単語記事: ハーメルンのバイオリン弾き

編集

ハーメルンのバイオリン弾きとは、渡辺明による漫画作品。話数は“第○楽章”とカウントされる。

ここでは漫画原作とした、アニメゲーム作品等についても言及する。

概要

タイトルは『ハーメルンの笛吹き男』が由来。

1991年4月号より『月刊少年ガンガン』に連載され、同誌初期の看作品として人気を博した。
10年近くに渡って展開されたストーリーは、2001年2月号をもって、大団円にて幕を下ろした。

ストーリー自体は王道ファンタジー漫画クラシックとした、音楽モチーフにした世界観が特徴。この事は登場人物の名前や地名、いは主人公仲間の武器が楽器である点等に散見される。度々作中には、実在するクラシック楽曲の解説が挟まれるのが特徴で、ごく初歩的なクラシック入門としても使え…ない事もない。

異世界が舞台なのに、どうして実在チャイコフスキーとかが登場するの?」とか考えてもしようがない。素直に作品を楽しもう。

物語の本筋は、残虐なシーンや、人体破壊の描写、登場人物の壮絶な過去等、シリアスハードな展開が多い。その一方、随所に突拍子もないギャグが挿入され、過度なシモネタなど、こちらもどぎついギャグが多い。時にはコメディチック具を使用し、深刻な状況を打開した事もあり、『ハーメルン』と言う作品をる上で避けては通れない要素となっている。作者く、ハードストーリーの息抜きであるらしく、同氏の他作品でも描かれている。
ストーリーが進行していくにつれギャグが薄くなる……という事もく、ラスボス戦までギャグが挟まれる徹底振りだった。

一方、このギャグ染めない人も多く、「本筋のシリアスストーリーだけでいい」という人も居る。この点は、本作の評価を二分する大きな原因となっている。
とはいえ、当時はシリアス重視の『ロトの紋章』、ギャグマンガの『突撃!パッパラ隊』など他の看作品が連載されていた事もあり、それらと被る事く独自の作を貫いた事は本作がただの音楽モチーフ漫画に終わず、ガンガン屋台を支えることができた大きな要因である。

ストーリー

巨大なバイオリンを抱えた主人公・ハーメルは、カラスのオーボウと供に、魔王の住む北の都『ハーメルン』をしている。途中、村フルートピアノ弾きのライエル、亡王子トロン・ボーン、元魔王軍幹部のサイザー等を仲間に入れを続けて行く。

主な登場人物

ハーメルの一団

味方

魔族

  • 大魔王ケストラ
    • ハーメルとサイザーのであり、最大の敵。名前の由来はオーケストラ(王、ケストラ)から。
    • リンによって『パンドラの箱』に封印されていたが、復活。その際に失った体を補う為、魔族や人間を糧にしている。その存在自体が魔族にとっての魔の供給であり、魔族は彼に逆らえない。
    • これといった技や魔法は持たないが、北の都に居ながらにして世界中を爆撃できるなど、ベースですら足元にも及ばぬほどの圧倒的過ぎるを持つ。
    • 魔族も人間も、すべては自分の玩具か食物でしかないという冷酷非情な性格。それは自身の子であるハーメル・サイザーすら例外ではない。その邪悪さ故に作者も嫌っているらしく、「作品が終わってしまったのは悲しいが、ケストラーを描かなくてよくなった点に関してはホッとしている」といった趣旨のコメントを残した。
    • 本編中ではギャグパートに関わらなかったが、オリン主人公の外伝では、全編ギャグキャラクターと化している。
  • ベース
    • 魔界軍王No.1の法王であり、ケストラー不在の状態では実質魔族のトップ
    • 第一次スフォルツェンド大戦で体を失っている為、リュートの体を操り自分の生首を持たせている。この特異な構図が、皮にも彼の末路を決定づけてしまった。
    • 実は作中での姿を見せていない
  • ドラム
  • ギータ
    • 魔界軍王No.4超獣王。ギターが名前の由来。
    • 普段は一匹分の体の上に、の人獣の上半身がくっついた外見の士。純な実差を士の技量で補うことで「どんなに強い相手でももがき苦しむさまを眺めることができる」からを使っているが、その一方で魔族一の士としての実と彼なりのプライドも持ち合わせている。の姿はケルベロス
    • は魔界軍王の中では最底辺で口調もですます調、上に対しても常に身低頭ながら、本質は狡猾な野心。普段は他の軍王に対して表面的に従順なふりをしているが、彼らがいざの息になったらうことなく報復に打って出る苛な面もある。
  • オル・ゴール 
  • ヴォーカル
    • 魔界軍王だったが、ケストラーに向かった為投されていた。名前はボーカルに由来。
    • ハーメルの魔族化を促進する為、復活。サイザーの胸を揉む・オカリナを剥ぐ等の活躍セクハラを見せた。
    • の魔族かは未だに不明。の姿になるとの長さと色が変化する(他の上位魔族とべると外見の変化がかなり小さい)。

ゲーム『ハーメルンのバイオリン弾き』

1995年9月29日スーパーファミコンソフトとしてエニックスから発売された。

その内容は、ハーメルを操作してステージを進行するアクションゲームSFC成熟期のゲームにも関わらず、セーブが出来ず、再開用のパスワード等もい。その為、クリアするには、一気にプレイするか、エミュレーターを使用して中断する他ない。

特筆すべき点は、NPCとして付いてくるヒロインフルートである。彼女の役割は

  1. 敵に投げてぶつける
  2. 踏み台にする
  3. ぬいぐるみを着せ、特殊を使用する

の3つ。これらの酷い扱い・状況によって、フルートの表情は変化する。

このようにフルートを苛めるサドゲー的な要素、そして前述のマゾゲー的な要素を併せたネタゲーとして、一部では有名である。因みにと言ってはなんだが、現在スクウェア・エニックスHPでは元祖ギャル投ゲーという、ゲームジャンルらしきものが書かれている。

TVアニメ『ハーメルンのバイオリン弾き』

1996年10月2日から1997年3月26日まで、テレビ東京系で放送。

原作ギャグを排除して、シリアスストーリーを強調している。その為、原作ファンにはあまり受け入れられず、原作ギャグに抵抗のある人には較的受け入られやすい。ただし、終盤の展開は不条理極まりなく、後味が悪いという評価が多勢である。これは当初4クールの予定が、2クールになってしまったのが原因。人気低迷による『打ち切り』ではなく、放送開始直後に短縮が決定されたものである。

静止画を多用しており「手抜き」「OP詐欺」「TV紙芝居」呼ばわりされる事が多い。監督西村純二く「エヴァンゲリオンに影された結果、あの様な演出になった」と、故意の演出であった事を強調している。一方、音楽クラシックを多用した壮大なものであり、かの田中公平が手掛けていることもあって評価が高い。

因みに『ハーメルン』はこれ以前にも、劇場版アニメとして映像化されている。こちらはギャグを取り入れた、原作の作に近いものとなっている。なお劇場版CDドラマと同じ声優が担当しているが、TVアニメ版はキャストが大きく異なっている。

続編

ヤングガンガン』にて、本編の十数年後を舞台にした『ハーメルンのバイオリン弾きシェルクンチク〜』が連載されていた。残念ながら8巻で打ち切りになってしまったが。

現在では、ネット上で新たな続編『ハーメルンのバイオリン弾き ボレロ』が連載中である。
掲載サイト(第一楽章)

みんな、見てね!!

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E5%BC%BE%E3%81%8D
ページ番号: 4299733 リビジョン番号: 1839283
読み:ハーメルンノバイオリンヒキ
初版作成日: 10/03/05 02:06 ◆ 最終更新日: 13/06/23 17:44
編集内容についての説明/コメント: 関連商品に「続ハーメルンのバイオリン弾き 1巻」追加しました
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


サイザー

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ハーメルンのバイオリン弾きについて語るスレ

98 : ななしのよっしん :2015/08/24(月) 01:10:37 ID: jcBGLpQz9Q
全盛期のケストラー様伝説

・1コマで5人殺は当たり前
・思念体を飛ばすだけで勇者一行を圧倒
から出るだけで相手人類が泣いて謝った、枯れ果てて死ぬ人間も
・部下を一睨みしただけで体が聖杯になってに飛んでくる
・あまりに強すぎるから魔界軍王でもエサ扱い
・そのエサもペッと吐き捨て
・手を使わずにきだけで人類最強精霊使いが消滅
・足踏みで大地震が起きたことは有名
・グッと手を上げただけで人間の土が8割くらい壊滅した
・軍の半分に匹敵する強さのオーボゥを楽々ホームラン
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
99 : ななしのよっしん :2015/09/05(土) 07:56:47 ID: xXtYT2okOz
この時期の冒険物にしてはしく
徹頭徹尾腐れ外道ラスボスだったなぁケストラ
地域支配のボスラスト中ボスあたりにゃよくいるけど

一族のためとか地上支配とか未知のへの探とか
何かしらのバックボーンも持たないガチ京楽って感じ
100 : ななしのよっしん :2015/09/05(土) 08:13:02 ID: N1Ljh9fAGu
今まで見たいろいろなフィクションの中でも、オル・ゴール以上の外道はいないと思っている
ハーメルの時といいトロンの時といいサイザーの時といい、あいつの大活躍は紛れもなくハーメルンのバイオリン弾きの山場
101 : ななしのよっしん :2015/09/29(火) 01:55:19 ID: 2N43Ku8fLf
続一気読みしたけどすごいかった
トロンかっけえなぁコル(あんな強いはずなのに)全にヒロインだなぁ
あの三人だけでなくオーボウも思い出してくれれば大分楽になるはずなんだが

あと新しい絵柄だとフルートが3倍くらいかわいい
102 : ななしのよっしん :2015/10/24(土) 15:56:28 ID: OGogQbGYfH
最近アニメ版みたけど、凄く不条理だが、が深すぎて心に来た。
アレアレで悪くないね。
(悲劇やIFストーリーを受け入れられない人には絶対合わないが)
103 : ななしのよっしん :2015/11/03(火) 01:10:48 ID: gezJoLzI5O
ケストラーは悪の完成系の1つだよな。今でも外道悪党の頂点と言い切れる。
104 : ななしのよっしん :2015/12/02(水) 18:41:28 ID: or4LCRqHHs
ギャグは賛否あるけどギャグしだったら少年誌で続かなかったよなと思う
105 : ななしのよっしん :2016/04/20(水) 17:29:22 ID: sQaQi6Yvxb
あの「副官」ていう存在がずっと引っ掛かってたんだが志にも記されてる倭の長の補佐みたいな(「卑離」等)から来てたのか。
そして「北の魔王」と来る訳だからな、こりゃ一本とられたって
106 : ななしのよっしん :2016/08/07(日) 16:48:10 ID: nv2IQNVbkd
ハーメルンが見たことない出版社だと思ったら社長が本人なんだな、書店に並ぶ自費出版とは凄いもんだ。
107 : ななしのよっしん :2016/09/08(木) 18:49:36 ID: AK6MP8im5f
>>102
視点を変えるだけで同じ題材でもあそこまで別物になるという良い教材だと思う
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015