単語記事: バルンガ

編集

バルンガ

バルンガとは、円谷プロ製作特撮TVシリーズウルトラQ」に登場する船の様な怪獣である。 

バルンガは怪物ではない。神の警告だ。」

怪獣バルンガ
登場作品 ウルトラQ
サブタイトル 第11話「バルンガ
体長/全長 限大
体重 不明
出身地 土星

概要

ウルトラシリーズ初の「動物とも植物ともいえない外観」を持った怪獣で、船のような身体に数の触手が生えている。

特筆すべきはそので、「あらゆるエネルギーを吸収」することができる。電気エネルギーはもちろんのこと、エンジンに繋がった状態のロケット燃料やガソリンバルンガの餌となる。
皮膚は見たに反し非常に頑丈で、弾やミサイルなどの物理的な衝撃も自らのエネルギーとすることが可。さらには台風などの自然エネルギーでさえ吸収してしまう。それらのエネルギーを吸収することで際限なく成長していく。

作中では、20年前に隕石に付着して地球へ飛来し、大学教授である奈良博士により存在が確認されていた。しかしそのに脅威を感じた博士は幼生バルンガを殺してしまい(成長する前なら殺すことが出来るらしい)、学会に実物を提出することができなかった。結果博士詐欺師よばわりされて学会を去り、それ以降バルンガの存在も忘れ去られていた。

土星から地球へと帰還する途中のロケットサタン1号に胞子の状態で付着し、燃料を吸い尽くして大気圏内で墜落事故を引き起こした。
地球に侵入すると、主人公の万丈が運転するセスナや自動車の燃料を吸収して成長し、浮遊して移動するようになる。警官の発もむなしくバルンガは成長を続け、東京を大混乱に陥れた。

この事態に対し自衛隊戦闘機による攻撃を行うが、バルンガミサイル戦闘機の燃料もすべて吸い尽くし、さらに大きくなる。成長したバルンガ心臓鼓動の様な音を立てながら東京上空に居座り、高圧電線の電気をかたっぱしから食いつくして、都市全にマヒさせてしまった。

バルンガ自然だ。文明の敵と言うべきか。
こんな静かなはまたとかったじゃないか。
この気違いじみた都会も休息を欲している。

一夜が明け、台風エネルギー全に吸収したバルンガは、国連衛星から発射されたロケットが作り出した人工太陽に誘導されて地球を去る。そして宇宙空間に飛び出したバルンガは、本来の食べ物である太陽へと向かっていった。

バルンガ太陽と一体になるのだよ。
太陽バルンガを食うのか、バルンガ太陽を食うのか。

バルンガは本来恒星エネルギー食とする生命体である。つまり太陽の中に落としても、倒せる保はない。
そして物語は、以下のようなナレーションで締めくくられる。

明日晴れていたらまず空を見上げてください。
そこにいているのは、太陽ではなく、バルンガなのかもしれません。」

元ネタ

ロバート・シェクリィ1952年に発表した短編SF小説「ひる (The Leech)」が、この話の元となっていることは一部ではよく知られている。なお、この小説オチウルトラQのそれとは異なっているので一読をお勧めする。
「ひる」は、バルンガとは以下の点で違いがある。

  • 直接触れている物質は何であれ溶かしてエネルギーに変換したうえで吸収できる。このため、いつもは地べたにり付いた状態で地面を少しずつ吸収している。(ちゃんとも飛べる)
  • 恒星に一体化したりというお行儀の良いことはせず、惑星恒星問わずに出来る限りの速さで食い尽くしてしまう。周囲にエネルギーがなくなったら胞子に戻るというやり方で、既に多くの々を滅ぼしている。
  • 吸収しきれないほどのエネルギーを受けると過負荷状態になって爆散することが劇中で明言されている。しかし、対応に当たったのがステレオタイプ無能な政府と戦争狂の将軍であったために対応が後手に回り、原爆の連続攻撃にも耐えられるほどに大きくなってしまっていた。

関連動画

関連商品


関連項目

関連コミュニティ


関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%82%AC
ページ番号: 4286257 リビジョン番号: 1525615
読み:バルンガ
初版作成日: 10/02/17 04:42 ◆ 最終更新日: 12/05/10 23:58
編集内容についての説明/コメント: 小説について加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バルンガについて語るスレ

21 : ななしのよっしん :2013/09/22(日) 09:29:14 ID: F2h42ftwe9
と言うかそもそも実際に成長前の状態ならただの人間でも倒せてる(?)わけだし……
成長した状態でもウルトラマンの皆さんなら多分なんとかしちゃうと思う

まあそんな話のためのキャラじゃないというのは同意だけど
22 : ななしのよっしん :2013/11/28(木) 10:56:11 ID: MJiCS7IEUg
バルンガ最強議論スレに登録されてるみたい。「光年単位」のすぐ下のところ
http://www38.atwiki.jp/saikyouhero/pages/11.html
やはり結構な強なのかもね、それでも上にぞろぞろいるのが複雑だけど
23 : ななしのよっしん :2014/06/25(水) 16:17:10 ID: a1pvvbC8pJ
ブルトンプリズ魔なんかもそうだけど、性格や個性を感じさせない不気味存在感や血の通ってい感じが、バルンガであり最強説なんかを作る原因なのかもしれないね。
24 : ななしのよっしん :2014/07/11(金) 19:23:39 ID: mC3N/G207C
神の警告らき☆すた
25 : ななしのよっしん :2014/12/29(月) 01:18:24 ID: oc+qyIZfn3
エネルギーの偏りを防ぐために神様がばら撒いてるエネルギー徴収装置と推測
26 : ななしのよっしん :2016/05/29(日) 22:01:43 ID: O2dVSKoHBZ
SCP太陽寄生虫みたいなもんか
27 : ななしのよっしん :2016/07/25(月) 00:29:10 ID: M+lFRPJbhk
成長しきったバルンガがどうなるか?

推測1:恒星重力に引っられて衛星状態になり、そこからエネルギーをもらって生き続ける。
恒星爆発するとその余波で吹き飛ばされ別の恒星にたどり着くまでえっちらおっちらをする(運が悪いとそのまま餓死する)

推測2:恒星に取り付いて、そのまま恒星の一部になる。
恒星爆発すると、そのまま運命を共にする。

推測3:恒星を食い尽くした後、自身がその恒星になり替わり、それまで吸収したエネルギー放出しながらゆっくりと死に向かう。
寿命が尽きた後、恒星と違う終焉で初めてバルンガだと気づかれるか、恒星と同じ最期を迎えにも気づかれずに終わるかは味噌汁
28 : ななしのよっしん :2016/07/25(月) 00:45:52 ID: M+lFRPJbhk
>>20
>膨大なエネルギー当てにウルトラマンに寄生とか始めたら厄介だが
恒星に行けば放出されるエネルギーをいくらでも食えるんだし
わざわざ相手から理やりエネルギーを奪ったり、動いている相手に寄生する機は持ってないんじゃないか?
そんな機進化させるくらいなら普通恒星間航行進化させた方が生存競争に有意義だし。
29 : ななしのよっしん :2016/07/29(金) 22:50:20 ID: ntFio03Cxh
本編の流れで地球に現れる→主人公ウルトラ戦士変身、どこかの恒星に運ぶ→宇宙なのにエネルギー吸われてカラータイマーなんとか地球に戻って変身解いたけど、モエタランガにやられたカイトばりにクタクタになる

・・・ウルトラ戦士と対峙したら、そんな展開になるんじゃないのかっていう妄想
30 : ななしのよっしん :2017/06/20(火) 19:51:08 ID: JvcqxnCLPs
ウルトラマンオーブ 全集」のオーブクロニクルによるとジャグラスジャグラーバルンガ爆弾にすると言うとんでもない事をやってのけた。
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829