単語記事: バレーボール

編集

バレーボールとは、球技の一種である。日本語などの漢字圏では排球(はいきゅう)と表記される場合もある。

→スポーツ競技の一覧

概要

ニコニコでは「バレーボール」より「バレー」というタグが付くことが比較的多い。

日本での人気・普及度が高く、主要な国際大会のいくつかが日本で行われ、ゴールデンタイムにテレビ放映も行われる。競技もさることながら選手の服装や容姿が注目されるケースも多く、派生のママさんバレーなど女子が楽しむスポーツというイメージが強い。現に日本では、40万人といわれる選手人口のうち、女子が占める割合は7割(約28万人)である。

そもそもバレー自体、女性や子供が安全に楽しめるレクリエーションとして生み出された誕生経緯がある(他球技に比べ、相手選手の接触が皆無なので、怪我のリスクは低い)。日本でも、戦後になってから、協調性を学べることから女子の中学体育学習要領に盛り込まれため、それだけプレーする機会が男子より多く、球技大会でも女子はバレーボールが選択されている。そして何より東洋の魔女に代表される、紡績業を中心に、戦後における女性の社会進出に伴う企業スポーツとして広く浸透したことが大きな理由である。今日においても、Vリーグ選手を軸とした女子の全日本代表はロンドン五輪で銅メダル、世界ランキングでも一桁を確保するなど健闘を続けており、Vリーグ女子そのものも、女子スポーツにおいてゴルフと並び最も集客力が高い競技の一つに挙げられている。とはいえ、年々、女子バレーボールの競技人口は減少しているため、楽観視はできない状況ではある。

一方で、競技そのものの日本への普及は男子が先でありYMCAを中心に広められた。その後は神戸大学の前身である、神戸高商が初めて校内にバレーのチームを形成し、黄時代を築いた。男子バレーが再び脚光を浴びるのは、後述するミュンヘンの奇跡からであり、今日、タレントとして知られる川合俊一などの活躍もあって、しばらくは五輪出場も果たす活躍を見せ、また春高バレーの盛り上がりなどもあって、部活動としての男子バレーの人気は保たれていた。だが、後に漫画の影響やプロリーグの形成などで、スポーツ少年らがサッカー部やバスケ部などに流れていき、また、他国代表に日本の戦術を真似され(時間差攻撃やブロード攻撃などは日本代表が編み出した)、日本代表が国際試合で勝てなくなると、いつしかバレーは少年たちにとって魅力の低いスポーツに陥ってしまい(不名誉なことに、2014年には小学生男子がやりたくないスポーツのワースト3に入ってしまっている)、中学を中心に男子バレー部の廃部が相次いだりしている(某バレー漫画の第1話のエピソードはそんな切実な男子バレーの現状を赤裸々に語っているといっていいだろう)など、建て直しが急務となっている。

これらのバレー離れの状況を打開するために、もっと低学年のうちからバレーに親しんでもらおうと、小学校体育の学習項目にソフトバレーが2013年より導入されることになった。

1895年にウィリアム・モルガンの考案によりアメリカで誕生、1922年ころまでにおおよそのルールが固まった(もっとも、発祥国アメリカでの人気は・・・)。 オリンピックに正式採用されたのは1964年の東京オリンピックからで、そこから世界的に普及した。男子の強豪国にはブラジル、イタリア、ポーランド、ロシア、セルビア、アルゼンチンなどがあり、アメリカも強国に入る。女子の強豪国には中国、アメリカ、セルビア、ロシア、ブラジルが挙げられ、かつてはキューバが大国として知られた。競技人気の高い国は日本のほか、タイ、トルコ、ポーランドなどが挙げられる。

競技の概要とルール

ルールは6人or9人でチームを組み、サーブからのボールを自陣コートの地面に落とすことなく、ボールを掴まず3タッチ以内かつネットに触れずに、相手コートの地面に落ちるようにボールをネット越しに打ち合うのが基本である。国際試合などでは必ず6人制で行われている。以前は相手のコートにボールを返す際に腰から下の部位を使うのは反則だったが、1995年にルールが改正され、現行のルールでは体のどこの部位を使ってもいい事になっている。ただしサーブだけは必ず片方の手or腕を使って行わなければならない。

かつてはサーブ権がある場合のみ得点することが認められ、15点先取で1セット獲得が基本だったが、テレビ放映に合わせるため、サーブ権なしでも得点が認められ(ラリーポイント制)、25点先取で1セット獲得できるようになった。

コートの中央に高さ2mを超えるネットが設置されているため、基本的に高身長の選手ほど有利になるスポーツである。

「ニッポン、チャチャチャ」の応援は男女ともに全日本バレーの応援の定番となっている。

用語

  • サーブ(サービス)・・・相手のコートにボールを打ち込むプレイ。ネットに当たっても相手コートにボールが落ちれば良い事になっているが、1999年のルール改正以前は失敗扱いだった。主審が笛を吹いてから8秒以内に行う必要がある。
  • アンダーハンドパス(レシーブ)・・・両腕を伸ばして手を組み、手首の付近でボールを弾くプレイ。位置の低いボールを弾くのに都合が良く、相手のスパイクを弾くときに多用される。現行のルールでは足でレシーブしても良い。
  • オーバーハンドパス(トス)・・・頭の上で両手でボールを押し上げるように弾くプレイ。ボールをコントロールする時に用いられる。大抵はトスの次にスパイクが行われることが多い。
  • スパイク(アタック)・・・跳躍して相手コートにボールを叩きつけるように打つプレイ。下方向に打つのが基本だが、相手のブロックの手に当ててからボールをコート外に押し出したり、タイミングをずらして相手ブロックを回避する方法もある。
  • ブロック・・・相手のスパイクに対してタイミング良くジャンプして、両手を上に伸ばし、ボールが自分たちのコートに打ち込まれることを防ぐプレイ。3回で相手のコートにボールを返さなければならないが、ブロックはその1回に数えない。
  • フェイント・・・相手の不意をつくようなプレイ。スパイクを打つと見せかけて、指で軽く弾き相手コートの空いたスペースにボールを落とす等。

技術・戦術

  • クイック攻撃(速攻)・・・トスを低く早く上げて素早くスパイクを打つ。トスの上げる位置でA~Dの4種類がある。
    • Aクイック・・・セッターのほぼ真上のレフト側からの速攻。
    • Bクイック・・・Aよりレフト側に離れたところからの速攻。
    • Cクイック・・・セッターのほぼ真上のライト側からの速攻。
    • Dクイック・・・Cよりライト側に離れたところからの速攻。
  • オープン攻撃・・・トスを大きく上げてスパイクを打つ。強い攻撃が出来るが、相手にもタイミングを合わされやすい。
  • セミ攻撃・・・クイック攻撃とオープン攻撃の中間にあたる攻撃。
  • 平行・・・距離の長いBクイック。ネットに沿ってほぼ平行にトスを行う。
  • バックアタック・・・後衛の選手がアタックラインの後ろからスパイクを行う。
  • パイプ攻撃・・・短いトスで速攻気味に行うバックアタック。
  • 時間差攻撃・・・攻撃に参加する予定の無い選手がジャンプを行うことで、相手のブロックのタイミングを狂わせる。
  • 一人時間差・・・スパイクを打つ選手がジャンプのフェイントを行うことで、相手のブロックのタイミングを狂わせる。
  • 移動攻撃(ブロード)・・・スパイクを打つ選手が左または右に幅広く移動しながら、片足で跳んでスパイクする。
  • ツーアタック・・・セッターがトスを上げるはずの2タッチ目で攻撃。
  • 回転レシーブ・・・柔道の受身の要領で、回転しながらレシーブする。体勢を素早く立て直せる。

主なポジション

  • ウイングスパイカー・・・主にスパイクを打つ選手。攻撃の要となるポジション。位置によりレフトとライトに分ける事が出来る。レシーブやブロックもする事がある。
  • オポジット(スーパーエース)・・・スパイクを打つ事のみに専念する攻撃特化の選手。後衛に回った時はバックアタックを行う。セッターの対角に位置することが多い。特定のスーパーエースを置かない場合もある。
  • ミドルブロッカー・・・主にブロックを担当する。背の高い選手は大体このポジション。ブロック以外にもクイックなどの相手ブロックをかく乱する攻撃をする。ほとんどの場合後衛に下がったらリベロと交代する。
  • セッター・・・攻撃の司令塔。攻撃を行う選手にトスを上げるとともに、相手ブロックの行動を先読みしたプレーをすることが求められる。スタメンにセッターを2人入れているチームもある。
  • レシーバー・・・主にレシーブを行う守備型の選手。ブロックなどはせず、2人目のセッターでも無い人を指す。主に相手から打ち込まれてきたボールを拾うのが役割。セッターに正確にボールを返す技術も必要になる。
  • リベロ・・・サーブやスパイク、ブロックなどの攻撃に関わるプレーを禁止された守備専門の選手。主にレシーブを行い、監督の指示を伝えたりもする。ボールの落ち際に強いとされる低身長の選手が多い。後衛固定のポジションで前衛に出すことは出来ない。1998年に正式に導入された新しいポジションで、他の選手と違う色のユニフォームを着る。

選手交代は1セットに6回まで行える。ただし一度交代した選手はそのセットでは同じ選手としか交代できない。(つまりAとBという選手が交代した場合、そのセットではAがコートに戻るためにはBと交代しなければならず、同様にBがベンチに戻るためにはAと交代しなければならない)

ただしリベロだけは後衛の選手とならばいつでも誰とでも何回でも交代が出来る。

日本バレーの歴史

日本女子は1961年の欧州遠征で22連勝すると、そのあまりの強さから「東洋の魔女」という異名をつけられる。回転レシーブや時間差攻撃などの独自の技術を編み出し、64年、68年、72年、76年のオリンピックでメダル2個、銀メダル2個を獲得するなど、圧倒的な強さを誇っていた。しかし84年のロサンゼルス五輪で銅メダルを獲得した後はしばらく低迷し、メダルから遠ざかっていた。(外国の選手が日本の戦術を真似するようになった為だとされている)

だが2010年の世界選手権では、同大会では32年ぶりになる銅メダルに輝き大躍進を成し遂げる。そしてついに2012年のロンドン五輪で28年ぶりのメダルとなる銅メダルを獲得した。

今現在はレシーブによる守備力とスピードを重視したプレイスタイル「3Dバレー」を行っている。

日本男子も64年に銅メダル、68年に銀メダル、72年のミュンヘン五輪では「ミュンヘンの奇跡」とも呼ばれる大逆転劇でメダルを獲得しているが、近年は世界的な普及と共にメダルから遠ざかっている。

関連動画

関連商品

関連項目

  • スポーツ
  • スポーツ選手の一覧
  • スポーツ競技の一覧

関連リンク

  • JVA(財団法人日本バレーボール協会公式HP)

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB
ページ番号: 642233 リビジョン番号: 2439988
読み:バレーボール
初版作成日: 08/10/15 02:35 ◆ 最終更新日: 16/12/20 22:00
編集内容についての説明/コメント: ソフトバレーについて
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バレーボールについて語るスレ

22 : ななしのよっしん :2012/11/27(火) 20:45:44 ID: DqT1mKlDYT
ニコ生でVプレミアリーグの中継はとても嬉しい。
23 : ななしのよっしん :2014/05/19(月) 20:09:18 ID: OxyC7LU8af
見ろよこの無残な姿をよお
24 : ななしのよっしん :2014/07/03(木) 01:39:08 ID: IkpMzlVDaY
何でリベロはキャプテンになれないの? 導入されて年月が浅いからな訳ないし。
25 : ななしのよっしん :2014/09/23(火) 00:36:32 ID: IkpMzlVDaY
健太やります!・リベロ革命・ハイキュー!!・ハリガネサービス。

日本でバレー漫画といえばアタックNO.1が有名だけど、案外男バレの方が数多いんだな。ツーセッターがメインのバレー漫画とかないのかなぁ。
26 : ななしのよっしん :2015/01/06(火) 17:03:36 ID: IkpMzlVDaY
世界戦とかの中継は得点が入る度にそのシーンをリプレイするからテレビで見てるとだれるんだよね。春の高校バレーの方が見やすかった。
27 : ななしのよっしん :2015/07/30(木) 21:56:01 ID: iFgyE7BtMK
垣根帝督
28 : ななしのよっしん :2015/09/07(月) 11:05:02 ID: 2iSaZts2Pn
長年代表選見てきたけど、女子のやって男子になっていくけど、男子に入るときには、もう見飽きてる、見疲れてる感じになってるんだよね
29 : ななしのよっしん :2016/09/04(日) 03:20:38 ID: PSFb29UyIY
うん、いいに来た。
川渕皇帝によるリーグ改革。次バレーだよね
石川人気なのに場所確保できないとかありえなさすぎでしょ
30 : ななしのよっしん :2016/12/17(土) 01:52:09 ID: M4Zs0xw/YK
>>29
川淵改革はプロチーム化が前提だからな。社会人の多いVリーグだとかなりハードルは高い。そして、やるとなったら男子、女子ともしなきゃならんからなあ

それよりVリーグ今年から放映なしか…どんどん大手ネット中継に奪われてくなあ。
31 : ななしのよっしん :2017/01/06(金) 02:02:43 ID: M4Zs0xw/YK
>>25
神様のバレーが面白い。まさしくバレー版ジャイキリ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015