単語記事: バジリスク〜甲賀忍法帖〜

編集

バジリスク〜甲賀忍法帖〜」とは、山田風太郎原作の小説『甲賀忍法帖』をせがわまさきが漫画化した作品である。

タイトルの「バジリスク」とは、弦之介と朧、二人の主人公それぞれが瞳に絶大な力を宿す(後述)事から来ている。

後にゴンゾによってアニメ化された。

また、同小説を原作に実写映画化もされた(「SHINOBI」)が、あまりに色々な点でかけ離れているためにファンからは黒歴史として扱われている。

概要

原作の『甲賀忍法帖』は、故・山田風太郎氏の手による「忍法帖」シリーズ第一作。現代の様々な作品においても散見される「超人的能力者同士による団体戦」という構図を広めた作品であるとされる。

当時の連載誌はヤングマガジンアッパーズ(既に廃刊)。

舞台は江戸時代初期。長年の因縁を持つ甲賀と伊賀一族同士の争い、そして宿命の中で翻弄され引き裂かれる個人の哀しみと想いを描いた伝奇物語。

 

「 愛する者よ、死に候へ。」

ストーリー

時は江戸、甲賀と伊賀、二つの忍び里があった。

それぞれは先祖代々よりの対立、かつて伊賀を見舞った悲劇の際に起きた行き違いがもとで互いを憎しみ合う間柄であったが、二つの里の全面戦争を危惧した初代服部半蔵が取り持った「不戦の約定」により、危ういながらも互いの関係はとりあえずの平和に収まっていた。

そして、甲賀・卍谷の里頭領、甲賀弾正の孫にして甲賀最強の瞳術使い、甲賀弦之介。伊賀・鍔隠れの里頭目、お幻の孫にして、神秘の目を持って産まれた娘、朧。危うげな平穏の中で二人は恋仲となり、互いの里の和睦を願い、祝言を挙げる為の準備を整えていた。

時同じくして、幕府である徳川家の内では後継問題が噴出。愚鈍な兄・竹千代(のちの徳川家光)と勤勉な弟・国松(のちの徳川忠長)を支持する者での争いが激化していた。これを終息させるため、徳川家康は南光坊天海の発案により「忍者同士を争わせ、その勝者の陣営により世継ぎを決定する」事を決める。

ここに、甲賀と伊賀の「不戦の約定」は解かれ、双方10名ずつ忍者を選出しての10対10の忍術による殺し合いの幕が切って落とされたのである。

 

登場人物

人別帖の順に列挙。

※作品内で重要な意味を持つ「個人の持つ能力」を含むネタバレと思しき部分は反転部に記載しました。

甲賀組十人衆

・甲賀弾正(CV: 小林清志羽多野渉若い頃

 甲賀卍谷衆の頭領。弦之介の祖父にあたり、若い頃の彼は弦之介に良く似ている。毒を塗り込んだ針を飛ばす。

 →お幻とはかつて恋仲にあったが、伊賀の里に織田勢が奇襲を掛けた際の行き違いをきっかけに対立。しかし、心の底ではお幻のことを想っていた。

双方、人別帖を渡した後すぐに隠していた毒針でお幻を討ち取ったと確信する。だが鷹に気を取られ油断したところ死んでいなかったお幻に背後から針を刺され死す。最後は愛したお幻を抱くように川を流れて行った・・・。

・甲賀弦之介(CV:鳥海浩輔

 弾正の孫で甲賀卍谷衆、次期頭領。朧と恋仲にあり、互いに里の和睦の為に尽力していた。実力はもちろんのこと、人格的にも優れており、里の者からは慕われている様子。不戦の約定が解かれても動じず、冷静に応じた。

 →弦之介の「瞳術」は「自身に敵愾心を持って向かってくる者を自滅させる」という強力無比なものであり、作中最強能力の一角でもある。

・地虫十兵衛(CV:伊丸岡篤

 四肢が無く、頭と胴体のみの奇異な姿。そのため、普段は籠で移動する。超高精度な占術(星占い)が得意。

 →伊賀組も追いつけぬ高速移動が可能な「蛇腹」を装備しており、さらに一瞬で相手を確実にしとめる槍の穂を体内に仕込んでいる。言葉通り一撃必殺なため「知られれば百年目だが、知ったときには相手が百年目」と自ら言っていた。

駕篭かきと共に道中、伊賀十人集の内5人に奇襲をかけられる。手足が無く、占いだけが能力と甘く見て1人残った天膳を一撃で討ち取る。
その後将監から託された人別帳を持ち逃走するが、復活した天膳に先回りをされ、やむを得ず再び穂による一撃を見舞う。
二度同じ手が通用しないことを本人も重々承知の上だったが、案の定体を一刀両断され死す。

・風待将監(CV:千々和

 目のようなものが額で赤く光り、鋭い爪を持った長い手足と、異様に膨らんだ背を持つ蜘蛛のような男。

 →能力は高い粘着性を誇る痰。固まりで放つ事も蜘蛛の巣状にして放つ事も出来、状況に合わせて闘える。

劇中では、伊賀十人集の内4人と戦闘。
内3人を痰により動きを封じ、一人づつ潰していこうとしたが
運良く逃れていた蛍火の操る蝶により邪魔をされ、念鬼の放った小四郎の鎌が頭部に突き刺さり瀕死となる。
地虫十兵衛に人別帳を託すがその後、逆上した蛍火により滅多刺しにされ死す。

・霞刑部(CV:北川勝博

 筋骨隆々な威丈夫で、甲賀の中で最も伊賀に対して怨みが強い。能力の関係上、しばしば全裸になることも。

 →あらゆる壁や地面に潜り込む事が出来る「隠形の術」を使う。壁の中に身を隠したり、その筋力で壁から出した腕で敵を仕留めたりもできる汎用性の高い能力。

物語の前半では夜叉丸との予期せぬ戦闘に苦戦していた左衛門を援護し、不意打ちだったこともあり軽々と夜叉丸を討ち取る。

中盤では駿府城へ向かう道中、弦之介たちの元を抜けて単独行動する。
伊賀十人集5人が乗った船に潜り込み、隠形の術で1人ずつ暗殺を試みる。
目の見えない朧と小四郎の前で天膳の首を折り殺害。
さらに天膳が打たれたことに疑心暗鬼になった陣五郎を海に放り捨て討ち取る。
そのすぐ後に復活した天膳と戦闘になり、再び船の壁板に潜り込むが、駆けつけた朱絹の血の霧により動きを読まれてしまい、天膳の刀で板ごと貫かれ絵のごとく死す。

・鵜殿丈助(CV:

 丸々と太ったひげ面の男(自称「ふとっちょ」)。その見た目や言動に反し、忍としてはかなり優秀な様子が伺えるが、少々自信過剰な面も。

 →その体はゴム風船のように弾力や伸縮に富み、打撃は勿論刀による斬撃すら通らない。また水にも沈まない。どんな狭いところにも体を軟らかくし、抜けることが可能。蝋斎と戦闘の際にお互い「骨無しの化け物」と罵りあった。

弦之介暗殺失敗で滝つぼに向かおうとしていた陣五郎を捕らえ弦之介を狙った理由に対し尋問する。
陣五郎の不意打ちで、体を膨らませ戦闘態勢に入ろうと息を吸ったところ体内に進入され、水分により元の姿に戻る陣五郎が体内で膨張し、窒息死させる。アニメ版のゴキッという効果音は体内で元の姿に戻る際に骨も一緒に折れた為と思われる。
小豆蝋斎と対等、朱絹を上回る戦闘力の持ち主であっただけに呆気ない死であった。

・如月左衛門(CV:上田陽司現:上田燿司

 短髪で細目。お胡夷の実の兄。温和な人柄だが、任務の際は冷徹な顔も覗かせる。

 →土を使って他人の顔を写し取り、声帯模写と併せることで他人を欺く。その精度は夜叉丸の恋人である蛍火をほぼ完璧に騙すほど。

劇中、念鬼の姿で蛍火の前に現れるが姿を見破られてしまう。
激しい戦闘の中、刀で両腕切断に成功しに蛍火を討ち取る。
お胡夷を殺した念鬼を一番討ち取りたかったのだが、豹馬に先を越されてしまい怒りをあらわにしていた。

物語の終盤では天膳に化け、橋の上で陽炎と共に朱絹を討ち取る。
その後、倒したと思っていた天膳が御兵姿で現れ、不意をつかれる。
他の兵たちの無数の槍で体を貫かれた後に死す。
劇中の最後の方まで弦之介たちと行動を共にしていた。

・室賀豹馬(CV:

 甲賀の参謀で、天膳らに里が襲撃された際にいち早く迎撃態勢を整えた。盲目であるため、聴力等が他の忍よりも遥かに高い。弦之介の叔父にあたる。

 →実は弦之介の瞳術は彼に教わったもので、もとは豹馬の術。しかし豹馬が夜間しか術を発動できないのに対し、弦之介は時間帯に関係なく発動が可能。また豹馬自身も弦之介に対し「師を越えた」と発言している。

旅の道中、宿で休んでいた弦之介と共に念鬼に奇襲される。
目の見えぬ二人を侮っていた念鬼を憧術で討ち取る。
その後の旅で小四郎と戦闘になるが、目が見えなくなった小四郎に憧術は通用せず
急速旋風鎌鼬によって顔面を抉られてしまう。最後に意識が遠のく中「生きてくだされ 弦之介様・・・」という心の声を残し、死す。

・陽炎(CV:早水リサ

 妖艶な美女。陰ながら弦之介の事を想っているため、朧に対しては激しい嫉妬を抱いている。

 →彼女の能力は「情欲に身を委ねると吐息が猛毒と化す」ことである。朧の事に加えてこれが原因で、弦之介に劣らぬ家柄を持つ彼女が弦之介と結ばれる事は望めないようだ。

駿府へ向かう道中、左衛門と共に小四郎を討ち取る。後に左衛門と共に橋の上で朱絹を討ち取るが
左衛門が天膳に化けたと思っていた天膳本人に弄ばれた上に針で伊賀の文字を体に刻まれる。
瀕死となり弦之介と共に毒の吐息で心中しようとするが、朧の瞳により術を破られ死す。

・お胡夷(CV:木村はるか

 如月左衛門の妹。肉感的かつ野性的な美女。兄の左衛門とは非常に仲が良い。

 →触れ合った肌から相手の血を吸い上げて干からびさせる能力を持ち、その効力は触れ合う肌の面積に比例する。

弦之介の安否を確かめに伊賀へ向かう道中、伊賀十人集5人と運悪く遭遇してしまい捕らえられる。
蔵へ閉じ込められていたが、様子を見にやって来た蝋斎を誘惑し、油断したところに奇襲をかけ血をすべて抜き取り討ち取る。
その後すぐにやってきた陣五郎にも同様の手を仕掛けるが、体を溶かした陣五郎に驚き体を離し逃がしてしまう。
さらに様子を見にやってきた念鬼を吸血攻撃により討ち取ろうとするが、体毛を針のように立てられ体中を刺されて瀕死となる。
後に駆けつけた左衛門に看取られながら安らかに死んでいった。

伊賀十人衆

・お幻(CV:京田尚子沢城みゆき【若い頃

 伊賀鍔隠れ衆頭目で、朧の祖母にあたる。若い頃は朧に負けず劣らず美人であった。(朧よりは朱絹似だが)

 →甲賀弾正とは若い頃恋仲にあったが、立場や行き違いなどから対立。最期は弾正の傍らで眠った。
巻物を双方渡し終えた後、弾正の不意な攻撃に瀕死となるが
首に刺さった針で弾正を相打ちにする。

・朧(CV:水樹奈々

 お幻の孫娘で鍔隠れ衆次期頭目。弦之介と恋仲にあり、里の和睦を強く望んでいる。忍術、体術はからっきしな上、その天然すぎる柔らかな人柄が忍としては不向きな女性。

 →しかし彼女が生まれつき瞳に宿す「破幻の瞳」は、対象を見つめただけでその忍術の発動を強制的に止めてしまう脅威の能力を誇る。弦之介や豹馬の「瞳術」と並び作中最強能力の一角。

・夜叉丸(CV:矢薙直樹

 端正な顔立ちの少年。若いながら実力は高く、風待将監との御前試合で鍔隠れの里を代表した。しかし経験の浅さ故か迂闊な面もあり、甲賀衆に「不戦の約定取り下げ」という重大情報を漏らした。ちなみに蛍火とは恋人同士。

 →使う得物は女の髪をより合わせ、秘伝の獣油を染み込ませた糸の「黒縄」。夜叉丸は岩や刀を容易く両断するこれを指先ひとつで自在に操る。

駿府城での将監との戦いは同等の戦力を見せ付けた。
天膳の声色を使ってきた左衛門に不戦の約定が解かれたことを喋ってしまう。
天膳でないことに気づき攻撃を仕掛けるが、刑部の不意打ちで手の骨を折られる。
最後の足掻きで足の袖から黒縄を出そうとするが、寸前で首の骨を折られ死す。

・小豆蝋斎(CV:青野武

 異様に頭部の長い小柄な老人。攻撃的な面もあり、手が早い。どうやら服装は派手な物が好みらしい。

 →能力によって手足を自在に伸縮する事が出来、縄のように巻き付けて使用する事も可能。鵜殿丈助との小競り合いの際には互いを「骨無し」と罵り合った。

巻物の取り合いで丈助と戦闘になるがほぼ同等の戦いを繰り広げる。
また甲賀卍谷に天膳たちと現れたときは甲賀側にもち技で戦力を見せ付けた。

念鬼が捕らえてきたお胡夷に弦之介の技の秘密を尋問しようとやってきたが
お胡夷の肌に触ってしまい絡まれ、抜け出そうとするにも抜け出せず血をすべて抜かれ死す。

・薬師寺天膳(CV:速水奨

 伊賀の里の副頭目。冷酷にして狡猾な策謀家であり、伊賀繁栄の為、甲賀殲滅の為ならば手段を選ばない男。

 →が、能力を過信しているのか、自身の安全に関してはやや不用意。能力は「不死」(媒体によって理由は異なる)であり、幾度殺されても蘇る。 『また天膳殿が死んでおられるぞ!』

・雨夜陣五郎(CV:

 伊賀の参謀役。小柄で灰色の肌をした中年の忍。あまり戦闘には向かないようだ。

 →塩に触れると体が溶け、水を浴びると元に戻るという特殊な体質の持ち主。主に脱出や暗殺に使うようだが、周囲の条件次第では非常に恐ろしい能力へと変貌する。

伊賀鍔隠れにやってきた弦之介を暗殺しようとするも、朧に見つかり破幻の瞳で見られ苦しむ。
滝つぼに水を浴びに行こうとしたところ丈助に見つかり、弦之介を打とうとした理由を聞かれるも
不意をつき丈助の体内に潜り込むことに成功。内部から首の骨を折り丈助を討ち取る。

駿府へ向かう旅では船で天膳が潜んでいた刑部に殺されたことに疑心暗鬼となり
取り乱したところを刑部に足をつかまれそのまま海に放り投げられてしまい、溶けていった。

・筑摩小四郎(CV:羽多野渉

 天膳傍付きの忍。戦闘能力は鍔隠れの里でもかなり高い方にある。また朧とは幼い頃より共に育ってきており、彼女に主従や幼馴染み以上の好意を寄せている。

 →得物は投擲武器としても用いる大鎌二本と、独特の吸息によって発生させる不可視のカマイタチ(真空刃)。物語序盤で弦之介の憧術によるカマイタチの暴発で一時戦線を離脱するが、その後視力を失って以降も「憧術の通じぬ忍」として甲賀衆を苦しめた強者。瞳術には及ばないが間違いなく最強の技のひとつと言えるだろう。

駿府へ向かう弦之介たちを天膳の命令で待ち伏せする。
弦之介と陽炎を逃がすため残った豹馬との戦いで、豹馬を討ち取るが
朱絹の声色を使った左衛門に騙され陽炎の毒息によって死す。

・蓑念鬼(CV:内海賢二

 全身毛むくじゃらの男。短気で好戦的。コミカルな見た目とは裏腹に、その能力は折り紙付き。

 →全身の体毛を自在に操る事が出来、触腕のようにも針のようにも扱う事が出来る。また伸縮も自在で、木々を飛び回る事が可能とかなり自由度が高い。

お胡夷を1人で捕らえることに成功し、鍔隠れの蔵に閉じ込める。
突然の不意打ちに驚くが、吸血を行おうとしたお胡夷に対し全身の体毛を針に変え討ち取る。

その後蛍火と共に弦之介一向の休む宿に攻め入る。
蛍火を追った陽炎と左衛門が去ったのを見計らい盲目の豹馬、伊賀の秘薬により目が見えぬ弦之介に宣戦布告する。
目の見えぬ2人と侮っていたが、夜に限り目が開く豹馬に憧術を使用され自分の体毛で体中の骨を折り、死す。

・蛍火(CV:沢城みゆき

 夜叉丸の恋人のくの一。忍としてはまだ幼く、言葉や行動には残虐性が垣間見える。常に白蛇を連れている。

 →幻術を得意とし、小動物や虫を使役する術に長ける。途中、蛇を用いて弦之介に罠を仕掛ける。

・朱絹(CV:渡辺美佐

 朧の身の回りの世話役のくの一。妖艶な美人。戦いが進むにつれ、小四郎に対し特別な感情を抱くようになる。

 →皮膚から血液を吹き出して敵の目を眩ませる。皮肉にも、彼女の存在が小四郎の運命を決める事になる。

その他の人物

・徳川家康(CV:大平透

 徳川幕府初代将軍。既に高齢であり、天海僧正と共に跡継ぎ決めを忍者同士の殺し合いで決めようとしている。

・柳生宗矩(CV:若本規夫

 徳川家の剣術指南役。隣国に潜んでいた忍者達の超人的能力を、偉そうに恐れた。

・南光坊天海僧正(CV:麦人

 徳川家のブレインにして「殺し合い(忍者という捨て駒を活用した跡目争いの終結)」の発案者。
 この本を読んだ読者の九割以上はこいつに恨みを持つはず。
ちなみに、山田風太郎氏の他の著作にも登場する。

四代目服部半蔵(CV:立木文彦

 徳川家お抱えの忍者、服部一族の四代目頭領。初代が結ばせた「不戦の約定」を解いた。本人も解いてはならなぬと将監と夜叉丸の戦いを見て理解したが、配下である以上、家康には逆らえなかった。

・初代服部半蔵

 甲賀と伊賀の争いを避けるため、「不戦の約定」を結ばせた人物。弾正とお幻の知己でもあった。

・織田信長

 かつて伊賀の里に攻め入り、討ち滅ぼした張本人。この一件が少なからず物語の始まりに関わっている。

服部響八郎 - 杉田智和

 半蔵の養子。指で双眼鏡の形を作り、遠くの物を見る偵察術「遠見の術」を使用する。何を喋っているかも口の動きを見て理解することができる。

斉藤貴美子

 竹千代の乳母。伊賀衆の勝利のためにルール違反ながら助勢をする。後の春日局


映画について

あいすまん。

 

関連動画

関連静画



関連商品

原作小説

原作漫画

アッパーズ版

講談社文庫版

プラチナコミック版

アニメ

主題歌

関連CD

関連生放送

関連チャンネル

関連項目

  • 忍者
  • 漫画作品一覧
  • アニメ作品一覧
  • GONZO
  • 陰陽座

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%90%E3%82%B8%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%80%9C%E7%94%B2%E8%B3%80%E5%BF%8D%E6%B3%95%E5%B8%96%E3%80%9C
ページ番号: 4229829 リビジョン番号: 2163818
読み:バジリスクコウガニンポウチョウ
初版作成日: 09/12/12 01:53 ◆ 最終更新日: 15/02/19 14:55
編集内容についての説明/コメント: 静画追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バジリスク〜甲賀忍法帖〜について語るスレ

163 : 削除しました :削除しました ID: Mx2IOatkXi
削除しました
164 : ななしのよっしん :2015/02/01(日) 17:30:20 ID: NsdPrNs6eH
>>161
いや、忍者の価値観的には種付けするたびに男が死んでも
別に危険を冒してるわけでも犠牲を払ってるわけでも何でもないのよ
そもそも同じ能力を持った陽炎の母とヤッて死んだ男たちは
「里の使命のために殉死できる上に美女とヤレて死ねるしハッピー!」って考えだから、
「わざわざ安全のために後ろから種付けする」なんて無粋なことをする意味がないんだ
むしろそんな工夫をしたら忍者たちは「何でそこまでして死にたくないんだ?」って首を傾げるだろうね
根本的に命に対する価値観が普通と違うわけよ
165 : ななしのよっしん :2015/02/02(月) 00:21:04 ID: h1SD4oqg/2
漫画版しか読んでないんだけど、物語の
初期の方でなんで伊賀は甲賀卍谷に押し入ったの?
あんな大人数で堂々と敵の本拠地に乗り込んじゃったら
相当警戒されると思うのだけど・・・
あれがきっかけで甲賀側に感付かれちゃったよね
166 : ななしのよっしん :2015/02/05(木) 16:26:53 ID: NsdPrNs6eH
>>165
小説版の描写では普通に里に忍び込んで人別帳の標的を
一人一人暗殺するつもりで足音を潜めて近づいていた。
でも、豹馬の聴覚で気付かれた上に透明になった霞刑部に「将監を仕留めた」ということを盗み聞きされてバレた。

ちなみにこのとき伊賀忍の足音に気付いたのは豹馬だけで、
その場にいた別の老忍者が「聞金」という道具を使って伊賀の足音を探知しようとしたができなかった。
つまり、伊賀忍たちは押し入ったわけじゃなくて
豹馬以外の忍者相手なら十分なほどに気配を消していたってこと。
さらに言うと、その時点ではまだ不戦の約定が解かれたことを甲賀側は知らないので、
伊賀忍たちが甲賀卍谷を訪れること自体はそれほど危険な行為じゃない。
(実際には地虫十兵衛の星占い、豹馬の聴覚、霞刑部の盗み聞き、将監を襲った帰りで伊賀の里とは別方向から卍谷を訪れてしまったことなど不利な要素が重なってバレた)
167 : ななしのよっしん :2015/02/24(火) 20:47:52 ID: Mp9jXzLnK1
陣五郎ってよく馬鹿にされてるけど、こいつの能力って何気に
開眼時の弦之介を倒せる可能性高いよね
168 : ななしのよっしん :2015/02/27(金) 00:26:46 ID: h1SD4oqg/2
>>166
おお!そうだったのか!
解説ありがとう、おかげで胸の突っかかりが取れたよ
しかし漫画と原作って結構描写が異なるんだね
原作も買ってみようか・・・
169 : ななしのよっしん :2015/03/11(水) 19:50:03 ID: 8ctv3MLnU0
時代的に後ろからは非道徳的なのだろう
170 : ななしのよっしん :2015/04/07(火) 21:37:31 ID: JgZNLY9YaU
十五話ぐらいまで見てるけど
最初に死んだジジババ二人を除いて唯一過去話あるし、今んとこ一番活躍してるし、天膳にレイープされそうになった朧をすんでの所で助けてるし完全に霞刑部が主人公にしか見えない・・・
171 : ななしのよっしん :2015/04/14(火) 16:55:37 ID: 2hm9Cdb+tg
昔母がDVDで見てて、その時は小さかったからのほほんと見てたけど、
でも今改めてみると心に来る、凄く良い作品だったって気づかされた。
久しぶりに見てみると時間がたってるのにも気づかせてくれないくらい、
心を手放さず引き込ませてくれる作品。
自分にとって物語として一番好きな作品になった。
172 : ななしのよっしん :2015/04/23(木) 04:54:58 ID: 7hf7In+bVK
>>170
>天膳にレイープされそうになった朧をすんでの所で助けてるし
あれはすんでのところを助けたというより
大きな隙ができた瞬間を狙って襲い掛かっただけだろうw
朧に圧し掛かってひん剥いて
さぁブチこんでやるウへへってフル勃起してる時だから
さぞ隙だらけだっただろうな
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015