単語記事: バレーボール

編集

バレーボールとは、球技の一種である。日本語などの漢字圏では排球(はいきゅう)と表記される場合もある。

スポーツ競技の一覧

概要

ニコニコでは「バレーボール」より「バレー」というタグが付くことが較的多い。

日本での人気・普及度が高く、要な際大会のいくつかが日本で行われ、ゴールデンタイムテレビ放映も行われる。競技もさることながら選手の装や容姿が注されるケースも多く、生のママさんバレーなど女子が楽しむスポーツというイメージが強い。現に日本では、40万人といわれる選手人口のうち、女子が占める割合は7割(約28万人)である。

そもそもバレー自体、女性や子供が安全に楽しめるレクリエーションとして生み出された誕生経緯がある(他球技にべ、ネットに守られているため、相手選手の接触が皆無なので、接触による衝撃や怪リスクは低い)。日本でも、戦後になってから、協調性を学べることから女子の中学体育学習要領に盛り込まれため、それだけプレーする機会が男子より多く、球技大会でも女子はバレーボールが選択されている。そして何より東洋の魔女に代表される、紡績業を中心に、戦後における女性社会進出に伴う企業スポーツとして広く浸透したことが大きな理由である。今日においても、Vリーグ選手を軸とした女子の全日本代表はロンドン五輪メダル世界ランキングでも一桁を確保するなど健闘を続けており、Vリーグ女子そのものも、女子スポーツにおいてゴルフと並び最も集客が高い競技の一つに挙げられている。とはいえ、年々、女子バレーボールの競技人口は減少しているため、楽観視はできない状況ではある。

一方で、競技そのものの日本への普及は男子が先でありYMCAを中心に広められた。その後は神戸大学の前身である、神戸高商が初めて校内にバレーチームを形成し、金時代を築いた。男子バレーが再び脚を浴びるのは、後述するミュンヘン奇跡からであり、今日タレントとして知られる川合俊一などの活躍もあって、しばらくは五輪出場も果たす活躍を見せ、またバレーの盛り上がりなどもあって、部活動としての男子バレーの人気は保たれていた。だが、後に漫画の影プロリーグの形成などで、スポーツ少年らがサッカー部やバスケ部などに流れていき、また、他代表に日本の戦術を真似され(時間差攻撃やブロード攻撃などは日本代表が編み出した)、日本代表際試合で勝てなくなると、いつしかバレー少年たちにとって魅の低いスポーツに陥ってしまい(不名誉なことに、2014年には小学生男子がやりたくないスポーツのワースト3に入ってしまっていた)、中学を中心に男子バレー部の部が相次いだりしている(某バレー漫画の第1話のエピソードはそんな切実な男子バレーの現状を裸々にっているといっていいだろう)など、建て直しが急務となっている。

これらのバレー離れの状況を打開するために、もっと低学年のうちからバレーに親しんでもらおうと、小学校体育の学習項ソフトバレー2013年より導入されることになった。一方で、その某バレー漫画の影で、全バレーボールを始める少年も増加しているという。

1895年にウィリアムモルガンの考案によりアメリカで誕生、1922年ころまでにおおよそのルールが固まった(もっとも、発祥アメリカでの人気は・・・)。 オリンピックに正式採用されたのは1964年東京オリンピックからで、そこから世界的に普及した。男子の強にはブラジルイタリアポーランドロシアセルビアアルゼンチンなどがあり、アメリカも強に入る。女子の強には中国アメリカセルビアロシアブラジルが挙げられ、かつてはキューバが大として知られた。競技人気の高い日本のほか、タイトルコポーランドブラジルイタリアセルビアギリシャなどが挙げられる。中でもポーランド世界一バレー熱が高いともいわれ、スタジアムには常時数万人の観客を集め、ゴールデンタイムリーグバレー中継をしているほどである(内ではサッカーに匹敵する人気を誇るといわれる)。

競技の概要とルール

ルールは6人or9人でチームを組み、サーブからのボールを自コートの地面に落とすことなく、ボールを掴まず3タッチ以内かつネットに触れずに、相手コートの地面に落ちるようにボールネット越しに打ち合うのが基本である。際試合などでは必ず6人制で行われている。以前は相手のコートにボールを返す際にから下の部位を使うのは反則だったが、1995年ルール正され、現行のルールでは体のどこの部位を使ってもいい事になっている。ただしサーブだけは必ず片方の手or腕を使って行わなければならない。

また、バレーボールで最も初心者の関門となっているのが他の競技にはないローテーションの存在であり、これがバレーボールという競技の難しさと同時に面さ、深さを生み出している。だが、理屈を考えればそこまで難しくはないので、試合の流れやルールと一緒に説明していく(6人制)。

まず、ポジションの説明だが、前衛(フロント)と後衛(バックス)に分かれる。そしてそれぞれ、左側(レフト)、中央(センター)、右側(ライト)に分かれる。そして、前衛にはスパイカーセッター、ブロッカーといった攻撃、守備の要、後衛にはレシーバーリベロ(レシーブ専門の競技者、後述)を置くのだが、ローテーションが存在するために、いつまでも同じ形で戦うことができず、同じチームが時に攻撃的になったり、守備に徹したりするわけである。

試合の流れとしては、2つのチームが左右のコートに分かれ、じゃんけんで先攻と後攻を決め、先攻となったチームは、バックライトにいる競技者からサーブ権を持つ。サーブ権を持った競技者はサーブを放ち、その後にコート内に入る。なお、サーブ権の順番はバックライトフロントライトフロントセンターフロントレフトバックレフト→バックセンターの順であり、このようにローテーションしていく。

サーブが相手コート内に入らずサイドラインエンドラインを割った場合や、ネットに引っかかって相手のコート内に入らなかった場合は相手チームに1点が入り、サーブ権は失い、次回はフロントライトのサーブ権となる。逆に相手がボールに触れた後に3回以内に相手側に返せなかったり地面にボールを落とした、または一度もボールに触れず見送ったままコート内に落ちれば、自己チームに1点が入り、続けてサーブを打つことができる(これをサービスエースという。エースとは得点を入れることで、他にレシーエースなどがある)。尚、サーブは8秒以内に打たないといけなく、エンドラインを踏み越すと反則である。反則は相手チームに1点が入る上、即座にサーブ権を交代するのでけっこう重い(このペナルティはどの反則も共通である)。

一方、後攻となったチームはこのサーブが始まるまでは、ポジションを一切変更してはいけなくなっており、フロントの競技者がバックへ移動、またはバックの競技者がフロントに移動(アタックライン界線)することはもちろん、足の位置を基準に前衛、後衛それぞれ、レフトセンターライトはお互いの競技者の足を越えると反則である。一方、サーブを打ち終わった後はこのポジションの固定は解かれ、自由に移動できるようになる。

守備側は3回まで(4回フォアヒットまたはオーバータイムという反則)の間に、相手側にボールを返さないといけない。そしてサーブに対し、1回フロントネットより高い高さでボールを返してはいけない(ブロックスパイクは反則になる)ので、レシーブ(アンダーハンドパス)でボールを返すのが普通である。2回は概ねセッター(後述)によるトス、相手側のコートにボールを落とすことが的なので、3回はだいたいスパイクという鋭いシュートを打つことになる。もし、レシーブやトス乱れてスパイクを打てない場合はレシーブなどで相手に返さなければいけないので、相手のチャンスになる(これをチャンスボールという)。また同じ競技者が2回連続でボールに触れてはいけない(ダブルコンタクトまたはドリブル。1回と3回ならOK)。ボールをキャッチしたりするのも反則(ホールディングまたはキャッチボール)なので、レシーブができることがバレーボール競技者の前提となっている。尚、レシーブはかつてはより下で返してはいけなかったが、ルール正され、今日では足を使うことも許可されている。

もし、守備側が競技者がボールに触れず、ボールがコートの外に出た場合はボールアウトとなり、守備側の得点となる。しかし、一度でも守備側がボールに触れ、ボールが地面に落ちた場合はコートの内外を問わず攻撃側の得点となる。だが、競技者はフリーゾーン以内ならコートをはみ出して追ってもよく、そこでレシーブして、危機を回避することができる上に、スパイクなどで相手側にボールを返すこともできる(ただし、以下のアタックヒットルールは適用される)。フリーゾーンの外はボール中ではみ出た限り、追うことができる。尚、フロントの競技者は制限はないが、バックの競技者はアタックラインえた時に行動が制限される。具体的にはネットえた高さでボールを触り、相手のゾーンに返すことができない。これをアタックヒットの反則という(ゆえにバックアタック、後衛セッターのツーアタックなども反則。ただ、ネットより低い位置によるレシーエースは反則にならない)。

今日ラリーポイント制では、守備側も同じように得点権利があるため、ここでスパイクによって相手コートに落とす、相手側にボールを触れさせ、3回以内にボールを落とさせると守備側に1点が入り、次は守備側がサーブ権を持つことになる。

これを繰り返し、先に25点先取したチームが1セットを獲得することになる。ただし、テニス卓球などと同じく、マッチポイントというルールがあるため、1点差で25点に到達してもあと1点取らないとセットを獲得できない。したがって、マッチポイントになったら2点差付けるまで延々と続けられ、両者30点以上になることもしくない。これを最高5セット以内に先に3セット取った先取した方が勝ちである。尚、最終セット(5セットは15点先取で終了する(マッチポイントはある)。

競技者の交代は1セットにつき、6回までである。ただし、後述するリベロはこれにカウントされない。また競技者交代は交代される側と交代する側の交換であり、再度交代する場合はさっきの交代相手同士でしかできないのも他の競技と異なる点である。

攻防

バレーボールな攻撃手段はスパイクと呼ばれる威抜群の打球であり、男子なら時速140キロぐらいに達する威を持つ。

このスパイクぐ手段は大きく分けて二つある。一つはレシーブ、二つブロックであり、まずはブロックについて説明する。

ブロックの存在が、バレーボールは基本的に身長が高い選手が有利であることを徴しており、スパイクとのしい攻防が見られ、専らブロックを行う役割をブロッカーという。一度サーブを行った後は、ブロックだけで相手にボールを返すのは反則にならないため、ブロッカーの存在は大きく、時に2人~3人でスパイク阻止するだけでなく、意図的に隙間をけて後続のリベロやレシーバーにレシーブしやすくするために弾道を誘導することもある(ブロッカーの場合は1枚、2枚など枚数で数えることが多い)。一方、スパイカーもブロッカ攻略の手段として、先だけを当ててコート外に落ちるようにしたり(通称ワンタッチ)、腕に当ててコート外に落ちるようにしたり(ブロックアウト)、わざとブロッカーの下にスパイクを放ったり、ブロッカーの両手の間に当てて、そのまま下に落とさせたり(通称吸い込み)、時間をずらしたりしてスパイクを打ったり(時間差攻撃)、囮を使ってスパイクを打つように見せかけたり、移動してブロッカーを回避したり(ブロード攻撃)と様々なテクニックを駆使しており、その攻防が見物である。尚、競技者がネットに触れる(タッチネット、俗にネッチ)、明らかに返球される弾道を除き、ネットえて相手側のボールに触れる(オーバーネット)、センターラインを踏んで相手側コートに入る(手だけなら問題はない)のは違反であるが、この攻防に多発することが多い。

一方、バックスの守備の要がリベロである。リベロは他の競技者とは異なるユニフォームを着用し、他の競技者とは異なる特権と制限を持つ。まず、リベロとはレシーブ専門のポジションであり、専らバックスに属する。逆にフロントには入れない(強制的に交代した競技者と交代する)ため、選手交代は欠かせない。そのため、バレーボールの選手交代は1セット6回までとルールが定められているが、リベロはそれにカウントされず交代に制限はない。一方、リベロフロントゾーン内でネットより高い位置でボールに触れることはできず、トス、スパイクブロックといった行為は全て反則になる。また、ルール上、リベロの配置は必須ではなく、リベロしでも試合ができる。

セッターバレーボールにおけるの役割を果たし、リベロ、レシーバーによってレシーブされたボールをトスによって中継し、スパイカーボールを渡す大事な役割であり、セッター調子がそのチームを左右するとまで言われる。トスとはオーバーハンドパスによってボールネットの上に運ぶレシーブの一種で、ボール弾道が安定しやすい。それゆえトスによって上げられた球はスパイカーによって打ち所になる。また、セッターなどがスパイカーボールをトスせずに自身がボールアタックし、相手コートを攻めることをツーアタックという。

かつてはサーブ権がある場合のみ得点することが認められ、15点先取で1セット獲得が基本だった(これをサイドアウト制といった)が、テレビ放映に合わせるため、サーブ権なしでも得点が認められ(ラリーポイント制)、25点先取で1セット獲得できるようになった。

なお、元々はサッカーの応援だった「ニッポンチャチャチャ」の応援が、男女ともに全日バレーの応援の定番となっている。

用語

技術・戦術

主なポジション

選手交代は1セットに6回まで行える。ただし一度交代した選手はそのセットでは同じ選手としか交代できない。(つまりAとBという選手が交代した場合、そのセットではAがコートに戻るためにはBと交代しなければならず、同様にBがベンチに戻るためにはAと交代しなければならない)

ただしリベロだけは後衛の選手とならばいつでもとでも何回でも交代が出来る。

日本バレーの歴史

日本女子は1961年欧州遠征で22連勝すると、そのあまりの強さから「東洋の魔女」という異名をつけられる。回転レシーブや時間差攻撃などの独自の技術を編み出し、64年、68年、72年、76年のオリンピックメダル2個、メダル2個を獲得するなど、圧倒的な強さを誇っていた。しかし84年のロサンゼルス五輪メダルを獲得した後はしばらく低迷し、メダルから遠ざかっていた。(外の選手が日本の戦術を真似するようになった為だとされている)

だが2010年世界選手権では、同大会では32年ぶりになるメダル大躍進を成し遂げる。そしてついに2012年ロンドン五輪28年ぶりのメダルとなるメダルを獲得した。

現在はレシーブによる守備スピードを重視したプレイスタイル3Dバレー」を行っている。

日本男子64年にメダル68年にメダル72年のミュンヘン五輪では「ミュンヘン奇跡」とも呼ばれる大逆転劇でメダルを獲得しているが、近年は世界的な普及と共にメダルから遠ざかっている。

メディア

バレーボール漫画を以下に挙げる。最近はハイキュー!!の影男子バレー漫画が増えている。

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB
ページ番号: 642233 リビジョン番号: 2471009
読み:バレーボール
初版作成日: 08/10/15 02:35 ◆ 最終更新日: 17/03/21 23:29
編集内容についての説明/コメント: 補足いろいろ
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バレーボールについて語るスレ

23 : ななしのよっしん :2014/05/19(月) 20:09:18 ID: OxyC7LU8af
見ろよこの残な姿をよお
24 : ななしのよっしん :2014/07/03(木) 01:39:08 ID: IkpMzlVDaY
何でリベロキャプテンになれないの? 導入されて年が浅いからな訳ないし。
25 : ななしのよっしん :2014/09/23(火) 00:36:32 ID: IkpMzlVDaY
健太やります!・リベロ革命ハイキュー!!ハリガネサービス

日本バレー漫画といえばアタックNO.1が有名だけど、案外男バレの方が数多いんだな。ツーセッターメインバレー漫画とかないのかなぁ。
26 : ななしのよっしん :2015/01/06(火) 17:03:36 ID: IkpMzlVDaY
世界戦とかの中継は得点が入る度にそのシーンリプレイするからテレビで見てるとだれるんだよね。高校バレーの方が見やすかった。
27 : ななしのよっしん :2015/07/30(木) 21:56:01 ID: iFgyE7BtMK
垣根帝督
28 : ななしのよっしん :2015/09/07(月) 11:05:02 ID: 2iSaZts2Pn
長年代表選見てきたけど、女子のやって男子になっていくけど、男子に入るときには、もう見飽きてる、見疲れてる感じになってるんだよね
29 : ななしのよっしん :2016/09/04(日) 03:20:38 ID: PSFb29UyIY
うん、いいに来た。
皇帝によるリーグ革。次バレーだよね
石川人気なのに場所確保できないとかありえなさすぎでしょ
30 : ななしのよっしん :2016/12/17(土) 01:52:09 ID: M4Zs0xw/YK
>>29
革はプロチーム化が前提だからな。社会人の多いVリーグだとかなりハードルは高い。そして、やるとなったら男子、女子ともしなきゃならんからなあ

それよりVリーグ今年から放映なしか…どんどん大手ネット中継に奪われてくなあ。
31 : ななしのよっしん :2017/01/06(金) 02:02:43 ID: M4Zs0xw/YK
>>25
神様バレーが面い。まさしくバレージャイキリ
32 : ななしのよっしん :2017/05/03(水) 17:23:57 ID: qAoNXG2/Km
運動音痴なせいで体育のバレーが憂で仕方なかったわ
特にサーブ。全然入らない癖に必ず回ってくるからもう…
相手の邪魔ができることで少しだけでも貢献できるバスケべてしまってますます苦手意識が高まるっていう
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015