単語記事: ハートキャッチプリキュア!

編集

優しい心に花は咲くハートキャッチ!キュアブロッサム by ほんわ・かれす素直な心は強さ無限大ハートキャッチ!キュアマリン by ほんわ・かれす
弾ける太陽の笑顔ハートキャッチ!キュアサンシャイン by ほんわ・かれす蘇りし月光は強き絆へハートキャッチ!キュアムーンライト by ほんわ・かれす

ハートキャッチプリキュア(通称:HCP!・ハトプリ・ハトキュア)とは、東映アニメーション製作のプリキュアシリーズ第7作目である。

概要

先代プリキュア・キュアムーンライトがダークプリキュアに敗れたことにより枯れかけてしまった「こころの大樹」。
その顛末を夢で見ていた中学2年生の花咲つぼみと来海えりかは、逃げてきた大樹の妖精シプレ・コフレと出会い、キュアムーンライトの意志を継いで伝説の戦士プリキュアに変身。
 人々の「こころの花」を守り「こころの大樹」を救うため、心と世界の砂漠化による世界征服を企む悪の組織・"砂漠の使徒"との戦いを繰り広げる。

本作はかつておジャ魔女どれみシリーズを手がけた馬越嘉彦と山田隆司がメインスタッフとして起用されており、
キャラクター達の表情や動きが特にコミカルになっているとともに、プリキュアらしい激しい肉弾戦も繰り広げる。
一方で、今回は「花」「ファッション」「心」「変わること」などが作品のテーマとなっており、作中の様々な設定に「花」「心」が使われているとともに、各話ごとに登場するゲストの悩みや葛藤が話の軸となっている。そのため、暗く悲しい展開も多く、それらを乗り越えていくゲストやプリキュアのドラマに重きを置いている。
さらに、外見を通じて内面を「変えていく」手段として「ファッション」を作中の要素として盛り込んでおり、主人公たちの所属するファッション部の活動も話の軸となっている。
各話はひとつの花言葉をテーマに作られているためこれらを気にとめておくとよりいっそう楽しめるだろう。
 
また、今作では「プリキュアの使命」についても深く切り込んでおり、プリキュアと砂漠の使徒の地球をかけた戦いが代々続いている世界という設定のため、プリキュア同士に先輩後輩の概念が存在し、プリキュアの最終的な構成も中2が3人に高2が1人というものになっている。なお、先代や高校生プリキュアの登場はこれが初である。
 戦闘においても様々な試みがなされており、各プリキュア毎に名前付きの固有技が複数存在し、それに伴い素手での必殺技の代わりに必殺技専用アイテムを最初から持っているのも本作の特徴。

 また朋先生によるデザトリアンの無駄に細かい迫真の演技は必見である。

 本作の主人公の口癖とされる文句「私、堪忍袋の緒が切れました!」「海より広い私の心も、ここらが我慢の限界よ!」は、今までのプリキュアが理不尽な敵幹部に「絶対許さない!」と怒りをあらわにしてきた定番の状況を、コミカルに変換したものである。ゆえに、なにも彼女らばかりがキレやすいのではなく、プリキュアの伝統をただ守っているだけであり、その伝統を口癖化したものである。
特に後者を発言する来海えりか=キュアマリンがこの言葉を始めて本編で発したのは8話になってからであることや、発言機会そのものが花咲つぼみ=キュアブロッサムより少ない、また彼女に引っ張られるように発言することなどから、その言葉の通り彼女は言うほどキレやすいわけではないことが伺える。

作品評価

  • 2011年1月15日、新宿ロフトプラスワンで行われた日本オタク大賞2010にてオタク大賞を受賞。
    女児のみならず、オタク層のハートもキャッチした。
  • また、キャラクターデザイン担当の馬越嘉彦が「東京国際アニメフェア2011」の第10回東京アニメアワードにて個人部門キャラクターデザイン賞を受賞している。
  • このほか、映画『花の都でファッションショー…ですか!?』がアメリカの子供向け映像コンテンツ専門の業界誌が主催する権威ある賞「Kidscreen Award 2012」の子供向けテレビ映画部門の最終候補に選ばれている。
  • 玩具売上げはシリーズ最高の125億を記録。
  • 投稿イラストSNS「Pixiv」でシリーズ初の20000件以上(2011年1月現在)ものイラストが投稿される。
    本作の人気振りが伺える。(※タグ「ハートキャッチプリキュア」(「!」は付けない)参照)
  • 2010年3月ごろ、放送倫理・番組向上機構の「視聴者の意見」にて「敵に尻(おしりパンチの事)で攻撃したり、妖精が黄色いもの(こころの種)を出すのが下品だ」との苦情が寄せられる。
    なお、苦情に関する公式側のコメントはないが、14話以降の演出からこころの種と同時に出ていた黄色い液体が無くなり、こころの種だけが直接出てくる演出に変わっている。
    但し、こころの種の演出に関してはたとえ感動的な話でも容赦なく出てくるので、視聴者によっては「(感動的な話が)台無しになった」等の批判が出てくることもある。

放送時間

  • テレビ朝日系列、メ~テレ他 2010年2月7日から2011年1月30日 : 毎週日曜8時30分
  • BSS山陰放送(TBS系) 2月13日から毎週土曜11時15分

(テレビ朝日系列の本放送のみ本作からのデータ放送連動となります)

キャラクター&キャスト

  • 花咲つぼみ(キュアブロッサム) CV:水樹奈々
  • 来海えりか(キュアマリン) CV:水沢史絵
  • 明堂院いつき(キュアサンシャイン) CV:桑島法子
  • 月影ゆり(キュアムーンライト) CV:久川綾
  • シプレ CV:川田妙子
  • コフレ CV:くまいもとこ
  • ポプリ CV:菊池こころ
  • 花咲薫子(キュアフラワー) CV:坂本千夏
  • 花咲空(コッペ様) CV:堀内賢雄
  • コロン CV:石田彰
  • こころの大樹 CV:鶴ひろみ
  • 来海ももか CV:伊藤静
  • 明堂院さつき CV:前野智昭
  • 番ケンジ(キュアファイヤー) CV:置鮎龍太郎
  • サソリーナ CV:高乃麗
  • クモジャキー CV:竹本英史
  • コブラージャ CV:野島裕史
  • デザトリアン CV:金田朋子
  • スナッキー CV:堀井茶渡、岩崎了
  • ダークプリキュア CV:高山みなみ
  • サバーク博士 CV:楠大典
  • デューン CV:緑川光

スタッフ

  • 原作:東堂いづみ
  • シリーズディレクター:長峰達也
  • シリーズ構成:山田隆司
  • キャラクターデザイン:馬越嘉彦
  • 音楽:高康治

ゲーム

業務用

コンシューマゲーム

  • ハートキャッチプリキュア! おしゃれコレクション (ニンテンドーDS、2010年8月5日発売)

映画

テーマソング情報

◆OPテーマソング『Alright!ハートキャッチプリキュア!』
作詞:六ツ見純代、作曲:高取ヒデアキ、編曲:籠島裕昌、歌:池田彩

◆前期EDテーマソング『ハートキャッチ☆パラダイス!』
作詞:六ツ見純代、作曲:marhy、編曲:久保田光太郎、歌:工藤真由

◆後期EDテーマソング『Tomorrow Song~あしたのうた~』
作詞:六ツ見純代、作曲:高取ヒデアキ、編曲:籠島裕昌、歌:工藤真由

◆挿入歌『HEART GOES ON』
作詞:青木久美子、作曲:高取ヒデアキ、編曲:籠島裕昌、歌:池田彩&工藤真由

MikuMikuDance再現作品

ハートキャッチプリキュア!で是非見ておきたい回

第1話 最初からクライマックスなプリキュアプリキュア展開。序盤のキュアムーンライト対ダークプリキュアから馬越と東映の本気を垣間見る事が出来る。つぼみがキュアブロッサムに変身したところで続く。
第2話 前回からの続き。キュアブロッサムの初戦闘。この1,2話で作品の空気はだいたい掴めるはず。
第3話 キュアマリン誕生回。超個性派プリキュアの伝説の始まり!
第4話 心のブロッサムと力のマリン!「わたしたちはふたりでプリキュア」という伝統の友情回。
しかしのちに3人目、4人目が現れることなど、本人たちは知るはずもなかった!
第6話 えりかの「やるっしゅ!」やブロッサムの「おしりパンチ」初登場回。
第7話 いつき主役回。可愛い物に悶えるいつきや女の子にしか見えないお兄様は必見。
デザトリアンにホームランされるナルシスト幹部コブラージャの方向性を決定づけた名編。
第8話 えりかのもも姉に対する葛藤に変化が訪れる姉妹愛回。マリンの決め台詞初登場。ゆり初登場。
第10話 ダークプリキュア第1戦。プリキュアの2人を変身解除→光る下着姿にまで追い込んだ闇キュアさん。
後期に激闘を繰り広げるゆりさん(敗北後)とのファーストコンタクトがこの回。
第13話 ダークプリキュア第2戦。生身でスナッキー&ダークプリキュアに立ち向かうゆりさんは必見です!
第14話 涙なくしては見られない、感動の母の日回。
第15話 タイトルが全てを表す、いつきがかわいいものに悶えたり女の子の服を着たりする回。
第18話 島本先生も実況ツイートせずにはいられなかった、番君の吼えろペン回。
でも描いた漫画は「ハートキャッチプリキュア!」
第23話 キュアサンシャイン誕生回。作画枚数5000枚と無駄に豪華な変身バンクは必見。
第24話 23話の続き。キュアサンシャインの華麗な初バトル。
後半は3人のプリキュアダークプリキュアの心の大樹をかけた防衛戦。ラストのダークの叫びは必聴。
第28話 デザトリアンの群れとの戦いだが、「夏休みの宿題を回避するため、敵に中学校の破壊をお願いするキュアマリン」など野心的な要素が目立つ回。だらけまくるえりかは必見。
第33話 キュアムーンライト復活回。プリキュア初となる相棒の妖精の死など、ゆりの悲しい過去が明かされる。
第34話 33話の続き。第1話冒頭以来となるムーンライト対ダークプリキュア、そして三幹部戦にすべてが
詰まっている。復活早々遠慮なし、流石は先輩のプリキュア。ラストは感動&ギャグでシメ。
第36話 3クールまでの集大成ともいえる学園祭。池田彩と工藤真由が声優で出演。工藤真由は3年振りとなる。
第37話 プリキュア達が試練の山プリキュアパレスで己の心の影と向き合う試練に挑む、それぞれのプリキュアの心の成長を感じられる回。つぼみの試練を残したまま敵襲、次回に続く!
第38話 前回の続き。繰り広げられるプリキュア対大怪獣。仲間の元へ急げ、つぼみ!
そして、ついに試練を乗り越えスーパーシルエットに変身!
見る者を!?とさせたプリキュア・ハートキャッチ・オーケストラ鉄拳に注目。
第39話 プリキュア史上初めて必殺技アイテムを部屋の片付けに利用するえりか。ボスナッキーの
(ある意味)活躍にも要注目。
第41話 保育士と保育園児の感動のストーリー、と思わせておいて後半に大迫力のバトル回。
第44話 クリスマス限定、キュアフラワー大復活!ってか若返ったー!?
第45話 圧倒的なデューンの力に地球が砂漠化。残された人類の希望を背に受け、プリキュア宇宙へ飛ぶ!
第46話 キュアマリン対クモジャキー、キュアサンシャイン対コブラージャの決戦。良質な熱血戦闘回。
第47話 ムーンライト対ダークプリキュアの決戦。サバークの正体を知って絶望するゆりをブロッサムが救う!
第48話 ダークプリキュア誕生秘話とサバークの死。憎しみに堕ちかけるゆりに喝を入れ並び立つつぼみ!
デューン対プリキュアの超絶クオリティの戦闘シーンは必見!!! ついに人死にが出た…
第49話 最終回。巨大な合体プリキュア、その名もムゲンシルエット降臨!「くらえ、この愛!」
劇場版 松本理恵監督もお気に入りのシーンで、魅了されること間違いなしと思う。
歴代では初の海外ロケ。

小ネタ・話題

  • キュアブロッサム役の水樹奈々と、キュアマリン役の水沢史絵は、年齢同じ、事務所同じ、オーディションの時の順番同じ、苗字の頭が「水」などと共通点が多く、本人達もネタにしている。
  • 各話で単発登場する技名の数々は、各話の演出スタッフが考えているもの。
  • 最終回の「食らえ、この愛!」は、「届け」と「食らえ」の二択で監督の長峯とブロッサム役の水樹が散々悩んでいたが、花咲薫子役の坂本千夏の「食らえでしょ!ハートキャッチらしい!」という一声で決まった。
  • ダークプリキュアは、企画当初は存在しなかったキャラだったが高山みなみのために急遽作られたキャラクター。(オーディションに来ていて、「やっぱり良い!」と思ったからふさわしいキャラを、とのこと)
  • 水沢史絵はスカパーのプロモ番組で「スカッパくん」をやっているが、スカパーでプリキュアが特集された時、キャイーンの天野から散々イジられたことがある。
  • 放送後に発売された大友グッズを監督の長峯は買い集めている。
  • OP映像が途中から一部(心の種を放出するシーン)カットされたのは、BPOからの抗議があったからと言われている。おしりパンチも自粛となったが、技名なしで再度登場している。(長峯はこれを見て頭を抱えたとか)
  • 本作の単独劇場版では、比較的ミラクルライトの取り扱いが少なめ。上映前の小劇場がないどころか劇中でのフォローなしに急に登場する。さらにミラクルライトの効果はフレッシュまでの定番だったスーパーモードへの変化ではなく、『プリキュアオールスターズDX』のような力を与えるタイプになっている。
  • プリキュアの名前を自分で考えるという設定はハートキャッチだけであったが長峯SDが携わることになったハピネスチャージプリキュア!でも同じ設定になった(1話でのラブリーの発言及び30秒予告でのプリンセスの発言より)。

関連商品

音楽CD

主題歌

キャラクターソング

アルバム

Blu-ray BOX

DVDはこちらを参照→市場検索

ゲーム

玩具

フィギュア

S.H.Figuarts

他各種フィギュア

書籍

関連項目

ハートキャッチプリキュア!関連

花咲つぼみ&来海えりか by 床暖房

  • 砂漠の使徒
  • こころの種
  • おしりパンチ
  • パッション部
  • キュアファイヤー
  • キュアアンジェ
  • 無限顔
  • たった14歳の美少女
  • つぼえり
  • 島キュア
  • セイントプリキュア
  • 安定のえりか
  • つぼみの本気
  • プリキュア・ハートキャッチ・オーケストラ
  • ハートキャッチプリキュア!の登場人物一覧

プリキュアシリーズ

関連サイト&リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%82%A2%21
ページ番号: 4244368 リビジョン番号: 2442044
読み:ハートキャッチプリキュア
初版作成日: 09/12/28 22:04 ◆ 最終更新日: 16/12/26 10:00
編集内容についての説明/コメント: キラプリ追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ハートキャッチ!!

全員集合

バランスとれないorz

幼つぼみ(ナ・イ・ショED風)

コブラージャ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

Alright!ハ...
Alright!ハ...

ハートキャッチプリキュア!について語るスレ

847 : ななしのよっしん :2015/10/05(月) 23:58:28 ID: KYFPCFPRQP
>>846
終盤ではまさかのぬりえで出来たコッペ様の癒し空間設定持ってくのにはびっくりしたなww
デューンとの決着が少し変わってるがあれはあれで映像化したら凄く華やかになりそうってかハピプリの最終局面になるwww
848 : ななしのよっしん :2015/11/03(火) 23:32:10 ID: qMHO1M0oC9
>>847
え!?あの設定って元ネタあったの?

最終話の尺がもっとあったら、本編もあんな感じの展開になってたのかな?
まぁ温泉はノベライズだからこそ追加した要素だと思うけど
849 : ななしのよっしん :2015/11/05(木) 14:17:37 ID: KYFPCFPRQP
>>848実はあるww
ハトプリのぬりえで温泉浸かってるシーンがあるんだけど
そこの説明でコッペ様の中は癒し空間って書いてあったよ。

個人的に最終決戦で赤の種やパフュームの機能も使ってくれたのが嬉しかった
850 : ななしのよっしん :2015/11/05(木) 15:54:45 ID: jRzvRcIJQp
さらに言えばそのコッペ様温泉、漫画版単行本でのふたご先生のコメントによると、もらったシナリオでは記述があったんだそうなw
おそらくはそれを元に幼児誌で書かれてたんだろうけど結局は没設定に(ふたご先生は尺の都合ではと推測)
それが小説版になって復活って……栗山田先生そこまでして温泉に未練があったんかいw
851 : ななしのよっしん :2015/11/14(土) 23:17:33 ID: d02bta4ocN
デューンとの決戦を見るたびに、一人で闘って数十年動けない程にデューンを叩きのめしたキュアフラワーの現役時代が恐ろしくなる。
852 : ななしのよっしん :2016/02/16(火) 01:33:29 ID: 48Y7CJswMH
遅ればせながらようやく小説版を見れた。今回の小説版は、砂漠の使徒やプリキュアの新事実や、ダークプリキュアの胸の内、そしてゆりさんのビギンズナイト等見所が多くて本当に面白かった。

……面白かったけど……

本編のダイジェストを詰め込んだせいで、途中の展開が駆け足気味だったのがどうしても納得いかない。ゆりさんの物語としてもっと視点を絞った話を見たかったけど、難しいのかな…
853 : ななしのよっしん :2016/02/17(水) 03:33:29 ID: xkCpHv8eyH
サソリーナ(の素体になった女性)にはそんな辛い過去があったのか…。
他2名はある意味で言ったら自業自得やなwww
854 : ななしのよっしん :2016/08/22(月) 21:07:11 ID: 4xGQDxim70
ゲストキャラの悩みが敵キャラぶんなぐってハイ解決なのが自分には受け入れられなかった
当たり前だけどどれみとは全く別物だ
855 : :2016/10/03(月) 17:22:52 ID: zEMR0goT7Y
プリキュアに何言ってんの仕方ないことだろうに
856 : ななしのよっしん :2017/01/14(土) 00:05:36 ID: lEk1GqkvZJ
ちゃんと見ると中盤辺りから自分との関係ある子には言葉で通常デザは止めたりしてる。それでもアクションさせなきゃいけないから強化腕輪出したり色々地味な所はよく練られてるよ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015