単語記事: バットマン

編集

バットマン(BATMAN)とは、DCコミックス社のアメリカン・コミックスタイトル、及びその主人公の名前。

概要

原作アメリカDCコミックス社が1939年から出版している人気シリーズアメリカの架都市ゴッサムシティを舞台に、大富豪ブルースウェインが衣のヒーローバットマンに扮して悪と戦う。

ボブケインとビル・フィンガーによって生み出された本作は、発表当初から好評を以て迎えられた。だが50年代に制定されたコミックコードが影し、次第に明るくかつ当たり障りのない雰囲気にシフトしていく(66年から68年にかけて放送された実写ドラマはその徴と言える)。転機は70年代、デニス・オニールとニール・アダムズのコンビによりもたらされる。彼らの写実的かつスタイリッシュな作は、バットマンを暗クライファイターへと回帰させた。
そして決定打となったのが1986年フランクミラーが発表した外伝コミックバットマン:ダークナイト・リターンズ』である。そのリアルかつダーク世界観は、シリーズそれ自体の認識を根底から覆すのみならず、アメコミ界にかつてない衝撃を与えた。続く1989年ティム・バートンによる映画バットマン』が開、日本にも配給されて大ヒットした。

その後も『バットマンリターンズ』『バットマンフォーエヴァー』が作られ、その都度人気を博すが、『バットマンロビン Mr.フリーズの逆襲』で行成績が低迷。シリーズは一旦途切れるものの、クリストファー・ノーラン監督の『バットマン・ビギンズ』にて設定を一新の上で再開。2008年には続編『ダークナイト』が開され、高い評価を得た。2012年の『ダークナイト ライジングをもってノーランによるダークナイト三部作は完結2016年、ベン・アフレックを新たなバットマン役に据えた『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』が開、2017年には『ジャスティスリーグ』でも中核を担う。

また、19921999年にかけて製作・放映されたTVアニメバットマン:ジ・アニメイテッドシリーズ』も好評を博し、同作オリジナルヴィランのハーレイ・クイン本家コミックへと逆輸入もされ、2016年に『スーサイド・スクワッド』にて実写デビューを果たした。

2009年にはゲームバットマン:アーカム・アサイラム』が発売。「世界でもっとも販売されたヒーローゲーム」としてギネスに登録された。

バットマンのキャラクター像

※イヤーワン以降のおおまかな設定を書くが、各媒体ごとに細かな設定は異なる。

あらすじ

アメリカ東海ゴッサムシティ大富豪ウェイの一人息子ブルースウェインは映画怪傑ゾロ』を観に行った帰り道に強盗に襲われ、両親を失ってしまう。
復讐を誓ったブルース少年世界放浪のに出、数年かけて世界各地であらゆる格闘技と知識を学びゴッサムシティに帰還する。
ブルースは当初顔を隠す程度の変装で犯罪と戦おうとするが失敗。
より強な方法で敵に恐怖を与える必要を覚え、コウモリからインスピレーションを受けバットマンとなることを決意する。
バットマンの戦いによりゴッサムシティから当初いたギャングは一層されるが、バットマンを恐れないより悪なギャングと狂気を抱いた犯罪者達が現れ、の状況は混沌としていく。

設定

登場人物

バットマンの登場人物一覧へ。

コミックシリーズ一覧

末永く続いているシリーズのためニコニコ大百科に記事があるのだけを載せる。

実写映画シリーズ一覧

初期4作

ティム・バートン実写化作品に始まる4作品。
バートン監督した1作、2作は評価こそ高かったがバートンらしいダーククリーピーな世界観で、一般受けという面ではいまひとつだった。
そのためかシューマッカー監督の3作以降は、ノーテンキなアクションムービーになっている。
しかしそのノーテンキさがバットマンの作イマイチ合わなかった上、4作の評価と人気が非常に低かったので打ち切られた。 

ノーラン3部作

クリストファー・ノーラン監督に迎え、レジェンダリー・ピクチャーズとワーナー・ブラザーズによって、世界観を一新して製作された新シリーズ。通称『ダークナイト・トリロジー』。
2作ダークナイト』は特に評価が高く、アメコミムービーえた傑作として認知されている。 
2012年開の第3作を持って完結、下記のDCエクステンディッド・ユニバース作品群へと発展する。

DCエクステンディッド・ユニバース関連作

2016年開される『バットマンvsスーパーマン』は、『マン・オブ・スティール』の続編となっており、後のDCアベンジャーズといえるジャスティス・リーグに繋がっていく形となっている。

外伝作

ゲームシリーズ一覧

関連動画

関連商品

実写映画

コミック

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%B3
ページ番号: 532967 リビジョン番号: 2405711
読み:バットマン
初版作成日: 08/09/07 20:36 ◆ 最終更新日: 16/09/14 14:39
編集内容についての説明/コメント: 概要を追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


TWO-FACE

The Owlman Animated edition


この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バットマンについて語るスレ

379 : ななしのよっしん :2017/03/24(金) 18:09:00 ID: uJSa4J0OxB
実際のバットマンでさえ大富豪ブルースウェインと騎士の二面生活で参ってる時もあるんだもの、当たり前
監督交代もベンアフがその分演技に専念できるようになったと思えば
380 : ななしのよっしん :2017/04/01(土) 23:26:51 ID: ImupoA6kQH
規模の小さい作品でヒットした新進気鋭の監督
超大作オファーされたけど配給会社やスポンサーからの横が多くて
決裂…なんてのはよく聞く話だからなあ
アントマンも何度か監督が入れ替わって製作状態が不安視されてたし
381 : ななしのよっしん :2017/04/02(日) 17:21:21 ID: zLGAVCLkRH
レゴムービーマジでめっちゃくちゃ面かった…キャラ出しまくりテンポすぎでも実写とここまで差があるとは…
382 : ななしのよっしん :2017/04/03(月) 11:06:21 ID: nt35Lm6Tyb
レゴバットマンすっごい良かったよな 過去バットマンネタも拾いまくってて終始ニヤけが止まらなかったわ
383 : ななしのよっしん :2017/04/04(火) 12:49:50 ID: ZU3eazi32W
予告動画コメで、山寺でも許せねーのに小島よしおとかふざけんな、みたいなコメあったけどあんま違和感なかった
というかラップとかボイパシーン山ちゃんでよかったなこれ、と思ったわ
 
あとアイアンマンいじりすぎィww
384 : ななしのよっしん :2017/04/04(火) 14:56:18 ID: L/4VcK9zNe
小島よしお台詞に持ちギャグ混ぜるのだけはやめてほしかった(周りの子供はウケてたけど)
それ以外はまあそこまで問題はなかったかな

そして山寺バッツ以上に子安ジョーカーが良かった二人とも楽しんで演じてる感じがした
字幕版も見たいけどやってるとこクソ少ないんだよな…
385 : ななしのよっしん :2017/04/04(火) 15:04:56 ID: L/4VcK9zNe
声優のことばかり書いてしまったけどもちろん脚本も良かった

バットマン」という作品そのものの歴史を感じたし
レゴというコメディ要素の強くて明るい世界観だからこそバットマンの闇に踏み込むことができたんだなと思ったよ
386 : ななしのよっしん :2017/04/04(火) 15:11:00 ID: ZiGlY9XHr8
小ネタ的には大人向けだけどテーマ的には子供にも観てほしい内容だから
小島よしおギャグキスマイでお母さん釣るのは正解かも
観る前は不安しかなったから好意的になってるかも
387 : ななしのよっしん :2017/04/09(日) 13:04:25 ID: bGfEJCHNJo
レゴバットマン良かったよ

話のベースバットマンでそこにレゴギミックとかを加えた感じ。すごいテンポが良くてギャグありアクションありで面かったわ。

それでいて、バットマンの在り方やジョーカーとの関係性にも答えを出してて、ファンも納得のいく物になってるとは思う。

388 : ななしのよっしん :2017/04/09(日) 15:03:57 ID: UTEK0An+zG
レゴバットマン最高だったし、小島よしおの演技もディックのウザ可さがよく表れていてよかった。
が、あのギャグ連発とEDのキスマイは本気で殺意が湧いた。
前作の予告編クソつまらん時事ネタギャグ入れて大ブーイング喰らってたのにまだ懲りないのか。
しかも、日曜日間からの上映なのに、劇場ガラガラだったので、行的にも全くプラスになっていない。
こういう日本オリジナル要素で素晴らしい作品にノイズを走らせるの本当にやめてくれ。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015