単語記事: バイオハザード アウトブレイク

編集  

バイオハザード アウトブレイク」とは、2003年カプコンよりプレイステーション2用として発売されたバイオハザードシリーズの一つであり、ホラーアクションアドベンチャーゲームである。プレイステーション2インターネット接続して、オンラインでもプレイであったが、2011年6月マッチングサービスが終了。現在海外の有志が自作したサーバーを介することで可だがβ版であるなど問題点は多い。

作中の時系列バイオハザード2~3のスピンオフにあたり、ゾンビだらけの地獄と化したラクーンシティが舞台となる。瀕死になる前のマービンやベンが登場する他、アウトブレイク発生直後のステージが存在するなど本編との繋がりが随所にちりばめられている。巻き込まれた一般市民達の苦悩や葛、生き延びる為に必死で足掻く姿を描いている。

ゲームシステムバランスオンラインプレイを前提に調整されているようで、1ボタンで自キャラが状況に合わせたセリフをしゃべるアドリブチャットスティックボタンの組み合わせでキャラクターの名前を呼んだり、いくつかの簡単な示を出すことができる。文字チャットゲーム開始前のロビーかゲーム終了後のみ可シングルプレイ(オフライン)はシナリオこそ同じだが、オンラインでは協して動かせるギミックでも仲間は手伝ってくれなかったり、残弾や希少性を考えずに武器をぶっ放したり、どこかに行ったまま帰ってこない等、仲間AIに問題が多く遊びやすいとは言えない。

容量やゲーム性の観点から、やけに迷宮じみていたMAP構成をリアル重視にした事によりマップ移動の度に長いロード時間(DVDでおよそ10秒弱)がかかる。ただしHDDユニットインストールする事でロード時間は数分の一になる、それでも歴代作品のようにサクサク移動できない事やシリーズ作品とは一変わったシステム、当時のオンライン環境ハードルの高さ(プロバイダー契約の他、別売のネットワークアダプタが必要だったり、KDDIマッチングサービスとの契約も必要だった)などから評価は分かれている。オンラインCoopを前提にしたゾンビゲームとしてはかのLeft4Deadより5年もく、参考にされたのではないかと思われる部分もある。

PS3/XBOX360などの次世代機は額面上これらアウトブレイクシリーズの弱点をほぼ全てできるため、DL版やHDリマスター版などの販売を望むが多い。

            もう二度と、会えないかもしれない・・・

 

バイオハザード アウトブレイクの概要

一般市民8人のうち一人を操作し、ラクーンシティからの脱出をす。
シリーズ初であるオンラインモードを採用していたため注を集めた、オンラインでは最大4人でのプレイが可
2~3のラクーンシティーでの惨劇と同じ時系列であり、本編で登場した建物や一部人物なども登場する。

バイオハザード アウトブレイク FILE2

2004年に発売された、上記の続編にあたる。

前作のアナザーストーリーという位置づけであり
新しいシナリオ、新しいモードアクションの追加や調整、武器・アイテムクリーチャー
隠しキャラ衣装を含めたコレクションなどが追加されている。

プロローグ

私たちは、あまりに非力だった。
わずかな弾薬、頼りない武器。
傷ついた体。
闇に萎える心。

しかし・・・諦めなかった。
共に生きようと願う仲間がいたから。
受け継いだ意志があったから。

 ラクーン・シティ――死と絶望られた

 今こそろう。
あの地獄の惨状。
生還の果てに何を得たかを。

バイオハザード アウトブレイクの特徴

バイオハザードアウトブレイクでは、本編のように1つの長い物語プレイするのではなく、いくつかの短めのシナリオ(普通に遊んで20分程度から長いものだと2~3時間ほど)をプレイする。シナリオによっては難易度で展開や攻略手順が大きくかわるものもある。歴代バイオハザード主人公が活躍する裏で、市民たちは何をしていたか?という設定のなされているゲームである。 

主人公たちは一般市民であり、装備や戦闘に乏しく、非力な存在である。
キャラクターによってが違い、戦闘が得意なキャラクターもいれば、多くのアイテムを所有することができるキャラクターもいる。各キャラクター特性を生かして、他のキャラクターとの役割を上手く分担することが生存の鍵となる。 シングルプレイ(オフラインプレイ)でもAIキャラクターが2人ついてくれる。FILE2では自分でパートナーキャラクターを選択することができるようになった。 

システムが従来の作品とは異なっており、死亡(DEAD状態)となるのは次の条件である。

この”ウイルスゲージ”も本作の大きな特徴である。
ウィルスゲージは時間経過で徐々に増加する他、敵の攻撃を受けた際にも増加する。
従来の、FINE(),CAUTION(),CAUTION(),DANGER()と体が減少していくというシステムは存在するものの、本作では体が0になってもその間に死亡するのではなく、倒れ、”這いずり”状態となる。
這いずり状態では移動速度が極端に低下し、またウィルスゲージが急に上昇する。
仲間が肩を貸してくれるか、回復アイテムを使うかで再び起き上がることができ、DANGER状態からの復帰となる。

従来のバイオハザードではな武器は銃火器流となっていたが、本作品は銃火器にとどまらず包丁パイプ、釘打ち機、更には松葉デッキブラシなども武器として登場する。武器を所持していない場合もタックルによる攻撃が可であり、ゾンビ程度の敵なら一時的にひるませる事も可である。

登場人物《プレイヤーキャラ》

下記は本作に登場する8人のメインキャラクター(キャラタイプ)である。
皆それぞれ一癖も二癖もあるキャラなので、選択は非常に重要。
キャラクターによってパーソナルアイテム(最初から持っているアイテム)が異なり
専用アイテムなら通常のアイテムとは別で所持できる、ただし譲渡はできない。
また同一キャラの使用は不可、オンラインでも同キャラ同士はマッチングしないようになっている。

ケビン・ライマン【Kevin Ryman】
クー警に務める警官。8人いる中で一番の運動を持ち、射撃の腕も抜群である。
しかし、細かいことに拘ることのないその楽天的な性格の所為か、S.T.A.R.S.選抜試験に2度も落ちてしまっている。

戦闘向きのキャラクターであり、スペシャルアクションの『狙い撃ち』はハンドガン(マグナムを含む)を装備時に一定時間構え続けることで威が2倍になる強な技。『キック』は武器を装備しているときにも使える近接攻撃。体が二番に高く、移動速度は最速で、ゲーム開始時点からパーソナルアイテムとして、通常のハンドガンの3倍の威を誇る『ケビン専用45オート』を所持している。ただし45オートの弾はかなりの希少品でシナリオによっては落ちていない。

総合的な性が高く初心者向けなのだが、回避系のアクションを持っていないため追い込まれると脆い面もある。
また、ウイルスの侵攻速度が速く、クリアに時間がかかる長いシナリオにはあまり向かない。

ちなみに、バイオハザード2バイオハザード4主人公レオン・S・ケネディ先輩にあたる。直接の接点は持てなかったが…。

マークウィルキンス【Mark Wilkins】
クー内の警備会社に勤務。ベトナムでの兵役経験があり、50歳をえてなおその屈強さに陰りはない。
8人いる中では最年長であるが、軍人時代の時に鍛えられた体あってか、一番体(ライフ)が高い。だが、戦争時代の悲惨さを知ってか、精面は脆い。

スペシャルアクションの『ガード』は正面からの敵の攻撃を効化(FILE2では7割減)することができる。ただしガードな攻撃も多く、ガードに成功してもウイルスゲージの上昇は防ぐことはできない。『フルスイング』、パイプなどの棒状の武器で使用可な近接版『狙い撃ち』。体・近接性の高さから戦闘に向いたキャラクターであり、時には体をってみんなのになることもできる。パーソナルアイテムとして、通常のハンドガンと性がほぼ同じの『マーク専用ハンドガン』を所持しており、アイテム圧迫しがちなハンドガンを新たに入手しなくても済む点は大きなメリットである。通常二人がかりでないと理な重い物を一人で押せる。

移動速度が遅い、大きな体格が災いして狭い場所に入れないなどデメリットもある。
ケビンと同じくウイルス侵攻速度が速く、長時間探索するシナリオには向いていない。

ジム・チャップマン【Jim Chapman】
クー鉄道会社に勤務。気さくで陽気で、非常にお調子者。臆病な割にはゾンビがうごめく中でもよく喋る。それ故何かにつき一言多く、周囲から顰蹙を買うこともある。

男性キャラの割には体が低く、ウイルスの侵攻速度較的速い、あまり戦闘にも向かず長時間の探索にも不向きであるため上級者向けである。だが、臆病な性格のお陰か、危険察知が高く、その上直感も冴えており、マップ上にアイテムの位置が【?】と表示される。シナリオクリアに必要なキーアイテムが見つからず、詰みそうになったら試しに使ってみるのも良いだろう。スペシャルアクションは敵から攻撃されなくなる&無敵になる『死んだフリ』(FILE2では無敵効果はし)、ただし効果中はウイルス侵攻速度がものすごく速くなるので、一時的に侵攻を止める抗ウイルス剤やハーブと併用するのが効果的。

また、パーソナルアイテムの『コイン』は、持っているだけで武器の耐久度とクリティカル率が上がるほか、コイントスを行って表が出る度にクリティカル率が15%FILE2では10%)上昇する。裏が出てしまうと上昇分はリセットされるが、表を連続して出すことができればパイプやハンドガンでも十分に戦えるほどになる。

ジョージハミルトンGeorge Hamilton
クー病院に務める医師プレイヤーからは「ハーイの人」と言われたりもする。場を直接揮したりすることはないが、それでも包容、協調性に優れ、他者からは信頼されている。

医者としてのを活かし、ハーブ材料にして様々なを作ることが出来る。移動速度均的、体であるため戦闘よりサポート向き。ウイルス侵攻速度が遅く、調剤と併せて長時間の探索には非常に向いている。スペシャルアクションは姿勢を低くして溜めを作る『かわしタックル』、最大まで溜めるとゾンビダウンさせやすい。

ハーブから様々なを作る『メディカルセット』を持っており、サポートに向いている。FILE2では、弾にして打ち出す特殊アイテムカプセルシューター』を持っており、これで発射する抗ウイルス剤は、B.O.W.に対して非常に大きな威を発揮する。的にハーブを貯め込むことのできるシンディと相性が良い。

デビットキングDavid King
鋭い視線麗なナイフ裁きが特徴の配管工。座右の銘は「信じるのは己のみ」。過去に関しては一切喋らず、非常に寡黙な男。口数は少ないが、人助けをしようという志は人一倍強いクールな男。

職業柄身体が高く、マークの次に戦闘に向いたキャラナイフの扱いが得意で、スペシャルアクションナイフタイミングよく攻撃すると隙なく攻撃できる『連続ナイフ』、熟練すればナイフ一本でゾンビと渡り合うこともできる。また、回数に限りはあるものの、敵が怯みやすい『スパナ投げ』も可

パーソナルアイテムは『工具入れ』、武器である折りたたみナイフ修理に使う具などが入っている。特定アイテムを組み合わせて(木製の棒と包丁を組み合わせてを作るなど)、様々なものを作ることが出来る。また、壊れてしまった武器の修理ができる一のキャラクターでもある。

較的高めで移動速度も速く、ウイルス侵攻速度均的と初心者向けであるが、ナイフによる近接戦闘を期待されることが多い為、連続ナイフをきっちり出せるように練習しておかないと足を引っってしまうかも。

アリッサ・アッシュロフトAlyssa Ashcroft】
地方社会部に勤める新聞記者好奇心が旺盛で、あらゆる情報収集に貪欲。それが行動となっている。男勝りな上、押しの強さに負けず嫌いの性格からよく他人と衝突を起こすが、自分を慕ってくれる人には面倒見が良い。

女性でありながら、新聞記者としての仕事柄からか、較的戦闘もある。ケビンと同じくハンドガン(マグナムを含む)による『狙い撃ち』が可であり、スペシャルアクションの『バックステップ』により回避も高い。体均的なので、近距離での戦いにはあまり向かない、ウイルス侵攻速度はやや速い。パーソナルアイテムの『キーピック』で簡単な鍵であれば開ける事ができる、キーピックがないと開かない鍵もある。

シンディレノックス【Cindy Lennox
クーにあるバー「J's BAR」のウェイトレスサービス旺盛で、いつも明るい笑顔を絶やさずに、他者の事をまず一番に考えて行動する彼女は、バーでも人気者である。意外と胆が据わっており、ゾンビ相手でも怯むことは少ない。

普通女性ということもあり、身体も低く、体も下から二番と低いため戦闘には不向き。だが、スペシャルアクションの『しゃがみこみ』の回避が高い上に、ウイルスの侵攻速度も遅いため、直接戦闘さえ避ければ生存は高い。なお、しゃがみこみは仲間に肩を貸した状態でも使用できる。

パーソナルアイテムの『ハーブケース』により多くのハーブを持ち歩くことができる。ハーブケースの中のハーブは「手当て」によっての前の仲間に直接使用することもできるため、サポートに向いたキャラである。的に調剤のできるジョージと相性が良い。

ヨーコスズキ【Yoko Suzuki
自称大学生コンピュータの知識に長けていて、頭である。あまり喋らず、自分から進んで物事をやることはない。だが、意外とタフな面を持ち合わせており、探究心の強さからか、一つの事に拘ると他の事に気が回らない。

女性キャラの中でも身体が低く、体戦闘は8人の中では一番低い。しかし、ウイルスの侵攻が8人の中でも一番遅く、スペシャルアクションの『エスケープ』により高い回避を持っている。

特筆すべきはパーソナルアイテムの『リュックサック』。他のキャラの2倍のアイテムを持ち運びできるため、上手く活用できれば生き残る確率はかなり高い。単純に荷物がたくさん持てるというだけで彼女シナリオに選択するプレイヤーも多い。

◆その他のキャラクター
このゲームには条件を満たすと使用可な多数の隠しキャラがおり、メインキャラ8タイプのいずれかに属する。
キャラは見ただけでなく、体と攻撃(与ダメージの補正)が異なり、開始時の所持品も違う。
高性だったり、悲しいほど弱かったり、中には瀕死状態でスタートするキャラも……。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%8F%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%89%20%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%AF
ページ番号: 4437876 リビジョン番号: 2466619
読み:バイオハザードアウトブレイク
初版作成日: 10/08/15 16:36 ◆ 最終更新日: 17/03/08 13:41
編集内容についての説明/コメント: 微修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バイオハザード アウトブレイクについて語るスレ

237 : ななしのよっしん :2017/02/05(日) 19:04:56 ID: 5Me/WN/ifo
とりえず記事中の「敷居の高さ」をなおそうぜ。
238 : ななしのよっしん :2017/02/05(日) 19:15:02 ID: yYK20yFkne
「当時」だから別にいいんじゃね
239 : 名も無き義勇兵 :2017/03/02(木) 13:27:16 ID: pB4jnopSZS
実際に当時オンラインプレイしようと思うと別途KDDI契約が必要だったりと、今みたいにお手軽じゃなかったしなぁ・・・・。
240 : ななしのよっしん :2017/03/08(水) 22:52:54 ID: JQTcbC2SFO
バイオ7トロフィー(実績)の一つにシンディもあるね
241 : ななしのよっしん :2017/05/14(日) 19:01:13 ID: 0z1mpm75AM
散々言われ尽くしてるけどつくづく時代を先取りしすぎたゲームだったなぁ。
オンラインが当たり前の今こそ出せば売れると思うんだが
242 : ななしのよっしん :2018/02/09(金) 19:34:09 ID: tpSgC5qbJN
当時のネット環境もそうだけど、難易度も敷居の高さの一部よね
今はホラーってだけでもなかなか売れない時代だし
243 : ななしのよっしん :2018/02/17(土) 02:03:53 ID: CX99gmbC9c
逆になんでこれリメイクしないの?
6とかの散々な売れ行き見たらユーザーが何を望んでるか分かるでしょ
244 : ななしのよっしん :2018/02/19(月) 23:38:08 ID: w76n4fmTpu
710万本でカプコン第二位の売上が散々なんですかねぇ・・・
まぁリメイク版は需要高いだろうけどな
245 : ななしのよっしん :2018/02/20(火) 01:11:33 ID: rhAwYVOyg1
あのサババル感と協力プレイが楽しいんだよね
何処行けば良いのかわからない時に経験者の後について行ったり
弾薬尽きたらパイプでライオンを皆と殴ったり。

ただなぁ…今のカプコンがこれの続編かリメイク作るとしたら
弾薬を落とす敵をばっさばっさなぎ倒しながら数の暴力ゴリ押す
ガンアクションゲーにされそうで…
246 : ななし :2018/05/24(木) 15:26:07 ID: BljWH2qhjT
>>245
開かないみんなでタックルしたりしてる所に後ろから敵来たりみたいなシチュエーションも好きだったなぁ
映画みたいな理想のゾンビサバイバルゲームって感じでほんと楽しかった。今のバイオアクションゲームとしては面いかもだけどそういう要素は一切なくなったね・・・
OBより先にバイオ2リメイクされるだろうからとりあえずはそっちに期待かな
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829