単語記事: バクマン。

編集  

バクマン。』とは、2008年から2012年まで集英社週刊少年ジャンプ』で連載されていた漫画である。

概要

真城最高DEATH NOTE』の大場つぐみ原作)・小畑健作画)のタッグ作品。叔父と同じ漫画家している少年最高を主人公としてストーリーを展開している。

現在の『週刊少年ジャンプ』を舞台にしている事もあり、『ONE PIECE』などの作品名も登場したり、実在ジャンプ編集者モデルとした同名編集者も多く登場している他、小畑と親交のある矢吹健太朗の『To LOVEる -とらぶる-』を褒めたり、某長期休載漫画作者へ当てたとも取れる発言があったりもする。また、『ジャンプスクエア』のハゲ茨木編集長(週刊少年ジャンプ前編集長)もごくたまに登場したりしている。なお、編集者が実名で登場する為かジャンプ巻末コメントで他の漫画家が作品について触れる事もある。

絵に関しては、小畑氏にしてはしく、モード(従来通りの絵)とギャグモード崩し絵)のしいギャップの絵が混在している。日常風景では崩し絵を、連載が決まった・仲間に重大な事件が起こった等の重大なシーンでは絵になる。崩す時は小畑絵の原を留めないほどに崩すので、手抜きなのかなのか判断に困る事も。

集英社ヴォイスコミックステーション-VOMIC-」において、本作の序盤にを当てたボイスドラマが配信されている。キャストには、福山潤(ルルーシュなど)、寿美菜子(けいおん!琴吹紬など)らが参加した。
アニメ版に関してはこのVOMICキャストは継承せず、阿部敦(禁書録・上条当麻など)、早見沙織(そらのおとしものイカロスなど)ら、新キャストが発表されている。

ジャンプ編集部といえばギャグラブコメアンケを稼ぎ、ネット流行あててんのよ」までも生み出した伝説読み切りさえも、連載版を格闘ファンタジー漫画魔改造してゴミ箱送り(打ち切り)にしてしまうバトルジャンキーで有名である(アンケートはがきが、あからさまにバトル展開へ誘導しようとする選択肢ばかりだったり)。
本作中でも、芳しくないアンケート結果を見て、テコ入れするべきか否かの流れで、最も安直な解として「バトル化」をほのめかすなど、ある意味集英社にとって)自虐的な描写もしている。
本作は一見、そういったジャンプ好きする設定と相反しているように見えるが、キャラの立ち位置や主人公標などをバトル物に照らし合わせていくと、

最強ライバル(新妻エイジ)がいて、
では追いつけないのでしてを付けて、
志を同じくする(漫画家の)仲間がいて、
時には彼らと(漫画賞やアンケート結果で競争)バトルして、
手ごわい中ボス(編集長や担当)がいて、
簡単に会うことが出来ないヒロインがいて、
究極の標としてライバルえて(トーナメント優勝のノリ)、
最終的にそのヒロインと結ばれる事、
という非常に王道少年漫画的なキャラ配置及びシナリオ構成になっている事がわかる。


ちなみに、ヒロインの亜豆の所属する声優事務所に関する取材はアイムエンタープライズ等の協で行われている。

主な登場人物

CVは、(A):アニメ版、(V):VOMIC版。

主人公・ヒロイン

真城最高(ましろ もりたか)

CV阿部敦(A)、福山潤(V)

あだ名はサイコー。亜木夢作画担当。本編が始まった時からメインヒロインと両想いというしい主人公
当初は思期特有の冷めた思考をしていたが、シュージン(高木)と組み、亜豆の想いを確認してから後は漫画への熱い情熱と時には常識からはみ出るほどの勢いでもってジャンプ編集部を良くも悪くもかき回す熱血作家
想い果てても漫画の為に命をすり減らし、漫画で命を失った叔父と同じ血を持つからか、入院することになっても漫画を描くことを止めないなど、漫画に命をかけている。作品に関しては熱血ではあるが漫画業界に関しては叔父から得た知識・情報が糧となっており、冷静に状況を見た発言をする。
究極標が「亜豆と結婚」で、そのために「売れて、人気になって、アニメ化させて亜豆にヒロイン声優をやってもらう」のが的で漫画を描いており、また、ライバルである新妻エイジの人気の牙を崩し切れず2度の打ち切りに甘んじる自身の実不足という現実があるため、いわゆるオーソドックスな創作者主人公(自覚な天才)の作品にありがちな、積極的な売れ線・け狙いを邪とするタイプ主人公とは趣が異なっている。

とにかく負けず嫌いで、新妻エイジに対してはもちろんのこと、場合によっては婚約者である亜豆に対してもそれは発揮される。

高木秋人(たかぎ あきと)

CV日野聡(A)、立花慎之介(V)

あだ名はシュージン。本作のもう一人の主人公。亜木夢原作担当。コンビの言い出しっぺ。
自身が作劇する上で一番やりやすいのはシリアスでやや王道から外れたストーリー物でギャグは苦手。
元は教育ママ導による英才教育によって東大普通せる様な学力だったが、漫画家学歴はいらぬとあっさりそのを蹴って、サイコーと漫画を究めるを選ぶ。そしていつ立てたかも気付かぬうちに見吉とのフラグが立ってしまいなし崩し的に彼女にする。

連載開始当初はインテリメガネ的な役どころのはずだったが、作家としての経験、漫画の知識や表現の研究、加齢(15歳→19歳)などの要素も手伝って現在はどちらかというとオタクメガネ度が倍増しになっている。女の扱いに関しては天然なのか演技なのか、ともに好感度を駄に稼ぐ傾向があり、※ただしイケメンに限る を地でいく存在。
マンガネタ相談としてと同盟関係を結ぶものの、その事がきっかけとなって岩瀬とのフラグも立ってしまい、更に岩瀬の仕込んだ自覚な地雷が炸裂して見吉と破局しかけるが、男としてのケジメを付けるために見吉の望む結婚約束という形で事態を収拾する。二回の連載決定を以って香耶と籍を入れ、新居にて同居開始する。

亜豆美保(あずき みほ)

CV早見沙織(A)、寿美菜子(V)

誕生日1993年11月5日 身長152cm 体重40kg(作中2013年時点)

小学生時代にサイコーに一惚れして以来、変わらず彼を想い続けている、近年ではしいメインヒロインの鑑のような存在。
サイコーを思い続ける余り他の男子とほとんど接点を持たなかったため、男子そのものに対する興味は深い(サイコーを少しでも理解したいためと思われる)が恥ずかしくて話しかけられない。
若作りすぎる母親と可憐な、そして邸と、絵に描いたようなお嬢様だが、本人の夢は声優サイコーらのジャンプ作家デビューに先駆け、深夜大きなお友達向けアニメ脇役デビュー。容姿がいいのでご多分に漏れず、アイドル声優のような扱いで、マニアを中心に少しずつ人気・知名度を上げている最中。歌唱は、デビューしたての頃はベタ惚れのサイコーですら認めてしまうほど下手だったが、努トレーニング甲斐あって普通に聴けるように上達した。
木夢サイコー)の漫画人気になりアニメ化され、そのヒロイン役に自分がキャストされる事が将来の標。それがかなった時にサイコーと結婚したいと考えている(本人大)。なお、それがわなかった場合でも、遅すぎない内にサイコーと結婚したいと思っている。はいはいごちそうさま。

作中のい内に両想いをカミングアウトする展開のためか、囚われのお様という訳ではないが本編になかなか登場することが出来ない不遇のヒロイン(これも旧時代のヒロインの伝統)。漫画家(というより好きな人の夢・標)への理解もあり、好きな人の強い想いを尊重する良妻ぶりがるが、同時にごまかしにも敏感で、好きな人には常に正直でいていてほしいという思いも持っている。

仕事写真を撮られることに関してためらいはないが、写真集やグラビア的な「魅せる」的のものに関してはまずサイコーを思い浮かべて確認を取るといったように、もはや化石的ともいえる貞操観念の高さでもって時に仕事よりサイコーを優先する事もある。

また、自分が言いだしっぺでもある「初のメインヒロインサイコーの作品のアニメで」を守るために、新妻エイジ作品のメインヒロインチャンス(※岩瀬の嫌がらせ)も拒否するなど、プロとしては正直誉められたものではないがいわゆる「彼女」としては抜群の安心感がある。
とにかく義理に厚く、理に合わないと感じたらたとえ婚約者相手であろうと毅然とした姿勢に出る。

見吉香耶(みよし かや)

CV矢作紗友里(A)

亜豆の親友でシュージンの彼女。男勝り運動神経抜群、空手も全レベルの腕前とインテリメガネのシュージンと接点のなさそうな存在だったが、シュージンのとある言葉を曲解して告白と受け取ってしまい、勘違いしたままシュージンの彼女となる。元々とちり気質でそれが後に小さからぬトラブルの種となる。

性格自体は気っが良く、口は軽いが義理に篤い。絵心はさっぱりだが修羅場中にはベタ塗りなどの手伝いをすることも。普段は作業場の掃除やサイコーらのお茶くみ・食事係。

亜豆とサイコーがメルアドを知り合う前までは二人の繋ぎ役でもあったが、その後はその役も(展開的な意味で)ほとんどなく、もっぱら賑やかし担当になっている。 サイコーシュージンコンビペンネームである亜木夢(あしろぎ むと)の名付け親(豆++高える)。亜豆の親友であり高木の彼女でもあるが漫画自体に全く関わりのい自分の名前は入れないという、変な所で義理堅くゆかしい一面もある。

漫画家

新妻エイジ(にいづま えいじ)

CV岡本信彦(A)

「常に主人公の前を往く」タイプライバルキャラで、最強ラスボスサイコーらの1つ年上。
漫画作業中は大音量の音楽を流し、漫画効果音なども口に出しながら騒がしく作業する。羽を襟口に挿しまくり、踊るように動き回り、視覚聴覚ともに非常に騒々しい存在感を放つ。振る舞いも言動も常識から少々外れた、いわゆる変人。しかし、漫画家デビューの際、ジャンプ編集長に対して「一番人気漫画家になったら自分の嫌いな漫画を一つ終わらせる権利をください」と言い放つなど、漫画に関しては好き嫌いの感情を非常に明確に表し、面漫画を読むと非常に機嫌が良くなる。同時に、冷静に作者の作劇心理を推理するなど、鋭敏な感性も持つ。
漫画家としても天才的で、頭の中で既にある程度の原稿状態ができあがっており、漫画作成はそのネームを描き起こす作業でしかない。筆も速く、ネームは1日未満(数時間)、作画も2日で出来上がる。
当初はそのネームに不備があっても摘する人間がいないという欠点もあったが、サイコーが一時的にアシスタントしにいった時期に福田らの摘でネームと打ち合わせの重要性を学んだ。こうして、ただでさえ手強い存在が更に盤石の強さを手に入れるに至る。初連載作品は順調に人気も部数も伸ばし、ジャンプの看作品としてアニメ化もされる。サイコーが漫画家として標とするものをほとんど手にし、互いにライバルと認めるサイコーが這い上がってくるのを待ち続ける最強にして天然漫画馬鹿
サイコーの初連載作品が打ち切りを食らって以降はテンションがた落ちになり、作品はコンスタントに描き続けるものの平丸アンケ順位を追い抜かれたりもした。そんな彼にハッパをかけるべく、編集・服部哲がサイコー、シュージンライバル心を煽るため、岩瀬原作エイ作画の新連載を持ちかけ、テンション再燃。連載会議も見事に通り、原作付きとはいえ前例のない2本同時週刊連載を実現させるなど、その量の底は見えない。
木夢ライバル言するが特にサイコーには一おいており、事あるごとに協的な立場をとる。
恋愛経験はほぼゼロで、好きだった女性は小学2年生時に一緒に遊んだクラスメート。

福田真太(ふくだ しんた)

CV諏訪部順一(A)

広島から上して、アルバイトマンガアシスタントで生計を立てながら、ジャンプの連載作家していた野望と野性味溢れる熱血作家エイジのアシスタント時代に中井サイコーと初めて顔を合わせ、当初は全員自分のライバルとして敵視していたが、エイジのネーム作りの手伝いを通して連帯感を覚えたのか、エイジを含めその時のメンバーを「福田組」と称して仲間ライバル扱いするようになる。現時点(現実2009年12月連載)ではエイジを除く福田組では初連載から一生き残っている。マンガモヒカン頭のアシと、報酬付きのネタ出し会議をしながら描いている。
連載獲得前、連載を逃しても落ち込んだり迷ったりせず次の機会をどん欲に狙いにいくことをライバルに堂々と宣言するなど、ノリと勢い、いつでも自分を崩さないその姿勢が、連載継続ヒントかもしれない。
パイの食い合いになることを承知でパンチラ描写導をしたりと、漫画ライバルと認めた相手にはとにかく義理堅い。そのため色ボケして堕落した中井すら気にかけている。

中井巧朗(なかい たくろう)

CV志村知幸(A)

背景や人体、トーン処理などいわゆるアシ技術だけは他に負けない量を持つが肝心の「漫画」で開せず三十路過ぎまでほぼプロアシ生活を送っていた苦労人。エイジの臨時アシにきた際に出会う。若いながらも熱い福田らに触発され連載作家への夢を再燃させ、ネーム作画という形で念願の連載作家となる。
小太りで汗かき、基本的に自信なさげな物など、お世辞にも女性から好かれるとは言い難い要素をふんだんに備えているがそれを余所に本人はやたらと惚れやすく、にも初対面時からベタ惚れしていた。吹雪真夜中の公園漫画を描いて真剣さをアピールするなどしてとの繋がりを維持しようとするも、初連載の打ち切り直後に敢行した告白もむなしく断られ大ショックを受ける。
その後、アシをしていた高の連載開始後にヘルプとしてアシに入り、ここでもまたアシをしていた加藤実(27歳。年下好き)に惚れてしまう。中井(のアシ技術)にプロアシとして憧れのを向けていた加藤視線を、自分に惚れている視線と勘違いし気が大きくなったのか、次のチャンスから作画担当を持ちかけられた際に「自分との交際」などという交換条件を出す腐れ外道振りを発揮し逆にから全に拒絶される。
ハーレム妄想から一転して追い詰められた中井加藤に逃げ場をめるも、その加藤からも年下好きをカミングアウトされて拒絶されどん底に沈む。
の連載の打ち切り決定直後、残りの作業も全て投げ出して田舎秋田)へ帰ることを決意。自分が本来向けるべきだった情熱を漫画以外の事に向けていた事を自覚し自己嫌悪に陥る。作画作家仲間として、業界の先輩として、中井を純に尊敬していたからの言葉でも決断は覆さず、最後の見送りにきた福田らの視線を背に、寂しく東京を後にした。

その後、地元でもろくに努をしないまま、んだくれのニート生活を送っていた所、七峰徹の連載作品のアシスタントとしてスカウトされ、再び東京へ舞い戻る。男と女で露に態度を変えたり、に未練があったり性根の腐りっぷりは相変わらずだが、七峰のやり方に釈然としない思いを抱くなど、腐っても「漫画家」な部分は残っているようだ。

蒼樹紅(あおき こう)

CV川澄綾子(A)

本名・青木梨子。東応大学(東大のようなもの)の学生で、2009年11月の連載時点では大学院1年生。当初はその作からインテリ系メンヘラ味なキャラ付けで、感情自体もほとんど見せず、福田組でネームの見せ合いをした際には臆面もなく「自分のが一番面い」と言ってのけるような、プライド先行面皮キャラだった。初連載は原作:自分、作画中井という組み合わせでデビュー。元々ジャンプの誌に合わない作な上に、テコ入れされるのも嫌ったため人気は基本的に中位~下位に低迷、結局亜木夢と共に打ち切りを食らう。
中井からは読み切りデビュー前から大小のアプローチを受け続け、中での漫画作業や打ち切りが決まった直後の告白などをされる。自身は中井男性として意識はしていなかったが、そういった自分への実・必死さを見せる姿には人として好感自体は持っていたようである。そのため中井が新しい現場のアシスタントに熱を上げている事実を知った際には失望していた。
こういった状況の変化によって彼女自身にも変化が起こり、理性常識を越えた感情の表現に対する抵抗が薄れ、登場初期からすると別人のように感情豊かに表情を変えるようになった。
漫画に対するスタンスも、自己表現の手段の一つと考えていた初期から大きく変化し、プロとしてめられた物を生み出すためにはどうすれば良いかという自覚が芽生え、福田の項に挙げたパンチラに代表されるような、かつて毛嫌いしていた表現をも貪欲に吸収しようという意識を持つ様になっている。ただ、シュージンから聞いたサイコーと亜豆のれ初めを読み切りでそのまま描いてしまうなど、恋愛面での人生経験の引き出しの少なさ(彼氏いない歴=年齢)や、モチーフアレンジが今後の課題か。
2度の連載内定をかけた読み切りアンケでは亜木達に後れを取ったが、その後の善によるギャップが好印となり、連載は亜木達よりくに獲得した。
中井外道モード)や石沢(常時外道)ら、男性代表としては最悪の面識が続いたため男性不信が強化され、スタッフ女性オンリーサイコー、高らの現場で活躍した加藤実が青葉の頃の連載終了までチーフアシスタントになっている。

自身の「女性」性(顔・身体)を当てに寄ってくる、欲望を前面に押し出した男性が大嫌いであるが、中井漫画のくだりや平丸の魂の告白のくだりに見られるように、自分の心に対して必死に自身の想いをぶつけようとしてくる行為には弱い。

平丸一也(ひらまる かずや)

CV森田成一(A)

電車の網棚に置かれていたジャンプを読んで、「これなら自分にも描ける」と思い、脱サラして漫画賞に投稿した異色の経歴を持つ作家。登場する連載作家達の中では一のまともな社会人経験者ではあるが、そもそも働くのが嫌で脱サラしただけに本人はあまりまともではない。いわゆる変人である所のエイジから「面い人」と言われている所にそれがよく表れていると言えよう。
知り合い作家仕事場に転がり込んでは追い出されたり、担当に捕まったりと、担当編集吉田氏と常にいたちごっこを繰り返しており、リアル生活が既に漫画のような人。富や女性といった欲望徴にがなく、担当に丸め込まれる時はいつもそれらを先のニンジンにされた時である。
しかし漫画自体は登場する作家達の中ではエイジに次ぐ人気と安定度を誇っており、アニメ地味に長期化しておりグッズ販売も好調。担当編集吉田氏の敏腕ぶりが伺える事実である。
にベタぼれしている。惚れたきっかけは「顔」らしい。

ラッコ11号」のアニメが終了した後、潮が引くように本誌の連載も終了。本人としては2年休んで転職を考えていたが、担当吉田氏の、を餌とした新たな作戦に釣られる形で読み切りや競作に参加させられるが、吉田氏の思惑を知って、単独で告白を敢行。意外にも見事にOKをもらう。

七峰透(ななみね とおる)

CV:立花慎之介(A)

木のファンであり、亜木の影を受けて中学2年生の時に漫画家になることを決心しているため、作としては亜木に近いものがある。しかし、その実多人数からアイディアを出してもらうという手法をとっているため、その方法(港編集のいう「作家作品ではなく、ファンが作った作品」)に反発した亜木と対立。
最終的には多人数からを借りていることがとなり、多数のアイディアのまとめかたや作品の方向性が安定せず、アイディアを出したメンバー仲間割れや暴露によって自滅した。
段々と連載の順位を下げ、余裕を失っていく様は「夜神月的」「顔芸」といった評がある。

秋名愛子

CV:藤村歩(A)

本名・岩瀬愛子サイコー・シュージン・亜豆・見吉らの中学時代の同級生中学時代は秀才組としてシュージンライバルかつパートナー一方的認識していた。ところがシュージン漫画家になるために勉強のを捨てる事を知りこれまた一方的絶交する。その後は現役学生小説家デビューし、勉強でも東応大に進学。大学で知り合ったの縁で高木と再会しまたまた一方的復縁を迫るが、己の価値観のみに根ざした勝ち負け論でしか物事をらない態度に呆れられる形で再び振られる。漫画原作者であるシュージンに対抗するために自身も漫画原作者となり、新妻エイジの2本の連載作品『+NATURAL』の原作として漫画家デビューする。そこで『+NATURAL』の初代担当・服部哲にモーションをかけるもすげなく流され、更には亜木夢の3本の連載にあたり服部が亜木夢の担当に替わってしまい、結果、し振られた相手2人が敵に回ることになる。
シュージンと見吉の結婚が決まってからは、意識的にも意識的にも、シュージンを心身ともに屈させるためになら手段を選ばなくなっている(原作者として)。自作ヒロイン声優補の亜豆が、シュージンの親友であり相棒サイコーの彼女であり、「亜木夢」のひとりであると知ってなお、キャストごり押しして亜木夢ひいてはシュージンを悔しがらせようとしたり、断った亜豆に対して二度と声優仕事を出来ないように圧をかけようとしたが、港編集から亜木が半年後にはジャンプに残れなくなる事を知ると卑劣な手段で潰そうとした愚かな考えを反ライバルアドバイスし、正々堂々と戦う事を宣言した。

真城信弘(ましろ のぶひろ)

CV浜田賢二(A)、坂詰之(V)

サイコーの伯父で、作中では故人。川口たろうのペンネーム漫画を描いており、『ヒーロー伝説』でヒットするもその後の連載2作は打ち切りとなり、戦外告知を受ける。その後もジャンプ編集部に原稿を持ち込み続けるも、過労死してしまう。ガモウひろし元ネタか。

編集部

服部哲(はっとり あきら)

CV利根健太朗(A)

サイコーらが中学生時代に編集部へ持ち込みに来た際に対応し、そのまま亜木夢デビューまで担当したジャンプ編集者。未だ連載会議に出席できる立場にない若手編集者であるが、人を見るも導くにも確かな物があり、一時、担当から離れていた間も、亜木夢から全面的に信頼されていた。
担当方針としては、いかに自分(漫画家自身)が本気であり、どれだけのがあるかを名実ともにはっきり見せる事、また、漫画家同士のライバル心を何とか自然な形で煽り、実以上のを発揮させようと仕組む傾向がある。亜木夢の担当を外れてからも、彼らのライバルとなる作家をけしかけて二人を発奮させるようにしていた。
事態が予想通りにならなくても、臨機応変にその都度対処するなど応用も高い。
女性関係はかなりクリーン訥(要は女っ気なし)だったがエイジの追加連載の件で愛子の担当になって以来、彼女にモーションをかけられるようになり困惑している。
木夢が3回の連載を決めた際、デビュー以来久々に二人の担当となる。

キャラクターモチーフ

名前のモデル実在ジャンプ編集部員の「服部 ジャン=バティスト 哲」氏。劇中のキャラクターとは似ても似つかぬイケメンで、「バクマン。」に編集者が実名で登場することが決まった際に進んで手を挙げたのが彼だったという。
劇中の服部哲が敏腕編集に描かれているため、現実の本人く「新人作家からデキる編集と思われてしまっている」のが下の悩みの種という。

因みに顔のモデルは同編集部員の「齊藤優」氏。

服部雄二郎(はっとり ゆうじろう)

CV野島裕史(A)

エイジ、福田らの担当。髪型は冗談のようだが編集者としては実作家を複数抱える、抜けのない存在。エイジからはバカですかと言われたり福田からは不遜な態度を取られるなど、基本的に威厳はないが、こちらもまたもう一人の服部と同様、人を見るは確か。

キャラクターモチーフ

モデル実在ジャンプ編集部員の服部二郎氏。正確には、小畑の描いた名無しの若手編集者の絵が彼にそっくり(髪型的な意味で)だったためで、後付で名前が決まったというのが相。

吉田幸司(よしだ こうじ)

CV:子安武人(A)

平丸の担当編集。当初は常に足だけ登場の顔伏せ編集者だったが、後に普通開。
人間性にクセのある平丸を、キャバクラや高価物件、など物欲で釣って、巧みに操る。モチベ向上のダシに使える物は何でも使い、時にはサイコーの入院見舞いや山久編集と引きこもり作家さえも利用する切れ者。
「これであと○週は持つ」など、常にアメの効果切れ時間まで計算に入れた上で仕込みをしている。
とはいえ、平丸に対しては素直にその才を評価しており、デビュー作の連載会議においてもその点を強調していた。
本人の平丸への評価は「厭々描いてるのに面いのは才」「2,3年に1人の逸材」らしい。

なお、苗字の吉の字は、本来は上が士ではなく土のほうである

キャラクターモチーフ

モチーフ実在ジャンプ編集部員で、名前も同じ吉田氏。元々大の漫画好きで、入社時点で3500冊以上の漫画を所有していた。『HUNTER×HUNTER』『ヒカルの碁』『D.Gray-man』などの人気作品をあずかってきた他、本作と同じ大場×小畑コンビの『DEATH NOTE』は読み切りから連載の最終回まで全てを担当、大ヒット作品に仕立て上げた。『バクマン。』の実名編集組の中で出番以上に妙に描写が濃いのはそのあたりが理由か。

港浦吾郎(みうら ごろう)

CV桐井大介(A)

木夢、高らの担当。後に、亜木夢と入れ替える形で愛子の担当になる。
お喋りでお調子者。初めての連載が決定した亜木夢の担当を服部哲から引き継ぐ形で、初めて連載作家の担当となる。元気だけは人一倍だが編集者としてはやや疑問符のつく実。年齢的(引き継ぎ時23歳)にも経験不足という部分があるにせよ、決断・判断にやや欠け、作家からも現時点では全面的な信頼を得られている訳ではない。亜木夢からも当初からその実を不安視されており、高に至っては初連載の打ち切り決定後に、担当替えを直接編集長へ直訴される事態を招くなど、担当作家に作品以外の面で不安や疑念を抱かせてしまう辺り、編集者としてまだ半人前未満と言える。トラブルが起きる度に摯に受け止め反はするものの、自分の言動のどこに問題の根本が存在するのか本質的に把握しきれていない点が一番の問題であり、本作を通して成長・覚醒していかなければならない人物の一人であろう。
ギャグマンガ好きであり、亜木夢の推理漫画連載中にも暇があればどのタイミングギャグを入れるかをペン入れするほどで、作家の感性や相性を考慮せず「とりあえずビール並」にギャグを押したがる。私混同だが、この点にもやはり自覚。ジャンプバトルジャンキーなら彼はギャグジャンキーである。

木夢が2本の連載を自ら打ち切ろうというほどの狂気的な本気を見て以来、自分の未熟さを自覚した上で服部哲に協を仰ぎにいったり、作家の「らしさ」を大事にする事を意識するようになるなど、成長の兆は見え始めてはいるが、新たな担当作家愛子のこれまた狂気に気圧される場面も多々あり、まだ一人前とはいかないようである。

山久雅和(やまひさ まさかず)

CV坂巻学(A)

、静河流らの担当。見た髪型、態度自体はいわゆる「軽薄」そのものだが、編集者としてはかなり有能な部類で、物事の算段を立てるのが上手い。決断もあり、自分に利すると感じた物事については速に手をつけ、的達成のためになるなら硬軟あらゆる手段を用いて実行する。そのための行動や話術も備えている。
結果として、にはお色気表現を勧めて表現の幅を広げさせ、作画担当を使わずソロでの連載を成功させた。
また引き篭もり投稿者の静河流に対しては、慢強く静河通いを続け、脱ひきこもりを達成、連載作家デビューまでこぎつけた。ただ、漫画中心で物事を考えるため、それ以外の価値観の人の考えを疎かにしてしまう事があり、その点を上に窘められることもある。
編集者として手柄を立てるために、標へ一直線に進むのではなく、回りや裏を使ってでも辿り着けば、その結果連載作家が増えて自分の評価が上がれば一石二、といった考え方をしている。
登場当初は非常にクセの強い、清濁併せむ狡猾なキャラ付けだったが、最近は出番が減している。

佐々木尚(ささき ひさし)

CV堀内賢雄(A)

週刊少年ジャンプの編集長。
漫画に必要なものは「面さ」と断定する。面ければ年齢も経験も関係ないというスタンス
漫画家の情熱を理解しつつも、体的な限界と見ればなくストップをかける。

キャラクターモチーフ

モデルは同姓同名の実在の人物。
担当編集時代は『るろうに剣心』の和月伸宏氏を初投稿時代から担当していた。
当時の『るろうに剣心』終了と、実写映画化に伴う『るろうに剣心~特筆版』でのリバイバルのゴーサインはいずれもこの人の判断によるもの。(特筆版上巻・巻末フリートークより)

瓶子(へいし)

CV:川田紳司(A)

週刊少年ジャンプの副編集長。モデル実在する編集者・瓶子吉久。
メガネヒゲ+痩せなど、佐々木編集長と似た特徴が多いが、前がやや長く癖毛、メガネフレーム・四であるなどの点で異なる。若く見えるが40代。
個人的な漫画の嗜好では、新妻エイジより亜木夢漫画のほうが好みであるという。

茨木(いばらき)

CV:麻生智久(A)

ジャンプスクエア編集長。

テレビアニメ

2010年10月2日2011年4月2日に、第1シリーズNHK教育テレビにて毎週土曜18:00から放送された。全25話。東日本大震災の影で1週分延期されたが、2011年4月2日に第25話放映終了。

2011年10月1日2012年3月24日に、第2シリーズが毎週土曜17:30から放送された。全25話。

2012年10月6日2013年3月30日に、第3シリーズが毎週土曜17:30から放送された。全25話。ニコニコ動画でも配信(第2話以降有料)。

特徴

基本的に原作そのままの内容で作られているが、集英社遊栄社、少年ジャンプ少年ジャックなど、NHKで放送されるがゆえの深遠なる大人の都合に因った止むに止まれぬ変はある。

公式が無法地帯シリーズ」(ジャンプ作品だけでなく他誌作品まで実名で登場する集英社本社だけでは留まらないカオスぶり)は、NHKでは全にNGである。

デザイン漫画タイトル実在劇中作とも)などは、原作そのままで使用されている。

ストーリーは、第1シリーズは亜木夢の『疑探偵TRAP』連載決定まで、第2シリーズは亜木夢の『PCP』連載開始まで、第3シリーズ完結までとなる。

スタッフ

監督 カサヰケンイチ MAJOR』『わがままフェアリーミルモでポン!』『のだめカンタービレ(第1期)』
秋田典昭
シリーズ構成 吉田玲子 カレイドスター』『マリア様がみてる』『けいおん!
キャラクターデザイン
総作画監督
智之 初恋限定。』『Kiss×sis
音楽 Audio Highs
音響監督 渡辺淳
アニメーション制作 J.C.STAFF とある魔術の禁書目録』『とらドラ!』『ゼロの使い魔

主題歌

第1シリーズ

オープニングテーマBlue Bird
作詞作曲:小渕健太郎 / 編曲・歌:コブクロ
エンディングテーマ1「BAKUROCK 〜未来の輪線〜」
作詞ryow inukami / 作曲mitsuyuki miyake,naoto suzuki,hiroto suzuki / 編曲hiroto suzuki / 歌:YA-KYIM
エンディングテーマ2「現実という名の怪物と戦う者たち」
作詞作曲高橋優 / 編曲浅田信一 / 歌:高橋優

第2シリーズ

オープニングテーマDream of Life
作詞伊藤、カワムラユキ / 作曲伊藤 / 編曲:菱亜希 / 歌:伊藤
エンディングテーマ1「Monochrome rainbow
作詞Monochrome rainbow / 作曲Tommy heavenly6 / 編曲Mark and John / 歌:Tommy heavenly6
エンディングテーマ2「パラレル=」
作詞田郁也、jam / 作曲田郁也、俊之 / 編曲俊之 / 歌:田郁也

第3シリーズ

オープニングテーマ1「もしもの話」
作詞作曲:きみコ / 編曲・歌:nano.RIPE
オープニングテーマ2「23時40feat.Base Ball Bear
作詞作曲前山田健一 / 編曲Base Ball Bear / 歌:ヒャダイン
エンディングテーマ1「Pride on Everyday」
作詞畑亜貴 / 作曲編曲高田暁 / 歌:スフィア
エンディングテーマ2「夢スケッチ
作詞作曲影山ヒロノブ / 編曲須藤賢一 / 歌:JAM Project

インターネットラジオ『ラジマン。』

阿部敦最高)・日野聡高木人)の主人公コンビパーソナリティとして、ネットラジオ大手・音泉にて、2010年10月4日から配信中。それに先駆けて、第00回が9月27日から配信された。

関連動画

関連商品

原作

Blu-ray・DVD

ねんどろいど

関連チャンネル

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%90%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%80%82
ページ番号: 4148027 リビジョン番号: 1878777
読み:バクマン
初版作成日: 09/08/27 19:55 ◆ 最終更新日: 13/08/24 21:22
編集内容についての説明/コメント: 佐々木編集長の項を編集
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


さいこー

嘘峰先生

嘘峰先生

 

 

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バクマン。について語るスレ

982 : ななしのよっしん :2017/08/31(木) 19:33:47 ID: vz7Oc4Qfw9
>>979
自分の気に入らない意見を封殺するのに便利だからな
否定できる根拠を出せなくても自分が正しいように見せかけられる便利な言葉だよ
983 : ななしのよっしん :2017/09/01(金) 18:31:20 ID: YSSZS0x1Xa
どんな内容を期待して読んでるのかは知らんし、批判するのも自由だけど
とりあえず一巻あらすじの時点でサクセスストーリーを謳ってる作品だということは知っておいた頂きたく
984 : ななしのよっしん :2017/09/14(木) 11:49:04 ID: LUqLD67iwH
全巻読み終わった...主人公二人が連載のために努しながら頑っていくってストーリーと連載始めてからの四苦八苦しながらも頑っていくってストーリーは結構面かった。ただ途中の中井さんクズ化はちょっと..ってなった。前半の連載する夢をまだ諦めきれないおっさんが冴えないけど頑っていく感じ凄い好きだったのに。DS漫画家へのをこの間買った。アニメって原作と違いどんくらいあるの?
985 : ななしのよっしん :2017/09/15(金) 13:17:53 ID: 2DAZfnYRK6
この漫画的って、あくまで「ジャンプで成功する」であって、「面漫画を描く」
ではないからなぁ~。創作の苦しみはあえて避けてると言うか、その辺を補うための
コンビ設定な訳だし…。

ちなみに、「面漫画」にこだわってるのはむしろ編集で、服部タントを(読者
受けてないではなく)「つまらない」と言ってるし、港なんかは亜木よりよほど
漫画家気質に見える。
986 : ななしのよっしん :2017/09/20(水) 01:25:36 ID: G15O9pvp0d
クズの顔は醜く味方は基本イケメンに描いている所も作者の私が入っていると言われる原因だな
七峰くらいかでも顔良かったの、中居石沢とか露クズで不細工
その悪役達も心したように終わる癖に特に理由も化して再登場
そりゃ悪く言われますわ
987 : ななしのよっしん :2017/11/02(木) 23:31:21 ID: Phvbs55wy+
いわゆるなろう系と大差ないんだよな結局
ヒロインオナホ主人公マンセーしかしない味方、敵はクズザコブサイク作者が事故投影した主人公カッコよく論破されて「あああああ!」みたく発狂して破滅するだけの存在

なろう系とは言ったがなろうでも質のいいもんや多少マシなのはここまで露じゃないし少数とはいえ面ファンタジーもあるぶん
なろうでも質の良くない作品と同レベルとさえ言える

ほんとカッコ良い敵を描けないのってストーリーものの少年漫画家として致命的なんだな
988 : ななしのよっしん :2017/11/02(木) 23:33:53 ID: Phvbs55wy+
事故投影 ×
自己投影 ○
989 : ななしのよっしん :2017/11/02(木) 23:35:21 ID: bjKqqEFcMt
うわあ
990 : ななしのよっしん :2017/11/07(火) 19:25:02 ID: G15O9pvp0d
作者デスノートではいい悪役(というか主人公悪役)書いてたから描けないわけじゃないんだろ
この作品では描けてなかったけどさ、なろう系についてはあれらは転生魔法魔物
全にファンタジー世界観だから多少のおかしさにはをつむれるってのもある
これは作者の実体験元にしてる部分もあるから変にリアルな部分があるから
尚の事ご都合主義立つって感じ、オタク馬鹿にする割に
声優美人で一途な処女っていうオタクの願望みたいなヒロインなのはブーメランかと
小説家漫画原作者の人とか屋上での会話とかモロに女性馬鹿にしてる描写もあった割に
フェミの人らにかれなかったのは女性にも人気あったんだろうか
991 : ななしのよっしん :2017/11/17(金) 16:47:28 ID: A6XZqhMF+c
>>987, >>990
あの手の作品と違って、主人公たちのサクセスストーリーは常に順満帆ってわけではないし
(特に序盤に多い。コンビ解消しかかったり病気で倒れて最初の連載が終わったり等々)
周りのも言うほど主人公マンセーではない
特に編集者

>敵はクズザコブサイク
>オタクの願望みたいなヒロイン
という2つだけの共通点から理やり「これってなろう系じゃんw」って話を
でっち上げてるように見えてしまうな自分は
他の人はどう思ってるか知らんが
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829