート」と言う掛け(?)等の細かい点は20世紀に入ってから生まれた、割と新しいものであるようだ。

日本においても近年のハロウィン自体の定着とともに「トリック・オア・トリート」も広まってきており、創作作品の中ではよく登場する。また「概要」にも書いたように、ハロウィンモチーフお菓子が販売されたり、仮装して来店した子供にお菓子を与えるサービスを行う店舗等が見られるようにもなってきている。ただし、「子供達が近所の々を回る」という米国での形どおりのイベントとしては、米国系住民が多いごく一部の地域を除いてさほど定着していない。

ジャック・オ・ランタン

→ 単語記事ジャック・オ・ランタン」を参照。

ルーツ

ルーツブリテン諸(アイルランドグレートブリテンマン島等。現在の「」名で言えばアイルランドスコットランドウェールズイングランド等)のケルト系住民の間に伝わる、の収穫との始まりを祝うお祭り「サワン(アイルランドでの発音。スコットランドではサウィン)」にあったとされる。

この「サワン」の祭りの晩は妖精精霊や怪物、死者の霊等、かくりよの住人が活動する日でもあるとされていた。の始まり、つまり年の後半の始まりであり、移り変わる際に世界界がぼやけると考えられていたようだ。その為、悪霊や怪物に対抗する意味でかがり火を焚き、恐ろしげな仮装をした。日本お盆のように、を訪れる近親者の霊を迎えるもてなしの儀式をする場合もあったと言われている。

仮装をした人々(子供や若者)が々を回り、幸運をもたらす代わりに食べ物やコインを貰う」という事が行われた。日本で言うなまはげや獅子舞、ちょろけん等の「門付」に近いのかもしれない。これが現在アメリカハロウィンの「トリック・オア・トリート」や仮装の元になったものと考えられている。

これらサワンは、元々はキリスト教以前の伝統宗教自然崇拝(所謂「ドルイド」がっていた類)に由来するものだったようだ。しかし、ローマ帝国ブリタニア支配期にキリスト教が流入したことや、6世紀末からの教皇グレゴリウス1世の命によるキリスト教布教により、ケルト系住民は徐々にキリスト教化していく。そのキリスト教化の中で、サワン11月1日キリスト教カトリックの行事「All Hallows' Day(諸人の日)」の前祭である、と意味付けをめられたようだ。ハロウィンという名前についても、「All Hallows' Day」の前(Eve)という事で「Hallows' eve」と呼んでいたものが、訛って「Halloween」になったと言われている。

また、キリスト教の別の伝統行事で「諸人の日」の翌日11月2日に行われる「All Souls' Day(死者の日)」というものがあり、その日には「souling(ソウリング)」という習がある。これは「死者の日」(あるいは「諸人の日」)に々を回ってそのの住人の近親者の霊への祈りの言葉や歌を挙げ、その報酬として「soul cake(ソウルケーキ)」という小さなケーキやお小遣いを貰うというもの。こちらも「トリック・オア・トリート」の起の一つと見なされることがある。

なお、日本においてハロウィンが広く知られるようになった一因として1982年映画E.T.』の話の舞台となった季節が丁度ハロウィンで、作中で仮装することが重要なキーワードだった事もあって、子供達の仮装イベントとして知られるようになった、という説もある(作中でE.T.は正体がバレないように幽霊仮装する他、スターウォーズヨーダコスプレを見かけて仲間と勘違いする、等といったシーンがあった)。

問題視

子供が仮装するにぎやかなイベントという認識が広まっているが、火を伴うことによると思われる放火事件が頻発したり、悪魔徴とされる黒猫に対する虐待が行われたり(参照) 、食べ物でないものを態と渡すいたずらが起きたりと、習慣に因る特徴的な事件も多発している。

また、上記のルーツから考えると厳密にはキリスト教お祭りとは言い切れず、異教のお祭りキリスト教的な意味を与えて存続させたものである。その為厳格なキリスト教徒の中には批判的に見る者も居る。

お絵描き祭り?

かつて日本で大々的にハロウィンハロウィン言っているのは某鼠の国くらいなものであったが、一般での盛り上がらないぶりとは裏に、Pixiv等のイラストでは以前よりハロウィンがしばしばモチーフにされる。に人気キャラクターカボチャコスチュームを着せたものが多い。
ニコニコ大百科でも、2008年の初ハロウィンを迎えるにあたり、カボチャ色のお絵カキコがいくつも投下されている。そして、現在10月が近付くとPixivのみならずTwitterで有名漫画家ハロウィンモチーフ落書きイラスト投稿することもあり、クリスマスお正月と同じように一種のとして定着しつつある。

 

 

 

関連動画

関連立体

関連項目

リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3
ページ番号: 676668 リビジョン番号: 2423655
読み:ハロウィン
初版作成日: 08/10/31 19:01 ◆ 最終更新日: 16/11/01 14:30
編集内容についての説明/コメント: 概要を追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


Halloween 2015

某ねこ風

加工ご自由に

仮装の準備

かぼちゃ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ハロウィンについて語るスレ

279 : ななしのよっしん :2016/10/31(月) 13:18:54 ID: IyUE9hv4l2
自業自得でもなければ現実世界い分ネットの方がマシだけどな
渋谷ハロウィン()はただゴミ騒音まき散らして一般人に迷惑かけるだけのガイジパレードになってるし
280 : ななしのよっしん :2016/10/31(月) 17:53:40 ID: us7YLMJHpw
渋谷10月29・30日にハロウィーンコスプレパーティあったらしいけど、肝心の当日抑えられないでイベント決行ってなんかいまいちだな。まあ当日はお友達と各自でってことなのかも知れないけど
281 : ななしのよっしん :2016/10/31(月) 19:37:32 ID: VMbO+VyrOx
>>271
ハロウィンに関しちゃ日本に限らんよ、元々キリスト教由来のお祭りでもないし

>>279
ネット現実世界がないってのはあり得ないわ
ハロウィンなんて所詮数日間だけどネットはずっとだし、ネットの普及で便利になった部分もあるから一概にいい悪いとは言えないけど
282 : ななしのよっしん :2016/10/31(月) 21:32:34 ID: i31ymdw7CB
近所で盆踊りがあった時「あれ?、この近所にこんなに人住んでたっけ?」って思った事ない?
ハロウィン日本でいうお盆に当たるもので、仮装盆踊りの「増し効果」を狙ったものらしいよ。
283 : ななしのよっしん :2016/10/31(月) 22:29:43 ID: i31ymdw7CB
本来の仮装の意味
「みんなでお化け仮装してたら、本物がどこかに紛れて居てもわからないし怖くないよね。」

コスプレパーティーにしたのはどこのどいつだ?
284 : ななしのよっしん :2016/11/01(火) 00:02:08 ID: ozSz10fTOA
渋谷インタビューで「(その仮装の)反はどうですか?」って聞かれて
人生で一番注されました!」って喜んで答えてるの見て以降、

あぁ、ハロウィンって彼らが人生一輝ける間なんだな・・・
と何だか同情ので見てしまうようになった
285 : ななしのよっしん :2016/11/01(火) 02:13:14 ID: uZ+fUQbiD3
町中で仮装してる人を見かけるとちょっとした非日常感が味わえるから、ハロウィンは特に嫌いじゃないなー

>>284
むしろそこまで蔑すむようなでみなくても…
ハロウィンに限らずイベントではしゃいでる人なんてみんなそうだと思う

286 : ななしのよっしん :2016/11/01(火) 19:30:22 ID: eqrZiypwyx
池袋ハロウィン平和だったよ、ゴミ渋谷より見なかったし
…もっとも、そのほとんどが仮装というよりコスプレだったが…コミケコスプレエリアみたいな感じ
立地条件的にそうなりがちなんだろうか?

コスプレパーティーもいいけど、子供時代にやった「子どもたち同士で集まり、近所ののベルを鳴らし、トリック・オア・トリート!ハッピーハロウィン!でお菓子をもらい歩くイベントもまたやりたいな
自分はもう大人だから、今度はあげる側になりたい
…防犯上、それすらもう難しいかな
287 : ななしのよっしん :2016/11/01(火) 22:37:09 ID: 72gxUTS6Kb
アメリカに住んでるけど仮装している大人もいるよ
子供にお菓子あげる人とか。
学校や会場とかでは仮装パーティーもある。
歩くのは小さい子供の保護者ぐらいだけで渋谷のとはスケール違う

ハロウィン真似するなら迷惑かけない常識を守るとか場所を絞るとかにして欲しい
288 : ななしのよっしん :2016/11/10(木) 23:31:39 ID: Gh5WtTek9u
ID: PwGseadLeh
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015