単語記事: ハーメルンのバイオリン弾き

編集

ハーメルンのバイオリン弾きとは、渡辺道明による漫画作品。話数は“第○楽章”とカウントされる。

ここでは漫画を原作とした、アニメやゲーム作品等についても言及する。

概要

タイトルは『ハーメルンの笛吹き男』が由来。

1991年4月号より『月刊少年ガンガン』に連載され、同誌初期の看板作品として人気を博した。
10年近くに渡って展開されたストーリーは、2001年2月号をもって、大団円にて幕を下ろした。

ストーリー自体は王道のファンタジー漫画。クラシックを主とした、音楽をモチーフにした世界観が特徴。この事は登場人物の名前や地名、或いは主人公や仲間の武器が楽器である点等に散見される。度々作中には、実在するクラシック楽曲の解説が挟まれるのが特徴で、ごく初歩的なクラシック入門としても使え…ない事もない。

異世界が舞台なのに、どうして実在のチャイコフスキーとかが登場するの?」とか考えてもしようがない。素直に作品を楽しもう。

物語の本筋は、残虐なシーンや、人体破壊の描写、登場人物の壮絶な過去等、シリアスでハードな展開が多い。その一方、随所に突拍子もないギャグが挿入され、過度なシモネタなど、こちらもどぎついギャグが多い。時にはコメディチックな道具を使用し、深刻な状況を打開した事もあり、『ハーメルン』と言う作品を語る上で避けては通れない要素となっている。作者曰く、ハードなストーリーの息抜きであるらしく、同氏の他作品でも描かれている。
ストーリーが進行していくにつれギャグが薄くなる……という事も無く、ラスボス戦までギャグが挟まれる徹底振りだった。

一方、このギャグに馴染めない人も多く、「本筋のシリアスなストーリーだけでいい」という人も居る。この点は、本作の評価を二分する大きな原因となっている。
とはいえ、当時はシリアス重視の『ロトの紋章』、ギャグマンガの『突撃!パッパラ隊』など他の看板作品が連載されていた事もあり、それらと被る事無く独自の作風を貫いた事は本作がただの音楽モチーフ漫画に終わず、ガンガンの屋台骨を支えることができた大きな要因である。

ストーリー

巨大なバイオリンを抱えた主人公・ハーメルは、カラスのオーボウと供に、魔王の住む北の都『ハーメルン』を目指している。途中、村娘のフルート、ピアノ弾きのライエル、亡国の王子トロン・ボーン、元魔王軍幹部のサイザー等を仲間に入れ旅を続けて行く。

主な登場人物

ハーメルの一団

  • ハーメル
    • 卑怯でに汚い、ひねくれ者の外道主人公。ギャグパートで嬉々として外道な真似をするのはお約束。ただ、これは幼少期のトラウマが原因であり、行き過ぎた照れ隠しの意味合いが多分に強い。
    • その体には魔族の血、天使の血、人間の血が混ざっている。中でも魔族の血が強く、額には角が生えている。
    • 身の丈ほどもある巨大なバイオリンを演奏する事で敵魔族を改心させたり他人(主にフルート)を操って攻撃をしたりする。後に魔族化が進行し、素手による戦いも多くなり、ギャグパートのカオス度も跳ね上がった。
  • フルート
    • ペット兼アイテム兼ヒロイン。とてもパワフル。初期は良くハーメル手製の着ぐるみを着せられていた。
    • ハーメルの魔曲により超大なパワーを得るが代償に何十年単位という寿命を削られる(結果的に元々超長寿命の血筋の生まれなので数十年削られても常人程の被害は無かった)。その他、着ぐるみを着せられ見世物小屋に入れられる等
      ろくな目に遭っていない。
    • 後にスフォルツェンドの王女である事が判明。スフォルツェンドの王族が持つ癒しの能力が覚醒。最終的に魔王
      を倒す鍵となる。ベートーベンの交響曲第九番を歌うラストシーンは必見。
  • オーボウ
    • パーティーを纏める老カラス。名前の由来はオーボエ
    • その正体は「空の提督」の異名を持つ元魔界軍王No.2の妖鳳王。軍王時代から魔族でありながら戦いと殺戮を好まない「変わり者」である。ハーメルの母・パンドラに救われた縁で魔族を裏切り、幼少のハーメル達を救った。その際に魔力の大半を失いそれを回復させる為カラスの姿で過ごしている。
    • カラスの姿では無力に近く、武器(オーボウミサイル)として使用される等ハーメルの良い様に扱われている。その代わりなのか、真の姿の時はベース以上の力(それこそあのケストラーに「お前さえいれば魔族は半分も要らなかった」とまで言わせたほど)を発揮する。
  • ライエル
    • ハーメルの幼馴染であり、よくハーメルにいじめられていた。ライエルとは手回しオルガンの異名(Lyre)。
    • 女性に対する免疫が無く、すぐに鼻血を出し出血多量で意識を失う。
    • 背中に背負った黄のピアノを使用し精霊を召喚して攻撃する。ピアノは500キロありそれを担いで世界を横断
      した事から筋力に関しても並以上と言われる(本来武闘派である筈のギータを殴り飛ばしたりしている)。しかし、ピアノを背負った状態でひっくり返ると、自分の力だけでは起き上がれない。
  • サイザー
    • ハーメルンのバイオリン弾きについて語るスレ#47ハーメルの双子の妹。シンセサイザーが由来。
    • 魔族寄りのハーメルに対し彼女は天使の血が強い為背中に羽があり空を飛ぶ事が出来る。
    • 幼少の頃に魔族にさらわれ魔界軍王No.3の妖鳳王になっていたが後にパーティー入り。基本はシリアスキャラだが、加入後はギャグパートでも出番がある。あとお色気担当。
    • 武器は大鎌。鎌はフルートにもなり魔曲を奏でる事で9人のワルキューレを召喚できる。
  • トロン・ボーン
    • ダル・セーニョの王子で王国唯一の生き残り。由来はトロンボーン
    • 生まれの所為かとても我儘なクソガキ。国を滅ぼされた復讐の為ハーメル達に同行している。
    • 最初は臆病だったが巨大な魔族を倒した事で剣士として目覚める。得意技は父親譲りの獅子奮迅斬(シーザー・スラッシュ)。後に父親の形見である双刀、母親の一刀を使用した四刀流の剣士となった。
  • オカリナ
    • オーボウの娘。サイザーの育ての親で魔界軍王としての副官。サイザーの裏切りと供にハーメルの仲間に。
    • 魔族化したサイザーを救う為、魔力の全てを使い果たし息絶える。
    • 死んでからもやたらギャグで登場していた。『あらすじ』の常連キャラクターでもある。

味方

  • パンドラ
    • ハーメルの母親。魔族により北の都に封印されている。
    • 素性を偽った魔王ケストラーと交わりハーメルとサイザーを産んだ。子供達を人質に取られた際、自身の名を冠した『パンドラの箱』を開け、ケストラーを完全復活させてしまった。
    • パンドラの箱を開けてしまって以降、迫害され人間不信に陥りとても歪んだ性格になってしまった。ハーメルの捻くれた性格はこの母親を見て育った影響が大きい。
      こんなシリアス設定のお母さんも時折ギャグをやるのがこの漫画の怖いところで、結果、聖女の様な性格ながら突発的に人間不信を併発するという困った人に。
      ハーメルとライエルの音楽の師匠でもある。その実力はあらゆる楽器を使いこなし、魔曲でベースを戦慄させたほど。
      箱の名前も合わさってギリシャ神話の同名の女性が名前の由来と誤解されがちだが、実際はウクライナの民族楽器バンドゥーラが名前の由来である。
    • あまり触れられていないが天使と人間の混血であり、更に血筋的には天使寄りだったりする(本人が祖父から先祖に天使がいると聞いた、と発言している)。
  • ヴァイ・オリン
    • 発明家。名前の由来はバイオリン
    • 若い頃(数千年前)にケストラーを、自身が発明した『パンドラの箱』に封印。その際に力を使い果たしてた結果、ボケ老人と化した。
    • 実はパンドラの父親で、ハーメルやサイザーの祖父。元天使族でサイザーに羽が生えているのは彼の血による
      もの。ただし、これらの設定が明かされるのは物語の終盤だったりする。しかもパンドラの母親とのなれ初めが、「衝動に任せて襲った」 というあんまりにもあんまりな物だったのでハーメルとサイザーに袋叩きにされた…。
  • ホルン
    • フルートの母親でスフォルツェンドの女王。
    • 一度はフルートを手元から放したが再会以降は親バカ状態。愛情故に色々変なイベントを催す、ファンキーな母親として振る舞っていたが、これは寿命が残り幾ばくもない状態であることを悟られないための強がりでもあった。
      作中世界の治癒魔法は基本的に己の寿命と引き換えに発動するため、頻繁に使用すれば200年という長い寿命を持つスフォルツェンド王家であっても早死には免れない
    • 終盤は寿命の枯渇が外見にまで現れ、そして最終決戦直前に最後の魔法で人類の軍を北の大地に送り届けた後、力を使い果たし死亡した。
  • パーカス
    • ホルンに仕える執事。名前の由来はパーカッション。カツラ。
    • 執事の癖に作戦の指揮をとったり滅茶苦茶強かったりするのはお約束。
    • ハーメルたちに何かと嫌味な態度を見せたこともあるが、実際は国と王家を誰よりも想い慕う根っからの忠臣。ホルンの大立往生も彼が独り見届けている。
    • 続編に甥っ子が登場しているが、単行本のオマケコーナーで説明されるまで多くの読者から「第1作に出た方と同一人物」と思われてしまった。
  • リュート
    • スフォルツェンドの第一王子。フルートの年の離れた兄。かつては魔族との戦いの筆頭に立った英雄で、魔族からは「スフォルツェンドの魔人」と恐れられた人物。
      なお、スフォルツェンドは代々女系国家である為、王位継承権は妹のフルートの方が上位となる。
      子供たちに好かれる心優しい青年だが、天然でシスコン。
      15年前のスフォルツェンド大戦で死亡の後、ベースの傀儡となっている。
  • クラーリィ・ネッド
    • スフォルツェンドの魔法兵団を束ねる大神官。名前の由来はクラリネット
    • 普段はホルンの護衛をしているがお使い等で度々ハーメルの元に現れている。
      一見冷徹な人物だが、ハーメルに言わせるところシスコン・マザコン・女王コン。特に妹のコル・ネッドに関する事では殆どギャグ要員。
  • コル・ネッド
    • クラーリィの妹。通称・コルネット
    • 魔法と接近戦を組みわせた魔闘家と呼ばれる職業。フルートに魔法を教える為、ハーメル達の元を訪れた。
    • フルートの恋のライバルとして設定されたキャラだが、ハーメル好きさ・フルート憎さから黒魔術に手を出すなどギャグ方面で暴走し、ついには儀式の失敗により魔族化。ケストラーを超える作中最強の魔物となる。口から放つ『聖母殺人伝説(ジェノサイド・エクストリーム)』は、ケストラーの血でパワーアップしたギータすら一撃で倒した程。

魔族

  • 大魔王ケストラー
    • ハーメルとサイザーの父であり、最大の敵。名前の由来はオーケストラ(王、ケストラ)から。
    • オリンによって『パンドラの箱』に封印されていたが、復活。その際に失った体を補う為、魔族や人間を糧にしている。その存在自体が魔族にとっての魔力の供給源であり、魔族は彼に逆らえない。
    • これといった技や魔法は持たないが、北の都に居ながらにして世界中を爆撃できるなど、ベースですら足元にも及ばぬほどの圧倒的過ぎる力を持つ。
    • 魔族も人間も、すべては自分の玩具か食物でしかないという冷酷非情な性格。それは自身の子であるハーメル・サイザーすら例外ではない。その邪悪さ故に作者も嫌っているらしく、「作品が終わってしまったのは悲しいが、ケストラーを描かなくてよくなった点に関してはホッとしている」といった趣旨のコメントを残した。
    • 本編中ではギャグパートに関わらなかったが、オリンが主人公の外伝では、全編ギャグキャラクターと化している。
  • ベース
    • 魔界軍王No.1の冥法王であり、ケストラー不在の状態では実質魔族のトップ。
    • 第一次スフォルツェンド大戦で体を失っている為、リュートの体を操り自分の生首を持たせている。この特異な構図が、皮肉にも彼の末路を決定づけてしまった。
    • 実は作中で真の姿を見せていない
  • ドラム
    • 魔界軍王No.2の幻竜王。
    • 双頭のワニかトカゲの様な外見。真の姿は72本の首を持つヒドラ。いわゆる筋肉馬鹿。よくギータを側に置いていた。
    • スフォルツェンド侵攻後に死亡したが、その後もギャグで度々登場。魔族にもかかわらず、天国に行けたらしい。
  • ギータ
    • 魔界軍王No.4の超獣王。ギターが名前の由来。
    • 普段は犬一匹分の体の上に、犬型の人獣の上半身がくっついた外見の剣士。純粋な実力差を剣士の技量で補うことで「どんなに強い相手でももがき苦しむさまを眺めることができる」から剣を使っているが、その一方で魔族一の剣士としての実力と彼なりのプライドも持ち合わせている。真の姿はケルベロス。
    • 能力は魔界軍王の中では最底辺で口調もですます調、上に対しても常に平身低頭ながら、本質は狡猾な野心家。普段は他の軍王に対して表面的に従順なふりをしているが、彼らがいざ虫の息になったら躊躇うことなく報復に打って出る苛烈な面もある。
  • オル・ゴール 
    • ベースの副官。名前の 由来はオルゴール。ピエロの様な外見から、道化師とも呼ばれる。
    • 上司であるベースをからかうほどの悪ふざけ好きであり、それは戦い方にも外道な形で表れている。
    • 不死身の肉体を持っていると言われ、刺しても切っても死ぬ事は無い。直属の上司の指示を受ける事よりも、ヴォーカルやギータにいい様に使われている事が多い。
  • ヴォーカル
    • 魔界軍王だったが、ケストラーに歯向かった為投獄されていた。名前はボーカルに由来。
    • ハーメルの魔族化を促進する為、復活。サイザーの胸を揉む・オカリナの服を剥ぐ等の活躍セクハラを見せた。
    • 何型の魔族かは未だに不明。真の姿になると髪の長さと色が変化する(他の上位魔族と比べると外見の変化がかなり小さい)。

ゲーム『ハーメルンのバイオリン弾き』

1995年9月29日、スーパーファミコン用ソフトとしてエニックスから発売された。

その内容は、ハーメルを操作してステージを進行するアクションゲーム。SFC成熟期のゲームにも関わらず、セーブが出来ず、再開用のパスワード等も無い。その為、完全クリアするには、一気にプレイするか、エミュレーターを使用して中断する他ない。

特筆すべき点は、NPCとして付いてくるヒロイン・フルートである。彼女の役割は

  1. 敵に投げてぶつける
  2. 踏み台にする
  3. ぬいぐるみを着せ、特殊能力を使用する

の3つ。これらの酷い扱い・状況によって、フルートの表情は変化する。

このようにフルートを苛めるサドゲー的な要素、そして前述のマゾゲー的な要素を併せたネタゲーとして、一部では有名である。因みにと言ってはなんだが、現在のスクウェア・エニックスのHPでは元祖ギャル投ゲーという、ゲームのジャンルらしきものが書かれている。

TVアニメ『ハーメルンのバイオリン弾き』

1996年10月2日から1997年3月26日まで、テレビ東京系で放送。

原作のギャグを排除して、シリアスなストーリーを強調している。その為、原作ファンにはあまり受け入れられず、原作のギャグに抵抗のある人には比較的受け入られやすい。ただし、終盤の展開は不条理極まりなく、後味が悪いという評価が多勢である。これは当初4クールの予定が、2クールになってしまったのが原因。人気低迷による『打ち切り』ではなく、放送開始直後に短縮が決定されたものである。

静止画を多用しており「手抜き」「OP詐欺」「TV紙芝居」呼ばわりされる事が多い。監督の西村純二曰く「エヴァンゲリオンに影響された結果、あの様な演出になった」と、故意の演出であった事を強調している。一方、音楽はクラシックを多用した壮大なものであり、かの田中公平が手掛けていることもあって評価が高い。

因みに『ハーメルン』はこれ以前にも、劇場版アニメとして映像化されている。こちらはギャグを取り入れた、原作の作風に近いものとなっている。なお劇場版はCDドラマと同じ声優が担当しているが、TVアニメ版はキャストが大きく異なっている。

続編

『ヤングガンガン』にて、本編の十数年後を舞台にした『ハーメルンのバイオリン弾き〜シェルクンチク〜』が連載されていた。残念ながら8巻で打ち切りになってしまったが。

現在では、ネット上で新たな続編『ハーメルンのバイオリン弾き 愛のボレロ』が連載中である。
掲載サイト(第一楽章)

みんな、見てね!!

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E5%BC%BE%E3%81%8D
ページ番号: 4299733 リビジョン番号: 1839283
読み:ハーメルンノバイオリンヒキ
初版作成日: 10/03/05 02:06 ◆ 最終更新日: 13/06/23 17:44
編集内容についての説明/コメント: 関連商品に「続ハーメルンのバイオリン弾き 1巻」追加しました
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


サイザー

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ハーメルンのバイオリン弾きについて語るスレ

104 : ななしのよっしん :2015/12/02(水) 18:41:28 ID: or4LCRqHHs
ギャグは賛否あるけどギャグ無しだったら少年誌で続かなかったよなと思う
105 : ななしのよっしん :2016/04/20(水) 17:29:22 ID: sQaQi6Yvxb
あの「副官」ていう存在がずっと引っ掛かってたんだが魏志にも記されてる倭の国長の補佐みたいな奴(「卑奴母離」等)から来てたのか。
そして「北の魔王」と来る訳だからな、こりゃ一本とられたって奴だ
106 : ななしのよっしん :2016/08/07(日) 16:48:10 ID: nv2IQNVbkd
続ハーメルンが見たことない出版社だと思ったら社長が本人なんだな、書店に並ぶ自費出版とは凄いもんだ。
107 : ななしのよっしん :2016/09/08(木) 18:49:36 ID: AK6MP8im5f
>>102
視点を変えるだけで同じ題材でもあそこまで別物になるという良い教材だと思う
108 : ななしのよっしん :2016/12/02(金) 19:13:19 ID: sQaQi6Yvxb
ヴォーカルがサイザーにやってた反魂法が横スカ事変で行われた抜き取りの参考材料だった…?
109 : ななしのよっしん :2016/12/21(水) 04:47:12 ID: YSPJOYfPiK
ショック受けるのは勝手だけど検索避け強制される筋合いは製作者からしたらないよ
嫌いな嗜好を叩く事を勝手にマナー化してる方が迷惑
110 : ななしのよっしん :2017/01/12(木) 22:11:35 ID: z/083uOTs+
何の事かと思ったら>>94
あの動画はあの動画でいいと思うけど
手書きパロの中でもかなり手がかかってる方だし、ハーメルンならハーメルンタグつけんと誰も見ないだろうし
コメントでも見るように愛を感じるよ
自分と違う嗜好だからってここでボロクソに言う方がどうかと思うけど
というかそこそこ長い注意書きされてなんでわざわざ見たんだろう?嫌なら見なければいいのに
まあ今さらな話だな
大分前の動画だし
111 : ななしのよっしん :2017/01/22(日) 22:52:58 ID: qxFxVFqXKi
魔族に敵対する天使的な存在ってまだいるのかな
設定みるとちょくちょく絡んでるみたいだけど、直接には登場してないよね?ポセイドン鍋様くらいか


112 : ななしのよっしん :2017/02/23(木) 22:27:18 ID: AEaWr+jyKZ
TVアニメについては賛否両論なんだね。
個人的に“原作付き”と言う前提がある作品については、
コンセプトやストーリーラインの改変は、原作者が認めないものはアウト。
じゃあ原作者サイドの意見はどうなんだっていうと…。

当時のアシさんであるかわせひろし氏曰く
「漫画家サイドからはあれ、かばい様がないんですよね。大失敗」
「ナベ先生は人間賛歌万歳な人で、あれ(オル・ゴール編)もそのために描かれた話」
「根っこの部分をいじられて、さらに結果も出ないんじゃ、かばい様がない」
http://ouendan.cocolog-nifty.com/blog/2005/02/on_tv.html

とまあ、ご覧のとおり。
だもんで、個人的にはどんなに良いストーリー、良い演出であろうとも、この時点でダメ作品かな。
113 : ななしのよっしん :2017/02/23(木) 22:35:41 ID: LQz3xIMbXg
アニメはアニメだからなぁ
原作者だろうと一視聴者の意見でしかないから
それに影響されるのもダメだと思うわ
というか、その意見は原作者のものじゃないしな
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015