単語記事: バッドエンド

編集

バッドエンド英:Bad end)とは、直訳して「悪い終わり」の意味。英単として使う場合は「Bad Ending」の方が名詞として自然かもしれない。

日本では「物語不幸な形で結末を迎える事」の意味で以下のようによく使われる。

  1. ビデオゲームにおいて話が途切れ、クリアしたとみなされないエンディングのこと。ゲームオーバー
  2. ビデオゲームなどで複数あるエンディングのうち、不幸な結末であるほう。
  3. 不幸な、もしくは後味の悪い結末で物語自体が終わってしまう事。

この記事ではビデオゲームバッドエンドを中心に解説する。

概要

クリアしたとみなされない場合

ADV等の分岐要素があるゲームにおいて、選択肢等のミスにより本来エンディングとして迎えるべき何らかの結末に辿り着けず、ゲームクリアしたとみなされないエンディングの事。“ゲームオーバー”的な意味合いが強い。
基本的に物語の本来の流れから外れた際に見る事になる為、本来用意されたエンディングよりも内容も簡素なものが多い。主人公が死んでしまうなど取り返しがつかない現が起こって物語の本筋に戻れないという途中終了を示すものであるが、中にはギャグ化した場合等エンディングより幸せかもしれないものもある。

更に最近ではそういったバッドエンドも作り込まれており、通常ルートよりもかに面倒な手順を踏まなければたどり着けないなんてものもある。ADV等では、それまで辿り着いたエンディングエンディングの総数)をゲームメニュー等で提示し、バッドエンドの収集をやりこみ要素にしているものもある。
作品によってはプレイヤーへの救済措置として、バッドエンド時にゲームキャラクター攻略ヒントを教えてくれるコーナーがある事も。「教えて知得留先生」や「タイガー道場」等は有名。

良くないほうの結末の場合

ゲーム等のルート分岐により複数エンディングがある場合、一応物語を最後まで完走しておりゲームクリアと扱われはするのだが、他のエンディングべて良くない方のエンディング、又はトゥルーエンドと異なるエンディングす。
例えば、格闘ゲームSTGでは、途中でのコンティニューイージーモードプレイした場合に本来のラスボスが出ずに終わってしまったり、物語がすべて解決されずに終わってしまうエンディングギャルゲー病弱ヒロインを選んだ場合は原則として死んでしまうほうのエンディングのことである(「もうゴールしてもいいよね」という場合は除く)。
文字通りマイナス要素を強く含むものもあれば、それもまた結末のひとつとして成立しているもの、問題はちゃんと解決はしたがが解けきらないもの、あるいは「一見ハッピーエンドにも見えるが、トゥルーエンド等で物語真実を知ると、実は根本的な問題が何ひとつ解決していない」という恐ろしいものまである。

特殊な例として、ENDとは出るものの問題はまだ終わっていないと明示されるタイプのものもある。
これは物語ウェイトが大きいRPGADVにはかなり少なく、アクションなどステージのやり直しができ収集要素があるゲームで収拾が不全な時のエンディングに多い。この場合はそれは結末ではなくそこからめてエンディングすことになる。

尚、トゥルーエンドでなくとも主人公らが幸福で、世界設定上も為すべきことは(本来とは違う方法であれ)
終わっており問題は解決している場合、単に別のエンディングとみなされバッドエンドとは言われない。
ストーリーに分岐があるゲーム以外では、ラスボスとは異なる隠しボスを倒したことでエンディングを迎えた場合や、
シリーズもので主人公プレイヤー)が本来以上の大活躍をした時の正史と繋がらないエンディングがこれに当たる。

物語自体が悲しい結末で終わる場合

物語の結末自体があまりに不幸、悲惨、後味が悪い…という場合にバッドエンドと呼ばれる。
古来から用いられてきた表現手法でもあり、人間ドラマ等では特に“そうなってしまっても仕方がい”という前提がある為、見る者に強い印を残す。
ゲームにおいては、ひとつしかないエンディングが悲惨、複数のエンディングが存在するが“どれを選んでも結局救いようがない”、実は他の分岐は全て何らかの裏があり不幸エンディングこそがトゥルーエンド…等といったケースも存在する。更に、ハッピーエンドどころかグッドと呼べるエンディングが存在しない場合、その物語自体がバッドエンド、という事になる。

 これらのバッドエンドジャンルを問わず存在し、ゲームでは特にADVサウンドノベルに多い。また、主人公の死を伴うエンディングデッドエンドと表記を区別される事もある。

ニコニコ動画における「バッドエンド」タグ

ニコニコ動画では、こういったエンディングを迎えた動画や、あるいは意図的にバッドエンドを集めたゲームプレイ動画等にこのタグが付けられる。後者の場合、特にADV等では全てのエンディングを見るには(作品にもよるが)それなりの労と時間を要する為、バッドエンド集の動画は見逃したエンディングを見たい、プレイする時間がないなどの問題を一気に解決してくれる。当然、ネタバレ要素を含むが、通常のエンディング較した場合にご褒美的な要素が少ないといった要素もある為、通常のエンディングを迎えた動画よりは批判が少ない。

しかし、絵面やそのショッキングな話題性のみでバッドエンドを視聴し、ネタにする潮には作品ファンからの批判も多い。きちんと物語の趣旨を把握した上で、“何故このような終わり方を迎えたのか”を知る機会を設けてみるのもいいだろう。

関連動画

ここではバッドエンド、もしくは救いようがエンドを迎える動画を掲載する。動画によっては、物語の趣旨が分からないとまるで理解できないものも含まれるので、時間のある方はリンクを辿って最初から視聴してもらいたい。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%89
ページ番号: 724803 リビジョン番号: 2317347
読み:バッドエンド
初版作成日: 08/11/17 05:40 ◆ 最終更新日: 16/01/26 21:24
編集内容についての説明/コメント: 関連項目に追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バッドエンドについて語るスレ

361 : ななしのよっしん :2017/04/05(水) 00:33:21 ID: R/qGfzQhoL
結局報われないけど主人公達の努がほんの少しだけ世界を優しくする系ENDすき
362 : ななしのよっしん :2017/04/21(金) 15:54:34 ID: xrFlwq46Ss
>>353
確かに当時のSTGって終末思想や、戦争末期みたいな感じが蔓延してたなぁ。

元々STGは「絶望的状況を最新鋭機(プレイヤー)が希望となり打破する」みたいな感じがあったが、戦争や敗戦ぎみって要素から、やはり駄だったよ…や、実は軍が黒幕出来レースって暗い要素に繋げやすかったのかも。それにSTGは細かいシナリオがあるって訳でもなく、プレイヤーキャラ=名もき一兵士と内面は書かないから、バッドエンドにした方が印に残りやすいし。
363 : ななしのよっしん :2017/04/28(金) 22:16:24 ID: VEj6IGFKgx
絶望的な状況からどう展開していくんだろうと思ってたら、
当初からの的を何一つ解決しないまま終わるとか
放り投げにしか思えなくって、いまいちバッドエンドの魅が分からない。
マルチなら他が映えるとか分かるけどさ。

>>361みたいなのとか何かを犠牲にして解決するビターエンドは好き。
とりあえず主人公たちが何らかの影は与えといてくれないと、これまでの話はなんだったんだってなっちゃう。
364 : ななしのよっしん :2017/05/06(土) 19:50:01 ID: Q2ZlarHYWc
昔のSTGで悲壮感溢れる話が多かったのはノストラダムスもあるけど、太平洋戦争における絶望的戦差にも似てる気がする

あと斑鳩だとゲーム業界そのものを刺するメタな意味合いもあった
東方が流行る直前(2000年頃)のSTG業界は今以上に厳しい状況で、商業でSTGを作るのは相当な覚悟が必要だったろうし…
365 : ななしのよっしん :2017/05/23(火) 21:31:33 ID: M2EipU6ogz
>>sm30251265

>>sm30257653

これらを見て思ったけど、これらを作った作者は何で様々な映画バッドエンドで終わるべきだったと言っているのですか?ハッピーエンドじゃ満足出来なかったのでしょうか?
366 : ななしのよっしん :2017/05/23(火) 21:44:35 ID: O3VyCqmj/3
丁寧に作られたバッドエンドすき
作者の技量不足でハッピーエンドにできなかった結果のバッドエンドきらい

逆の意味でのご都合主義的なバッドエンドだいきらい
367 : ななしのよっしん :2017/05/23(火) 22:15:07 ID: MyJG8OGfEZ
主人公はここ数年の記憶を失っていたから気がつけなかっただけで
現実だと思っていたのは実は数年前を模した仮想間でした
数年前と現在の間に自分は殺人者となっており、ともに夢を追っていた親友は死亡済み
過去の自分の要望によって自分は髄が取り出された状態になっていたのでした
体は人工心臓でどうにかしてるみたいだけどこれ戻せるの…?
368 : ななしのよっしん :2017/06/18(日) 06:03:48 ID: xrFlwq46Ss
素直にハッピーエンドにすりゃいいとこを、ハッピーエンドにしたら自分や他人が胡散臭いご都合主義と感じて嫌だから、ビター・バッドエンドにしましたって予防線じみたものが一番タチ悪い気がする。

見えもしない圧に負けたっていうか、取ってつけた感じになりかねないし。
369 : ななしのよっしん :2017/06/18(日) 06:19:49 ID: dpWdSSUWYm
自分がそう感じてバットエンドにしたんなら別に何の圧にも負けてないだろ
普通自由意志でそうしただけじゃないか
370 : ななしのよっしん :2017/06/18(日) 06:29:39 ID: Lp37RK8+SY
ぜひ十三ゲームプレイして欲しい。
約13話のオムニバス形式のサウンドノベルゲーだが、正規のエンディングの9割がBADだから。
むしろ、ゲーム的にハッピーエンドバッドエンドと言う。
例:いじめっ子に反撃する=いじめっ子を逆にいじめる側になり一転攻勢BAD
正規=いじめに耐えて耐えてそれで分かった真実は実は親に殺されてての無限ループ。(ようはディアボロ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015